びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

笑ってから飲む

 野毛界隈でも活躍中の若手落語家、金原亭馬冶さんと金原亭馬吉さんが出演する落語会「第3回横浜オッペケペー」が、野毛シャーレにて開催されました。
 「美しい日本語を若手落語家と再発見」と銘打たれてはいましたが、どこらへんで再発見するのかいまいちわからないまま、缶ビール2本(キリン)を飲んで笑っている間に時間が終了しました。
 次回は「今年中」とのことであります。
 寄席の半券が、19軒に及ぶ協賛店で500円分の割引券として使えるとのことで実に有難いわけですが、今日のところは宮川町に新規開店した立ち飲み「大黒」に行くことになりました。現金払いでホッピー390円。安くて気軽系のつまみも種類があり、新しくてなかなか居心地のいい店であります。立ち寄るところが増えるのも嬉しいやらちょっと困るやら。
[PR]
by hoppys | 2008-02-29 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 「ミラクル商会」で、横浜ブルース界の巨匠中村裕介さんのライヴがあるというので、早々に野毛にやってきました。
 スタート予定時刻の19時半にはまだ間があったので、「○豊」で生ビールを1杯吸収、それでもかなり早めに「ミラクル商会」に登場、一番乗りとなりました。
 いろんな変種ホッピーがあるので有名ですが、ここは普通のやつを注文しました。ところが、邪道的ホッピーをいろいろやっている一方で、冷やしたキンミヤが冷たいホッピージョッキに入って出てきます。したがって美味い。本当は、ブルースにあわせてバーボンやウィスキーなどがムーディですが、あまり酔っ払ってもいけません。裕介さんが登場するまでに1杯、ライヴ中に1杯、休憩タイムに1杯、2回目のライヴでもう1杯頂きました。
 2回目のライヴは、オリジナルの「We just living YOKOHAMA」をみんなで唄ったり、ぐっと盛り上がります。
 2回目が終ったところで、裕介さんに軽く挨拶して店を出、「ホッピー仙人」にやってきます。いうまでもありませんが、またもホッピーを飲みます。で、そのまま帰る予定でしたが「ミラクル商会」を覗くと裕介さんの3度目のライヴがスタートしており、まいろいろあって結局「ミラクル商会」に舞い戻ることになりました。当然飲み物はホッピーになります。
 裕介さんもノッてきて、もう一回くらいやりそうでしたが、このへんで移動、最後は「バジル」にやってきました。だいぶできあがっていたので、シャンディガフの辛いやつをぐっと飲んで終わりにしました。
[PR]
by hoppys | 2008-02-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

遠峰あこで上機嫌な夜

 関内のライヴハウス「セヴンスアヴェニュー」で、我らが遠峰あこのソロステージがあるというので急行しました。ちなみに本日は4組出演で、メインは松田優作が歌った「灰色の街」でお馴染みの李世福さんであります。
 「セヴンスアヴェニュー」の入場チケットには、500円分に相当するドリンク1杯がついており、さらにカウンターと自販機で酒類を振舞っています。1杯目に生のバドワイザーを飲み、2杯目はケチって400円の発泡酒的なものにしてみましたが、メーカー銘柄はともかく続けて飲むとこれが実に不味い。しかたなく、次からは缶のバドワイザーに変更、結局なにも喰うことなくビール及びビール的なものを4杯を立て続けに飲む羽目に陥りました。
 遠峰あこは2人目に登場、酔いとは関係なく楽しいステージを堪能、民謡中心の普段と違うオリジナリティ溢れるライヴがまたいい。40分ほどのステージを終えたあこさんと軽く談笑し、最後の李さんのステージまで楽しみました。
 いい音楽を十分吸収したところで、今度は空腹を片付けなければなりません。折からの雨と強風をものともせず、関内から吉田町を強行突破して野毛小路に突入、「ムービースター」に登場して焼酎を貰い、2日めとなるおでんとおにぎりを頂きました。じっくりだしがしみこんだ大根は絶品であります。
[PR]
by hoppys | 2008-02-26 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

