びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:横浜橋でハッスル( 20 )

隙あらば昼飲み

a0038663_23221051.jpg
 
 冬の陽が傾くのは早いのですが、今日はまだ明るいうちから首尾よく浅見本店で飲み始めることができました。壁際のカウンターの出口寄り、末席でいただくことにします。夏に、シークワーサー割を飲み過ぎて沈没したので、今日は瓶ビール、サッポロ黒ラベルの中瓶に致しました。多少は学習能力があります。塩豆とチーカマをつまみに、店内のTVでスマップ勢揃いの古畑任三郎など眺めているのもなかなか贅沢な時間といえましょう。どこか品のよい老紳士が飲むのはサントリーウィスキーの王者ローヤル、さすがです。
 地下鉄に乗って、板東橋から桜木町へ移動、ぴおシティにやってきました。空腹を覚えたので、地下の「横浜飯店」に入りました。たいていはここで餃子など喰おうってとこでしょうが、おれの場合はいきなりラーメンであります。それに瓶ビール、またしても黒ラベル中瓶と相成りました。
 さてそれでは本格的に飲み始めるかと、地上に上がり、週末の野毛小路「tacobe」となりました。カウンターでいつもの無駄話を繰り広げつつ、生ビールを2杯、たこ焼きをはさんで角ハイボールを2杯であります。
 最後は、宮川町の「THANK YOU」、先客の欧米人のお客さんと合わせてコロナをいただきました。おひとりはハリソン・フォード似のいい男であります。同じ酒ということか、乾杯していただきましたが、なにを話しているのかは、マスターもおれも全く判りません。2杯目はジントニック、これを飲み終えて出ようとすると、10人超の団体客がご来店であります。

[PR]
by hoppys | 2016-12-17 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

暴走する日曜日

a0038663_2240836.jpg

 まだ明るい夏の夕方、横浜橋の角打ち「浅見本店」で飲み始めました。浅見名物のシークワーサー割り、これを焼酎1杯シークワーサー半分でいただきます。これが260円に氷50円となっています。焼酎が濃過ぎるような気もしますが、このくらい焼酎を入れてもらわないと酸っぱくてなかなか飲めません。塩豆をつまみながらこれを1杯、いやもう1杯いきましょう。さらにコダマサワーのバイスがありましたからこれも貰いました。バイスは意外に常識的な濃さでありましたが、1杯目2杯目のおかげですでにできあがっております。
 にもかかわらず、さらに日曜の野毛へと進撃します。まずは立ち飲み「〇豊」にやってきました。ここではトマト割りにしておきまして、これを1杯2杯とゆっくりいただいているうちに、少しずつ酔いが醒めて枚しました。その勢いでもって、野毛小路へ繰り出し、やっぱり「tacobe」で生ビールをもう1杯やっていきましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-07-24 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)
a0038663_22474242.jpg

 大通り公園沿い、真金町の「和食いちばん」にやってきました。鎌倉街道沿い「中華一番」の姉妹店であります。午後3時ですが、このとおり宴会大歓迎とのことなので、二階の座敷で飲み始めました。ビールはサッポロ赤星であります。まず舟盛りと枝豆が登場、次に、キャベツとポテトサラダ、トマト、キュウリが皿に乗って出てきました。見覚えがあると思ったら、定食のアジフライやとんかつの下に敷いてある面々そのままであります。さらには本当にアジフライやコロッケの揚げ物勢、唐揚げ勢などが続々出現しました。大量です。おかげで、だいぶビールも飲み続けております。
 二軒目は、よこはま橋商店街内、漬物の店「灘屋」になりました。漬物は無論知っていましたが、飲めるとは知りませんでした。立ち飲みなどではなく、ちゃんとテーブルと椅子があります。この店の漬物や枝豆で飲めるのですが、商店街の店で買ったものなら持ち込みしてよいとのこと、早速数軒隣のフライ・惣菜の店「栃木屋」でスパゲティを買ってきました。セルフの緑茶割りをみんなに作ってもらい、4杯ほどいただいたかと思います。
 イセザキモールから福富町、宮川橋を通って、ぞろぞろと「ホッピー仙人」にやってきました。15周年ということで、今夜も飲んでおります。樽の白黒といきまして、かなり気分がよくなってまいりました。
 今夜は、野毛大通りを自動車通行止めにして、ジャズと盆踊りが行われています。もっとも、この時間にはジャズのほうは終了して、盆踊りタイムのようでした。都橋商店街の各店が出店を出しているとのことで、まずは「コッコ堂」の出店で生ビール、さらに「〇豊」を見つけてやはり生ビール、馴染みの人に次々遭うので、あちこちでひとしきり喋っていると、いつのまにか盆踊り終了、なお飲み続けるおれたちの眼前で、見る見る出店が片づけられていくのでした。
[PR]
by hoppys | 2015-09-12 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

