びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ヒデがドーン

 今日もゆるりと飲みに出たびゅうですが、あまりの寒さに野毛大通り沿いの中国ラーメン「楊(ヤン)」を通過することはできませんでした。空腹もあいまって、定食コースの肉野菜炒めに瓶ビール(サントリーモルツ500mm)をいだたいてしまいました。
 デザート、スープ付きの肉野菜炒めは予想どおりの美味、すっかり満足ではありましたが、さらにビールが控えているとなりゃあ、満足以上に満腹であります。すっかり苦しくなったため、野毛やぴおシティをうろうろして消化活動に禿げいや励まなければならなくなったのも、われながら若干不憫といえばいえなくもありません。
 なんとか調子を取り戻し、ようやく「ホッピー仙人」に入ることができました。最近はぬくっピーや黒樽などが多かったので、オーソドックスに瓶ホッピー2杯、とどめに樽1杯やりました。
 本当にとどめっぽかったのにもかかわらず、今日もこのまま帰ることなく、立ち飲み「花火」に向かいました。「花火」スタッフのニューケイコさんらと無駄な会話を交わしつつ、ふと見ると店内のTVでボスニア・ヘルツェゴビナと戦う日本代表の試合を中継しています。あまり良く見えなかったのですがとりあえず応援、1点を先制しながらも逆転され、苦戦する日本でしたが、終了間際、ヒデの劇的同点ゴールが炸裂しました。「花火」は、もう閉店なので次回、おれ自身、カウンター内のみんなに一杯振舞うことを宣言し、飲み過ぎで若干気持ち悪いにもかかわらず、キムチよくこの場を去っていくのです。
Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by hoppys | 2006-02-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)

ロシア大逆襲

a0038663_2322762.jpg

 2月の最終日曜といえば、横浜国際女子駅伝に決まっています。赤レンガ倉庫から、本牧、根岸、磯子、杉田、富岡、福浦を経由して八景島で折り返します。箱根駅伝を除けば、横浜唯一の国際的ロードレースで、横浜のスポーツ界にとっては一大イベントであると同時に、春も近いことを感じる横浜の風物詩といえましょう。
 とはいえ、今年は冷たい雨と風にたたられてしまいました。もちろん、過去には雪が降ったときもあり、ランナーにとっては必ずしも最悪のコンディションとはいえないのでしょう。今年の優勝はロシア、全6区中、いきなり1区と2区で区間最高を出し、2位以下に大差をつけての勝利であります。日本は3位。しかし、このレースに限っては、日本以外のチームにも声援を送ることになっています。


 
[PR]
by hoppys | 2006-02-26 23:01 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

うま野毛寄席11

 今日は、野毛で一緒に飲んでいる噺家の馬治さんが出演する「うま野毛寄席第11回興行」が開催される日であります。今まで不義理をしていたのですが、今回ようやく会場の横浜にぎわい座に足を運ぶことができました(当日券3,000円)。場内で飲み食いできるのが寄席のいいところ、アルコール7%の「氷結レモン」をやりつつ、笑わせていただきます。
 金原亭馬生師匠をはじめとする一門のほか、大道芸でもおなじみダメじゃん小出さん、さらにtvkの尾辻、ラジオ日本の石川両アナウンサーも大喜利に参加、内容盛りだくさんの楽しい興行となりました。しかも、にぎわい座だけで終わらないのが「うま野毛」のいいいところ、終演後は「懇親会」と称して「一の蔵」で出演者一同を交えての打ち上げであります。
 打ち上げからそのまま都橋商店街「はる美」に流れて1杯やったのち、1階の「チェリー」に降りていきました。さらに馬治さんの計らいで、石川さんも参加してくれました。いろいろな意味で、ラジオのアナウンサー(本当はパーソナリティだそうです)だけさせておくのはもったいない、面白く素敵なかたでした。平日午後に、湘南方面限定の番組を担当しているとのことでした。
 楽しい笑いあり、うまい酒あり、新しいひとや店との出会いあり、ゴーヤさんの歌あり、実に野毛らしい愉快でダイナミックな一晩となりました。
 次回の「うま野毛寄席」は4月22日の土曜日17時から開催されます。御用とお急ぎでない方、ぜひご来場を。
[PR]
by hoppys | 2006-02-25 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(3)

