びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

カテゴリ:関内でハッスル( 170 )

a0038663_23382147.jpg
 まだいささか時間の早い土曜日、まずは馬車道の「福の軒」で一杯やっていくことにしました。生ビールはアサヒ、これに手軽なキャベツや奴をもらいました。まだこの時間はラーメンのみのお客さんが多いようです。今日はおれ自身もビールを飲みながらラーメンを喰ってみました。シメによさそうな豚骨ラーメンですが、生ビールをもう1杯になります。
 馬車道からイセザキモールをぐんぐん進んで、立ち飲み「みんなのいばしょ」にやってきました。今日は4周年ということでスペシャルメニュウでの開店となっています。神奈川の日本酒が無料だったり、カレースープが1杯無料だったり、駄菓子が取り放題で50円だったり、もちろんお得ではありますが、いろいろ基準が微妙な感じのラインナップでした。無料の日本酒を1杯いただいたあと、ホッピーやピンクサワーことコダマのバイスなどをもらいました。いつもの常連が多くやってはきますが、ぐぐっと盛り上がるとはいかないのが、逆にこの店らしく自然でいい感じです。一風変わった店ですが、今後もご愛顧願います。

[PR]
by hoppys | 2016-12-03 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

ふらふら関内

a0038663_12135642.jpg

 今日は関内で飲むことに致しまして、まずは馬車道の「福の軒」にやってきました。ここは、カウンターのみ、そして昼はラーメン夜はやきとり居酒屋というなかなか興味深い店舗であります。もちろん、夜もラーメンを喰うことができるわけですが、今日はまだラーメンを喰っている人のほうが多い時間であります。しかしかまわず生ビールと煮込みをもらいました。串焼きは1本90円、ねぎま、豚バラ、シイタケを2本ずつ、カウンターには辛過ぎない味噌が置いてあって、なかなかいけます。店内にはベイスターズグッズがあふれ、そもそもスタッフが店名入りのユニフォームを着ています。もう1杯酎ハイをもらって会計は1,120円におさまりました。
 2軒めは、久しぶりにベイスターズ通り地下にある立ち飲み「和来あいあい」になります。久しぶりでも、やっぱり壁際のカウンターの隅、張ってある日本地図の前のポジションに落ち着きました。生ビールは十分な量の一番搾り、これに枝豆、さらに梅サワーともらいまして、ここは800円になります。
 さらに、立ち飲み「いっとん」のカウンターにやってきました。いつも懐かしい曲がかかっていますが、なんと今日は「ビューティサンシャイン」まで流れるというマニアックぶりであります。ここではいよいよホッピーをいただきました。ナカももらううち、春雨サラダ、さらに魚肉ソーセージを軽く揚げてもらって、会計は1,100円となりました。
 ここで野毛へと変針、野毛小路の「SHEVA」に現れました。店内では、先日の三浦大輔引退試合を放映しています。番長の雄姿に改めて感動しつつ、美味いギネスをゆっくりと2杯、これは1,400円となります。
 だんだん勢いがついてきたところで都橋商店街に登場、「ホッピー仙人」に立ち寄りました。ここでは樽のホッピーをいつものようにもらいまして、ここもすっきり500円の明朗会計と相成ります。
[PR]
by hoppys | 2016-10-07 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

今年も納涼ビアガーデン

a0038663_1626353.jpg

 大通り公園の納涼ガーデンまつり、毎年5日間程度開催していましたが、今年は月曜日から水曜日までの3日間のみ、しかも昨日は台風が来ていたので、実際は2日だけの開催になりました。そのせいもあってか、お客さんもよく入っています。ビールはアサヒとキリン、ホルモン焼きや枝豆などのフード類ともども、周囲に並んだケータリングカーで買い求めることができます。ピッチャーも用意され、毎年少しずつ内容が充実しているようです。公園の樹々を眺めつつ、時折吹いてくる強風に翻弄されながら飲むビールは、まさにビアガーデンらしくて良いものです。アサヒからキリンの流れで3杯、ひょっとしたら4杯かも知れません。
 続いて、流れたのは立ち飲み「みんなのいばしょ」であります。オリムピック中継を眺めながらホッピーを飲み始めました。レスリングの試合は、いよいよこれから佳境に入るところですが、まあナカをもらうくらいにしておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-08-17 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

