びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:鶴見でハッスル( 25 )

鶴見・潮田を行く

a0038663_23133332.jpg

 本日は、特に用事も行事もありませんが、鶴見に来ております。本町通り商店街は、鶴見駅から鶴見川の南側に位置します。こちらの「としまや」の立ち飲みコーナーからスタートしました。奥に向かってやや細くなる台形の角打ちスペースがありまして、奥の窓口から注文させていただく構造になっています。入口側の高い位置にTVがあります。「ビールください」「大瓶?」「はい」「キリン?」「はい」という流れで、キリンラガーの大瓶を飲み始めることになりました。鶴見なんでこれが正解となります。40円のサラダせんべいをかじりつつ、飲むビールは実にうまいもんであります。
 続いて、歩くこと10分程度「村田屋商店」に到着しました。このあたりは仲通商店街の一角になるようです。こちらは、構えの左側に立ち飲みカウンターがあります。続けて大瓶もいささかきついものがあるので、今度は350の缶ビールと注文、やっぱりキリンラガーになりました。魚肉ソーセージなどいただいて飲んでおるのですが、地元のお客さんたちは、普通にご店主から酒を購入し、そのまま店の前の歩道で1杯始められています。真面目にカウンターで飲んでいるのはおれひとりという状況なのでした。
 さらに進撃を続けると、今度は5分程度で次の店、「中村屋商店」があります。ここは堂々たる店構えですが、店内はとても新しい感じで、やっぱり左側に立ち飲みカウンターがありました。ここでは、1杯いいですかと声を掛け、自らビールを持ち込んで始めることになりました。もちろん、キリンラガーの大瓶であります。やっぱり表では、地元のお客さんがテーブルを持ち出して機嫌よくやっているところでした。
 やや陽も傾いてきたところで、鶴見川を渡り、鶴見駅東口あたりに繰り出してまいりました。いつもの立ち飲み屋は1軒満員、もう1軒臨時休業とのことで、「大鶴見食堂」に進入します。まだ早い時間からかなりの混雑で、グループ客は断られているくらいです。ここでようやくホッピー、ナカはシャリキン、タコとか喰ってようやくシメとなります。

[PR]
by hoppys | 2017-06-10 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

鶴見で沖縄飲みを満喫

a0038663_23331575.jpg
 今日は、鶴見の入船公園で開催された「第1回鶴見ウチナー祭」にやってきました。沖縄のまつりであります。鶴見は、東南部の潮田町あたりを中心に、沖縄からの移住者が多いことで有名なのです。鶴見線浅野駅に近い会場は、沖縄民謡がこれでもかと繰り広げられるステージを中心に、沖縄の物産、酒、料理がふるまわれる屋台が並び、青空の下、大いに盛り上がっていました。それならば、さっそくオリオンビールをいただきましょう。生ビール500円があってご機嫌であります。さらに、沖縄そばを1杯はさみ、いよいよ泡盛へと進んでまいります。まだ昼間ですから、ここは無理をせず、「残波」を水割りでいただきました。ステージは、あと15分で終了というのにますます佳境に入ってきたようです。さすがは沖縄時間であります。
 まだ盛り上がっている会場を後にして、鶴見線に乗って鶴見駅へと戻ってきました。鶴見に来たなら、西口の「大鶴見食堂」へとまいりましょう。まだ日は暮れていませんが、こちらも大賑わい、カウンターで、ホッピーにもつ煮込みの黒、ナカを金宮シャリキンでもらったら、今度はおでん、そしてついには、バイスをシャリキンでいただくところまで到達するのでした。

[PR]
by hoppys | 2016-11-05 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

過ぎ去りし昭和の鶴見

a0038663_23212316.jpg

 土曜日の鶴見ですが、昼過ぎからやっている店もあちこちにあって、実に結構であります。その一方、線路際で戦後からやっていた居酒屋「かっぱ」がなくなり、駐車場になっていたのは寂しい限りです。この界隈、比較的古くからの風景が残っていましたが、それも静かに少しずつなくなっています。昭和が彼方に去って行くのを見るのは辛いものです。しかし、ここは気を取り直して、「大鶴見食堂」への階段を下ります。既に賑わっておりまして、少し元気づけられます。もうすぐ3周年、西蒲田に支店もできたそうで、時代は変わりつつありますが、新しい店の頑張りに期待しましょう。早速、カウンターに落ち着いたおれは、ホッピー、黒い煮込み、串焼きなんぞを貰って飲み喰い致します。2杯目、ナカはシャリキンを貰いました。シメにスープを貰って終了です。
 続いて、立ち飲み「とっちゃん」になりました。入店するや「安奈」の間奏が流れていて上機嫌となりました。まずはキンミヤハイボール、それに日替わりつまみから、えみちゃんのバンバンジーを貰いました。350円なのにたっぷりです。2杯目は麦焼酎の「つくし」、水割りで水少々と注文すると、本当にちょっとだけ水が入りました。グッドです。美味い麦焼酎はもう1杯となります。
 鶴見駅から桜木町駅経由で野毛入り、いきなり都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました、土曜日なんで、混んでくるしまあナニですが、ここはホッピーを飲み続けます。3杯ほど飲んで閉店時刻を迎え、そのまま野毛大通りの「松乃家」野毛店で一杯やることにしました。ウーロンハイを飲みながら、いろいろつまみもいただきましたが、この時間になると、ほうじ茶が一番美味かったりします。
[PR]
by hoppys | 2016-02-06 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

