びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 日曜日とあってふらふらと散策に出たびゅうは、初音町のリガー&フーズブティック「オーエム横浜店」店頭に、ホッピーサワーよりどり3本で568円とあるのを発見しました。後先考えず猪突猛進は毎度のことでありますが、ここですかさず1リットル入りのホッピーサワー(青リンゴ、レモン、梅)ペットボトル3本に宝焼酎1本を加えて購入してしまいました。
 ほかに荷物もあり、重いっていやあ重かったのですが、これも鍛練のひとつとばかり、そのままホッピーサワーどもをぶら下げて野毛小路まで歩き、「SHEVA」にやってきました。昨日マリノスが勝ったので、ギネスを1杯飲んで帰ろうと思ったのですが、状況が刻々変化し、気が付くとギネス5杯を飲み切ったうえ、日付が変わるまで「カラオケの鉄人」にいたりするから野毛は面白いのです。
 若干大変なところもありますが。
[PR]
by hoppys | 2005-10-30 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)

まだまだ!あぶない刑事

a0038663_0352645.jpg

 今日は、いよいよ「アブデカ」最新作、「まだまだあぶない刑事」を見る決意を固めましたが、諸事情あって、17時半には関内に到着してしまいました。伊勢佐木町東映の最終回は18時40分であります。やむなく、関内桜通りの立ち飲み「コトブキヤ酒店」に、実に久しぶりに入店し、珍しいホッケの刺身をつまみながら、プレミアムモルツと、他店ではなかなか味わえない麦の香りが濃厚な本格麦焼酎「特蒸 泰明」(とくじょう たいめい)をじっくり楽しみました。
 すっかりいい気分でイセザキモールを歩き、伊勢佐木町東映に到着しました。今回の「あぶない刑事」は、みなとみらい地区がロケ地の中心ですが、原点であるTVシリーズでは、中華街、山下町周辺に加え、伊勢佐木、福富町あたりで、タカさん、ユージは暴れていたのです。当時のみなとみらい周辺は造船所だったので無理もないわけですが、なにを言いたいかというと、せっかくならこの作品は新港や新高島で見るより、ここ伊勢佐木町で見るほうがイカしてるんじゃないかということです。この作品の空気はこの界隈にあるのです。市外のファンも、ここはわざわざ伊勢佐木東映まで来てほしいものです。
 年齢を重ねても格好良くなる一方、今回も大活躍のふたり、やっぱりハマの面倒はタカさんとユージに見てもらわなきゃいけません。
 伊勢佐木界隈の劇場で映画を堪能した後は、吉田町「ムービースター」で、ゆっくりその余韻を楽しむのがいいでしょう。ま、若干騒がしいときもありますが、それもまたよしであります。
[PR]
by hoppys | 2005-10-27 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

杉田商店街でチキン対決

 今日も、多少遅れ気味で杉田商店街にやってきました。先日見かけたものの満腹で入店できなかった商店街中ほどにある「遊食屋 どんまい」が目的地であります。表の看板を見ると、この時間(20時半)でも定食メニューがあるようです。
 カウンターと座敷(テーブル2、3台)の店内はかなり混雑していましたが、カウンターの隙間に入れてもらい、大将に確認すると定食もちろんOKというので、数ある定食メニューの中からティキン野郎らしくチキン定食を注文、とりあえず生ビールを飲み始めました。混んでいるのでやむを得ませんが、生ビール(中)をゆっくり8割方飲んだところで定食が到着、いかにもこういう店らしいボリューム自慢の一品でありました。ビールで腹が膨れた状態の人間にはかなり厳しいものがありましたが、そこは「出されたものは残さない」主義のびゅう、うーうー唸りながらも、レタスの一切れまでなんとか平らげました。
 さて、日本シリーズを中継中の店には、どんどん客が入ってきます。そのうち、満員になってしまいましたが、「外で待ってます」などと言う殊勝なカップルに常連のおぢさんたちも感動、「詰めて入れてあげようよ」などと言い出し、ふたりはカウンターに入ることができました。が、ふたりは、あっさりサービス定食(のみ)を注文、ゆったりと熱い茶など飲む姿に、言い出しっぺのおぢさんはがっくり、小さい声で「ラーメン屋に行け」と呟いていました。
 ま、そんな一幕もありましたが、杉田商店街の「どんまい」、今日からおでんも始めたとのことで、わざわざ行くまでのことはありませんが、杉田で飲むときには寄っていただいても悪くないお店でした。
[PR]
by hoppys | 2005-10-26 23:05 | 杉田でハッスル | Comments(2)

