びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0038663_22122881.jpg

 回復するどころか、さらに悪化した天候の中、それでも野毛大道芸が行われました。昼過ぎに桜木町駅に到着、本日ほぼ唯一の会場と思われる東急桜木町駅跡会場に向かいます。まあ、場所的に向かうも何もありませんが、スタッフの人に聞くとやはり柳通りあたりの会場はほぼ中止でしょうとのこと、この雨では無理もありません。
 会場にはあまり人がいませんが、大道芸見物目当てにここにやってきたのはおれひとりと言っても過言ではありません。普通は来ない。
 それでも、アコーディオンを持った女性芸人がやる気まんまんでスタンバっています。時間になり、演奏を始めましたが、客が少ないと言って自ら改札口方面に突進して肉声で呼び込みに走りました。このひとはアンザイノリエというアコーディオン弾きですが、身体を張ったなかなか楽しい演奏を楽しませてくれます。またいい芸人さんを発見しました。
 一応、野毛に入ってみましたが、雨は相変わらずで、本部のある柳通りあたりも全く開催する様子はありません。そこで「楊」に入り、グラスビールを飲んでタンメンを喰っていると表からまたしても呼び込みの声が聞こえてきます。しかも昨日聞いた声であります。急いで駆けつけると、露天のちぇるる野毛横会場で、あのジャグラーテルが今まさにジャグリング芸を始めようとしているではありませんか。雨に濡れて滑るボールやピンを操るのがどれだけ難しいか、なんという勇気と度胸、なんという芸人根性、単なるジャグリングのうまいイケメンではなかったのです。
a0038663_22133548.jpg

 ジャグラーテルの雨ヴァージョンの芸を楽しんだ後、「FF」に入るとちょうどよく富士のF1中継をやっています。さすがは「FF」と思いましたが、単にCXが競馬中継を後回しにしてF1をやっていただけとのことでした。
 F1中継を最後まで見、生ビールと酎ハイを飲み終えてから桜木町駅に向かい、アンザイノリエの最終回を見終って、ふらふらと歩いて太田町の「クラフトビアバー」に到着しました。この店、休日の午後くらいにやってくると潰れている人が一人くらいいます。箕面を始め3杯ほど飲んでいると、だんだん自分自身がそういう状態になりそうになったので、ここでようやく終了であります。
[PR]
by hoppys | 2007-09-30 22:33 | 野毛でハッスル | Comments(0)

大道芸は雨天強行

a0038663_2238242.jpg

 今日は野毛大道芸ですが、朝4時頃にふと気づくと外は雨が降っています。おっとそんな予報聞いていないぞ。どうなってるんだ気象庁、そんなわけで午前中は降ったりやんだりの天候になったわけですが、大道芸は小雨決行となっているので、とにかく野毛に入りました。
 桜木町駅で、スタンプラリーの台紙を兼ねた当日のプログラムを貰います。今回は野毛の単独開催とはいえ、春と並んで本場所たる秋の大道芸のはずですが、あまりに規模が小さい。参加芸人はフリーのウォーキングアウト2名を含めて14名、とおみねとおこも伊藤多喜雄もハッピイ吉沢も長谷川きよしもいません。会場も柳通りの3箇所を含めて全7箇所、野毛本通りの車両通行止めもありません。それでも、芸人が野毛に集まるのであれば行かねばならぬ。悪天候となればなおさらであります。
 本部に近い柳通りに向かっていると、突然目の前に翼を広げた変な人がいます。さらに、不気味な動きでゆっくりゆっくり路地を歩いている人もいます。どう見ても危ない人ですが、後方から大道芸のスタッフがそろりそろりと跡をつけているので、ウォーキングアウト系の参加芸人と知れます。
 すると、通りの向こうから天を突く巨人が現れました。おっとこれは、よく知っている芸人、西洋竹馬「ボールド山田」の仲間ではないか、そう思っていると、「左曲がった先でやってますから、よかったら。」とおれに言うので早速その方向に歩いていくとボールド山田の姿が現れました。人気芸人なのですが、残念ながらこの雨で観客もまばらです。しかし、一生懸命やってくれます。脚と一体化した竹馬を履いて、要は極端に脚が長い巨人スタイルで踊ったりアクロバティックな動きをするという、まあ技術的にはともかく他愛ないといえば他愛ない芸なのですが、おれ的には好きな芸人です。
 しかし、だんだん雨が強くなり、柳小路の会場は休止状態となり、そのうちにスタッフも続々引き上げていきます。さすがに今日はこれで終わりか、と思い断念して桜木町駅に向かっていると、元気のいい呼び込みの声が聞こえてきました。そうだ、東急桜木町駅跡会場は雨知らずじゃあないですか。
 そこで始まったのは、ジャグラーテルのジャグリング、テルはなかなかのイケメンです。途中、悪魔的なマントと仮面を被った姿を披露したら一番前にいた小さい子が泣いてしまうとアクシデントもありましたが、なかなか素晴らしいテクニックを披露してくれました。
 そういうわけで、雨に降られながらもそれなりに大道芸を楽しみ、続いて日産スタジアムに向かったのですが、それ以降の状況は諸般の事情によりまして割愛させていただきます。
[PR]
by hoppys | 2007-09-29 22:38 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 週末には大道芸やオクトバーフェスト参戦の予定もあるので、若干控えめにしようと思いつつ、野毛にやってまいりました。といいつつ、最近日の出町駅前にできた九州ラーメン「武者がよか 日の出町店」でラーメン550円を試します。九州ラーメンであるからしてとんこつ細麺であります。若干スープが濃く油多めでしたが、そのへんは調整可能、あまりとんこつラーメンには詳しくありませんが、値段的にも悪くないでしょう。
 さて、引き続いて「SHEVA」にやってきます。おっとプロ野球をやっています。しかもおれが来たのでベイスターズ戦に切り替えてくれます。そのまま試合を見ていると今日の予定が全て終ってしまうものなのですが、今日はテンポよく試合が進み、生ビール3杯を飲んでいるうちベイスターズ勝利で気持ちよく試合が終りました。「SHEVA」では例のキルケニーが休止中ですが、11月頃にはそれに代わって「エビス琥珀」が入るようです。お楽しみに。
 そんなわけで、早くも20時半には「ホッピー仙人」に登場することができました。今日の樽は黒、それを飲んでいるうち、徐々に店内が埋まってきたのでその1杯で「○豊」に移動します。だんだん控えめモードに入ってまいりました。「○豊」でレモンサワーを1杯、さらにいつもお世話になっている「きよ」のご主人にもう1杯ご馳走していただいて本日最終の「ムービースター」に向かいました。
 「ムービースター」ですだち酎なんかのんびり飲んでいると、名古屋からハッスルKたちが来襲してきたとの連絡が入りました。そこで、空腹のふたりを野毛小路「碧葉2000」の餃子炒飯麻婆豆腐生ビール等で遇し、また「ムービースター」に戻ってきます。結局今日も飲み過ぎとあいなるわけでした。
 