雨の鶴見でひと騒ぎ

a0038663_22371961.jpg

 またも雨に降られる夜、鶴見におります。で、またしても「大鶴見食堂」にやってきました。長いカウンター席で、ホッピーともつ煮込みの黒から始めます。枝豆のニンニクオイル焼きなどという、美味必至のつまみもいただきました。ナカはキンミヤシャリキンを貰うことにしました。しかし、シャリキンには90ml.と表示されているのに、メニュウには60ml.とあります。店のお兄さんに指摘してみると、「これ、間違ってます」とあっさり回答、60と思ってたら90入ってて怒る客はいないからまあいいでしょう。さらに豚や野菜の串焼きに、シャリキンとバイスサワーと続きました。ちなみに、ここのシャリキンは、キンミヤさん営業の公認というか推薦と聞いております。
 降りやまぬ雨の中、今度は駅前の立ち飲み「とんちゃん」にやってきます。雨にもかかわらず盛況でありますが、カウンターのコーナー部分に空き場所を見つけました。ここは完全にひとりずつ区画されておりまして、みなさん礼儀正しく1区画で酒を楽しんでおられます。こちらでもやっぱりホッピー、そして焼きとんを注文してしまうのだから、あまり移動した意味がないじゃないかと言われればそうかも知れません。こちらでもナカを貰い、あとの人のために飲み終えるとすぐさま終了します。
 3軒目は、また旧東海道沿いに戻り、「アーリー・アメリカン」にやってきます。落ち着いたバーのカウンターで、静かにサイドカー、ホワイトレディと飲んでいたところ、店に入ってきた常連らしいお客さんと瞬時に意気投合してしまい、ぐっと盛り上がってさらにトムコリンズを追加しました。楽しい時間ではありましたが、おれとしたことが、ややノリが過ぎたかも知れません。
[PR]
by hoppys | 2015-04-22 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

時を超える鶴見の夜

a0038663_221712.jpg

 鶴見駅東口近くの「大鶴見食堂」を訪れてみました。昭和の大衆酒場風の外見、内装にいささかうさんくささを感じて以前は立ち寄らなかったのですが、先日の「横濱名酒場100」に掲載されており、なかなか好印象なので改めて入店することにしたわけです。ビルの地下1階全フロアの店内は広く、細長いコの字カウンターを中心に、一人客用の席が大半になっています。ホールには、他に2人用、4人用のテーブルがあり、奥には座敷もあるようです。ホッピーはセットが370円です。小さめのタンブラーに焼酎が入ってきますが、70ml入っているのでかなり濃い目になっています。もつ煮込みは350円で、白赤黒と3種ありまして、これは味噌の違いとのことです。つまみは300円から400円くらいですが、どれも少量で、割高とも言えますが、ひとり飲みにはちょうどいいメニュウになっています。他におでんや串焼きもあり、よく大衆酒場として成り立っています。割りものの焼酎は70mlで170円、150mlで320円で、気持ちよく酔っぱらいます。ナカの後、炭酸割りを貰うことにして、焼酎はキンミヤシャリキン250円、これは袋のまま出てきました。酔っ払い過ぎると開けられません。そして、会計を済ませようとすると、しじみ入りスープが出てくるのはありがたいことです。
 まあ満足して、今度は駅の西側、豊岡町書店街沿いにあるバー「時代屋」にやってきました。実は、約25年ほど前に先輩に連れてこられたことがある店なのですが、当時のことはほとんど覚えておりません。今回は落ち着いてカウンターに着席、まずは看板にあったギネスを1杯、美味なビーフジャーキーをいただきつつ、2杯目はフォアローゼスの水割り、バーテンさんは25年前にもここにいらっしゃったそうです。
[PR]
by hoppys | 2015-04-06 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)
a0038663_22325336.jpg