ホッピー飲み溜め

 ようやく野毛に戻ってくることができた火曜日、まずは腹ごしらえとばかり、野毛大通り沿い、花咲町のラーメン「味健」に入店しました。しかし、ラーメンを食すことはなく、セットの半チャーハン&餃子(5枚)をビールなしで平らげました。この界隈はラーメン屋があちこちにあり、しかも入れ替わりも激しく、状況を把握するのが大変なのですが、この店も味はまずまず、悪くありません。満腹したところで都橋「ホッピー仙人」を訪れました。今日は適度の入りで、落ち着いてホッピーを楽しむことができましたが、明日から金曜までは、仙人広島出張のため休みとなります。
 少しずつお客も入れ替わるうち、日本シリーズの状況も気になりはじめ、「ホッピー仙人」を出た後は吉田町の立ち飲み「蔵人(くらうど)」を覗きました。いつのまにかキャッシュオンデリバリーにシステムが変わっていましたが、ここで麦焼酎など飲みつつ、日本シリーズを観戦しました。しかし、ベイスターズの次に応援しているタイガースはマリーンズの勢いの前に苦戦を強いられ、ずるずると追加点を奪われていきました。やむなく、再合流したNC01さんと共に観戦を打ち切り、表通りの「ムービースター」に移動、妙な甘さのポップコーンをつまみに、生ビールを飲むわけであります。
[PR]
by hoppys | 2005-10-25 23:45 | 野毛でハッスル | Comments(2)

「SHEVA」でJリーグ観戦

 週末も多忙のびゅうは、吉田町のイベントも終了した16時過ぎにようやく関内に到着、マリナード地下街にある「天龍」といういかにも強くて頑固そうな中華料理店で504円のタンメンを食らった後、マリノスのゲームを放映している「SHEVA」に急行しました。生ビールを飲みつつ観戦いたしましたが、マリノスはあっさり負けてしまいました。そのため、勝ったときにしか飲まないと決めているギネスは今日も頂けず、ハロウィン絡みのくじを引くこともなりませんでした。
 続いてマリーンズ対タイガースの中継が始まりましたが、多忙のびゅうは、日本シリーズも二日目の野毛流し芸にもかまうことができず、やむなくここで引き揚げであります。
[PR]
by hoppys | 2005-10-22 19:34 | 野毛でハッスル | Comments(3)
 金曜日の野毛に満を持して乗り込んだびゅうは、まず洋食「センターグリル」に立ち寄りました。今日は、珍しく年配の男性が宴会的な集会を実施していて多少騒がしくはありましたが、別フロアのためにそれほど迷惑にもならず、アメリカンなオールディーズの流れる中、いつものようにナポリタンとコンソメスープを頂きました。
 今日明日は野毛流し芸の開催日なのですが、惜しくも縁がなく、続いて「ホッピー仙人」に入店、今日も都橋スーパースターズの面々とともに樽ホッピーをかつかつかつっっと飲み倒して、野毛小路「無頼船」に移動しました。ここで、つい何杯でも飲んでしまう定番の焼酎(いいちこ)お湯割り梅干入りをかつかつかつかつっつっと飲み尽くしました。すっかりいい気分で野毛から転進であります。
[PR]
by hoppys | 2005-10-21 23:43 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 今日は多少遅くなったので、空腹で杉田商店街にやってまいりました。すると、ラーメン屋「幸楽苑 杉田店」の店頭に、「ビールセット934円(税込)!」の宣伝を発見しました。一度は通り過ぎたものの、やはりその魅力に勝てず入店してしまいました。ビールセットは、生ビール1、一口大餃子7、醤油ラーメンという布陣であります。
 周囲を見渡すと、この時間ながら、ビールセットを楽しんでいる客は皆無、それどころか酒を飲んでいるのはびゅうひとりでしたが、特に気にすることはありません。きちんとタイミングを見計らい、餃子を平らげた後にラーメンを出してくれたため、ビールの後のラーメン1杯気分も味わえ、まあ満足、満腹であります。
[PR]
by hoppys | 2005-10-20 21:59 | 杉田でハッスル | Comments(2)