飛鳥Ⅱ就航

a0038663_1494155.jpg

 横浜港にもしばしば顔を出していたクルーザー「飛鳥」が代替わり、初代は別の船に生まれ変わり、やはり横浜港の常連だった巨船 「クリスタルハーモニー」が、「飛鳥二世」として整備されることになりました。しかも、「飛鳥Ⅱ」は横浜港を母港とすることになり、「ASUKA YOKOHAMA 」と入った船体で世界を駆け巡ることになります。
 その新装「飛鳥Ⅱ」は、今週その巨体を大桟橋に接岸しています。こういったクルーザーが、港に何日も留まっていることは非常に珍しいのですが、明日日曜日に就航のセレモニーがあるのです。ただ、日曜日は天候がよくないようなので、本日出掛けたわけですが、そういった事情から船名の表示はまだフラッグ等で隠されています。しかし、大桟橋は、「飛鳥Ⅱ」の勇姿をひとめ見るべく駆けつけた市民で賑わっていました。まあ、彼ら庶民には実際乗船する機会は非常に少ないと考えざるを得ないわけですが、それにしても、今後何度も見られるじゃないかなどと言ってはいけません。これだけみんなの関心があるということ、やはり横浜は港でもっていることを実感します。
[PR]
by hoppys | 2006-02-25 16:00 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

野毛復帰

 一週間、野毛を空けておりました。
 冷たい雨の降る中、久々に野毛小路を進撃、「SHEVA」で一杯二杯。少しずつお客は入ってきますが、19時過ぎに店を出て野毛小路の人気店「無頼船」を覗くと全くの無人、しかも「ホッピー仙人」もお客はふたり。なんだなんだ、こんな天候でビビッてたじろいでいるようじゃどいつもこいつもチープ野郎だなこりゃなどとエキサイトしておりましたが、「ホッピー仙人」で粘っているうちに、こんな天候にビビッてたじろぐことのない猛者どもが続々来店、おれ自身満足して都橋商店街の階段を降りて行きました。
 と、いいつつ、結構気持ち悪い直前だったので、野毛小路「ff」の前を一旦は通過したのですが、ここで「敗北者にゃ歴史は作れねえー」と叫んでリターン、「無頼船」に舞い戻っていいちこ梅干入りお湯割りを2杯頂きました。実に2年ぶりくらいにカントクことあぶさんともお会いし、今日も有意義な週末を過ごすびゅうリップなのであります。
[PR]
by hoppys | 2006-02-24 23:23 | 野毛でハッスル | Comments(3)

実現ノゲラー新年会

 今日はいよいよノゲラー新年会、予約もすることなく傍若無人に大通公園入口近くの「おおぎ」に突入、2度にわたって席を替えてもらい、ついに全員揃っての飲み会スタートとなりました。ミキティ似のお姉さんにがんがん酒を注文、結局あまりうどんは食することなしに店を出ました。 このとき20時過ぎ、まだまだ開店する気満々の仙人から、30分一本勝負との注文がついたので、近くの居酒屋「一力」に入店、全員でホッピーを貰ったのですが、肝心の仙人がどっかりと寛ぎはじめ、さらにはWCに引きこもり。結局、開店どころではなくなったわけであります。
 ようやく、仙人が復活したので、とりあえず野毛方向に進撃しましたが、仙人は途中棄権、残ったメンバーも遭難直前にようやく「ムービースター」に到着した次第です。
 本日、万難を排して参加していただいた、クニさん、佐藤さん、伊豆太郎さん、春吉さん、がんちゃん、藤子ちゃん、カジさん、S太郎さん、まやちゃん、せっちゃん、NC01さん、Jayさん、ウメちゃん、ガーイー、仙人、チャコちゃん、ひろたろう、以上のみなさん、ありがとうございました。またよろしく。
[PR]
by hoppys | 2006-02-22 23:50 | 関内でハッスル | Comments(5)
 22日ですが、来られる人はとりあえず18時10分頃、関内大通公園入口横(中区蓬莱町1-1-3)の「おおぎ」前に集合とします。間に合わない人は自力で来て下さい。なお、「おおぎ」はうどん屋ですが、夜は酒処になっています。が、うどんすきなんてあります。
 ということで、今日はちょうど関内に用事があったため、その「おおぎ」に登場、好物の野菜うどんを食しました。コシのあるうどんが旨いのです。酒は自粛。しかし、やっぱりそうもいかずに「コトブキヤ酒店」に寄り、新しく入っていた麦焼酎「克麦」を一杯だけやるわけです。
[PR]
by hoppys | 2006-02-20 21:35 | 関内でハッスル | Comments(9)
 22日の新年会ですが、既報のとおり「リーズナブルなちゃんこ店」が休場(廃業?)になっておりますので、会場を変更します。
 普通の居酒屋でやってもあまり面白み可笑しみに欠けるので、うどん「おおぎ」で開催致そうかと思っとります。関内の大通公園横と吉田町に1軒ずつあるはずですが、どっちにするかは未定です。18時過ぎから何時間かやって、都合のいいひとは次に移動しましょう。
[PR]
by hoppys | 2006-02-19 22:43 | ハマでお楽しみ | Comments(2)

