びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

info.

a0038663_23184301.jpg

このページは、野毛の絶好調男びゆうがプロデュースする
Yokohama びゅうリップSTATIONハイパーの別館です



この下は広告です。
[PR]
# by hoppys | 2018-12-31 00:00 | Comments(4)

夜も激戦区だ上大岡

a0038663_15200089.jpg

 上大岡の「中村屋」にやってきました。厨房側のカウンター席でホッピーを飲むことにします。まずは出てくるのが早そうなおでんをもらいました。かなり焼酎が多いようですが、ナカを追加、今度は串焼きにします。豚バラやねぎま、シイタケ、トマトと注文、トマトは肉巻きでなく、トマト100%なやつでした。だんだん席が埋まってきたところで、もう1杯、ウメサワーに梅きゅうでシメることにしました。なお、この店、金曜土曜と祝日前は大奮発、夜の3時まで営業するというから大したものであります。
 続いて、さかえどおりの立ち飲み「じぃえんとるまん」に現れました。非常に混み合っているようですが、何人か出てきたお客がいるので、とりあえず奥まで進むと空きスペースがありました。酔っ払いで、まさに押し合いへし合い、大盛況であります。ホッピーはアカ、マカロニサラダはカレー味と、今日は変則で押してみました。ナカは150円、これじゃ満員になるわけです。

[PR]
# by hoppys | 2018-01-19 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)
a0038663_23244561.jpg

 今年も新子安駅界隈でお世話になります。かなり激しくなった雨の中、駅前の「立ち呑み本舗 じおう」にやってきました。冷え込む夜でもひるむことなく生ビールを注文、キンキンに冷えたジョッキで出てきます。串焼き数本に一口ヒレカツをもらい、ゆっくり飲んでいるうちに温まってきました。2杯目は、カウンターの常連さんたちが飲んでいる瓶ビールにしました。冬季限定のキリン横浜づくりの中瓶であります。コップは使わず、生ビールのジョッキにどぼどぼ入れて飲み始めました。すぐそこの横浜工場で作っていると思えば、旨さも倍増です。京急の快特がすっ飛ばす音に、踏切の警報音が店内に響きます。開いている時間のほうが少ないくらいなので、踏切マニアにはおすすめの店であります。
 その踏切を渡るももどかしく、KQ線を越えて「諸星酒場」に移動しました。今夜はこの雨のせいもあってか、長いカウンター席にも余裕がありました。それならばおれが沢山飲んでしまいましょう。末席の12番に落ち着き、まずはバイスを2杯、「じおう」で豚肉鶏肉をいただいているので、こちらでは、温め豆腐と漬物盛り合わせなんぞをもらいました。漬物盛り合わせには、嬉しいことにいぶりがっこも入っています。帰り道が冷えることを考慮して、3杯目からはキンミヤ焼酎お湯割り梅干し入りに切り替えました。これを2杯ほど飲んでいくと、焼酎の濃さを実感することができました。道理で「諸星」帰りはいつも千鳥足になるわけです。


[PR]
# by hoppys | 2018-01-17 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

上大岡は大岡川沿いで

a0038663_23215824.jpg

 上大岡の「立ち呑み本舗 なか川」にやってきました。ミツワセンターという、昔のショッピングセンターの2階にあります。1階にも焼鳥の立ち飲み屋があって、すっかり飲食店街となっているようです。まずはホッピーを注文、今日は初めて串焼きをいただくことにしました。ねぎまとか豚バラとかトマト巻きとか焼いてもらいましょう。さらに鶏肉大根煮、イワシ焼きといただきました。つまみ類は、刺身など海鮮系も充実しているようです。焼酎はキンミヤがあって300円でしたが、十分旨いので、通常のナカ220円のやつにしておきました。さらに、野沢菜漬をもらってバイスも飲んでしまいました。
 続いて、「成田屋酒店」であります。ここで焼酎をもらうと、あまりに大量で月曜からやられてしまうので、瓶ビールにします。スーパードライの大瓶で、若干の意地を見せることにしました。2袋40円のわさび豆をかじりながら、コップでちびちびと飲み続けました。気が付けば、カウンターの中を可愛らしい猫が行ったり来たり、これは癒されます。

