びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

立ち飲みに曜日なし

 本日突入したのは上大岡の国民酒場「じぃえんとるまん」であります。それにしても月曜日からおぢさんばかりの大盛況です。ここでもやっぱりホッピー(大)380円を注文、シメサバ200円をつまみながらいただくわけですが、氷入りとはいえ量が多い。生(樽)なので、その点自由に増やせるわけですが、飲むには量的に少々きついものがあります。得なのか損なのか少々微妙。
[PR]
by hoppys | 2006-07-31 21:55 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

またもビヤガーデン

a0038663_17454015.jpg

 本日は今季2回目の横浜ビヤガーデンを決行しました。開始時間を17時半に設定したため、余った時間を「かのや商店」で過ごしました。キリンラガーとアサヒスーパードライ(小瓶)を飲みつくしてから会場の氷川丸へと移動しました。あとで考えたら、なにもビヤガーデンの前にビールを飲むこたあありませんなあ。しかし済んでしまったことは仕方がない。前回同様なんとか天候も持ちこたえ、当初2人、追加2人にもかかわらず、ピッチャー(2リットル)+マリンタワー×2を実現、ハイネケンガールは不在だったのにもかかわらず、今日もおれはがんばりました。かかってこい。
 しかし、そのおかげで、歌手のNanakoさん(http://blog.livedoor.jp/nanako1102/)がテーブルにやってきたあたりから記憶が断片的になってまいります。気がつくと、ひとりで中華街を歩いていたので、びゅうリップはタクシィで吉田町「ムービースター」に乗り付けました。既にべろんべろんとなったお馴染みタケちゃんがカウンターにいて、今さらながら意気投合したりします。ママが淹れてくれた珈琲を飲み、なんとか回復しますが、こんなだからガンマGTPが上昇するわけです。
[PR]
by hoppys | 2006-07-29 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(2)

杉田でフルコース

 今日の杉田商店街は、演歌ショーを中心に夏まつり開催中、杉田酒店の生ビールをはじめ、ヤキトリその他全ての路上売りが100円。大盛況であります。
 まあ、そういった状況では若干色あせますが、「じぇんとるまん」(2号店)で、ホッピー(大)380円を飲みつつ、マグロやイワシなど頂きました。この店も、すっかりおぢさんに浸透しているようでなによりでございます。30分で「じぇんとるまん」を出ると、まつりで大混雑の商店街を歩き、前から気になっていた自称なつかし系ラーメン「飛竜」で醤油ラーメンを食します。確かにシンプルななつかし系の醤油ラーメンではありますが、500円というのも泣かせます。とにかく満腹になったところで、バー「enter kids」に入店、ギネスを飲み始めました。
 途中で、「トイレ使わせてもらっていいですか」と言って飛び込んできたサラリーマン風の青年、トイレから出てくるとあっさり帰ってしまいました。とりあえずトイレを済ませてから呑み始めるとばかり思っていたバーテンは絶句。客3人も茫然であります。すぐそこに公衆トイレがあるのに…。
[PR]
by hoppys | 2006-07-28 21:29 | 杉田でハッスル | Comments(0)

久々「お秀」

 いつも訪れたいと思っていても、実際にはなかなか行くことのできない店もあるものです。
 おれ的には、日の出町近くの大衆酒場「お秀」もそうなのです。しかし、今日は待望叶い、生ビールを飲みつつ、名物餃子など頂きます。それなりにお客もいて大変そうではありますが、千鶴ちゃんが通りかかるたびににっこり、さらにおばちゃんも自慢のつまみなどなにげに持ってきてくれます。まあ商売といえばそれまででしょうが、チコちゃん(ねこ)まで加わったその配慮や気持ちが嬉しく、つい長居をしてしまいます。もっとも、ここは一杯で終る店でもありません。
 まあそんな理屈をこねようが、単に梅酒が美味というだけなのかも知れません。日本酒で漬けたやつは特に美味い。
 「ホッピー仙人」は、今週末休みなので、今日訪れます。日本酒も貰ったりして楽しい限り。
[PR]
by hoppys | 2006-07-27 23:07 | 野毛でハッスル | Comments(1)

