びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

横浜プリンスホテル閉幕

a0038663_2219163.jpg

 とうとうこの日がやってきてしまいました。
 本日をもって、横浜プリンスホテルが50年に及ぶ営業に終止符を打ちます。韓日ワールドカップで見事優勝を果たしたセレソンが宿泊したのもちょうど4年前です。その1年後には、まさかかの逆転でリーグ優勝を遂げたマリノスが、急遽ささやかなしかし価値のある祝杯を上げました。
 この巨大な新棟も、全館点灯で「ヨコハマ」の表示も誇らしく営業を開始したのですが、まさかこんなに早く終焉を迎えるとは誰が予想したでしょうか。
[PR]
by hoppys | 2006-06-30 22:25 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
 本郷台から唯一、「神奈川 呑みの繁盛店」にエントリーしているのが焼肉「おくう」であります。ここは、多少なりとも高級で品薄目の肉を取り揃え、それに希少的日本酒や焼酎を取り混ぜて客をもてなすという店で、こちらもそれならばと調子に乗り、「大衆」にはあまり置いていない上品な脂が滴り落ちる肉どもに舌鼓であります。 しかも、明日までの限定サービスじゃんけん一本勝負も実施中、通常550円くらいする生ビールが、2杯目は店員さんにじゃんけんで勝利すると100円ぽっきり、しかも一回だけのサービスでなく、1回でも勝ちさえすれば、2杯飲もうが3杯飲もうがずっと100円というから恐れ入ります。もちろん、びゅうは店員の百田さん(男)に痛快逆転勝利、百円の美酒を味わいました。
 黒糖焼酎も飲んで上機嫌ではありましたが、好事魔多し、直後に携帯電話が水中に落下するという不運に見舞われたのです。現在、関係各方面の協力を得て復旧作業に努めておりますが、今夜明朝ご連絡いただいた皆様への不義理は、そういった事情でありますので切にご容赦くださいませ。
 まあ、そういった感じでテンション低めのびゅうリップでしたが、誘われるまま本郷台駅前の居酒屋「あかしや」にも顔を出したりします。もっとも、このへんの田舎町でおれにかなうアーバンなテンションの輩を見つけるのはなかなか困難な作業でもあるのです。ぐはははははは。
[PR]
by hoppys | 2006-06-29 23:43 | 本郷台でハッスル | Comments(0)

野毛でベストを尽くす

 
a0038663_0204494.jpg

 全世界的にワールドカップで盛り上がっておりますが、今日は休養日とあって野毛に繰り出します。まずは「お秀」にやってまいりました。40年前から来ているという大先輩ふたりが八方破れ的に盛り上がってまだ明るいうちに帰った後、生ビールを重ね、さらに好物の「酔鯨」も頂いてしまいました。日本酒は回ってくるのでミニチュア(ハーフサイズ)にしたまではよかったのですが、その後日本酒仕込の和歌山産梅酒もロックで食らってしまったので、元の木阿弥というものです。いくら旨いといったところで、これではどうしようもありません。酔っ払いというのは、調子ばかりよくて本当に駄目なやつであります。
 しかし、反省の色もなく続いて「ホッピー仙人」に現れました。今日もお馴染みの面々で盛り上がる中、仙人から秘蔵の”M”も振舞って貰いました。この飲み物、ホッピーと相次いで飲むとまた違った味わいがあるから面白いものです。
 最後に登場するのはご存知「ムービースター」でありますが、あら不思議さっきまで一緒に居たひとが何食わぬ顔で座っていたり、さらには後から何気なくやってきたりと、もはや収拾のつかない状況になっているのです。いやあうらやましいひとびとでございます。
[PR]
by hoppys | 2006-06-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 正確にいうと、野毛生活3周年は6月25日でした。その日、びゅうリップは初めて「ホッピー仙人」にひとりで訪れたわけなのです。
 そういったわけで、「ガマ親分」でタン塩とホッピー2杯を飲んで始まった今日ですが、「ホッピー仙人」で黒2杯、ガラナ2杯を飲んで、いきなりすっかり酔っ払いました。我ながら、ただの酔っ払い状態で、とても3周年を祝う雰囲気じゃありません。一週間ぶり開店の「ホッピー仙人」が、盛り上がったのが事実ですが、それにしても、わが身の保身を省みず、戦った漢に与えられる声こそ「ナイスファイト」であります。その声に力を得て、びゅうは若干やばかりつつも「SHEVA」でノンアルコールビールなど頂くのです。いや、ここまできたら、アルコールの有無など些少な問題でしかないのですよ。などと言っておりますが、月曜日からこれじゃ先が思いやられるのです。
[PR]
by hoppys | 2006-06-26 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)
 今回のうま野毛寄席も賑々しく盛況のうちに開催されました。今回は16時35分早めの開始だったので、終了後の懇親会はクニさんギンさんの長寿コンビに任せて、野毛「濱野屋」にやってきました。土曜日開店があまり周知されていなかったのか、客はびゅうひとりだったので、ワールドカップの話などですっかり盛り上がり、気がつくとホッピー3杯を食らっていました。しかし、ここのホッピーは、焼酎が星ふたつを軽く超えていたことはあとで気がついたわけです。
 その後、野毛小路を歩いていると、通行を妨害する水色のミニバンが停車しています。この邪魔なやろうにマーライオン攻撃を食らわせてやろうかと思った刹那、野毛興産ビル2階から転げ落ちるように白黒のフレンチブルドッグが登場しました。言うまでもなく、ゴンちゃんその犬であります。結局、ゴンちゃん以下、ゴンチチゴンママと吉田町「蔵人」でさらに飲み続けてしまうびゅうリップなのでした。実にありがたい。
[PR]
by hoppys | 2006-06-25 23:58 | 野毛でハッスル | Comments(1)

