びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:野毛でハッスル( 1120 )

冬将軍を迎え撃つ

a0038663_23225044.jpg

 野毛本通りの「鳥どり」に久しぶりの来店であります。雨模様の寒い夜なのに、カウンターに収まると、何も考えずホッピーをコールしてしまいました。しかも見事にジョッキはカチカチとなっております。焼鳥数本にタン塩レモンを注文、焼きあがるまでにタン塩から喰うと、こっちは計算通りとなりました。注文が入るたび、厨房の中から威勢のよい返事が返ってきます。元気があるというのはよいことです。こちらも、肉巻きトマトや佐藤麦お湯割りを追加、佐藤麦はさらにもう1杯もらいました。
 続いて、都橋商店街「○豊」になります。移動中もさらに冷え込んだので、最初から焼酎お湯割り、梅干し入りでいただくことにしました。暖かい店内、居心地もよく、なかなか出づらいところですが、もう1杯いただいたところで、勢いをつけて移動することにします。
 3軒目は、イセザキの「みんなのいばしょ」、先日めでたく5周年を迎えました。ここではなぜかいきなり冷たいキンミヤソーダを飲み始めました。たくあんとか、5周年営業の残りの菓子とかつまみながら、さらにキンミヤソーダを2杯、いつの間にか寒さもわからない酔っ払いとなっております。

[PR]
by hoppys | 2017-12-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

温まる「○豊」

a0038663_23112191.jpg

 横浜も俄然、寒くなってきました。野毛小路ですが、今夜は迷っている場合ではありません。「紅とん」のカウンター席に空きがあるのを確認して、すぐ突入しました。店内は、厨房の熱気と、人間の体温とで暖まっていて助かります。おかげで冷たいホッピーを注文することができました。串焼きのほうは、豚ハラミ、豚バラ、ささみ梅、ささみわさび、シイタケそれにエリンギと、たいていはこんなラインナップとなっておりまして、さらにナカをもらって会計は1,530円であります。
 続いて、宮川町の「桐のや水産」にやってきました。いつも開け放しの、この立ち飲みもさすがに今日は一部を除いて閉め切っております。店内も暖房が効いていたのか暖かく、こちらでも麦焼酎「兼八」を水割りでいただくことができました。スパゲティサラダなんかもつまんでおります。
 3軒目は、都橋商店街「○豊」になります。ちょうどお客がいないタイミングで、運がいいんだか悪いんだかむつかしい局面でしたが、とにかく、焼酎のお湯割りに梅干しを投入してもらい、湯豆腐もいただくことになりました。冷え込む季節には、この店で暖まりつつ、家にいるようにTVを眺め、無駄話をして過ごすというのが、毎年の楽しみであります。ということで、焼酎もう1杯です。

[PR]
by hoppys | 2017-11-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_21290486.jpg

 今年も早いもので11月、今日は一の酉でありますが、それにちなんで、花咲町の若鳥焼「雅(みやび)」にやってきました。生ビールに、おひとり様限定のもも焼きミニをもらいます。焼いている間に、れんこんの土佐煮とだいこんの煮物をいただきましょう。ここに来るのは1年半以上のご無沙汰なのですが、顔を覚えていていただいていました。2杯目は酎ハイ、手羽先と併せてもう1杯となります。
 続いて、都橋商店街へと向かいました。月曜のせいか、酉の市のせいか、今日の野毛は人どおりもやや少なめであります。立ち飲み「○豊」で、引き続き飲むことにしましょう。赤しそサワーがあったので、これをいただきました。ちょっと甘めのやつでありまして、これが2杯となります。
 「○豊」から、階上の「ホッピー仙人」に移動するパターンは久しぶりとなります。こちらも、若干立ち飲みのお客さんはいましたが、落ち着いた感じで飲むことができました。1杯目は樽、2杯目は瓶、どちらも美味であります。もう1杯といきたいところでしたが、今夜はこのあたりで勘弁してやりましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-11-06 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23482985.jpg
 
