びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:野毛でハッスル( 1114 )

スピード野毛はしご酒

a0038663_22503221.jpg

 都橋商店街「El Nubichinom」にやってきました。人通りの多い祝日土曜日の野毛界隈ですが、ここは落ち着いて飲むことができます。メニュウを見ると、城端麦酒の「グレートブルー」があったので、これをいただきます。あると必ずいただくビールです。ウォッカを少々加えるとさらに美味くなるとのことで、やってもらいました。あくまで味のためで、いわゆる「バクダン」的なやつではありませんから、「ダブル」とかは注文できません。今日は、店内のモニターで、日本一の花火と言われる新潟・長岡の花火の映像を見ながらのクラフトビールとなります。ラインナップは、「プラチナエール」、「ハーベストブルー」、「すももセゾン」といった逸品たちでした。
 続いて、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」、麦焼酎「兼八」の濃い目の水割りをいただくと、ここからにわかに急加速となりまして、賑わう野毛小路の酔客をかき分けつつ、地下にあるバー「ciel bleu」に赴き、「フォアローゼス」を濃い目の水割りでいただくと、若いスタッフたちとの会話を楽しむのもそこそこに、次の「ブリリアント」に移動、こちらではバーボンとだけ指定、すると「メーカーズマーク46」を出してくれました。いろいろ事情ありますが、今夜はこのあたりでお開きとしておきましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-09-23 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「さかなかや」で発見

a0038663_22573246.jpg
 
 野毛大通り沿いの「さかなかや」で飲むことにしました。枝豆、骨せんべい、キスやあさりの串揚げなんかをもらって、生ビールを飲み始めました。カウンター席から、串に刺した魚を炭で焼いているのが見えます。後で聞いたのですが、これは太刀魚くるくる巻というやつだそうで、実に美味そうであります。瓶ビールがキリン秋味だったので、2杯目にはこれをもらいました。すると、最初に注文した珍味「塩かつお」なるものが登場しました。ご店主がこれは辛いですというとおり、口に含むとじわっと塩が効いてきます。これは、焼酎に行くしかないだろうということで、「わんこ」という麦焼酎に切り替えました。これを濃い目の水割りでやりつつ、塩かつおの身をじわじわ味わっておりますと、「わんこ」は4杯となりました。
 続いて、吉田町まで進撃、「WADACHI」に入店しました。時折訪れるこの店、外見は完全にバー、しかし、和の酒にこだわっていて、カクテルはありません。常連じゃないので、毎回マスターに確認されます。ここでいただくのは、麦焼酎「佐藤」となります。ちょい水でとお願いすると絶妙なやつが出てくるので、結局ここでも3杯となっております。

[PR]
by hoppys | 2017-09-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛は新旧取り混ぜで

a0038663_23510801.jpg

 金曜日の1軒目は、都橋商店街の立ち飲み「○豊」になります。飲み始めっつうことで、こちらでは珍しく生ビールから始めました。茶豆をつまみながら、2杯目はジンジャーエール割といたしました。なじみの顔も店に揃いますが、まだまだこれからという感じが楽しい金曜日になります。
 続いて、最近野毛大通りにできた大衆酒場「蛙の介」に行ってみました。正式には、「酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店」というそうです。真新しい木製のテーブルが目立つチェーン店でありますが、手書きの張り紙や若いスタッフの張り切り振りなど、やることはやってますという感じがあって悪くはありません。酒は290円、フードは280円が基本となっておりますが、かなり例外もあって、無理しない感じは好感が持てます。こういう店ではとりあえずホッピーをもらっておきます。串焼きは、豚バラ巻きが基本で、シイタケ、ニンニクの芽なんかもそれで出てきました。税込627円の生マグロなんてやつは、骨付きのまま出てきて、二枚貝の貝殻で削って食すなどという盛り上げ要素付き、注文しませんでしたが、蛙にちなんでか、旅館の風呂場によくあるあのケロリンの桶が出てくる水割りセットみたいなのもあるようです。190円のナカに、そば茶割をもらって終了、スタッフも元気があるだけでなく、いい意味で無駄話などしてくれ、まあいい感じでした。野毛初心者の方は、このあたり行っておけば良いんじゃないかと思います。
 金曜の夜も更けてきたところで、野毛小路に転進すると、かなりの人どおりになってまいりました。「tacobe」に顔を出すと、かなり席も埋まってざわざわした感じになっております。ここでは角ハイボールを1杯いただきました。
 ラストは、宮川町に入って、「桐のや水産」になります。今に始まったことじゃありませんが、麦焼酎「兼八」を500円で出してるなんてのはなかなか大したものです。で、今日は思う存分3杯いただいておきました。他のお客さんたちともなんだか盛り上がって、やっぱり週末は賑やかにいきたいものであります。


