びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2007年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

マリノス6点おれ8杯

 今日は、新潟でやっているアルビレックス対マリノスのゲームを、スポーツバー「SHEVA」で観戦することになっているため、18時半頃に野毛にやってきました。が、早くから控えていてもしかたないので、一旦「SHEVA」の前を素通りし、都橋の立ち飲み「○豊」でレモンサワーを2杯、素早く飲んでからスポーツバーに戻ってきました。店内、テーブルはほぼ満席、カウンターは椅子を取っ払ってやはり定員以上入っています。どうせ立ち飲みなら最初からここで飲んでいても一緒だったと思いつつ、キルケニーを飲み始めます。
 ゲームは、マリノスがアルビレックスを木っ端微塵にやっつけてしまい、試合終了までにキルケニー2杯とギネス2杯を飲んでおれも上機嫌であります。そして、都橋に引き返し「ホッピー仙人」にやってきても上機嫌なできごとは続くのでした。
[PR]
by hoppys | 2007-04-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

菊地威NHK登場

 横浜放送局からの生中継となるNHK-FMの人気番組「よこはまポートスタジオ」に、お馴染み菊地威(きくちたけし)が出演するため、野毛菊地一家はスタジオのある本町通沿いのNHK横浜放送局に向かいました。しかし、そう簡単は向かわず、まずは横浜公園近くにある新しい角打ち「MARCHE DIX JOURS」に入ります。なんて読むのかよく判りませんが、とりあえず「マルシェ」とでも呼びましょう。確かに以前からここには酒屋がありましたが、ワインや海外のビールなんぞを多く取り扱っている洒落た店でありまして、最近角打ちも始めたようです。まぁ角打ちっちゅう感じじゃありませんが、酒屋の角で飲むのは事実であります。ここでギネスを1杯飲むと、もうそれほど時間がないにもかかわらず、もう一軒ベイスターズ通りにオープンした立ち飲み「仕出し屋ケンちゃん2」にもやってまいります。メニューには焼き物のほかラーメンもあります。早い時間のせいかサワー類が半額170円とは有難い。気分よくなったところでいよいよ中継の18時が近づき、ようやくスタジオ入りとなります。申し遅れましたが、おれはその前に16時半からやっている立ち飲み「和来あいあい」で一杯やっております。
 古いNHK横浜放送局の3階にある小さなスタジオは満員、菊地威とふたりのミュージシャン(ベース&ドラムス)が控えています。画像のないFMラジオの中継とはいえ、「1分前です。」などと声がかかると観客サイドも多少緊張するものです。菊地威がいつもの曲を披露し、後半には滝ともはるさんも登場、相変わらず渋く格好いい。19時で番組は終了しましたが、滝さんはなおノリノリで、何曲か披露して会場を盛り上げてくれました。5月5日には、「パラダイスカフェ」に滝さん本人も出演するそうです。
 無事都橋に帰還した野毛菊地一家は、「ホッピー仙人」で暫しホッピーを楽しんだ後、今夜ほとんど何も喰っていないことに気づき、中華「新雅」に移動して丸テーブルを囲みます。麻婆豆腐は美味いけどかなり辛かったのです。
[PR]
by hoppys | 2007-04-27 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(4)
 22時前に「ムービースター」でゆっくり生ビールを飲んだ後、都橋商店街の「IBUKI」に向かいました。既に泥酔に近い客もいましたがまあそれは置いておいて、今日も濃い目の焼酎をどしどし頂き、最後には店主も客も何杯飲んだか判らなくなって適当な感じで会計を済ませることになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2007-04-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_159812.jpg
 朝にも強いおれは、早くから堤幸彦監督、阿部寛主演の怪作「大帝の剣」を鑑賞に出掛けました。人気の新高島109シネマズも、平日の午前中初回とあって観客わずか6人でした。奇想天外な物語と阿部寛の快演、日本では珍しい冒険活劇を存分に楽しんだ後、隣接するマリノスタウンで、マリノス選手が鍛錬に励む模様を観覧してから、昼にしようと長駆中華街に到着し、玄武門をくぐると、先日は休業していた洋食・喫茶「パンアメリカンホットドックコーナー」が営業中の札を出していたので迷わず入店します。13時を回っていたので客はひとりだけになりました。年配のマスターにナポリタンを注文、スプーンなどは出てきません。他のパスタはさておき、ナポリタンはフォーク1本で喰らうものであります。 
 懐かしいナポリタンをかけらも残さず平らげ、さらにアイスコーヒーをお願いして飲んでいると、マスターがいろいろ話をしてくれました。なんでも、このナポリタンは40年間、全く味が変わらないとのことで、先ほど帰ったお客さんも実に25年ぶりに来店されたといいます。横山剣さんとの付き合いも20年に達するそうです。休業していることも多くて心配なので聞いてみると、以前は店でアルコールを扱っていたらしいのですが、マスター、閉店後にそれを飲んで酔っ払ってしまい、ここ2年間に3度に転んで足を折ったり頭を打ったりしたそうです。マスター自身はもう大丈夫、それに酒は置かないことにしたというので安心しました。今は日曜祝日休み、無理をせず17時半までの営業になっています。少しばかり無理をしないと行きづらい営業時間なので、無理をして寄りましょう。
[PR]
by hoppys | 2007-04-26 15:11 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
 新杉田駅ガード下「アルカード商店街」にある蕎麦屋「小諸」にはよくやってくるのですが、今日はいつもより時間が早めだったせいか、かなり混んでいました。6割は酔客であります。こういう便利なところにある蕎麦屋は、蕎麦の味そのものより、セット的メニューの工夫でもっているようなところがあるようです。ここにも、親子丼やまぐろ丼と蕎麦の取り合わせがいろいろ揃っています。というわけで、喰い終わった後、蕎麦焼酎など飲むのが定例なのですが、混雑の店内で壁に向かった柱の陰のカウンターで飲むのもあまり趣がないので、立ち飲み「じぇんとるまん」に移動して本格的に飲み始めることにしました。
 杉田商店街を抜けて「じぃえんとるまん」に到着すると、ここの店内も混雑しております。厨房に向いたカウンターには常連のおじさんたち、反対側には体育会系の若いお兄ちゃんたちがいます。そのお兄ちゃんたちは、JSDFの面々であることが後に判明しました。枝豆だのヤッコだのつまみに、甘めのホッピーを2杯ほど飲み切りました。JSDFの面々はヒラメなどの魚介をどしどし注文、実にうまそうだったのですが、おれ的にはさっきまぐろを十分に喰ってしまったのが惜しまれます。
[PR]
by hoppys | 2007-04-25 22:39 | 杉田でハッスル | Comments(0)

