びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

a0038663_2125652.jpg

 今日は「車橋もつ肉店」に行くことになっていたのですが、その前に勢いをつけるべく、「山上屋酒店」に突入しました。なんで飲む前に勢いをつける必要があるのか、詳細は不明ですが、ともかく瓶ビールを飲み、ノザキのコンビーフを貰いました。コンビーフはビールによく合います。そのうちに、やさしいおかあさんが漬けたラッキョウをくれました。すっぱいラッキョウは焼酎に合いますが、ここでは大奮発で焼酎を入れてくれますからこれはやめておきましょう。
 「車橋もつ肉店」は満員で押しあいへしあいです。それでも、ホッピーを飲んでいつもの馬刺しや豆もやしを喰い、仲間の先客が注文していた焼き物をどしどしつまんでしまいます。後10分で出ようという時間もまだ大量の酒つまみが残っていましたが、そこはツワモノ揃い、あっという間に飲み尽くし喰い尽しました。
 タクシーでもって野毛に向かう人もありましたが、我々は経費節減と新しい出会いを求めて自分の足で歩きます。すると、扇町の競艇券売場の手前にやっている居酒屋を発見、「寿司居酒屋380」と称し、つまみが380円で頂けるとのことであります。とりあえず入ってみると、昔のキャバレー風なソファ・テーブルの並びになっていて、カラオケの小ステージがあるあたりもそんな雰囲気です。梅サワーを注文すると、酸っぱいものが出てきました。ビールとホッピーばかり飲んだ後だったので、さわやかでなかなか美味い。
 さらに「かのや酒店」にも登場、表で瓶ビールを飲み、揚げ物もちょっと喰いました。20時30分頃、閉店時間が迫ってきたので終了、ようやく野毛に向かって進行しました。
 「ホッピー仙人」では、出ました5千円ホッピーをお祝いに奢りそして自分でも飲む、つまり1万円払う太っ腹の雨男。5千円ホッピーがどんなものか知りたい方は、ぜひ自身でご注文ください。
 「THANK YOU」に移動してコロナを飲んでいるうちに眠くなってきましたが、最近行っていない「〇豊」に行かねばならぬと決意して都橋商店街に戻り、ウーロンハイを飲んで終了しました。昨晩行ったことをもう忘れていたのでした。
[PR]
by hoppys | 2008-05-31 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(2)
 今夜の鶴屋町「安兵衛」のホッピーは、ジョッキに7割とやや焼酎少な目の優しい感じであります。なにげに瓶を見ると、なつかしやコクカ飲料の文字があります。随分長い間、旅を続けている瓶なのでしょう。多くの人が、いろいろな思いでこの瓶を傾けたのでしょうか。妙に感慨にひたりつつ、おれもジョッキを空けました。
 雨の降る中、続いて狸小路の「味珍(maichin)」にやってきました。急傾斜の階段を上がると2階は満席、金曜のこの時間に4人で入れたのが奇跡的な幸運と申せましょう。ここでは、当然名物の豚を喰らうわけですが、どうしても馬刺し(800円)を喰ってみたくなり、若干後出しで注文しました。期待どおり、柔らかい上級な身が出てまいりました。そのせいか、隣のお客さんも注文していたようです。
 瓶ビールばかり飲んでだいぶ酔っ払いましたが、それでも野毛に戻り、「ホッピー仙人」に登場しました。またしてもホッピーを飲んでいるうちに閉店の22時になったので、階下の立ち飲み「○豊」に移動、ウーロンハイを飲んでいるとあっという間にここも閉店の23時になり、最終的には「THANK YOU」に現れました。今日も怖い人(みーちゃん)が座っていました。なんとか餌やりに成功しましたが、やっぱり引っ掻かれました。すんでのところでかわしていますが。
[PR]
by hoppys | 2008-05-30 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