長大な残念会

 ワールドカップに出場した日本代表の最終戦が本日未明行われました。結果は、みなさんご存知のとおり1対4の完敗であります。
 というわけでまあなにがというわけか今ひとつ判然としませんが、とにかく16時頃から「かのや商店」でラガー小瓶、「和来あいあい」でレモンサワー、さらには「虎」でギネス、梅酒ブランデー、ハーパーと座る暇も見せずに飲み続けました。しかし、それでも残念さが薄らぐことなかったので、野毛に進撃して「トモ」でウコンサワーを食らった後に、階下の「SHEVA」でキルケニーのハーフパイント2杯(つまり1パイント)を頂きました。が、ここで落ち着くどころかベイスターズの敗戦を目の当たりにしたため、さらにアルコールが必要になったびゅうは、昨日完成したばかりのSHEVAオリジナルTシャツを纏ったまま、強引に吉田町「ムービースター」へと流れ着くのでした。
[PR]
by hoppys | 2006-06-23 23:52 | 関内でハッスル | Comments(0)
 週はじめの月曜は普段自粛気味のびゅうでございますが、今週はワールドカップの日程等勘案すると、今日月曜に飲みに来ざるを得なかったのであります。
 当初は、野毛中心部の某店に行こうかと思慮していたのですが、19時前でまだ明るい街を見て、ついその状況を堪能しつつ飲みたくなり、オープン構造の立ち飲みである「あべちゃん」に行ってしまいました。が、オープン構造の「あべちゃん」とにかく暑い。ぐびぐび生ビールを飲んでもまだ暑い。たまらないので、冷房の効いている「ごちっ」に移動、ホッピーを戴きました。当初の予定ではここで引き揚げるつもりだったのですが、ちぃとばかりくやしいこと(「ごちっ」は関係ないよ。)があり、まあそれほどの大問題では全くないのですが、そんな気分で飲むこともある。野毛を突破して吉田町の立ち飲み「蔵人」で焼酎を食らってから「ムービースター」に進入するのでありました。ここでは軽く済まそうと思いましたがそうはいかん。四国帰りのゴーヤさんがプロデュースする酒類をかっくらっておれは上機嫌だぁ。
[PR]
by hoppys | 2006-06-19 23:52 | 野毛でハッスル | Comments(0)