 今日は一の酉でしたが、なぜか鶴見の立ち飲み「とっちゃん」で飲んでおります。まずはホッピー、普通のやつを貰いました。焼酎と氷が入ったとっちゃん特製ビールジョッキに、瓶のホッピーを注いで飲むスタイルであります。つまみには、串焼きや牛スジ煮込み、トンペイ焼きんなどセレクトしました。ナカを貰いますと、最初の倍入っておりまして、もう1杯ナカを貰って飲むことができます。都合4杯目は、「3冷ホッピー」に致します。冷えたホッピージョッキに、氷なしで美味いやつが出てきました。
 続いて、旧国道沿いのバー「アーリー・アメリカン」に移動しました。どうも極端な振り幅ですが、今度はテーブルで落ち着きます。ここは、比較的明るいポップな雰囲気のゆったりできるバーです。マスターから、NHKドラマの影響で「竹鶴」が、17年ものくらいまで入手困難になっているとの話を聞き、日本人の軽薄さに改めて呆れつつ、おれはアーリータイムスを水少なめの水割りでいただくことにしました。でっかいカップに入ったできたてのポップコーンをつまみながら、2杯目はジョンコリンズであります。
 久しぶりの鶴見なのでもう1軒、京急鶴見駅の先、鶴見銀座商店街をちょっと入ったところの「スランジバー」の扉を開けました。ここは、照明を落としたカウンター主体のバーでありまして、そのカウンター中ほどで、今度はジェムソン、またも濃いめの水割りで1杯、名残惜しいところですが、このくらいで鶴見の夜をシメることに致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-11-10 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

これが鶴見の定番コース

a0038663_22422198.jpg

 今日は鶴見であります。工場帰りの皆さんで賑わう東口ロータリーにある立ち飲み「とんちゃん」に入りました。早くもかなり混み合っていますが、カウンターの隅を案内されました。隣のお客さんに「すみません」とお詫びしつつ進入しましたが、そこはさすが常連さん、ひとり分以上の幅を全く占拠しておられません。気持よくホッピーを飲み始めました。そういえば、この店は「焼酎濃いめ」というコールが有効みたいなんですが、ノーコールでも必要以上に焼酎が入ってます。で、キャベツをむしゃむしゃ齧りながら焼鳥焼とんを注文、1串150円から180円くらいですが、若干大きめのようです。ナカを貰って、エリンギシイタケも追加しました。
 2軒目は鶴見中央のほうにある、やっぱり立ち飲み「とっちゃん」であります。こちらでも、なんとかカウンターに入り込めました。引き続きホッピーをもらいます。三冷ホッピー480円なんていうのもありますが、ここは普通の氷入りに致しました。焼酎はキンミヤなんで美味です。ホッピーの宣材その他が店内所狭しと掲示され、おかげで、カウンターのお客さんはみんなホッピーを飲んでいました。オリジナルの春雨キンピラをいただきつつ、やっぱりナカをもらいました。この店も、相変わらずの盛況でなによりであります。
 3軒目は、鶴見銀座の路地を入った「スランジ・バー」にやってきました。まずはバラライカ、続いてウォッカトニックをもらいました。落ち着いた照明のカウンターで、JAZZを聴きながら、しばし落ち着いた気分になりました。もうしばらく、ゆっくりしていたい気もあったのですが、根がせっかちな性分なので、このへんで終了と致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-04-23 22:52 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

年末に鶴見を満喫

a0038663_0362156.jpg

 選挙も近いので、鶴見駅東口広場には続々選挙カーが登場しています。そんな状況を眺めつつ、今夜の1軒目は駅前の立ち飲み「とんちゃん」になります。早くも混み合っていますが、回転も早く、お客さんも手慣れたもので狭いスペースにぐんぐん進入、先にいたお客さんも積極的に場所を譲る感じで、おぢさんたちのコミュニティがすっかりできあがっているようです。そんな中、おれ自身はホッピーを注文しました。ジョッキには氷が入り焼酎も大量ですが、正体はキンミヤなのでかなり美味であります。焼鳥焼トン各種にキャベツを貰い、ナカを1回さらには、酎ハイあるいはキンミヤハイボールをいただいて、1時間強で終了しました。
 続いて、鶴見銀座奥の焼酎ダイニング「ぬすく」にやってきました。扉から店内の状況が判らない店なのですが、えいとばかりに突入、結局1番乗りで2人しか座れないカウンターでゆっくり飲むことができます。前半まで、大型のモニターでクラブワールドカップをじっくり見ていましたが、後半はほとんど覚えていません。麦焼酎の「佐藤」、濃いめの美味い水割りで3杯、つまみはマグロとカンパチの刺身盛り合わせであります。ひとり用にちょうどいい分量で出してくれるのがたまりません。
 最後に登場は、「アーリーアメリカン」であります。居合わせたカウンターのお客さんにポップコーンを分けてもらったりしながら、マンハッタンとか、ホワイトレディとか、そのあたりのカクテルをぐんぐん飲んだような覚えがあります。
[PR]
by hoppys | 2012-12-12 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