第33回野毛大道芸

a0038663_2223528.jpg

 好天に恵まれたヨコハマ大道芸初日、やはり野毛から始めることになりますが、早くも11時過ぎにMステージすなわち東横線桜木町駅跡に到着しました。前回第32回大道芸にも登場したアコーディオン弾き唄いの「とおみねとおこ」が登場するのです。前回同様、民謡を中心にアンデス民謡や東京節なんぞも唄ってくれるのですが、とおみねとおこ本人がアコーディオンを操り、バックにはエレキギターと打楽器が入ります。前回は2人いたのですが、今回は1人減員となりギターの人が足でバスドラムとハイハットを叩いています。懐かしい民謡に客のおじさんおばさんも喜んでいます。それはいいのですが、ステージで手売りしているとおみねとおこオリジナルの10曲入りCDには、民謡・端唄は「野毛節」をはじめ4曲のみ、他は「夢見る機械の娘」「ぺりかんぺりぃのうた」「ちょうだい節」「じこけんお倶楽部」などといったとおみねとおこのオリジナルソングが目白押しとなっております。このへん、タイトルから容易に察せられるように、へんてこりん不思議少女系の曲で、民謡好きのおじさんおばさんがついてくるのはちょっと無理。
 11時15分に始まった最初のステージ終了後、臨時営業中の「ムービースター」でカレー&ビール(500円)を戴きます。一晩じっくり寝かせたカレーは非常に美味、もちろんビールも美味であります。飲み食いを終えてパワーアップしたところでまたもMステージに舞い戻り、とおみねとおこの2回目のステージ、「沖鶴エイサー会」によるエイサー演舞、そして3回目(ラスト)のとおみねとおこまでぶっ通しで見てから、野毛小路に戻ってきます。
a0038663_2223245.jpg

 柳小路でやっていた名物ヴァイオリン演歌の小澤昭二さん。このひとも「東京節」をやってくれます。こんな芸人さん、野毛以外の地で見る機会はあまりなさそうです。
a0038663_22243018.jpg

 「トモ」の出店やそこかしこで1杯200円~300円の生ビールを飲み続け、「キール」で買ったギネスを携えつつ、千鳥足で夕市をやっているという成田山横浜別院に上がっていきます。首尾よく最後の1つ(本当は2つ)になった美味なパンを買うことができました。なんという幸運。
 夕方になって大道芸もほぼ終了、「ff」「○豊」と立ち飲みを回り、「大来」でサンマーメンなど食ってから「ホッピー仙人」に現れるのですが、さすがにだんだん眠くなり、またも30分ほど福富町西公園で休憩したものの、やはりこのへんで限界っつう感じになり、今日はそのまま終了となるのでした。
[PR]
by hoppys | 2007-04-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