酉の市はきっかけ

a0038663_23213399.jpg

 今日は二の酉ということで、真金町・大鷲神社の酉の市に出かけました。熊手を買うわけでもないのですが、毎年とりあえず、いや必ずやってまいります。昼から午後にかけて雨が降ったせいか、今夜は金曜にもかかわらず控えめな人出でした。熊手のところから、露店の立ち並ぶ道路を散策し、遠目にお参りをして、とりあえず屋台に入りました。かなり大きめのテントが出ているところで、アルバイト学生らしい若者が注文を受ける形のかなり本格的な店でした。ふたりで、おでん盛り合わせ1,000円、もつ煮込み500円をつまみに、500円の缶ビールを飲んでおります。だんだんと冷えてきたので、これで酉の市は終了、よこはまばし商店街の入り口から大通公園、イセザキを横断して、末吉町の居酒屋「しまちゃん」に入りました。この店、最近まですぐ先の若葉町にあったのですが、もともとここにあった鉄板の店に代わって、ビルの2階、3階に入りました。その鉄板の店はどうしたかというと、元「しまちゃん」の場所で営業しています。つまり、場所を交換した格好なのです。で、セクシーな店の隣にある階段を上って店に入りました。店内は完全に新装されて、新しい気持ちの良い空間になっています。カウンターと大きめのテーブルがあって、ひとりふたりでも入れそうです。海鮮系がメインの店なので、シメサバ800円を注文しました。本格焼酎も揃っていて、500円くらいから飲めます。今日は、佐藤麦と特蒸泰明を水割りで1杯ずついただきました。
 なかなか盛況の「しまちゃん」を出まして、鎌倉街道沿いの老舗バー「アポロ」にやってきました。カウンターの中にはマスターがいらっしゃって、実にいい雰囲気になっています。カウンターで、フォアローゼス、そしてジャックダニエルの水割りを1杯ずつ、ゆっくり頂いて、今夜は終了であります。
[PR]
by hoppys | 2013-11-15 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

贅沢な夏の夕方

a0038663_20595432.jpg

 真昼の炎天下は避けて、多少なりとも陽が弱くなった16時過ぎに、八幡町の「内藤酒店」にやってきました。スーパードライの中瓶をいただくことにしますと、一番風の通る涼しい場所を教えてくれました。なるほど、これは涼しい。ビールも当然ながらよく冷えていて至福の1杯であります。時折人が歩いている通りを眺めながら、お店の人がふたり、常連さんらしいお客さんがひとり、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしました。懐かしい、重厚な店構えの酒屋さんですが、ここのお母さんは写真に撮られることを嫌がるので、画像も「イメージ画像」となっております。
 続いて、三吉橋通り商店街に最近発見した立ち飲み屋「ふう」に入ってみることにしました。しかし、入店直前に「椅子のある立ち飲み屋」との表示が目に入りました。するとそのとおり、カウンター数席に3卓のテーブル席の店内、完全に椅子があります。立ち飲みスペースは皆無です。これはいけません。いや、全然いけなくないのですが、立ち飲み店としては認めることができません。もちろん、飲むのには全然差し支えないので、今日特別価格になっている生ビール、それにエイヒレを注文しました。メニュウを見ると、これは安い。ドリンクは、生ビールを含めほとんどが400円以下、つまみも300円前後になっています。つまり、「立ち飲み屋価格なのに椅子のある店」という、意味合いなのでしょう。そういう意味では大変お得になるわけです。
[PR]
by hoppys | 2012-08-19 21:10 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

晩秋の角打ち

 午後から横浜橋商店街を通過して「浅見本店」にやってきました。ここに来ると、やっぱりシークワーサー割り、どちらも1杯分入っている300円のシロモノを貰いました。それにしても酸っぱい飲み物でありまして、自然にそういう顔になります。
 続いて、三吉橋を渡り、八幡町の商店街をずんずん進んで「内藤酒店」にやってきました。久しぶりの来店でしたが、おかあさんもお元気そうでなによりです。6Pチーズを1Pつまみ、スーパードライの中瓶を1杯2杯3杯と頂きました。暖かく穏やかな日差しの中、ゆるやかに酔っ払っていくのです。
[PR]
by hoppys | 2011-11-12 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

土曜日は角打ち日和

 土曜日の午後、「浅見本店」にやってまいりました。いつものシークワーサー割り、これは焼酎とシークワーサーの割合、すなわち1杯か半分かの組み合わせで4種類、1番から4番まであるわけですが、今日はどっちも1杯入るストロングな1番300円に致しました。このシークワーサー原液の酸っぱさたるや想像を絶するものがあるわけで、まあ健康にいいだろうと自分に言い聞かせる感じでなんとか飲んでるんですが、酸っぱさに耐えて飲み進むうち、なにげに大量に入っている焼酎のせいで、気づかぬうちに酔っ払っている仕組みになっております。これはなかなかよくできています。さて、今日もおぢさんたちで賑わう「浅見本店」、会話のキーワードはウマ、酒それに病院です。ウマはなかなか当たらないとは思いますが、くれぐれも健康には気をつけて末長く飲み続けてほしいものでございます。なんて思いながら飲んでいると、自転車の小学生たちが「あー、ここ知ってる。アド街ック天国に出てたー」とか言いながら通り過ぎて行きました。お前たちも、いつかおれたちのように昼から酒を飲める立派な大人になるんだぜ。そういえば、この店に来る前に、そばを喰ったよこはまばし商店街の「安楽」が妙に混みあっていたのですが、「安楽」もアド街に登場したようなんで、そのせいなんでしょうか。
 続いて、西久保町の「大和屋酒店」にやってきました。続いて、などと一言で済まされる距離ではありませんが、いろいろ散歩を楽しみつつ、ここに達したわけであります。瓶ビールをお願いすると、黙ってキリンラガー大瓶が出てくるあたりはさすがです。ゆっくりと飲み終えて、角瓶を買って帰ることにしましたが、店のおかあさんの話ですと、小売店でも角瓶が品薄とのことであります。ハイボール人気恐るべし、というか、地球人は単純ですなあ。
[PR]
by hoppys | 2011-01-29 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