強風には勝てず

 まだ冬の寒さが続いていますが、そんなときに敢えて屋外で鍋をやろうじゃないかと物好きで挑戦的な酔っ払いが10人、伊勢佐木町に集まりました。
 適当に16時集合と宣言したものの、鍋を扱っている「かめや」は17時のため、すぐそばにある「和来(わらい)」で飲み始めました。ここはヨコスカ系列とのことで、注文したホッピーにはたっぷり焼酎が入っていましたが、あまり気にすることなく立て続けに3杯飲み尽くし、さて「かめや」に移動しようと準備に入りましたが、「和来」のおばちゃんが、風が強いから外で鍋はたぶん無理だと言います。今日の横浜は大変な強風に見舞われており、電車は止まり、この店の扉も激しく音を立てているほどでした。
 それでもとにかく「かめや」に移動しました。その頃には「和来」と「かめや」も系列店であることが判明していたのですが、やっぱり路上鍋は断念せざるを得ず、入口近くの座敷スペースに10人が無理やり収まり、いよいよ鍋を開始しました。もちろん飲むのはホッピーばかり、外で飲み喰いできないのははなはだ残念ですが、寒いのは全然平気ながらこの強風では鍋の火も消えようというものでしょう。
 うどんで鍋をシメ、三々五々野毛に向かいますが、シメたといってもまだ19時、「ホッピー仙人」に到着してなおもホッピーを飲み続けます。まあホッピーしかないわけですが、さらに盛り上がりながら3杯ほど飲み続けました。酔っ払っていたのであまり気づきませんでしたが、強風の影響か、土曜日にしてはお客が少ないようでした。
 久し振りに「ミラクル商会」に寄り、ここにも多種多様のホッピーがあるわけですが、なぜかレッドアイを飲んで終了することになるのでした。
 
[PR]
by hoppys | 2008-02-23 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
 2月にしては暖かい今日、「かのや本店」で飲み始めました。ビール小瓶を頼んだのにサーヴィスで1杯ビール的飲み物を頂けるあたり、ハマの界隈の人情味に心暖まるばかりであります。
 スーパードライ小瓶を2本、つまみは豆腐になります。1回転させれば湯豆腐になりますが、今日は暖かいのでそのまま、可愛らしい若い女子店員が接客してくれるのもまた楽しいものです。女子店員はともかく、幸せ感に満ち溢れる時間でございます。生きててよかったなー。
 で、今日は初の関内「じぇんとるまん」に登場しました。仲間でわいわいスペースと渋くひとり飲みの場所がしっかり区分されているのも気持ちのよいものです。ホッピー中を飲んでいるうちにアグネスチャンさらにはベタなカワシマエイゴなんか店内に流れました。
[PR]
by hoppys | 2008-02-21 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

4年目だ「SHEVA」

 野毛小路のスポーツバー「SHEVA」、もう3周年となりました。
 先週末に、3周年祝い的なことをやっていたのですが、いろいろあって訪れることができず、本日遅ればせながらお祝いと馳せ参じました。
 とはいえ、単にカウンターで飲み続けるというだけのことではありますが、なぜか各種焼酎がカウンターに並ぶようになっており、黒糖、球磨、麦、芋とお湯割りで飲み続け、いい加減暖まってきたので最後は生ビールという展開になりました。
 で、方向は全然違いますが帰りがけに「ホッピー仙人」に立ち寄り、一応ホッピーを1杯飲んでしまいます。
[PR]
by hoppys | 2008-02-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

本郷台でホッピーを飲む

a0038663_226784.jpg

 本郷台駅前の立呑み(ママ)「あいだ」に入りました。元気も手際も威勢もいいギャオスナイトウに似たいつものお兄さんに迎えられ、とりあえず焼酎お湯割ともつ煮込みを注文、ふと気づくと壁貼りのメニューにホッピー400円が加えられています。おっと、しばらく来ていない間に。お兄さんに訊いてみると、結構人気があるもののみんなホッピーに慣れていないため酔っ払ってしまうとのことで、確かに「飲み過ぎ注意」と書き添えてあります。
 焼酎をぐびぐび飲んでいると、一旦メニューが外され「黒あります」が書き加えられました。しかし、ここは普通の白で注文します。よく判りませんでしたが青いキャップの焼酎で、配分はぴったりであります。味は多少宝焼酎より落ちる感じでしたが、まあそんなことはどうでもいい。本郷台でもホッピーが飲める日が遂にやってきたのです。
[PR]
by hoppys | 2008-02-19 22:14 | 本郷台でハッスル | Comments(0)