「junk」でプチ世界旅行

 「狸狐亭」に入って生ビールを飲み、カウンターで温め中の牛スジ煮込みを頂きました。「狸狐亭」では、この位置に並んだフードメニューを眺めそして試すのが楽しみなのであります。これからは夏を迎えて、どういった料理が並ぶのでしょうか。
 もう1杯生ビールを貰ってから、野毛小路の「junk」に移動しました。今日はライヴを開催中で店内も混みあっています。一番奥のカウンター席に入りましたが、グランドピアノの真後ろにあたります。ピアノ、ドラムス、ベースに女性ヴォーカルという編成のジャズの生演奏に耳を傾けつつ、ジントニック、ラムコーク、テキーラサンライズ、ジョンコリンズと続けざまにカクテルを飲みました。注意深い方はお気づきでしょうが、ジンラムテキーラウィスキーと、世界のスピリッツ系が勢揃いの布陣であります。そういえばどこかの店で、こういった趣向で世界一周というのを企画していたように思うのですが、どうしても思い出すことができない。
 せっかくなので、「junk」の充実した2ステージ終了後、次の「バジル」でもウォッカを注文、オマケにサングリアを飲んで終了しました。日本代表の焼酎が不在なのでスピリッツで世界一周とはいきませんでしたが、そこまでやらなかったからこそ、無事に済んだわけです。
[PR]
by hoppys | 2008-05-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 京急杉田駅併設の「ぷらら」2階、「グルメとよ」にやってきました。夕食っつうことでカレイのフライ定食とグラスビール300円であります。定食と一緒にビールを飲むというのは妙に幸せな感じします。
 定食を完全に平らげると、結構満腹になったので、暫し休憩の後、同じく「ぷらら」2階にある日本酒&焼酎バー「ROCKWELLS」に登場しました。メニュウを眺めると、あまり馴染みの麦焼酎が見当たらなかったので、無難なところで「中々」を水割りで注文すると、コブレットのような大き目のグラスに焼酎と水がたっぷり入ってでてきました。いやいやなかなか天晴れであります。氷は、丸いクラックドアイスでした。
 すると、素敵な女性スタッフが、カウンターに麦焼酎の瓶を並べておれの好みを聴いてくれます。そして、八丈島産の「情け嶋」という焼酎を試飲させてくれました。麦の香りが濃厚な焼酎であります。2杯目はこれを注文、多少水は少な目にしてもらいましたが、またも大型のグラスで飲ませてくれました。
 ドアの向こう、ビルの通路の下はすぐに京浜急行の線路なので、店内にはジャズとともに電車の音が響く楽しいバーなのでした。
[PR]
by hoppys | 2008-05-27 22:19 | 杉田でハッスル | Comments(2)

「バジル」でライヴ

 今晩は、いよいよ「バジル」に遠峰あこさんがやってきます。
 おれは、早くも16時半頃から「バジル」に登場、赤ワイン白ワインを続けて頂きましたが、あまり酔っ払ってもいかんということで、ここでジンジャエールに切り替えて2杯ほど、でもやっぱり飽きてきたのでビールを投入して貰ってさらに2杯ほど飲んだところであこさん登場、セッティングを済ませて、ライヴ開始予定の19時を待ちます。
 雨は激しくなる一方でしたが店内は満員となっています。あまり馴染みのないお客さんが多かったのでいささか心配だったのですが、あこさんが唄い始めるとみんな注目して喜んでいます。あこさんは、「野毛山節」「オーシャンゼリゼ」「フニクリフニクラ」「蒲田行進曲」「ちょうだい節」と、「バジル」向き選曲で30分強唄ってくれました。終演後は、あまり手に入らない12曲入りCDもどしどし売れていきます。
 ライヴが大成功に終ったところで、おれも安心してどしどし飲み始めます。こんな世の中だけど、たまには叶う夢もある。ほどよく酔っ払ったところで、今回告知のポスター掲示にご協力いただいた各店すなわち「○豊」様、「ホッピー仙人」様、「はる美」様、「ムービースター」様にお礼とご報告に回りました。
 というわけで、今後もあこさんには、「バジル」はじめ野毛の各店で唄っていただこうと思っております。ご期待ください。
[PR]
by hoppys | 2008-05-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

