びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「鳥むすめ」で梅干しサワー


a0038663_22411856.jpg

 忘年会が控えているせいか、いささか人通りが少ない月曜日の野毛、たべもの横丁の「鳥むすめ」にも余裕があったので久しぶりに登場しました。毎度注文するので「今日もささみよく焼き2本でいい?」と訊かれましたが、今日は1軒めということで、さらにねぎまやしいたけももらうことにしました。しかし、ここでなにを飲んでいたか忘れ、とりあえずホッピーになりました。焼酎はキンミヤが使われております。焼鳥を喰いつつ、思い起こしたのは、最近話題になりつつある、焼鳥は串から外さず喰うべし議論のことでした。おれ自身は以前にも申し上げた通り、本人が自分の分を外して食す分にはヨシ、ただ、盛られた焼鳥をすぐさま全部串から外してしまうのは御一考願いたいという立場であります。ところが、気を利かすというより、そういうもんだと思って、条件反射のように外してしまうひとも多いようです。だってあなた、ねぎまが4本出てきたのに、それを全部外しちまうんですぜ。ねぎまが肉とねぎになっちまうんですから。しかしまあ、そんなことはいいとして、おれがこの店でいつも飲んでいたのは、酎ハイの梅干し入りであることを思い出しました。それがメニュウではウメサワーとなっているのがユニークだったのですが、メニュウが新しくなって、正しく梅干しサワーとなっておりました。ちょっと残念です。で、ホッピーにナカ、それからそのウメサワー改め梅干しサワーを2杯、シメには皮をたれでいただきます。
 そんな感じですが、続いて都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。若いお客さんも多いんですが、さすがに「鳥むすめ」と比べるとアダルトで落ち着きます。しかし、樽のホッピーを飲み始めると、おれのほうが落ち着きなくなってまいりまして、2杯め3杯めとぐんぐん進み、調子にも乗って今夜も楽しい夜が過ぎていきます。

[PR]
by hoppys | 2016-12-05 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)