びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:生麦でハッスル( 6 )

週末・雨の生麦

a0038663_0234569.jpg

 午前中の雪が雨に変わったとはいえ、冷え込む夜、生麦にやってきました。久々だったので、商店街一帯をしばし散策しましたが、「立ち飲みコーナ麒麟」が別の店になっていたり、真新しいマンションができていたりと、少しずつ様変わりしているようです。そんな街でも変わらない立ち飲み「大番」で飲み始めます。まだ空いていたので、カウンターの奥の方に陣取り、キリンラガー中瓶に湯豆腐、アジ刺しを貰って飲み始めました。こんな夜ですが、この店にはどんどんお客が入ってくるので、お友達のためにみんなどんどん詰め合せることになります。2杯めは酎ハイ、これにゲソ焼きを合せました。
 続いて、商店街のメイン通りにある大衆酒場「トン幸」に移動しました。10席以上のカウンターに、テーブルが4つ、奥には座敷もある、やや大きめながら典型的な居酒屋の作りの店であります。ここも本来はキリンビールにすべきところでしたが、ついホッピーを注文してしまいました。ホッピーは350円で、氷入りですがホッピージョッキで出てきます。焼鳥数本と、日替わりメニュウからぶり大根を貰いました。カウンターの中にいるママさんが気さくに話しかけてくれます。今夜は、天候のせいか金曜の夜にしてはお客さんの入りが悪いそうです。おかげで、こっちは落ち着いて飲めるわけで、ホッピーは継ぎ足しつつ1瓶で飲んでしまい、その後は「佐藤」麦焼酎水割りにしました。たいていの焼酎は500円台で、かなり安くなっています。
 いい気分で「トン幸」を出ると、雨もだいぶ小降りになったようです。酔っ払ってはいますが、まだ早いので野毛でもう少し飲むかと、生麦駅からKQの普通列車に乗り込みました。神奈川新町駅で快特の通過待ちなどやっているうちに眠くなり、気がつくと日の出町駅を出るところでした。それならそういうわけだろうと、黄金町駅で降り、「酒房ぴー」に向かうことにしました。雨は弱くなりましたが、夜も更けて、冷え込みはいよいよ本格的になってきました。暖かい店にようやく辿り着き、ここでは芋焼酎、「黒霧島」を水割りで1杯2杯、ほうれん草のおひたしをつまみながら、金曜日にしては落ち着いたシメとなりました。
[PR]
by hoppys | 2015-01-30 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)

密度が濃い生麦

a0038663_21405290.jpg

 今晩は、生麦の立ち飲み「大番」であります。特に意味はありませんが、右側の扉から入りました。勘が当たり、入ってすぐのカウンターにわずかな隙間があり、そこに収まることができました。もっとも、左右のお客さんが少しずつ詰めてくれたからで、お互い様とはいえ、ありがたいことであります。早い時間、この店では、注文も多くてカウンター内は大忙しなので、特に1杯目は、躊躇することなく素早く注文しなければなりません。というわけで、生ビールと張り紙が目に入ったアジ刺しに致しました。もっとも、刺身はどれもいいものが出てきますから心配ありません。今日は、さらにゲソ焼と茎ワカメを貰い、もう1杯生ビールを飲むことにしました。店内混雑して、注文はひっきりなしの緊迫した感じをおれは楽しんでいるのですが、店員さんは落ち着いて丁寧に対応してくれるので、実は心配することはないのです。
 続いて、「大番」前の路地を、やや第一京浜側に行ったところにある串焼き「大将」に入ってみました。なんでも、オーデコロンや香水、整髪料の匂いがきついやつは出入り禁止とのことであります。幸い、柳屋製ポマードのおれは無事通過することができました。意外に奥行きもある、全席がL字カウンターの店で、ここではホッピー、つまみに冷奴、さらにぼんじり、皮、つくねを焼いてもらうことにしました。ご主人が炭火で丁寧に焼いてくれるのを眺めながらホッピーを飲み、ナカも貰いました。つくねは、よく見るとピリ辛つくねでありまして、これがかなり効いて、さらにホッピーが美味く飲めるのでした。
[PR]
by hoppys | 2014-06-04 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)
a0038663_238672.jpg

 今日は生麦の立ち飲み「大番」にやってまいりました。連休の間の日なんで、多少は空いているかと思いましたが全くそんなことはありませんでした。そんなわけで、カウンターは大盛況、いつものように互いに詰めあって、狭いスペースで飲み喰いすることになります。全然嫌ではありません。もちろん酒はキリンビール、生ビール中になります。脂の乗ったカンパチ刺身、タコ刺身、それにマグロ角煮をもらいました。つまみは高くても400円くらいしかしないのですが、このマグロ角煮250円は安いのに実に美味いもんです。で、生ビールはもう1杯になりました。
 続いて、生麦の路地にある「みなみ風」にやってきました。前回来た時は隅のほうで座って飲んでいましたが、今日は中央の立ち飲みスペースで飲むことにします。見ると、折りたたみ式の椅子も用意してありましたが、もちろん使用しません。こちらではホッピー、さらに韓国のりや、焼鳥数種類を貰うことにしました。ホッピー用の焼酎はシャーベット状になっています。あまり多くなくて、幸いです。で、こいつのナカをもう1杯追加、いささか早くはありますが、今夜の生麦はこのくらいで仕舞いと致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-05-01 23:16 | 生麦でハッスル | Comments(0)