横浜・一の酉

a0038663_1735429.jpg

 今日は一の酉ですが、横浜では真金町、横浜橋商店街裏手に大鷲神社があります。出掛けてみると、日曜とあって昼から大にぎわいであります。神社周辺一帯には露店が出て、メインは商売繁盛の熊手ということになりますが、飲食、射的、お面などとにかく盛り上がっております。昨今ブームのB級グルメの店が目立ちます。すっかり有名な富士宮焼きそばをはじめ、最近評判の甲府鳥もつ煮、さらに宮崎肉巻きおにぎり、津山ホルモンうどんなんていうのもありました。しかしまあ、せっかくなんでここはひとつ、ゆっくり飲める場所がよかろうと、普通に焼きそばと生ビールを貰い、テントの下で飲み喰いすることになります。昼は実に気持ちがいいんですが、夜になるとビールはいささか凍えるかも知れません。
[PR]
by hoppys | 2010-11-07 17:47 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

昭和に帰るサッポロ赤星

 大通公園、横浜橋のちょっと手前、長島橋信号のあたりにある「和食いちばん」にやってきました。表にあったネギトロ丼800円に引かれたわけなのです。酒も飲めますが、「食堂」という感じの店内は、いつものように夕飯を喰う人、何人かで飲んでいる人、夕飯も喰って酒も飲む人で賑わっています。おれも、丼(と言っても定食ですが)に続いてビール大瓶を貰うことにしました。
 夏の夜、こんな店で、コップに注いで飲むサッポロラガー赤星は、まさに昭和の味、昭和のサラリーマン的な雰囲気を演出してくれます。旨いけど今なお第一線のキリンラガーじゃだめなわけで、だからあまり売れないのかも知れませんが、「いちばん」らしい大量の丼飯を若干無理して喰うっつうのも、やっぱり21世紀っぽくはないようです。
[PR]
by hoppys | 2009-07-07 23:22 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

よく怒るのか野毛の男

 横浜橋近くの中華料理店「酔来軒」にやってきました。今日はサンマーメンを注文してみましたが、気づくと周囲のお客さんたちは割と同じものを注文しています。で、出てくると画像を撮っていて、どうやらこれも「横浜本」の影響に相違ないところでしょう。店の人も、ほかのお客さん相手に「雑誌や本に載っちゃったんで、最近混んじゃってるんです。でもすぐ終わりますから。」なんて大きな声でしゃべったりしております。まあ、そういうお客でも、本当に気に入ってリピーターになってくれるならよいじゃないですか。
 続いて、三吉橋を渡り「内藤酒店」にやってきました。中瓶のスーパードライを貰ってゆっくり飲んでいると、横浜大空襲の話になりました。お母さんによると、当時はもう少し山のほうに住んでいたところ、家のすぐ手前まで全部焼けたそうです。つまり、今の店も、先ほど歩いてきたよこはまばし商店街あたりも大被害を被ったということになります。横浜大空襲、1945年5月29日のことなのですが、今日が5月30日だから出た話ではなかったのが不思議なところです。
 16時になったので「もつ肉店」に入りました。週末は大混雑の店ですが、今日はそれほどのことはなく、ちょうどいい入りようになりました。また馬刺しとか喰い、ホッピーと黒ラベルの大瓶を飲みます。
 1時間ほど滞在してぞろぞろ店を出てきましたが、ちょうど目の前でバスが行ってしまったので、たらたら歩くことになりました。雨もやんでいます。長者町から日ノ出町に出て、「すずな」に入りました。おばちゃんが元気に迎えてくれます。焼きたらこ、かき揚げといったつまみ類がことごとく美味くて、梅酒、麦「佐藤」、麦そしてまた「麦佐藤」と、どしどし酒がすすんでいきました。
 そんな感じで飲み続けていたら一同、だんだん眠くなってきたので、「すずな」を出て「THANK YOU」に入りました。しかし、この暗くてムーディな店内は眠気を誘います。ぼうっとした感じでなんとか1杯飲み、「ムービースター」に辿り着きました。こういうときは、すだち酎で気分だけでもすっきりするのが一番であります。
[PR]
by hoppys | 2009-05-30 23:19 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)