都橋グーラグラ

 晴れ間の覗いた水曜日、今日こそノゲラーの神髄を発揮すべく、びゅうは野毛ちかみちをくぐり、意表をついていきなり「SHEVA」に、その姿を現しました。いうまでもなく、本日の客第1号であります。ここで、ガーリックライスをつまみ、生ビールやキルケニーを飲りつつ、野球場のビール販売やプロレスの話題で楽しく過ごした後、「ホッピー仙人」に移動しました。二杯目を飲まんとするさなか、都橋商店街中を揺らす天変地異が発生しましたが、意外に強固な商店街はびくともせず、無事今日もホッピー2杯を食らうことができました。ここで帰ってもよかったのですが、今日は炭水化物が足りないとわめく似非ダイエッターがいたため、やむなく9時半過ぎでもパスタを食せる数少ない店、吉田町「ムービースター」により、今一度もりあがって帰ってまいりました。
 本日頂いたナポリタンも実に美味でありましたが、「ムービースター」諸事情により、ランチは来週で終了です。手の込んだランチが、旨いMMC珈琲付きで600円。まだ試したことのない諸君は店に急げ。勤務先が遠いやつは有給休暇だ。後悔するな。
[PR]
by hoppys | 2005-10-19 23:50 | 野毛でハッスル | Comments(5)
 本日は、マリノス精鋭陣とともに、東京湾の向こう側、千葉市内に新設された「フクダ電子アリーナ」に向かいました。「フクダ 電子アリーナ」ではありません。サッカー場です。
 今日は杮落としの試合だったのですが、遠慮ないマリノスは試合終了間際に同点に追いついてしまいました。もっとも、杮落としをぶち壊さないよう、引き分けで終わる大人の配慮を見せつけたわけですが、試合後、「駅までのお供に連れていってあげてください!」などと叩き売り状態になった本来300円のポテトを50円で購入し「蘇我駅」から横須賀線直通横須賀行きに乗車、1時間半以上かけて横浜に戻り、桜木町から野毛に帰ってきました。
 野毛小路にあるスポーツバー「SHEVA(シェヴァ)」は、マリノスをはじめ横浜のプロスポーツチームとそのサポーター、ファンを応援してくれる唯一の店です。(ウチもだ!という店は、どうぞご連絡ください)今日も、フクダ電子アリーナ帰りのマリノスサポーターに1割引のサービスを敢行してくれました。しかし、それでいい気になり、同好の士とともに焼酎1杯とキルケニーのハーフパイント5杯を平らげたのには、多少課題が残らなくはありません。
[PR]
by hoppys | 2005-10-16 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(3)
 またも気象庁の予報が外れ、気持ちよく陽が差し込む10月の休日、「ホッピー仙人」常連で組織するエキサイティングな「ホッピー仙人写真部」一行は、その活動の一環として、風情ある鶴見線沿線に撮影会と洒落込みました。
 鶴見駅に集合し、3両編成の鶴見線扇町行きに乗り込んで撮影会がスタートしました。途中の浜川崎駅で、電車の窓越しに駅前にある「浜川崎商店(後藤)」にホッピーのケースを発見、早くも興奮状態に達した頭のあまり良くない写真部員は、扇町からの帰路すぐさま途中下車しました。残念ながらその店は開店していませんでしたが、ホッピーの隣には川崎飲料KKによる全国統一商標「パレード」なる飲料の空瓶も発見、未知の出会いに早くもわくわくであります。
 工場地帯を走る鶴見線は、休日の昼間はほぼ30分おきにしか運転していないので、浜川崎駅から安善駅へは、京浜工業地帯の大工場群を眺めつつ徒歩で移動しました。武蔵白石、安善付近の酒屋はことごとく立ち飲みスペースを併設しているのですが、惜しくもまだ3時前でやっておりません。
 とはいいつつ、各々好みのアングルでシャッターを切り、盛り上がりつつ進撃するお調子者の写真部員は、安善駅近くの酒屋「東屋酒店」でまたも「パレード」の空瓶を発見、御主人に尋ねてみると、これは焼酎を割るためのもので、しかも店に置いてあるとのことなので、記念に買って帰ろうかと思うと、なんとここで飲んでいいとのこと、よく見ると、片隅にはしっかり立ち飲みスペース、その名も「ちょっとバーあずま」があるではないですか、本当はまだ開店の時間ではなかったようなのですが、お店の好意で開けていただき、青リンゴ、レモン、普通(ソーダ)、3種類のパレードを食らうことができました。さらに、業務用ホッピーも常備の「東屋酒店」、ホッピーをお願いすると、冷蔵庫からジョッキさらに焼酎を取り出し、しっかり3レイ、しかも酒店のお母さんは何気に注ぎつつジョッキぴったし、後にはホッピー両手注ぎも披露、ベテランの卓越した技に阿呆な写真部員から感嘆の声が漏れまくるのでした。
 気持ちよく安善を出た陽気な写真部員は、もはや鶴見線名物の「日本一海に近い駅」海芝浦を訪れることもなく、国道駅ガード下「国道下やきとり」に直行しました。国道駅のガード下は、もともと商店街があって、戦前の雰囲気をそのまま残す一角なのですが、惜しくもほとんどのスペースは営業していません。この店がほぼ唯一の営業店なのですが、なんともいい風情でもったいない限りです。誰かここで雰囲気を壊さない程度に商売をやったほうがいい。その証拠に、やきとり屋さんは狭いスペースとはいえ満席で盛り上がっています。
 またもホッピーを充填した性懲りのないa0038663_23455364.jpg写真部員は、生麦に向かって第一京浜を騒がしく移動していましたが、その途中、花月園駅前でイケてる酒店兼居酒屋「浅野」を見つけ、おかみさんの指示で商店街の道路に折りたたみ机をセッティングして飲み始めようとすると、隣の洋品店の女主人がなぜか椅子を用意してくれました。鶴見の細やかな人情に感動しつつおでんなどつまみ、京急に一駅乗って生麦の「ホッピー泡ーず」に行ったもののここは休みだったので、またも一駅、新子安「諸星酒場」に辿りついたのですが、もはや飲み過ぎ状態のびゅうは、ここのほとんど焼酎ホッピーを飲み切ることはできないままに終わりました。
 ま、こんなですが、そこは写真部みんな撮るものはちゃんと撮っているのです。
[PR]
by hoppys | 2005-10-15 23:46 | 鶴見でハッスル | Comments(7)