びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 というわけで、週初めからハッスルし始めるわけですが、まずはじめに向かったのは、スポーツバー「SHEVA」であることは言うまでもありません。さすがに月曜の19時前とあって呑気な「SHEVA」なのですが、生ビールやキルケニー、しまいにはイタリアンなビールまで戴いてしまいます。
 続いて「ホッピー仙人」に乗り込むと、仙人自身いい加減であります。まあ、仕方ない。ホッピー2杯その他飲んで、仙人以下ハマの老舗バー、福富町の「クライスラー」にやってきます。バランタインやジャックダニエルスなど飲み、相当酔っ払うのです。誰も責任はとりません。
[PR]
by hoppys | 2007-07-30 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「○豊」もうすぐ一周年

a0038663_21555029.jpg

 見事出来上がった「ホッピー仙人Tシャツ」(4枚)を受け取り、ホッピーを飲んだ後、階下の「○豊」にやってきました。本日最後の1杯となったレモンサワーを頂きましたが、お馴染みの「○豊」、来週で開店1周年を迎えます。この店に初めて入ったのは、去年の夏、山手のビヤガーデンで気持ちよく飲んだ帰りでありました。あれから1年というわけです。
 続いて「みなと」に移り、またもトリスのハイボールを相次いで2杯飲んでしまいます。昔は、トリスで随分ひどい目に遭ってきたものですが、まったく反省も学習もしていない。
[PR]
by hoppys | 2007-07-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「佐藤」の麦焼酎を試す

 17時半頃から、関内桜通りの立ち飲み「コトブキヤ酒店」で、飲み始めました。生ビールからはじめ、麦焼酎「泰明」を頂いていると、店内のモニターでベイスターズ対ジャイアンツの試合が始まりました(音声はなし)。1回表、いきなり金城が2ランホームランを放ったりして、こうなりゃもう少し飲もうとすると、最近入ったという「佐藤」の麦焼酎を薦めてくれました。さすがは「立式本格酒処」であります。まずは濃い目の水割りで、さらに夏なのにお湯割りで頂きました。さすがは佐藤、なかなか麦らしい風味のあるいい焼酎であります。
 4杯飲んで、機嫌よく酔っ払ったところで表に出ると、まだ全然明るいのです。機嫌のよいまま野毛・都橋まで歩き、またも立ち飲み「○豊」にやってきます。「○豊」、来月で一周年であります。レモンサワーを2杯飲んで「ホッピー仙人」にやってくると、水曜日なのにやたら混んでいます。さらにホッピーを飲み続けて盛り上がりましたが、まあこのくらいにしておくかと、ホッピーも2杯で引き揚げました。
 まだ時間は22時前、多少なりとも空腹を覚えたので、ラーメン「一蘭」に入り、替え玉までやってしまいました。すると、なぜか「バジル」に戻ってしまうあたり、酔っ払いの行動には全く一貫性というものがございません。
[PR]
by hoppys | 2007-07-25 23:59 | 関内でハッスル | Comments(2)
a0038663_2145355.jpg

 大道芸2日目となる日曜日、朝は雨模様で今日は中止かと思いましたが、幸い午前中のうちに雨は上がりました。
 当初の予定には入っていませんでしたが、東横線桜木町駅跡も大道芸に使えるようになったようで、沖鶴エイサー会の太鼓の音が駅に鳴り響いています。絶好の客寄せになっているようです。メイン会場の仲通空地に到着した頃には強い陽が射し始めました。降雨による湿気と直射日光の暑さで、客も大変ですが出演者はなおさらです。
 しばらくして、野毛大道芸の顔ともいうべき伊藤多喜雄さんのステージが始まりました。レパートリーは民謡が中心ですが、バックは津軽三味線のほかはドラムス、キーボード、フィドルといった洋風編成で、ビートの利いたノリのいい演奏になります。多喜雄さんの軽妙なトークと唄に聴きほれているうち、予定時間が遥かに超過となったので、途中で抜けて急いで野毛坂を昇る羽目になりました。今日のとおみねとおこのステージは2回とも成田山なのであります。
 かなりくらくらしつつ、成田山に辿り着きます。今日はギターの人が加わっただけでなく、ドラムもちゃんとセッティングされ、それに津軽三味線も加わった本格的な編成になっています。同じ曲でも雰囲気が変わって楽しみが増えるというものです。
 とおみねとおこのステージが終ると、次の伊藤多喜雄さんのステージをじっくり見るべく野毛坂を下りていきました。途中の信号で西洋竹馬のボールド山田さんが竹馬着用のまま、信号待ちをしています。身長は3メートルを軽く超しているわけで、大道芸開催中なのを知らない通行人は呆然としています。
 仲通空地の本部で売っている生ビールは300円と安価でしたがあまり美味くありません。しかし暑いのですぐに飲んでしまい、ほどなくしてステージが始まりました。伊藤多喜雄さんのステージは1回1時間にも及ぶ本格的なものですが、今回は時間に十分余裕があるので少々延びても心配がありません。というわけで伊藤さんのステージ終了後、またも野毛坂を昇っていきます。売店で缶ビールをもらい、最終のステージなので最前列の隅に座りました。今回の大道芸、とおみねとおこは、縁起のいい横浜の地名町名を織り込んだオリジナルの横浜民謡「横浜ホーライ(蓬莱)節」を披露してくれました。「都橋」も歌詞に出てきます。
 「野毛山節」をラストにステージも終了、野毛山を降りて今日も「バジル」に寄り、爽やかなコロナビールを注文、表の樽でゆっくり飲みました。競馬帰りのおじさんがみんなおれを見ますが、やっぱり店には入ってきません。
[PR]
by hoppys | 2007-07-22 21:46 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_15075.jpg