「SHEVA」一周年

 今日明日は、スポーツバー風居酒屋「SHEVA」が開店一周年記念の大サービスデイであります。飲み放題の出入り自由という野毛らしいナイスな企画なのですが、今日は個人的に新年会も重なったりしております。
 とりあえず、18時過ぎに一旦「SHEVA」に入店、一番乗りでキルケニーをハーフで2杯(毎度だ!)をかあっとくらってから新年会を開始、店はまたも「鳥良」にしてしまいました。手羽やどてなど、「鳥良」得意のメニューを皆に薦め、レモンサワーを皮切りに焼酎を数杯食らううちに22時を過ぎ、新年会はシメとなりました。
 すかさず「SHEVA」に戻ると、さすがに大勢のお客で賑わっております。ここでまたキルケニーをやっつけていると、時間は1時に近くなってまいります。普段だと、ここで惜しくも終電を逃すところですが、今日は支払いでぐずぐずしていることがないので、なんとか間に合うのです。
[PR]
by hoppys | 2006-02-17 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)

銘酒コーナーミトリ

a0038663_0573518.jpg

 関内周辺の立ち飲み屋からはしごしようと思いつつ、いまひとつ実現しなかった「銘酒コーナーミトリ」へようやく突入しました。いきなりコップを渡され、いらっしゃいませといわれます。こうなりゃスーパードライなどというと、張り紙にある生は全く考慮されることなく、633ミリ入った大瓶を渡されます。つまみはおでんを注文しました。7品で500円であります。
 程近い立ち飲み「コトブキヤ酒店」とは、客層が全く違い、おぢさんたちが、確定申告や介護保険料の話で政府に不満をぶちまけたりしております。しかし、この店自体は新しいものなのですよ。にもかかわらず、早くも常連のおぢさんたちが群がっているというのはちょっと驚きました。若いやつら、てめえたちのブログだのミクシイだのばかりが最新最強の情報網だと思うのは大間違い、おぢさんたちを見くびるのはやめたほうがいいぜ。
 それにしても、ひとりで壁に向かって、633ミリの大瓶と格闘するのも若干辛いものがあります。なんとか片付けてから野毛小路「SHEVA」に向かいました。工事中のところ、焼酎2杯とキルケニーを頂いたわけですが、この「SHEVA]ようやく一周年を迎えることになりました。みなさん、ありがとうございます。明日金曜日と明後日土曜日は、飲み放題、つまみ3品で3,500円のサービス中ですからぜひおいでください。もっとも、おれ自身、この店で3,500円払ったことがない。
 都橋「ホッピー仙人」で一杯やっていると、ゴンちゃんたちが登場、花咲町の立ち飲み「花火」にピチピチのお姉ちゃんたちが現れたというのですぐさま参上するびゅうリップなのであります。
[PR]
by hoppys | 2006-02-16 23:59 | 関内でハッスル | Comments(4)