 「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」に登場であります。混雑していることが多い店ですが、今日はまだ早いせいか、メインのカウンターが空いていました。いつもの元気のいい声で迎えてもらい、早速ホッピー、さらに焼鳥各種、今日はししゃももあったので、これももらうことにしました。ナカさらには酎ハイ梅干し入り、梅干しなしでもう1杯と、気分よく飲み続けました。
 続いて宮川町の立ち飲み「桐のや水産」へやってきました。折しも店内のTVで日本シリーズ中継をやっていたので、生ビールを飲みつつこれを見ることにしました。嘘です。知ってて来ました。試合が佳境に入るところで生ビールもう1杯、ちょっと古い友人に一杯いただいたりしていると、ベイスターズが逆転に成功しました。にわかに盛り上がってきたタイミングで、元気のいいスタッフもひとり加わって、店内はさらにテンションが上が ってきました。そしてついにベイスターズ勝利、おれ自身も、気がつけばさらにレモンサワーを2杯となりました。強いベイスターズは、横浜の夜を元気にするのです。

[PR]
by hoppys | 2017-11-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23031271.jpg

 今年も野毛ハロウィンということで、盛り上がっていきたいところでありますが、迷惑な台風接近中とあって、雨模様となってしまいました。例年より仮装のお客も少ないように見受けられます。それでも、都橋商店街「○豊」を手始めに、ラリー参加店を巡ることにしました。「○豊」で生ビール、本通りを渡り野毛小路の「tacobe」で生ビールとたこ焼き、宮川町に戻って「桐のや水産」でウメサワーと進みましたが、このあたりから日本シリーズが佳境となってまいりまして、各店でも熱闘が放映されております。ベイスターズの戦いを気にしつつ、大通りへ回って「Basil」1号店で赤サングリア、白サングリアそれにかぼちゃ入りのチーズフォンデュ、野毛小路へ戻って「SHEVA」でハイボールと続きました。もはやハロウィンよりベイスターズの動向が気になって仕方ないところではありましたが、ここはもう1軒、本通りの「イチゴイチエ」で6軒達成、ハイボールをぐっといただいてから、恒例の福引に挑戦、見事にコーラを2回、引き当ててしまうのでした。

[PR]
by hoppys | 2017-10-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

不気味な夜が迫る野毛

a0038663_23330148.jpg

 野毛の「武田屋」にやってきました。カウンター席で、いつものキンミヤシャリキン黒樽ホッピー、さらに、自家製コンビーフ、ハムカツ、牛タン串焼きをいただきました。ホッピーのジョッキは今日も凍っていて、カウンターの上を滑ります。最新の注意を払いつつ、2杯目はレモンサワーになりました。これで終了としましたが、出がけに、今週末は野毛に来られますか?と訊かれました。大変なことになるでしょうがたぶん来るでしょうと答えます。
 続いて、都橋商店街の立ち飲み「○豊」に到着しました。他にお客さんはいませんでした。今夜の野毛は、あまり人通りもなく、まさに嵐の前の静けさともいうべき夜となっていました。もっとも、トマト割を飲んでいるうちに、店にはお客さんがじわじわ入ってきましたが、枝豆をつまみながらトマト割をもう2杯、今夜はこのへんで退散しておきましょう。いろいろ準備もあるのですから。

[PR]
by hoppys | 2017-10-26 23:38 | 野毛でハッスル | Comments(0)

スピード野毛はしご酒

a0038663_22503221.jpg

 都橋商店街「El Nubichinom」にやってきました。人通りの多い祝日土曜日の野毛界隈ですが、ここは落ち着いて飲むことができます。メニュウを見ると、城端麦酒の「グレートブルー」があったので、これをいただきます。あると必ずいただくビールです。ウォッカを少々加えるとさらに美味くなるとのことで、やってもらいました。あくまで味のためで、いわゆる「バクダン」的なやつではありませんから、「ダブル」とかは注文できません。今日は、店内のモニターで、日本一の花火と言われる新潟・長岡の花火の映像を見ながらのクラフトビールとなります。ラインナップは、「プラチナエール」、「ハーベストブルー」、「すももセゾン」といった逸品たちでした。
 続いて、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」、麦焼酎「兼八」の濃い目の水割りをいただくと、ここからにわかに急加速となりまして、賑わう野毛小路の酔客をかき分けつつ、地下にあるバー「ciel bleu」に赴き、「フォアローゼス」を濃い目の水割りでいただくと、若いスタッフたちとの会話を楽しむのもそこそこに、次の「ブリリアント」に移動、こちらではバーボンとだけ指定、すると「メーカーズマーク46」を出してくれました。いろいろ事情ありますが、今夜はこのあたりでお開きとしておきましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-09-23 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「さかなかや」で発見