 雨の天気予報も見事に外れ、無事にDADADADA大道芸が開催の運びとなりました。
 今回は野毛だけの開催ということで、出演者も9組、会場も仲通沿いの空地、にぎわい座の前、ちぇるる野毛の裏、それに成田山横浜別院内の4箇所とやや小振りではあります。
 さて、大道芸と言えばとおみねとおこですが、今回は野毛山の上、成田山でのステージとなったので、いきなりあの急傾斜の階段をとっとことっとこ昇らねばなりません。しかも、やや遅くなったため、階段の中段あたりでとおみねとおこ独特のコケティッシュかつ無責任風な歌声が聴こえ始めさらにあせります。
 津軽三味線を加えた最初のステージを楽しみ、何食わぬ顔で山を降りんとしましたが、ここであっさりビール等を販売していた顔見知りのスタッフに捕まり、仕方ないので仕方ないので生ビールを頂きました。このひとたちは、来週土曜日にぎわい座地下の「野毛シャーレ」で開催する若手落語の会「横浜オッペケペー」のスタッフをやっています。ぜひお出かけください、
 と、宣伝したところでビールを飲みつつ野毛坂を下り、「ピエロのキーちゃん」の宇宙旅行芸を見て、野毛の街にやってきましたが、柳通りや野毛小路に各店舗の出店が出ていないのはやや寂しい感がありました。しかし、わたくしたちには立ち飲みイタリアンがあります。早くもやっている「バジル」で、エビス黒を1杯飲んでから、仲通の空地で伊藤多喜雄さんの「野毛山節」を聴き、中国雑技団の軟体ぶりに仰天し、また「バジル」で1杯飲んでから、第2回目のとおみねとおこのステージをやっている成田山にとって返します。
 見終わるとまた野毛坂を下ります。運動になって非常に健康的であります。が、今度は「FF」で焼酎を飲んでしまいます。とおみねとおこのラストステージはちぇるるの裏だったのですが、ここまでくると、さすがにとおみねさんもおれのことを認識、「OHシャンゼリゼ」を唄いながらも、おれに会釈してくれたりします。
 大道芸もこれで終了、18時前ながらもうやっている野毛小路の「R」に入りました。ここの若い大将はいつもあちこちでその姿を見ているので初めてという感じがしません。林さんのチャーハンなんか喰い、ハッピーアワーの生ビール250円を飲んでいると、大将が1杯ごちそうしてくれたりします。
 もうへべれけですが、19時を過ぎたので「ホッピー仙人」に現れてホッピーを飲みます。だんだん訳がわからなくなってきましたが、今日3回目となる「バジル」に立ち寄り、さすがに仕舞いとなりました。明日、「後篇」が書けるとよいのですがね。


 
[PR]
by hoppys | 2007-07-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 21日(土)、22日(日)の両日は、夏の野毛大道芸であります。若干、天候に不安はありますが、なんとか持ちこたえてほしいものです。
 そういう事情で、本日「ルタン・ペルジュ」、「武蔵屋」、「バジル」、「ホッピー仙人」さらに「ノーブル」と和洋折衷で繰り広げた冒険譚は一切割愛せざるを得ないのがはなはだ残念なところです。どうしても、そのあたりの状況を知りたいという向きは、土曜か日曜のDADADADA大道芸においでください。むししししし。
[PR]
by hoppys | 2007-07-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