鶴見の街を奥まで

a0038663_23351432.jpg

 今週も、運よく週末に鶴見にやってくることができました。1軒目はおなじみの立ち飲み「とっちゃん」であります。カウンターで、いつものようにホッピーを飲み、つまみは今日のお勧め的な肉豆腐を貰いました。牛肉でモツ煮込み風の肉豆腐でした。今日は先週に比べて、若いお客さんや女性もいます。おれ自身を含め、かなり風邪が蔓延しているようですが、みな元気よく飲んでおります。そういうわけで、ナカを貰った後は、ジンジャー割でのどをすっきりさせることにしました。
 さて次ですが、以前行こうとして違う店に行ってしまった「焼酎ダイニング ぬすく」を探してみることにしました。番地を調べてみると、見つからなかったのも道理、鶴見銀座通りを延々進み、商店が少なくなった総持寺入口の通りの近くに位置しています。重厚な感じの入口でしたが、かまわず進入すると、落ち着いた感じの店内で、2人分しかないカウンターに案内されました。テーブル席や個室もあります。さてメニューを見てみますと、焼酎ダイニングと称しつつビールやウィスキー、ワインに日本酒も充実しています。一方焼酎は、宝山シリーズが充実はしていますが、種類は意外に少なかったりします。そのあたり、スタッフの方に聞いてみると、お客さんの要望があるとやっぱりいろいろな酒を置いてしまうとのことでありました。で、1杯目は佐藤の麦、2杯目は宝山の前割りを貰いました。これは、ちゃんと宝山を作ったオフィシャルの水で割っているとのことであります。もう1杯お代わりしましたが、残量が少なかったので割り引いてもらいました。
 この店は、地元のふたりが、鶴見の街がチェーン居酒屋ばかりになるのを憂いてオープンさせたと聞きました。そのスタッフさんとはいろいろな話をしましたが、意外な共通の話題もあって楽しいひとときを過ごすことができました。
 「ぬすく」の後、鶴見銀座通りを駅の方に戻り、「スランジバー」に入りました。琥珀色の明りに照らされるオーセンティックなバーであります。店内に流れるジャズを聞きながら、ジェムソン、さらにジャックダニエルなんかをゆったりと飲んで、鶴見の夜を満喫するのでした。
[PR]
by hoppys | 2012-11-09 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(2)
a0038663_17241629.jpg

 取り壊された「カミン」に代わって新駅ビル「シャル」がオープンしたばかりの鶴見にやってきました。まずは東口の立ち飲み「とっちゃん」、金曜なので混み合う前に入店しました。ホッピーを飲み、焼鳥各種、それに枝豆やそぼろあんかけが乗った大根なんぞを喰っていると、どんどんお客が入ってカウンターが埋まっていきます。その一方、早くも終了するお客もいます。テーブルのほうは空いていますが、みんなそこで飲むより、窮屈なカウンターのほうがいいようです。おじさんばかりで、特に話をするわけでもないのですが、面白い光景です。
 ここには、ちゃんとホッピージョッキで出てくる3冷ホッピーもありますが、ここは敢えて普通のやつを飲んでおります。しかし、焼酎はキンミヤなんでなかなかの美味、ナカも入れ過ぎずに出してくれます。で、3杯目はキンミヤハイボール、これも美味いものであります。
 2軒目は、西口にまわり「大門」にやってきます。広めの空間に壁に向かったカウンター、なんとなく緩い感じがなかなかよい店であります。「とっちゃん」には野菜焼きがなかったので、こちらで椎茸やネギを貰いました。酒はまたしてもホッピーでありまして、当然ナカも発注します。
 本日ラストは、東口に舞い戻りまして、旧東海道沿いのバー「アーリーアメリカン」にやってきました。明るい感じの洒落たバーで、マスターやカウンターのお客さんも、店の雰囲気同様格好よいのです。ここでは、アーリータイムス、それに大きめのグラスでギムレットをいただき、やや早めですが終了となりました。 
[PR]
by hoppys | 2012-11-02 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)