「ななや」の自在な夜

a0038663_2322410.jpg

 関内、桜通りの立ち飲み「ななや」にやってきました。ここは元「べんだ酒造」でありまして、実際あまり変わっておりません。メニュウや内装はもちろん、ベイスターズ戦の中継をやってくれるあたりも同じです。スタッフにも見覚えがあります。いい店だったので、差し支えはありません。ホッピーを貰い、チーズ&クラッカー、枝豆、フライドポテトといった手ごろなつまみを頂いているうち、シャリキンがあるのに気付き、ホッピーのナカはこれにしました。シャリキンはキンミヤタンブラーで出すようでしたが、ナカなので構わず氷入りのジョッキに追加してもらいます。3杯目はバイス、4杯目は見覚えのある瓶のマークに反応してレモンハイを注文、ホッピービバレッジのやつであります。
 都橋商店街に移動して、「ホッピー仙人」に突入であります。金曜日ですが、今日はそこそこです。樽のやつを貰ったり、賛同者がいないと飲めないお楽しみの瓶ハーフ&ハーフなんかを結局3杯、気がつけばまたしても22時の閉店時間となりました。
 まだ2軒目ということで、野毛小路に繰り出し、「tacobe」でもう1杯いただくことにしましょう。だいぶ酒が進んでいるので、生ビールということにします。
[PR]
by hoppys | 2016-07-08 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

関内お気楽コース

a0038663_22305046.jpg

 関内あたりも、店の入れ替えが激しいところで、いつもそれなりにお客が入っていた店でも、久しぶりに訪れると、違う店になっていたりします。今回入ってみた「かぶら屋」も、知っている限りでも5回ほど変わっています。ある意味縁起の悪い話をしてしまいましたが、この店は末永く頑張ってほしいと思います。以前は立ち飲みでしたが、今度の店は、椅子ありで低価格焼鳥がウリのようです。と、思えば静岡流の黒おでんもあったので、これを貰ってみました。焼鳥は80円からとなっていまして、酒類も280円程度から揃っています。ホッピーがないのはやむを得ないところでしょう。軽く1杯のサラリイマンのほか、明るい店内に女性スタッフも多いため、女性客の利用も多いようです。まずは生ビール、続いて酎ハイをいただきました。
 次は久々の来店、立ち飲みの「コトブキヤ酒店」であります。かつては現金払いでしたが、いつの間にかシステムが変わっていました。消費税の関係で、端数勘定が面倒になり、最後に支払う方式に変更したとのことでした。酒のメニュウは来るたびに増えているような気がしまして、カクテルから日本酒まで、なんでもあります。おれ自身は、この店で麦焼酎の美味さを覚えたという事情がありまして、今夜は「佐藤麦」をいただくことにしました。つまむのはゆで落花生とたたみいわしです。気が付けば3杯になっていました。
 最後は、引き続き立ち飲み「いっとん」になります。ここでは本日1杯目のホッピーとなります。カウンターの韓国のりをむしゃむしゃやりながら、ナカも貰って、夜の関内巡りは格安のまま終了と致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-06-22 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