[PR]
by hoppys | 2007-09-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_124570.jpg

 「バジル」で赤白サングリアなんぞ飲んでいると、エスカルゴを勧められました。ちょっと作ってみたというのですが、おれはエスカルゴなんぞ喰ったことがありません。オリーヴオイルを効かせたなかなかのものでしたが、実は作った本人の店長も「おれも喰ったことないんですよ」と言うのでしばらく笑っておりましたが、よく考えたら喰ったことないもの作るとは大変な度胸だ。それに気づき、早速他店に試食に向かったのですが、そもそもエスカルゴってフランス料理じゃないのか???ちなみに、今日の白サングリア(パイナップル&ナシ)はパイナップル風味が効いていてなかなかの美味でありました。
 それはともかく「ホッピー仙人」に移動して、のんびりホッピーを飲んでいると、杉田から急遽呼び出しが掛かったので、1杯飲み終えるや、すぐさま杉田「じぃえんとるまん」に移動、どうしてもおれに大を飲ませたいらしい大将の要望どおり大生(樽)ホッピーを1杯飲みつくします。ちなみに、「じぃえんとるまん」近々黒樽も導入したい意向のようです。
 さて、楽しい立ち飲みを閉店の21時をもって撤収し、夜の住宅街を強行突破して白旗商店街に到着、やっぱり立ち飲み「うなぎや」に入店します。ここでさらに野毛から3人合流、合計6人となって相変わらずのうまいホッピーをやっつけ、またしても22時の閉店とともに店を後にしました。
 白旗商店街を国道16号沿いに抜けたところにある老舗「栄太郎」の前に、ホッピーのケースと空き瓶があったのですかさず進入、躊躇なくホッピーを注文します。なんか若干違和感がありましたが(画像)いちおうホッピージョッキで飲ませてもらいました。
 そんなこんなで、結局シメは磯子駅前屋台のラーメンと相成ります。
[PR]
by hoppys | 2007-09-26 23:59 | 磯子でハッスル | Comments(2)
a0038663_05368.jpg

 「ff」で立ち飲んでいると、今日はなんと「華(hana)」が開店26週年を迎えるという情報が入りました。そこで、「ff」で3杯ほど喰らった後、今日から復活の「ホッピー仙人」で1杯飲んでからいよいよ「華」にやってきました。
 開店から26年、もちろんもっと古くからやっている老舗は存在しますが、この店はママがひとりでやっているのです。そこらへんの若造諸君には理解できない年月であろう、いやおれも26年前は当然未成年であります。まさに都橋の旗艦店それが華といえましょう。
 麦焼酎2杯に餃子までもらって、満足であります。満足しないわけには行かないのだ。
[PR]
by hoppys | 2007-09-25 23:08 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23285839.jpg

