びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

雪をも恐れぬヨッパライ

a0038663_22201337.jpg

 夜半から雪になるかも知れないと言っている夜に、野毛にやってきました。明らかに通行人が少ないのですが、これは無理もありません。柳通りの「もも」に入ると、スタッフは4人もいるのに、全然お客がいません。まあ、こっちはカウンターでゆっくりさせてもらいます。この店、しばらく前から店主が変わりまして、広島出身の若い店主が串に刺さず肉を焼いたり、市場から魚を仕入れたりしています。寒いのに冷たいホッピーを飲み、ハラミなど喰っていると、今日はお客さんも来ないでしょうからと言って、店主が骨センベイを出してくれました。それでもナカを飲み、「富乃宝山」をお湯割りでもらったりしているうちに、お客も増えてきました。1杯目の焼酎は自分で選んでしまいましたが、店主焼酎に詳しそうなので、2杯目は推薦のひと品を貰うことにしました。鹿児島の芋焼酎で「海」というやつ、さわやかな「青いくじらのボトル」に入っています。たまには新しい酒も開拓してみるのがいいでしょう。
 だいぶ席が埋まってきた「もも」から、都橋商店街の立ち飲み「〇豊」に移動しました。まあ、この店のお客は、天候はほぼ関係ありません。いつもどおりです。おれ自身もいつもどおりジンジャーエール割りなんか飲んでいます。いつもと違ったのは、初めてお会いするお客さんからどしどしおごっていただいたことでありまして、おれの面白くてもためにならない話で、少しでも楽しい時間を過ごしていただけたのであれば本望であります。結局3杯いただきまして、ごちそうさまでした。
 野毛小路に戻って、スポーツバー「SHEVA」に到着しました。まだ雪は降っておりませんが、明朝はどうせ積もって外出もできんだろうから今夜のうちに飲んでしまえ作戦であります。カウンターに座ると、黙っていてもギネスが用意されました。これを飲んでしまってもう1杯となるのはしかたがありません。
 だんだん危なくなってまいりましたが、さらに「tacobe」にやってきました。だいぶ夜も更けてきまして、前回同様、カウンターでマスターとママ3人で無駄話になります。ここでいささか盛り返し、スターウォーズの話になりました。よく記憶しております。飲んだ酒も、角ハイボールを2杯、まだなんとかしゃんとしているうちに仕舞いと致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-01-29 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)