赤れんがでハートランド

a0038663_194478.jpg

 横浜赤れんが倉庫に期間限定(7月22日から8月6日)でオープンしたビヤガーデンを訪れました。赤れんが倉庫1号館と2号館の間にある仮設テントがその会場であります。さすがにあまり天候が良くない月曜ときてはあまり客がいません。入場料が500円かかりますが、1瓶400円のキリンハートランドビールと100円のつまみをくれるので極めて良心的であります。一応、ここのウリはテントの天井を使って映し出す星空つまりプラネタリウムを楽しめるというポイントなのですが、ライトアップされた赤れんが倉庫、水面に灯りを映しながら進んでくるマリンルージュが眺められるというゴージャスな状況に対しては明らかに分が悪い。星空は20分に一度、2分間眺めることができます。
 ここはつまみはナッツ的なものやジャーキー、すべて小袋のパックもので、調理などはやっていません。そんなこともあり、3杯程度飲んで終了、4人でタクシーに乗って都橋へと向かいました。この状況、いつかよく似たようなことがあった気がするのですが、断片的な記憶しかなくとうとう思い出すことができませんでした。子供の頃の記憶なのでしょう。
 「ホッピー仙人」では、ヤキトリの缶詰などやりながらホッピーを飲み、今月限りで営業終了という「バラ荘」に向かいました。本格的に野毛入りする遥か前、90年代前半頃にこの店を訪れていました。そして昨年、またこの店にやってきました。全く同じママ同じ雰囲気いやこれは何十年も前からそうだったのでしょう。まさに野毛の生き証人です。残念でなりません。
 「バラ荘」23時の閉店後、「無頼船」でギネスを飲み始めました。この店には、見やすい位置に時計があるので、終電を逃すことはありません。確かに逃さなかったはずだったのではありますが…
[PR]
by hoppys | 2006-07-24 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

ビヤガーデンの季節到来

a0038663_1335422.jpg

 心配された天候もなんとかなり、今日は氷川丸船上ビヤガーデンに大勢で繰り出しました。その数アパウト40人超。ここの名物は4.5リットルのマリンタワーピッチャーであります。しかし、ピッチャーそのものの威容もさることながら、圧巻はそれが次々と空になっていく情景であります。しかも、お馴染みカジさんとオノケン!は、ふたりでタワー30分解決コースに挑戦。30分もあるのに、周囲の勢いもあってなぜか一気飲みに近い状況となり、僅か15分で終了するから大変なシロモノであります。
 16時から始めたため、いくら飲み続けていても一向に陽が暮れないのが不思議でしたが、そのうちに参加者も少しずつ野毛へと移動を始めます。「ホッピー仙人」にタクシーで乗りつけ、さらに「焼肉大衆」で肉食、最後には「バラバ」で歌いまくったりするわけですが、7時間飲み続けると、多少はつかれるものです。
 そういいつつも、月曜日はまた赤れんが倉庫でやっている「プラネタリウムビヤガーデン」に行くことになっています。18時30分開始ですが、よろしければみなさんご参加ください。
[PR]
by hoppys | 2006-07-23 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(4)
 昨夜の過ハッスルのおかげで、多少なりとも肝臓系に難を抱えた本日、久し振りのJリーグ、マリノスのゲームを観戦しに行ったのですが、蒸し暑い中、やはり生ビールは飲んでしまいます。
 試合会場の日産スタジアムには、バーベキュー大会後に駆けつけたマサトさん以下「無頼船」関連のお客さんも駆けつけてくれたのですが、みなさんとは引き続き「SHEVA」で再会したりします。まるで昨晩の再現のようではありますが、日曜の夜、明日もビヤガーデンだしそこそこにシテ置こうとは思いつつも、「SHEVA」でキルケニーのハーフパイント3杯すなわち1.5パイントを貰いつつ、夏メニュウの夏野菜ガーリック炒めなんか食ってしまうのです。
 ちなみに、明日のビヤガーデンはテント内なので雨天決行ですから安心してください。
[PR]
by hoppys | 2006-07-23 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ウィー女たちの舞う週末