大道芸前夜

 野毛大通り沿いの「ドンキホーテ」に寄ってから都橋の立ち飲み「○豊」にやってきました。200円のレモンハイを3杯飲むわけですが、この「○豊」では、千円札1枚(できれば小銭を用意)あれば一晩楽しめますから、つまり3万円あればひと月飲めることに気づきました。
 その後、「ホッピー仙人」に現れますが、お馴染みの顔ばかり数人、声はでかいものの妙に静かな雰囲気、おっとこれは嵐の前の静けさというやつかーと思っていたら、本当にそのとおりで、21時前くらいからお客がどんどんやってきます。あっという間に20人に達しようかという状況になったところで、数人で「栄屋酒場」に移動、黒ビールなど飲んで、大道芸を翌日に控えた今日は早めに終了します。そうでもないか。
[PR]
by hoppys | 2007-04-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

フルタ退場!

 今晩は「一蘭」で替え玉をしてもよい、と自らに許可を与えたびゅうでありますが、実際そのとおりに「一蘭」桜木町店のラーメンを満喫、お客が溢れているフライ屋、紅とんを横目で眺めつつ、あまり客のいないスポーツバー「SHEVA」に登場しました。いきなり、神宮球場のベイスターズが10対0の大量リードというにも仰天しましたが、その後もフルタ捕手にして監督の退場があったりして試合は盛り上がりました。おかげで気持ちよくキルケニー2パイント飲むことができます。ちなみに、この店ではシャクレ系の人や加齢臭を発散している人には1割引との噂がありますが、それは全くのデマなのでご了承いただきます。
 気がつくと21時半を回っていたのですかさず「ホッピー仙人」に移動、一杯だけホッピーを飲んでから「ムービースター」に登場して生ビールを飲んでいるとあっというまに0時がやってきました。
[PR]
by hoppys | 2007-04-20 23:58 | 野毛でハッスル | Comments(0)

中華とビール生ビール

 中華の街横浜には、ローカルエリアといえど多くの中華料理店が林立しているのですが、本郷台にも「松月(しょうげつ)」があります。ここのタンメンがすこぶる美味であることは以前に紹介しましたが、今日はまあ云ってみれば晩酌であります。2007アサヒビールキャンペーンガールのポスターに見つめられつつ、アサヒ生ビールを飲み、餃子対シュウマイの一騎打ちを楽しみ、しょうゆ味の焼きそばなども頂きます。街の中華料理店なので店は21時と早めです。中継のジャイアンツ対カープ戦が、ジャイアンツの勝利目前にもかかわらず、1分の延長もなくぶちっと終了するのと同時に店を出て行きます。
[PR]
by hoppys | 2007-04-18 22:41 | 本郷台でハッスル | Comments(0)
a0038663_18375559.jpg

 ブラックディの本日、いきなり横浜橋の「浅見本店」にそういった感じの3メンが集まって飲み始めました。金曜も相当イッテいたため、最初はお店お奨めのシークァーサーサワーの焼酎半分シークァーサー1杯の相当すっぱいやつを作ってもらいました。日本一短い三吉橋商店街を抜け、三吉橋を渡って「長島酒店」でブラックディらしく黒ラベルを頂きます。この界隈で25年飲み続けているというすさんが参加しており、さらにその奥の「内藤酒店」にも立ち寄ります。ノザキのコンビーフをつまみにビールかなんか飲んだのですが、ここは店の中央にどんとカウンターっつうか飲み台があるので、お持ち帰りよりむしろ角打ちのほうがメインぽかったりします。
 続いて、この界隈で25年飲み続けているというすさんもなぜか縁がなかったという「田原屋酒店」に入りました。つまみに、レトルト食品をいろいろ温めてくれるのですが、この界隈で25年飲み続けているというすさんはなぜかシチュウを注文しました。角打ちのつまみにシチュウ。
 だいぶ飲みも進んできたので、中村川沿いの公衆WCを利用しようと歩いていると、車橋に到着してしまいました。そこで、「車橋もつ肉店」で先々週入れたキンミヤの麦焼酎ボトルを出し、タンやマグロなどにありつきます。今日は何杯飲んだか判らなくならないように、1軒1杯のペースを守っているのですが、○杯飲んだからもうやめておこうとか全然思わないのだから、あまり意味がないようです。このへんで周囲も暗くなってきましたが、ここから野毛方面に向かうまでに2度、すなわち寿町の「浜港」(馬鹿鍋はない)とお馴染み「かのや酒店」にも引っ掛かり、なんとか「ホッピー仙人」に到着すると、ホッピー飲んでカラオケ、ホッピー飲んでカラオケこれを3度ほど繰り返したうえ、最後に「はる美」で1杯貰います。というわけで、暑くもなく寒くもなく雨にも降られず角打ちに最適なこの季節、楽しい1日ではありましたが、3メンに今日もいい話はなかったようです。
[PR]
by hoppys | 2007-04-14 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(5)