杉田進撃中

 なかなか楽しい杉田界隈でありますが、さすがに毎回飲んでばかりいるわけにも参りません。というわけで、今夜は京急杉田駅直上の駅ビル「ぷらら」にある、ちょっと庶民的な洋風食堂「グルメとよ」に入ってみました。
 自分で「グルメ」と称しているあたり、ツワモノぶりが窺えますが、この店、メニューは焼肉、ハンバーグを中心とした定食もの、カレー、さらにラーメン各種、コーヒー、ジュース類さらに生ビールほか酒も多少は飲めるという無差別なんでもこい系、店内は観葉植物が飾られ、自由に読める漫画雑誌が置いてあるという若干懐かしい感じであります。
 生姜焼き定食だけ喰って済ませるつもりでしたが、ここにグラスビールがあるとやはり注文してしまいます。定食についている小やっこがつまみに最適となりました。
[PR]
by hoppys | 2007-07-19 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)
 野毛小路の「トモ」に現れ、納豆やマグロキムチを喰ってレモンサワー(生)を頂きました。野菜も摂らにゃならんので、トマトをミキサーして作ってくれる生トマトサワーを飲んでいると変に酔っ払ってきました。が、それでも「ホッピー仙人」に辿り着きます。週の真ん中のせいか若干落ち着いている「ホッピー仙人」でしたが、静岡からみなとみらい経由でわざわざ野毛にやってきたお客さんも登場します。大胆過ぎるその行動に、横浜の人間もみなびっくりします。ちなみに、次に行く場所として、そのふたりには「ff」と「バジル」を推薦しました。
 そういった責任上もあり、だいぶ酔っ払ってはいましたが、「バジル」にはちゃんと寄って、生ハムとレッドアアイ程度のものはしっかりいただいて帰るわけです。またトマトか。
[PR]
by hoppys | 2007-07-19 00:03 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛で海の日

a0038663_0281233.jpg

 連休中とはいえ、まあいろいろ都合っつうのはあるわけです。そういったわけで、ホッピーを3杯も飲んでしまった後、最近野毛大通り沿いに新規開店した「横浜初の鉄板鍋・六白金ぼし 桜木町本店」にやってきました。
 ここは、以前からレトロ調の店舗があったわけですが、今回の鉄板鍋っつうのは、要するに薄い鉄板の上で、肉や野菜をぐつぐつとやって喰うわけです。大阪流とのことですが、あまり関西臭はありません。5人で2鍋あったので、味噌味と醤油味にしました。空腹気味ではありましたが、どちらも悪くありません。美味く頂きました。こういう雰囲気の店なので当然ホッピーもあります。ホッピージョッキじゃありませんが氷も入っておらず、しっかり3冷で結構いけます。
 祝日の月曜日とあって、さすがに寂しい野毛でしたが、意気軒昂な我々はさらに「みなと」にも現れ、トリスハイボールを2杯ほど頂いてしまいます。
 
[PR]
by hoppys | 2007-07-16 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)
 台風だの雨だの強風だの、コンディションが悪ければ悪いほど飲みに行きたくなるから困ったものです。そういうわけで、スポーツバー「SHEVA」にやってくると、今日はナビスコカップの準々決勝、マリノスがFC東京と戦っています。この天候で選手も偉いがファンも大したもの、おれも最近までやっておりましたがこんな酒飲みにはもう限界だ無理だ、おれに期待するな許してくれあんたがやれ、「SHEVA」のカウンターでそれほど大きくもないモニターを見つつ、キルケニーだの梅酒だのギネスだのをゆたーりと飲んで気持ちだけマリノスを応援します。するとあっさり4対2で圧勝、0対1で負けた緒戦のハンディを取り返して、無敵マリノスが準決勝に進出しました。
 そんなわけで昨日に続いて上機嫌のおれは「ホッピー仙人」にやってきます。この天候もあって、普段の土曜日ほど狂乱状態にはなりませんが、それでもツワモノどもが次々に来襲し、おれも久し振りに3杯飲んでしまいます。電車が止まらなくて幸いであります。
[PR]
by hoppys | 2007-07-14 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)