[PR]
by hoppys | 2017-09-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛小路からイセザキへ

a0038663_00261953.jpg

 野毛小路の「紅とん」桜木町店で飲んでおります。いつものようにホッピーと串焼き数本を注文、さらに焼きあがるまでのつなぎにタコわさびをもらうことにしました。すると、これがなかなか酒に合う伏兵でありまして、いいペースでホッピーがなくなっていきました。この店はカウンターから焼き場が見えるのもいいところで、今焼かれている美味そうなシイタケはおれのやつだなどと思いつつ、焼き上がりを待ちます。多めのナカももらって終了です。
 続いて、都橋商店街の立ち飲み「○豊」にやってきました。今日は特に理由はありませんがビールを飲みたい気分になり、生ビールをいただくことにしました。サントリーモルツになります。相方には枝豆、すっかりこれが美味い季節でありまして、生ビールはさらに2杯となりました。
 イセザキに移動して「みんなのいばしょ」になります。店内のTVでは先週もここで見た「スカッとジャパン」を放映しておりまして、さらに「大相撲総選挙」というなかなか興味深い番組に替わりました。懐かしい力士の映像を眺めつつ、こちらはキンミヤのコアップガラナ割、さらにはキンミヤの酎ハイが2杯と飲み続けているのでした。

[PR]
by hoppys | 2017-07-31 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

骨せんべいのありかた

a0038663_22451800.jpg

 金曜日の野毛、1軒目は柳通りの「もも」にやってきました。カウンターでホッピーをいただきます。ここは、肉を串焼きでなく出してくれる店なので、奮発して牛ハラミ、それに冷しトマトももらいました。それでも気になるのが、カウンター上の大皿に乗っている魚の骨せんべいでありまして、やっぱりもらっておきましょう。ナカも追加しました。
 続いて、野毛小路の立ち飲み「よりみち」であります。そこそこな感じで賑わっておりまして、おれ自身は、ほぼ表どおりのスタンディングでトマト割と韓国のりをさっと平らげる感じで、次の目標たる都橋商店街に向かいうことと相成りました。
 都橋商店街は、現在外装の修繕を実施しているようですが、全店舗営業中です。昭和39年の東京オリンピック開催前の建物、次の東京オリンピックまで使用する気満々と言えましょう。で、二階の「ホッピー仙人」でホッピーをいただくことになります。ある程度混雑しているので立ち飲みとなります。以前は二重三重に客入れしていましたが、猛暑ということもあり、最近はほどほどの収容となっています。個々の商店街では、表に並んではいけません。入れない時はほかの名店に行ってください。ホッピーを2杯、白黒ともらうことになりました。
 3軒目は、野毛小路「tacobe」であります。週末ではありますが、久しぶりの平日の訪問とあって、落ち着いています。カウンター席でほかのお客さんと商店街話で盛り上がりつつ、生ビールさらには角ハイボールでキメることになりました。

[PR]
by hoppys | 2017-07-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛で旧友再会

a0038663_22364725.jpg

 今日は、久しぶりに遠来の仲間を野毛に迎えることになりました。1軒目から「ぴおシティ」地下の「じぃえんとるまん」ですから、楽しい時間となるのは確実といえましょう。390円で飲めるサッポロ赤星大瓶をどしどし飲みつつ、シメサバをはじめ、枝豆とか奴とかスタミナ豚バラとか、「じぃえんとるまん」自慢の格安居酒屋メニュウをいただいていきました。
 まだ明るい地上に出ると、そのまま吉田町へ向かいました。7月の「まちじゅうビアガーデン」を開催中でありまして、車両通行止めの措置が取られ、音楽を聴きながら存分に飲むことができるのです。オリオンビールがあったのでこれを飲むことにしました。なにやら関東限定という美味いやつをいただきました。
 野毛に戻って「桐のや水産」、なめろうとか、タイの刺身とか、得意なやつをもらいつつ、ここでホッピーを飲むことにしました。オープンに飲み続ける感じでナカも追加となっております。
 続いて、野毛の新名所的な「たべもの横丁」に向かいます。リニューアルしてだいぶ経っていますが、お相手はなにしろ役10年ぶりなのでしかたありません。相変わらずやってくるのは「鳥むすめ」となりまして、ここでまたホッピーを飲むことになります。隣り合わせたヤングな連中と、しばし酒をかわしつつ、焼鳥喰って、ナカをもらいました。
 シメは、野毛小路「よりみち」となりましょう。緑茶割をほぼ表の木台に乗って飲み続けると、いつもの愉快な仲間がやってきます。このへんと適当に盛り上がりながら、緑茶割はもう1杯。まあ野毛もおれも10年経過したとはいえ、やっぱりこんな感じであります。

[PR]
by hoppys | 2017-07-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛小路をウォッチング