 21時半頃に「ムービースター」に到着、暑かったので生ビールを1杯飲みましたが、その後はカウンターにつらつら並んだウィスキー(&バーボン)に目が移りました。
 ママに勝手に名づけたウィスキーセット(氷入りグラス&水)を貰い、カウンターのウィスキーを次々飲み始めます。1杯注ぐごとに申告します。マッカラン、フォアローゼス、アーリータイムスイエローストーンなど、注意深く量を調整して飲み続けます。なんで、ここでウィスキー(&バーボン)まつりなんだという気もしますが、興が乗ってしまったのだからしかたありません。
[PR]
by hoppys | 2007-09-21 23:35 | 野毛でハッスル | Comments(0)

座らないやつさ

 昨日は若干飲み過ぎでありましたが、それでもまた野毛にやってまいります。
 「楊」で好物の麻婆豆腐を頂いてから、「ff」でブリを焼いてもらい、酎ハイを飲み始めます。週末を控えた木曜日、団体のお客さんが来た「ff」以外、野毛の名だたる名店、結構空いております。野毛進出あるいは新規開拓を意図する諸氏は、木曜日意外と狙い目かも知れません。
 そんな中、「○豊」にやってきます。「○豊」も意外に空いていて、おかげでゆったりと破格のレモンサワーを3杯飲んでしまいます。昨夜のこともあり、このへんでやめておけばいいわけですが、それでも「バジル」に立ち寄ります。テキーラトニックを飲み、さらに白桃&ぶどうの白サングリアをもらいます。この機会に、イタリア流とスペインのサングリアの違いを尋ねると、「うちはテキトーですから」との答えが返ってきました。なるほど。(一見、テキトーに作ってもうまくできるのがサングリアです。たぶん。)
[PR]
by hoppys | 2007-09-20 23:36 | 野毛でハッスル | Comments(0)

秋の梅酒まつり(自主)

 野毛小路を進撃していると、92、総裁がやってきました。そこでとっとと話がまとまり、「お秀」へと向かうことになりました。
 久し振りつーことなんだか、特に関係ないんだか、その辺ははっきりしないチコちゃん(ねこ)の歓迎を受けつつ、生ビールやトマト酒なんか飲んだあと、いよいよ、新サンマを中心に据えて勝手に梅酒まつりを敢行します。岐阜の「うめみりん」なんぞを中心に3杯ほど楽しませてもらいます。梅酒は飲みやすい一方度数が高いんで注意しなければなりません。
 注意しないまま、今度は「SHEVA」に向かいました。ギネスを飲み続けていると、ベイスターズがカープを相手に奮闘しています。時刻は22時過ぎとなっており、こりゃいつまでもいてはいかんぞと思って階段を昇り「ムービスター」へと移動します。
 ところが、一部で評判の「すだち酎」を薄めの水割りで飲み始めると、なかなか終るわけにはまいらなくなってきます。さらに、ベイスターズ逆転サヨナラ勝ちを耳にするといてもたってもいられなくなり、祝杯をあげに「SHEVA」に舞い戻るのでした。
[PR]
by hoppys | 2007-09-19 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)

平日夜の杉田で角打ち

 杉田のラーメン「幸楽苑」に入り、サワーセット680円を注文しました。よくビールセットは頂きますが、サワーセットは初めてであります。ラーメンと餃子と小つまみ(柿の種数粒)にサワーという、要はビールセットのビールがサワーに代わっただけなのですが、ビールセットより100円安く、お得率も高いという特典があります。
 生ビールは飲食店でよく見る「HOSHIZAKI」製の自動注ぎ機でどんどん作っています。サーバーがビールを注ぎ始めると同時にジョッキが載ったホルダーが傾くというものなのですが、最後にもう一口分くらい店員が手動で追加してくれるさまには心温まるものがございます。もちろんサワーには関係ありません。
 ラーメンまで喰っているのに今日はこれで終らず、商店街中ほどにある角打ちの「杉田屋酒店」で、キリンラガー(小)を飲み始めます。通りを新杉田駅から杉田駅方面に向かう通行人がうらやましそうに、こっちを見ます。ところが、そのうち顔見知りまでやってくるからさすがに少々バツが悪い。
[PR]
by hoppys | 2007-09-18 22:03 | 杉田でハッスル | Comments(0)

ビアフェスも横浜が一番

a0038663_2324354.jpg

 大桟橋ホールで絶賛開催中の「ジャパン・ビア・フェスティヴァル2007」横浜ラウンドに行ってまいりました。入場すると小振りのグラスをいただけ(お持ち帰り)、それでもって、会場狭しと展開している日本全国の地ビールを思う存分飲みまくることができるというシステムであります。医師も常駐しているので安心です。祝日の月曜日までやってますが、おれ自身は、今日しか来ることができません。しかし、東京より大阪より、横浜のビアフェスを盛り上げたい、と唱えて飲み続けます。途中、会場外に一旦引き揚げ、大桟橋で暫し熟睡したりもしますが、結局43杯に達します。
 たらたらと歩いて「ホッピー仙人」にやってきますが、そのへんでほぼ限界、ガラナ(そのまま)や青林檎サワー程度で本日終演となりました。
120種類以上のビールが集う! 「ビアフェス2007 in 横浜」 | エキサイト シーズンカレンダー
[PR]
by hoppys | 2007-09-15 23:31 | ハマでお楽しみ | Comments(0)