日の出大明神降臨

a0038663_10251813.jpg

 「○豊」に入ると、まだチョコレートくじが余っているとのことで、引いてみると見事当たりと相成りました。おかげで1杯無料としていただきます。小さなことでも当たりってのは気持ちのいいものであります。鳥つくね汁で暖まったので、生ビールなど冷たいものを4杯ほど喰らいます。
 19時を過ぎて日の出町の「アートランド」へ移動、今日は遠峰あこ(とおみねとおこアラタメ)による「日の出大明神音頭披露目会」が開催されるのであります。入場料千円で缶のアルコール1杯付き、隣にはおばあちゃんが住んでいるので、演奏は21時までという、非常にてづくり感あふれるイヴェントなのでした。
 終了後、近くの「栄屋酒場」にやってきました。店内味のある諸先輩がた中には若い人もいましたがとにかく大盛況、幸い僅かながら隙間があり、入口近くで黒ビールをこつこつ飲み続けることができました。
 22時を過ぎ、閉店後のホッピー仙人と合流、もう1杯やろうとなったのですが、今晩に限って休みだったり混雑中だったりで若干さまよう羽目になりました。3周年を迎えた「SHEVA」の前を通過し、ようやく「娑羅(バサラ)」に辿り着くことができました。「鶏口となるも」なんか2杯くらい飲ませてもらい、このへんで終了といたします。
[PR]
by hoppys | 2008-02-16 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

飲むために京急で移動

 上大岡の「cove」にまたやってきました。今日は時間が早いこともあり、まだお客がいないのでゆっくり飲むことができます。評判という中国茶割りを注文しました。台湾の千メートル以上の高地で栽培された茶葉とのことで、烏龍茶的なえぐさがない飲み易い茶であります。昨今は、中国産というと若干引かれてしまいますが、まこれは台湾産ということでご容赦願います。
 それを2杯、さらに中々の水割りも飲み、だいぶ気分のよくなったところでまたも京急に乗って野毛にやってきました。「○豊」で生ビールを3杯、落ち着いた感じの「ホッピー仙人」でホッピーを1杯、調子もよく「JUNK」に現れます。マスターやお客さんにジャズギターの有名どころを教えてもらったり、多少ハイブラウな感じで今日はシメとなりました。
[PR]
by hoppys | 2008-02-14 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

おれ的なバジルエッグ

a0038663_0291319.jpg

 もう寒いなんていうのは毎晩のことなのですが、今日もそんな中、酒を飲みにやってきます。
 早々に「バジル」に現れるおれは、やっぱりホットサングリア2杯、さらにバジルエッグで暖まります。バジルエッグなどと格好つけつつ、ぶっちゃけゆで卵なのですが、半熟より完熟を好むおれは、早めに黄身を壊して余熱を利用して卵とじ的にするのが好みです。当然三色旗はぐちゃぐちゃになるわけですが、まあこのへんは各自の趣味趣向でお楽しみいただきたいところです。
 次は「お秀」に登場。暖まったはずもわずかな移動時間で冷え切り、またも焼酎お湯割りをお願いしました。しかし、さらに肉豆腐ですっかりアツアツとなり、冷たい生ビールを3杯楽しみます。今日はチコちゃん(ねこ)も3度に渡って登場し、愛想を振りまいてくれました。暖かいというより熱過ぎる温風ヒーターの前から、まるで動こうとしないあたりがいかにもねこらしくて実によろしい。
 しかし、店を出るとまた凍りつき、なんとか「ムービースター」に到着しました。カウンター満員くらいの店内でまたも角お湯割り。暖まる以前に酔っ払うのが難点なのでした。
 
[PR]
by hoppys | 2008-02-13 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)