a0038663_22573246.jpg
 
 野毛大通り沿いの「さかなかや」で飲むことにしました。枝豆、骨せんべい、キスやあさりの串揚げなんかをもらって、生ビールを飲み始めました。カウンター席から、串に刺した魚を炭で焼いているのが見えます。後で聞いたのですが、これは太刀魚くるくる巻というやつだそうで、実に美味そうであります。瓶ビールがキリン秋味だったので、2杯目にはこれをもらいました。すると、最初に注文した珍味「塩かつお」なるものが登場しました。ご店主がこれは辛いですというとおり、口に含むとじわっと塩が効いてきます。これは、焼酎に行くしかないだろうということで、「わんこ」という麦焼酎に切り替えました。これを濃い目の水割りでやりつつ、塩かつおの身をじわじわ味わっておりますと、「わんこ」は4杯となりました。
 続いて、吉田町まで進撃、「WADACHI」に入店しました。時折訪れるこの店、外見は完全にバー、しかし、和の酒にこだわっていて、カクテルはありません。常連じゃないので、毎回マスターに確認されます。ここでいただくのは、麦焼酎「佐藤」となります。ちょい水でとお願いすると絶妙なやつが出てくるので、結局ここでも3杯となっております。

[PR]
by hoppys | 2017-09-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛は新旧取り混ぜで

a0038663_23510801.jpg

 金曜日の1軒目は、都橋商店街の立ち飲み「○豊」になります。飲み始めっつうことで、こちらでは珍しく生ビールから始めました。茶豆をつまみながら、2杯目はジンジャーエール割といたしました。なじみの顔も店に揃いますが、まだまだこれからという感じが楽しい金曜日になります。
 続いて、最近野毛大通りにできた大衆酒場「蛙の介」に行ってみました。正式には、「酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店」というそうです。真新しい木製のテーブルが目立つチェーン店でありますが、手書きの張り紙や若いスタッフの張り切り振りなど、やることはやってますという感じがあって悪くはありません。酒は290円、フードは280円が基本となっておりますが、かなり例外もあって、無理しない感じは好感が持てます。こういう店ではとりあえずホッピーをもらっておきます。串焼きは、豚バラ巻きが基本で、シイタケ、ニンニクの芽なんかもそれで出てきました。税込627円の生マグロなんてやつは、骨付きのまま出てきて、二枚貝の貝殻で削って食すなどという盛り上げ要素付き、注文しませんでしたが、蛙にちなんでか、旅館の風呂場によくあるあのケロリンの桶が出てくる水割りセットみたいなのもあるようです。190円のナカに、そば茶割をもらって終了、スタッフも元気があるだけでなく、いい意味で無駄話などしてくれ、まあいい感じでした。野毛初心者の方は、このあたり行っておけば良いんじゃないかと思います。
 金曜の夜も更けてきたところで、野毛小路に転進すると、かなりの人どおりになってまいりました。「tacobe」に顔を出すと、かなり席も埋まってざわざわした感じになっております。ここでは角ハイボールを1杯いただきました。
 ラストは、宮川町に入って、「桐のや水産」になります。今に始まったことじゃありませんが、麦焼酎「兼八」を500円で出してるなんてのはなかなか大したものです。で、今日は思う存分3杯いただいておきました。他のお客さんたちともなんだか盛り上がって、やっぱり週末は賑やかにいきたいものであります。


[PR]
by hoppys | 2017-09-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛小路からイセザキへ

a0038663_00261953.jpg

 野毛小路の「紅とん」桜木町店で飲んでおります。いつものようにホッピーと串焼き数本を注文、さらに焼きあがるまでのつなぎにタコわさびをもらうことにしました。すると、これがなかなか酒に合う伏兵でありまして、いいペースでホッピーがなくなっていきました。この店はカウンターから焼き場が見えるのもいいところで、今焼かれている美味そうなシイタケはおれのやつだなどと思いつつ、焼き上がりを待ちます。多めのナカももらって終了です。
 続いて、都橋商店街の立ち飲み「○豊」にやってきました。今日は特に理由はありませんがビールを飲みたい気分になり、生ビールをいただくことにしました。サントリーモルツになります。相方には枝豆、すっかりこれが美味い季節でありまして、生ビールはさらに2杯となりました。
 イセザキに移動して「みんなのいばしょ」になります。店内のTVでは先週もここで見た「スカッとジャパン」を放映しておりまして、さらに「大相撲総選挙」というなかなか興味深い番組に替わりました。懐かしい力士の映像を眺めつつ、こちらはキンミヤのコアップガラナ割、さらにはキンミヤの酎ハイが2杯と飲み続けているのでした。

[PR]
by hoppys | 2017-07-31 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)