びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ふらふら関内

a0038663_12135642.jpg

 今日は関内で飲むことに致しまして、まずは馬車道の「福の軒」にやってきました。ここは、カウンターのみ、そして昼はラーメン夜はやきとり居酒屋というなかなか興味深い店舗であります。もちろん、夜もラーメンを喰うことができるわけですが、今日はまだラーメンを喰っている人のほうが多い時間であります。しかしかまわず生ビールと煮込みをもらいました。串焼きは1本90円、ねぎま、豚バラ、シイタケを2本ずつ、カウンターには辛過ぎない味噌が置いてあって、なかなかいけます。店内にはベイスターズグッズがあふれ、そもそもスタッフが店名入りのユニフォームを着ています。もう1杯酎ハイをもらって会計は1,120円におさまりました。
 2軒めは、久しぶりにベイスターズ通り地下にある立ち飲み「和来あいあい」になります。久しぶりでも、やっぱり壁際のカウンターの隅、張ってある日本地図の前のポジションに落ち着きました。生ビールは十分な量の一番搾り、これに枝豆、さらに梅サワーともらいまして、ここは800円になります。
 さらに、立ち飲み「いっとん」のカウンターにやってきました。いつも懐かしい曲がかかっていますが、なんと今日は「ビューティサンシャイン」まで流れるというマニアックぶりであります。ここではいよいよホッピーをいただきました。ナカももらううち、春雨サラダ、さらに魚肉ソーセージを軽く揚げてもらって、会計は1,100円となりました。
 ここで野毛へと変針、野毛小路の「SHEVA」に現れました。店内では、先日の三浦大輔引退試合を放映しています。番長の雄姿に改めて感動しつつ、美味いギネスをゆっくりと2杯、これは1,400円となります。
 だんだん勢いがついてきたところで都橋商店街に登場、「ホッピー仙人」に立ち寄りました。ここでは樽のホッピーをいつものようにもらいまして、ここもすっきり500円の明朗会計と相成ります。
[PR]
by hoppys | 2016-10-07 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)