横浜放蕩の湯

 今日は、ホッピー仙人の提唱で、みなで風呂に行くことにしました。4人の酔っ払い(この時はまだ未酔っ払いでしたが)が井土ヶ谷駅に集合、駅に程近い平戸桜木通り沿いの酒屋「品濃屋酒店」で、景気づけとばかり「ブラウマイスター」350ミリ缶を買い、まだ飲み終わるか飲み終わらぬかといったところで、銭湯「くさつ」に到着しました。基本入湯料は400円。更衣室に入ると、いきなり見事な全身刺青のおじさんがいたりします。さすがは南区だ。
 ここはスーパー銭湯でもなく、旧来の風呂屋でもない、その中間といった風情で、気泡風呂、ボデージェット、その強力版のハイパワージェト、檜風呂、ジャグリー、岩風呂それにサウナもあります。最近立て替えられたようで、なかは非常に新しくて綺麗です。
すっかりいい気分になって表の軽食コーナーで生ビールをゆっくり飲んでから「くさつ」を出ました。焼酎半分と「モルッティ」を飲んでさらに盛り上がった一行は、弘明寺商店街に登場、川っぷちのホッピー店は休みだったので、ユニーの裏手にある酒店「カメヤマ」に入りました。ここは、完全に飲みコーナーが切り離されていて、細長いスペースにちゃんと椅子があります。夜7時以降は、責任者が交代してさらに本格的なメニューになるそうです。続いて開店直後の「大衆」に入って、ホッピーを飲みつつ肉を貪り食い、商店街で買ったやたら熱いたこ焼きをつまみながら弘明寺駅から京急に乗って黄金町にやってきました。ここでもう一軒銭湯に入ります。酒も回ってきているので、風呂あがりには定番のフルーツ牛乳となります。
 騒がしくタクシーに乗って都橋商店街に帰ってきて「ホッピー仙人」開店。暑いので表でしばらく飲んだりしていましたが、さすがに土曜日、どんどん客が増えてきます。そのうちに、○も野毛の知識も貧しい女子2名があまりイケていない店に入ろうとしているとの話が入ったので、とりあえず「SHEVA」に押し込みました。確かに貧○は悲しく寂しく情けないことだが、だからといってそれほどいじけて人生を送る必要はない、ない○を張って堂々と生きよと暖かく激励してふたりを帰した後、最終的には「ムービースター」のお世話になったのですが、カウンターの高椅子から転げ落ちた某さんが、多少顎を打ちつけながらも無事だったことはご同慶の至りです。
[PR]
by hoppys | 2006-06-17 23:22 | ハマでお楽しみ | Comments(2)

都橋ホッピー天国

a0038663_021216.jpg

 今日は、22時からお楽しみのアルゼンチン対セルビア・モンテネグロ戦があるので、それまでに帰らなくてはなりません。蒸し暑い中、中国ラーメン「楊」に入ってみますと、店内も暑かったので麺類はとりやめて炒飯を注文しました。相変わらず見事な鍋捌きであります。もちろん、お供にグラスビールも忘れてはなりません。
 19時過ぎくらいに「ホッピー仙人」に入ると、金曜のせいかまだ空いています。そんな中カウンターにいたふたり、まあカウンターしかありませんが、大阪からやってきたとのこと、大阪といえば梅田にあるガード下2階構造の飲食店街の話をしたら、やっぱり昨晩もそこで飲んでいたと仰います。やっぱり。あそこは野毛と同じ匂いがする商店街なのでした。そんな愉快なこともありましたが、今日は2杯で終了、ワールドカップ観戦のためそそくさと引き揚げていくのでした。
[PR]
by hoppys | 2006-06-17 22:00 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛流ワールドカップ

 昨日の韓国対トーコ戦に続き、今日もスペイン対ウクライナの注目カードが控えるワールドカップであります。
 そこで、今日はささっとキックオフの22時前に帰る算段で、野毛に赴きました。まずは、18時半過ぎ、関西風立ち飲み串揚げ「北村」に入店します。立ち飲みと称しつつ、外から見ても明らかにちゃんと椅子があったりするわけですが、キャベツもどんとでたりして、ほほうこれが関西風とゆーわけですね。キャベツは貧●にも効くそうなので、おれ自身には関係ないですが、関係各方面は重宝したらいかがでしょうか。アジナガネギキスハムカツチクワと生ビール2杯いただいて撤収、1,500円ちょっとくらいでした。
 続いて、都橋商店街に向かうと、商店街2階部分の両端に青白赤トリコロールカラーのマリノスフラッグがかかっています。なんだこりゃと思いましたが、ホッピー仙人によると、マリノスの営業マンが都橋商店街を訪れ、わたくしどもは今チームのプロモートに禿げんでいや励んでいるのですが、野毛ではもうひとつ浸透していない、つきましては野毛の中心である、いや横浜の中心である都橋商店街の皆様にひとつご協力を頂いて、皆様のやんごとない商店街に私どものせせこましい小旗のひとつも飾らせていただければ恐縮至極に存じますと述べたとのことでした。そこまで言われれば、暖かい血も涙も流れている都橋商店街幹部諸氏も認めて差し上げることに依存はないとのことで、このような企画が実現したようです。
 そんな話をしつつ、「ホッピー仙人」でホッピーを重ね、カレーミュージアムのムラカミさんにも厳しい態度で臨んだカジさんと入れ替わるように野毛小路「SHEVA」に移動しました。20分で帰るつもりが、なぜかスペイン対ウクライナ戦終了までいた事実は、誰かもが認めねばならないことなのです。まあいつものこと。思ったとおりだ。
[PR]
by hoppys | 2006-06-14 23:52 | 野毛でハッスル | Comments(4)