a0038663_23384134.jpg

 ここのところ、土曜日は、混雑する前の「tacobe」からスタートするパターンを多用しております。今日のところも、まだお客は2、3組といったところで、カウンターで生ビールを飲み始めました。ドアの向こう側に見える野毛小路は昼のように明るく、酔客もこれからといったところでしょう。たこやきと角ハイボールをもらってもう少しゆっくりさせていただきました。
 続いて、野毛小路を移動して「翠葉弐千」にやってきました。うまい餃子で人気の「翠葉」ですが、中華料理の店ということで、わざわざ飲みに来た客は避けるのかも知れません。おかげで1階の空席に落ち着くことができました。窓から野毛小路の往来が視界に入ります。瓶ビールサッポロ赤星に、餃子、豚バラサラダ、メンマと、たいてい同じラインナップですが、気に入っているものはしかたありません。これにキンミヤ焼酎のソーダ割が加わって完璧です。隣に新しく、居酒屋が何軒か入っているビルができましたが、ここのスタッフが張り切って、野毛小路でうろうろしているグループ客を次々獲得し、店に案内していました。なかなかいい仕事ぶり、大いに頑張ってほしいところです。
 そんな野毛小路の喧騒を抜け、宮川橋を渡って、「たなぼた」に入店です。ホッピーを飲み始めました。ジョッキがでかめで焼酎もたっぷりと入っています。土曜日は昼12時からの8時間営業ということで20時に閉店になります。時間を若干気にしつつ、6Pチーズを1P分齧り、ナカももらっておきましょう。
 

[PR]
by hoppys | 2017-06-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23315841.jpg

 土曜日の野毛の夕方、あちらこちらにできている行列を横目に、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターで、まずは生ビール、たこやきをもらって、2杯目は早くも角ハイボールをいただきます。この店にはいろいろ懐かしいウィスキーが揃っているので、しっかり角と言わないと、トリスやホワイトが出てくる恐れもあります。まあそれはそれで楽しいのですが、ある程度の悪酔いを覚悟しなければなりません。
 そろそろ野毛が混みあってくる時間なので、2軒目は宮川町の「遊」までやってきました。ホッピーをもらって、冷奴にキムチをもらい、併せていただきます。毎回いろいろ楽しいぶっちゃけ話をしてくれるマスター、ベイスターズも好調で大いに盛り上がりました。ナカさらにバイスをもらってこっちの調子もよくなってきました。
 続いては、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へとやってきました。この前も同じパターンだったような気もするがまあいいでしょう。こちらではピンクサワー、つまりバイスを飲み続けることになりました。ツイッターなどでは、いろいろ新メニュウにチャレンジしていることを伺わせますが、実際に来店すると、特になにかしら勧められることはありません。というわけで、今夜はバイスだけ飲んで、終了となりました。

[PR]
by hoppys | 2017-06-17 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

開港のまち野毛

a0038663_22514995.jpg
 
 土曜日の夕方、野毛小路の「tacobe」で飲み始めます。今日はハマスタのベイスターズ戦や開港祭の花火も控えていますが、この時間は、嵐の前の静けさというか、まだそれほど混みあっていないので、生ビールをゆっくり飲み始めました。マスターママと無駄話をしている間にビールは3杯、ここでいったん引き揚げることにしました。
 で、ぴおシティ地下の「横浜飯店」にやってきました。ここでラーメンでも喰おうという算段であります。昔ながらの中華料理店なので、ラーメンはシンプルな志那そば的醤油ラーメンになります。もちろん、生ビール小ジョッキもいただいております。
 ここで、「tacobe」に舞い戻りますと、さすがにお客が増えておりました。しかし、幸い行儀の悪い客はいなかったので、空いているカウンター席で、今度は角ハイボールを飲み始めました。花火の音が響き始めた店内で、たこ焼きをいただきつつ、ハイボールはもう1杯になりました。
 伊勢佐木町に移動し、4丁目に割と最近開店した居酒屋「ばんぶー」に立ち寄りました。カウンタ―席の奥にあるテーブル席に案内されました。何も考えずホッピーセットを注文しましたが980円もします。どんな上等なやつが出てくるかと思っていると、300mlのキンミヤが瓶ごと出てきました。これは逆にホッピー外を追加すればだいぶ飲めるという新企画なのでした。しかし、残念ながら今夜はだいぶ出来上がっていますから、2杯分くらいとなります。妙に美味い枝豆やシイタケ焼きをいただきました。また来てみましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-06-03 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23250354.jpg

 金曜日の野毛、「武田屋」に入りました。たいてい、黒ホッピーを飲んでおりますが、「横浜づくり」があるとのことなので、これをもらいました。大瓶であります。先月、何種類かのづくりシリーズを飲む機会がありまして、やっぱり一番美味いのは横浜づくりだなと感慨にふけっていたのでありますが、よく見りゃ、単純にアルコール度数が一番高いというだけでした。まあ、それでも牛タン串焼きや自家製コンビーフなどいただきつつ、割とあっさり飲んでしまいました。さらに、宝焼酎のレモンサワー専用焼酎なるものを発見、レモンサワーをいただいてみました。このレモンサワー自体は、あまり酸っぱくない、おれ好みのやつでしたが、この味はレモンのほうから来てるわけで、実際焼酎がレモンサワー用として真価を発揮したのかどうか不明であります。
 続いて野毛小路のスポーツバー「SHEVA」に移動しました。こっちでは、カウンターで生ビールを飲みながら、ベイスターズを応援することになります。あまり早い時間から行くと何時間も飲み続けて応援することになりますが、今日はちょうどいい感じで生ビール2杯、さらに勝利を祝ってもう1杯となりました。
 3軒めは、都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。本日のラスト1杯、シメがホッピーということになります。

[PR]
by hoppys | 2017-05-26 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)