立ち飲みのある街

a0038663_22594234.jpg

 久々関内スタートでありまして、立ち飲み「いっとん」にやってきました。雨模様で湿気も高く、汗ばむ陽気となりまして、とにかく冷たいホッピー、熱いおでんはやめておいて、マカロニサラダから始めました。ここのホッピー、焼酎はしっかり入っておりますが、氷多めジョッキ小さめなのでぐいぐいイケる感じです。本当にイケてるのかは、しばらく時間がたたないと判らないのですが、とにかく早々にナカを貰います。肉豆腐などのつまみに加え、BGMはバンバンかぐや姫ピンクレディアグネス・チャン石野真子金井克子と、おぢさんホイホイ系で気分が高揚する設計になっております。ナカを投入してもまだホッピーが残ったので、二度目のナカ、さらに芋焼酎「さつま司」の水割りとすっかり調子が出てまいりました。
 イセザキモールをぐんぐん進んで、2軒目は「みんなのいばしょ」になります。また立ち飲みでありまして、こんな風に共通点の多い店をハシゴするのもまた一興と言うことができましょう。もちろんここでもホッピー、ここも焼酎多めですが、キンミヤでまた違ったいい意味の飲みやすさがあります。久しぶりに串揚げを注文、地元はまポーク使用のヒレ、串カツ、ウィンナーなんかをいただきました。こちらでは、ナカを貰ってちょうど1クールとなりまして、もう一回これを繰り返しました。合計4杯ということになるわけで、追加のつまみは、スピードメニュウのポップコーン、袋のまま、無造作に渡すのが角打ちっぽいと、店主は気に入っているようです。塩味じゃなくバター風味なのがよいです、酒に合います。
[PR]
by hoppys | 2016-03-07 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

「天龍」でほろ酔い

a0038663_17114145.jpg

 関内・マリナード地下街にある「天龍」に入ってみました。川崎に本店がある餃子推しの中華料理店であります。税込1,100円のほろ酔いセットがありまして、これをいってみました。まず酒は、ビール、ウーロンハイ、紹興酒、日本酒から選べます。ビールは、生も瓶もありまして、おれは生ビールにしました。料理は一品、麻婆豆腐や焼きそばなど当然中華料理っぽいもので、おれは野菜炒めにしたのですが、枝豆なんかもあります。出てきた野菜炒めはつまみ用ではなく、一品料理の量が十分あるもので、いったいどんな枝豆が出てくるのか、いささか気になるところです。それに、いやおうなしに餃子がついてきます。ニラ強めの餃子です。さらに表示はありませんが、ザーサイがちょっと出てくるのも嬉しいところです。
 というわけで、かなり満腹になってしまったのですが、イセザキモールを歩き、立ち飲み「みんなのいばしょ」にやってきました。ホッピーを貰い、なにを喰おうかと思っていると、ささみ塩昆布和えなどという変わったものがあったので、これを貰うことにしました。おれが最初の注文客だったようで、撮影して店のページにアップしておりました。まあまあかなと言ったところで、ナカ、さらに酎ハイと続きました。酎ハイはちょっと甘めで、レモンによく合います。どちらかというと、こっちのほうが美味いようです。
[PR]
by hoppys | 2016-01-07 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

関内に「いっとん」健在

a0038663_2323457.jpg

 関内の立ち飲み「いっとん」にやってきました。久しぶりに来店すると、店内はベイスターズ色が非常に濃くなっておりまして、ハマスタ観戦絡みで割引もあるようです。ただし、店内にTVはないので、中継はないようです。その代り、この店では、中高年層にはたまらない懐かしい邦楽が続けざまに流されています。そんな雰囲気のいいカウンターで、早速ホッピーを貰うことにします。つまみは、ポテトサラダ、コンビーフとキャベツの炒め物、それにもやしも炒めてもらいましょう。これにナカを貰っても会計は千円ちょっとです。にも関わらず、帰り際にはスタッフの女性3人が調理業務を一時ほったらかしてでも挨拶&見送りをしてくれます。また来ることにしましょう。
 とことこと歩いて、野毛に到着しました。野毛小路の立ち飲み「よりみち」、表から見ても大盛況だったので、いったん通り過ぎようと思いましたが、見知った顔ばかりいるので、やはり突入しました。店内は満員電車さながらですが、四方にカウンターがあるので、昔のビュッフェ車両のようでもあります。ウメサワーを飲みながら、おぢさんばかりで懐かしい銭湯の話なんかで無駄に盛り上がります。おかげで、ウメサワーはもう1杯となります。
 そのままの勢いでもって、都橋商店街へ向かいます。火曜営業の「はる美」は、ひろぴーがやっております。カルビーのポテチとかつまんで、キンミヤのトマト割りなんか飲んでおります。やっぱり、こっちでも盛り上がってトマト割りも追加オーダーになったことは言うまでもありません。
[PR]
by hoppys | 2015-12-15 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_23185644.jpg