「大番」でキリンビール

a0038663_2334579.jpg

 今日は生麦にやってきました。立ち飲みの「大番」に突入すると、幸いコの字型カウンターの3分の1はまだ空いている状態でした。生麦なんで当然ビール、キリン一番搾り、キリンラガー、キリンクラシックラガーと3種あるとのことなんで、クラシッククラガーの大瓶に致しました。それにカンパチの刺身を貰います。厚く切ってあって脂も全体の量もたっぷりであります。ひとりあるいはニ、三人連れで、お客がどんどん増えていきますが、空いている隙間をどんどん詰めて、客を収容していきました。だんだん使うカウンターがコンパクトになってまいります。当然、注文もどしどし入るので、決して殺気立っているようなことはいませんが、飲む方も飲ませる方もある種のいい緊張感があります。大瓶をいきなり飲むといささかきつくなってきましたので、二杯目は酎ハイ、それに湯豆腐を貰いました。このあたりになってくると、注文もひと段落、帰るお客もいて、多少落ち着いてきました。
 もう1軒くらい生麦で飲みたい気もありましたが、またビールというのもきついので、これで引き揚げます。生麦駅からKQに乗って日ノ出町に到着、都橋の立ち飲み「〇豊」に向かいました。この前、水のトラブルがあったようですが、大したことなく無事に営業となりました。ここではすっきりレモンサワーを貰い、きんぴらとかつまみつつ、居心地の良いところで、レモンサワーをもう2杯頂きました。
 階段を上がって「ホッピー仙人」にやってきます。金曜日にしてはゆったりした雰囲気になっています。明日の大雪予報が影響してるのかどうかは判りませんが、一時は全員着席できる状況になりました。樽の黒っぽいのと白っぽいのを1杯ずつ貰って終了しました。
 最後は「ムービースター」で、すだち酎を飲むのが、週末の恒例であります。今夜はお客が溢れており、みなが好き勝手にしゃべるのでてんやわんや感が横溢しています。これがいいわけですが、おかげで、もう1杯すだち酎となりました。
[PR]
by hoppys | 2014-02-07 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)

キリンビールでBBQ

a0038663_23143650.jpg

 生麦にある、キリンビール横浜工場にやってまいりました。とはいっても、工場見学は省略して、敷地内のレストラン「ビアポート」で、屋外バーベキュウを敢行するわけです。森に囲まれた、なかなかいい環境にあります。2時間の飲み喰いオールフリーで、大いにやっていきます。折からの猛暑にも、鉄板の熱さにも負けることなく、ラム肉ブタバラ肉あたりをどんどん焼き、ビールは、一番搾り、一番搾りスタウト、ラガーなんかを自由に注いでやっていきます。当然、ハーフ&ハーフなんかも作れます。調子に乗って、飲み放題のワインを肉に振りかけたりして、いろいろな味付けを楽しみ、シメには焼きそばと焼き飯まで喰って、夏バテもすっかり解消であります。
 バーベキュウ終了後、まだまだ陽の高い中、他に行くところもなく、やっぱり野毛まで帰ってまいりました。日曜日、今くらいの時間からやっている店となると限られてくるわけで、ここは頼りになる立ち飲み「ぴんぴん」にやってきました。ここでも引き続き、キリンの生ビールをいただきましたが、あれだけ肉を喰った甲斐もなく、この1杯でおれ自身は沈没、終了となるのでした。
[PR]
by hoppys | 2013-07-14 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)

生麦はキリンで決まり

a0038663_215471.jpg

 生麦にやってまいりました。京急の生麦駅東口には、狭い範囲に入り組んだ路地に味のある店が点在しています。1軒目は、「みなみ風」という店、木を多く使った内装が新しくて小奇麗です。はなはだ失礼ながら、この界隈にしてはえらく意外でした。張り紙によると3周年を迎えたそうで、おめでとうございます。見たところ立ち飲み風なのですが、折りたたみの椅子があり、壁に向かったカウンターには、一見柵にも見える木製のベンチが付いています。早速ホッピー400円をいただくと、焼酎がフローズンになっています。ジョッキも冷えているので、3冷を実施しているようですが、ジョッキがホッピーのやつじゃないのがやや残念です。それに、好みはありましょうが、レモンが入っています。つまみは、煮込みと冷やっこのセットで500円、フローズンの焼酎は200円で、「ナカ」としてもいけるので、これを貰ったのですが、ここは生麦、本来はキリンビールを飲むべきなのでしょう。
 続いて、以前から気になっていた「立ち飲みコーナー麒麟」に行ってみました。引き戸が4枚、中の様子は見えないのですが、センターの引き戸2枚の前にはプランターがあったので、ここはたいてい端の戸に違いない、えいとばかりに開けてみると、奥行きの浅いコの字型カウンターになっていて、店のおかあさんがひとり、お客さんがひとりいました。立ち飲みといいつつ、こちらにも折りたたみの椅子があります。ただ、店のスペースに比べると数が少ないので混雑すると全員は座れません。おかあさんに、さあお座りくださいと言われ、ここで無理に立っていたら気持ち悪いやつになりそうなので遠慮なく座り、お品書きがよく見えないのでビールを注文すると、当然キリンクラシックラガーの中瓶が出てきました。まぐろぶつとあるので、それを言うと、漬けにしちゃたんだけどこれでよいですかと聞かれたので、喜んでいただきました。みょうがときゅうりが添えてあって、つまみに最適です。というわけで中瓶をもう1本、帰りには、またお寄りくださいと声をかけて貰いました。
 もう少し居たくもありましたが、生麦はこれで終了、じゃあそのまま帰ればいいのに、やっぱり日ノ出町で降りてしまい、まずは「ff」へ、今日はフライ休みでしたが、シメさばと酎ハイを貰って大いに満足させてもらいました。このあたりから急激に冷え込んできましたが、最後に都橋商店街「〇豊」にやってきました。冷たいけれど温まる、しょうが酎のジンジャーエール割、Wジンジャーを2杯、これでまた風邪予防も完璧であります。
[PR]
by hoppys | 2013-02-27 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)