[PR]
# by hoppys | 2018-01-15 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

これが「三国屋」か

a0038663_23225762.jpg


 神奈川区の東横線近く、広台太田町にある「三国屋酒店」にやってきました。もっとも、東横線は地下に潜ってしまっているので、走行する電車は見えません。既に陽が落ちていましたが、暗い路地にぽつんと灯る照明が、酒飲みを導いてくれます。表にはビールケースが積まれていてどう見ても酒屋さんですが、店内のカウンターテーブルにはすっかり椅子が並んでおりまして、普通に居酒屋のようであります。酒や料理のメニュウもありました。その一方、冷蔵庫にある瓶ビールや缶酎ハイも飲むことができ、テーブルには菓子類も用意してあるので、やっぱり角打ちの楽しさを味わうことができました。しかも、ちょうど常連さんがひとりいらっしゃるだけという、極めて運のいい落ち着ける状況になります。で、メニュウにホッピーがあったので、とにかく注文すると、ホッピー、氷の入ったタンブラー、焼酎の3点セットで出てきました。焼酎はかなりの量があって、タンブラーの最大目盛り、濃い目で3杯いける量でした。これだけいただいておけば、かなり酔えること請け合いです。マルハの魚肉ソーセージやつまみっぽい菓子などいただいて、ゆっくり飲むことにしました。古びた木の風合いに抱かれる店内には、ベイスターズの選手や女子プロレスラーのサインが多く飾られています。会計は最後にまとめて680円、ありがたい価格であります。
 すっかり酒が回っているので、冷たい外気で酔いを覚ましつつ、仲木戸駅方面へと移動し、2軒目は「じゆうな丘」になります。この立ち飲み屋さん、平日と土曜日では全く雰囲気が変わります。今日土曜日は、賑やかな通勤帰りのサラリイマン集団がおらず、ひとりふたりのお客ばかりで、みなさん比較的静かに飲んでいます。スタッフも少なくなり、矢継ぎ早の注文をバリバリ受けてくれる平日と違い、緩い感じが漂います。そこがまたいいわけで、今日はバイスサワー税込み324円を飲み続けました。タラポン酢税抜き380円を注文してみると、これがなかなか本格的なタラチリでした。緩いけれど、いい意味で油断のならない店であります。ということで、バイスはもう2杯もらっておきましょう。
 

[PR]
# by hoppys | 2018-01-13 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)

2018年も各所に出没

a0038663_11343266.jpg

 今年も井土ヶ谷の「太すけ」で飲んでおります。冷たいホッピーに、あらびきウィンナー、メンチカツ、冷奴と、つまみ類もやや独特、手軽かつ充実して、酒が進んでいきます。正月は、2日から日本酒を開けて飲み続けていたとのことで、近寄らなくて正解、ということにしておきましょう。さらにナカ、バイスといただき、次行くの?との声に送られて、終了となります。
 次は、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」、こちらにも登場することになりました。まだ正月っぽく、志村けんなど眺めつつ、キンミヤソーダを飲み始めました。ごま高菜やたくあんなどつまんでいたら、いつのまにか3杯目となっております。

[PR]
# by hoppys | 2018-01-10 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)
a0038663_23042425.jpg

 新年最初の杉田は、産業道路沿いの「ホルモン倶楽部」へとやってきました。久しぶりの来店になりまして、スタッフも入れ替わっていました。空いていたカウンターの中央で、ホッピーを注文、お通しのイカと大根の煮物をつまんでいるうちに、七輪の準備が完了、早速肉を焼いていくことにしました。牛の上カルビなどには目もくれず、トントロ、豚ハラミといった精鋭陣が揃いました。甘いたれと辛いたれ、壺に入った2種類のたれを用意してくれるので、適当に混ぜ合わせて味を調節することになります。ナカをもらって会計となりますが、二千円で釣りがくるから助かります。
 続いて、「愛知屋酒店」で新年の挨拶となります。冷蔵庫からバイスの瓶を取り出してカウンターへ向かいますと、大量の焼酎をいただけます。いつもの6Pチーズなどいただきながら、2杯目は爽やかな「湘南ゴールドサワー」で締めましょう。