 週末の金曜日、いろいろあって野毛入りが遅れていると、例のやつから催促の連絡(ほぼ空メール)が入りました。そうは言われてもまだ空腹だし、中華でも食っていこうかと思っていましたが、さらに催促が相次ぎ、やむなくあまりうまくもない松屋牛丼で済ます羽目に陥りました。
 空いている「楊」を横目に眺めつつ、「ホッピー仙人」に進入しました。1人2人立ち飲みが出るくらいのちょうどいい状況であります。そのうち、早い時間からダイナミックに活躍していたチャコちゃんも登場、件の藤子は帰りましたが、「ホッピー仙人」閉店後に、仙人カジさんと4人で福富町の「兜」に入りました。カブトビールこそありませんでしたが、ここは「楽」同様メニューのほとんどが300円、「楽」とは対照的な洋風の店内は、なかなか綺麗で落ち着きます。しかも出てくるのが早いというのはポイントが高い。さらに、この店でくれるスタンプカードを貯めると、韓国に行くことができます。
 やっぱり300円のシークワァーサーサワーなど飲んでいましたが、明日もある(ビヤガーデン)我々、そういつまでも飲んでいるわけには行かず、1杯で終了して帰ったわけですが、その後から飲み始めた女もいたりして、この原稿も書き換える羽目に陥ったりするから金曜日というのは恐ろしくも楽しいものです。
[PR]
by hoppys | 2006-07-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)

後ろを見るな

 久々に野毛にやってきたびゅうは、野毛小路の「SHEVA」に登場しました。週末こそお調子者で埋め尽くされるスポーツバーですが、平日の早い時間は落ち着いてのんびり飲むことができます。今日も生ビール、キルケニー、ギネス、ギネスと飲み続け、22時前にようやく店を出ました。
 続いて、閉店間際の「ホッピー仙人」に駆け込み、3日間断っていたホッピーを戴きます。ゴンちゃんや復活なった16Gさんの元気な姿を見てから「ムービースター」に移動、まあこのへんまでくると相当な酔っ払いとなっておりますが、焼酎水割り尽くしなど飲んだりします。まあ細かいことはどうでもいいではありませんか。
[PR]
by hoppys | 2006-07-20 23:34 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_0455445.jpg

 休日の土曜日、京急杉田駅のファーストフードでブレクファーストを楽しみ、ふらふらと表に出てくると、いきなりホッピー仙人にでくわしました。すでに一杯入った仙人でしたが、すかさずふたりで「じぃえんとるまん」杉田店に戻り、また1杯やったりします。
 夕刻、改めて出動すると、若葉町の「岩崎酒店」に向かいました。相変わらずおぢさんたちでにぎわっています。そのうち、すでによぼよぼで松葉杖をついた82才の爺様まで登場、家で飲んでればいいのになあと思ったのですが、まあいろいろ事情があるのでしょう。
 まだ早かったので、戸部までずんずん進出、岩亀(がんき)通りの「杉原酒店」に入りました。この店、小売と角打ちの区分が全くされておらず、角打ち兼会計のカウンターも僅か1メートルほどしかありません。先達がいないと、この場で飲めるとは思えなかったりします。
 だいぶ飲み尽くしましたが、さらに台湾料理「金葉」でタンメンをはべらせつつ青島ビールをいただきました。ここのタンメンは、ビーフン的麺の塩味五目そばといった体裁で、普通のタンメンとは一線を画しています。これはこれで悪くありませんが。
 いろいろあってようやく都橋にやって参りました。ここでホッピーを食らい、流し芸で盛り上がっている(だろう)野毛小路「無頼船」でギネスをやっつけ、さらに「ムービースター」に辿り着いたりします。さすがのムービーママも、「杉原酒店」では、酒を買いづらいことが判明しました。
[PR]
by hoppys | 2006-07-15 23:59 | 黄金町でハッスル | Comments(1)