 関内桜通りの立ち飲み「べん田酒造」にやってきました。いつものにぎやかなカウンターで、まずはバイスサワー、つまみはなににしようかと思っていると、おでんが始まっていました。やっぱりやたらに低価格のおでん、ちくわぶ、昆布、玉子大根と言った連中をラインナップ、オニオンスープで煮込んであるというなかなか味わいのあるものでした。2杯目は黒霧島の水割り、380円ですがジョッキで出てくるのが素晴らしい。これに合わせてぶりの照り焼き、そしてカウンターのチーカマも貰っておきます。
 イセザキモールを通過して、2軒目はやっぱり立ち飲み、いつもの「みんなのいばしょ」になりました。こちらでようやくホッピー、店内のTVで、よくわからないアイドル風の女子がひたすら大喰いする番組を見ながら、これをつまみにして飲んでいる感じになってきました。他のお客さんたちと、野毛の名店の話で盛り上がりつつ、ナカ、さらに酎ハイを2杯、それにしても、今日は安く収まります。 
[PR]
by hoppys | 2015-09-30 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_21382864.jpg

 前回、名称のはっきりしなかった関内・桜通りの立ち飲み屋ですが、「べん田酒造」が正しいことが判明しました。ただし「ベンダー」と呼称するひともいるようです。で、その「べん田酒造」で飲み始めました。まずはホッピーを注文、チーズ餃子や、真アジのたたき、それにチーカマといった心憎いつまみ類も貰っています。カウンター奥の張り紙には「ベイスターズが1点取ったら頼むドリンク半額」と実に味のある文字で書いてあります。とはいえ、無理に注文するのは駄目、今飲んでるやつは半分以下の残量でないといけません。さらに、店のTVで中継をやっているときに限られます。今夜は、ビジター、京セラドームでの試合ですが、ちょうどNHKBSでやっていました。画面左下には、衛星放送見てるんだからNHKに連絡しろとのメッセージが消えたり出たりして目障りなのですが、かまわないようです。そういうわけで、実際にはtvk頼みじゃないかと思います。そんな感じで居心地のいいカウンターでありまして、ナカの後、コダマでバイスサワーを2杯、それが終わりかけたところで見事にベイスターズが1点、トマト割りを半額でいただけることになりました。これだけ飲み喰いして3,000円いかないから助かります。
 野毛に移動しまして、都橋商店街「ホッピー仙人」に顔を出します。負傷中の仙人、もうすぐ復帰するそうで、店内で休みを満喫しています。カウンターの中にちょこんと座っている風景は、あの「武蔵家」のおばちゃんさながらでありました。樽のホッピーを飲みつつ、しばらく騒いで一方的に終了しました。
 野毛小路に移動、「tacobe」が3軒目となります。テーブル席は混み合っていましたが、カウンター席に入れました。生ビールを飲み、マスターママや周囲のお客さんとしばらく雑談、だいぶ喋ったのでもう引き揚げるかと思うと、まだ1杯しか飲んでおりませんでした。だんだん、飲むのが遅くなってまいりました。
 にもかかわらず、熱気あふれる「ムービースター」にも突入しました。毎度毎度、冷たいすだち酎の水割りを飲み始めます。氷が急速に溶けるので、飲むペースも早まってきました。2杯3杯と飲み、初お目見えのお客さんもいたりして、まあ金曜日はこんな感じです。 
[PR]
by hoppys | 2015-08-21 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)