[PR]
# by hoppys | 2018-01-09 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

新年もこの調子で

a0038663_23171316.jpg

 まだ十分正月気分の野毛でありまして、まずは花咲町の「はなたれ」にやってきました。大岡川沿いのこの店は、「はなたれ」系列でも規模が大きいので、たいてい空席があって助かります。まずはホッピー、お通しは揚げ出し豆腐でいた。海鮮系の「海おでん」からワカメ、大根、半熟玉子といただきました。大根がでかくて驚きます。ホッピーは濃い目です。ナカに続いて、麦焼酎「わら麦」の水割りを飲み、いぶりがっこなどつまみながら、バイスをいただくことにしました。サワー類は390円で大ジョッキが標準です。中ジョッキにすると割引してもらえますが、改めて言うまでもなく、ここで中などにしておくおれではありません。
 続いて、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」であります。格安500円で飲める「兼八」を水割りでいただきました。水割りっつっても、酒飲み満足の濃さでありまして、これをありがたくもう1杯いただいておきましょう。
 

[PR]
# by hoppys | 2018-01-07 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_11224020.jpg

 KQ子安駅と国道1号線の間にある、大口一番街は、味のある居酒屋が散在していて興味深い商店街であります。その中でも、一番古くからあったという「養老乃瀧」子安店が昨年11月より休業となっていたのですが、今夜通りかかったところ、灯りがともり営業を再開していました。これはお邪魔せねばと早速入店しました。店構えからも推察されたとおり、古き良き時代そのままの「養老乃瀧」であります。間口が広く、奥行きが狭い店で、左手に4卓ほどのこあがり、中央から右手奥にかけて10人前後のカウンター席がありました。こあがりはもちろん、カウンターの背もたれのない椅子にも、ひとつひとつ座布団が敷いてあって、お店の心遣いが感じられます。お店は、年輩のおふたりで切り盛りをされていまして、チェーン店感は全くありません。壁いっぱいにメニュウの短冊が貼ってあります。お通しは松前漬け、1杯目はもちろん養老ビールをチョイスしました。サバ塩、新玉ねぎのオニオンスライス、厚揚げ、めかぶあたりをいただきつつ、2杯目は黒霧島の水割り、やや濃い目のやつをもう1杯、さらにはレモンサワーと飲み続けました。大口一番街にある店ですが、ここは子安店という、いささかややこしい事態になっています。実際、大口駅より子安駅のほうが近くなります。ちなみに、大口駅近くには大口店があります。
 だいぶ気持ちの良くなったところですが、またしても黄金町駅構内「えき缶酒場」に立ち寄ってしまいます。チューハイをもらって温奴をつまみながら飲んでいると、ラストオーダーの21時が近づいてまいりました。土曜日は平日より早く閉店になるのです。そうなると駆け込みでもう1杯いただくなるのが人情というやつであります。

[PR]
# by hoppys | 2018-01-06 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)
a0038663_23474196.jpg

 えらく冷え込む夜、東神奈川駅ペデストリアンデッキ直結の立ち飲み「じゆうな丘」にやってきました。ホッピー各種ありますが、ここは税込486円の一般的なやつをもらいました。焼酎はジョッキと別に出てきて、180mlほどあります。ちなみにナカは216円ですが、ソトは432円と、計算的にはいささか妙なことになっています。なお、3杯分の焼酎がセットされた大セットは972円です。さらに、豚バラ焼肉、枝豆、トマトサラダなどを相次いで注文しました。人気者の女性スタッフが元気よく取り仕切っていて、店内いやが上にも明るく盛り上がります。ホッピーを解決した後は、バイスサワー、青リンゴサワーと飲み続けました。
 このへんで「じゆうな丘」を終了して、桜木町駅経由で野毛に移動しました。都橋商店街「ホッピー仙人」で樽ホッピー、新年一発目とあって、新年会的盛り上がりであります。さらに階下の「○豊」にも現れ、今日はジンジャーエール割をもらい、新年早々さらにいい気分となってまいりました。

[PR]
# by hoppys | 2018-01-05 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)