前座は「金盃」

a0038663_1139444.jpg

 今晩は、横浜駅東口で飲み会があったのですが、その前に少しでも時間があるとやはり1杯やりに行ってしまいます。
 東口の「金盃」はなかなか始まらないので、西口五番街の「金盃」に向かいました。レモンサワーと鳥の唐揚げを貰い、いささか慌しい目に飲み喰いするわけですが、そういいつつ、こういった場所のほうが妙に落ち着くから不思議なものであります。
 で、本戦は東口スカイビル27階の「クルーズクルーズ」、今まで気づきませんでしたが、東神奈川寄りには大中の宴会場的スペースがあります。さすがに27階となるとなかなかの眺望であります。この店は外が見えると見えないで全然違います。
 コース料理だったのですが、船盛から始まってマリネやらローストビーフやらきしめんやら鯛めしやらデザートにはパンナコッタまで並ぶ無国籍振りです。酒はセルフで飲み放題、最初はビールなど飲んでいましたが、そのうちジンのボトルを独占、トニックウォーターやオレンジジュースさらにはコーラまで割りモノに使ってやりたい放題で楽しんでいるうちに、宴会時間はとっとと終了になりました。
[PR]
by hoppys | 2008-05-23 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

「junk」でジェムソン

 20時過ぎに上大岡に到着すると、早くも京急百貨店は閉店しています。多少珍しめのビールを購入したかったのですが、そこでやむなくナガサキヤ地下のフジスーパーに行ってみると、ちょうどよく、缶のキルケニー3本セット(ギネスのグラス付き)を売っています。有難く購入しつつ、今日はそのレジ袋をぶら下げての行軍となるわけです。
 というわけで、まずは「cove」、地元出身らしいふたりの先輩が、子供の頃の話をしています。少しばかり時代は違いますが、富岡で魚を獲ったとか、メンコで年下のやつにひどくやられたとか、懐かしい時代の話を聞かせていただき、生ビールも美味い。
 「cove」を出て京急に乗り、野毛にやってきました。「ホッピー仙人」で黒の瓶を飲み、「○豊」でウーロン杯を2杯飲み、久し振りに「junk」への階段を昇りました。マスターが、得意のギターの腕前を披露してくれます。おれはジェムソンの水割りを飲みましたが、相変わらずの大量であります。楽しい音楽の話をいろいろ聞かせてもらい、また酔っ払ってから「バジル」に登場、おれの状況を見て、ツーカーでシャンディガフを出してもらうあたりがいい感じなのであります。ちなみにもっと手がつけられないときはレッドアイが出てきます。
[PR]
by hoppys | 2008-05-22 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

生姜焼き喰ってから飲む

 「ムービースター」の今夜のメニューは生姜焼きであります。実に、これはおれの好物なわけで、21時過ぎからビールを飲みつつ、やや遅めの夕食と相成ります。野菜もたっぷり添えられた生姜焼き本体にライス、味噌汁、漬物と完全に普通の夕食が戴けるのが有難い限り。さらに馴染みの連中も来るので、談笑しながらの楽しい夕食になるわけです。ま、みんなできあがっている中、普通に喰っているのは、いささか浮き気味ではありますが。
 ま、そんなことはあまり気にしないようにして、十分満足の夕食を終え、引き続きお通し的にもらった蛸&キュウリをじわじわつまみつつビールを2杯頂きました。気がつくと、土曜日に持ち込んだデンキブランが、いい調子で空いています。悪魔の酒がこれだけ減る間、どれだけの悲劇喜劇が繰り広げられたのか、想像するだけで楽しい。
 そんな感じで、階下の「SHEVA」に移動しました。実は、「ムービースター」に来るときに本日バースデーのマサキックス(スタッフ)に見つかったので、やむなくやってきたわけです。しかし、そのマサキックスは、角のソーダ割りを飲み始めた途端、誕生祝いのふ○う○ぞ○く○方向に向かってしまいました。まあ、それもよいでしょう。というわけで、テンションあがり気味のスポーツバーで、おれはもう1杯角を喰らい、本日はめでたく撤収となります。
[PR]
by hoppys | 2008-05-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 最近、旧東横線桜木町駅あたりにインフォメーションセンターができたのに気づきました。野毛の酔っ払いたちがローテーションを組んで、いい酒場の案内でもするのかと思ったらそうではなく、夜はやっていません。
 今日は、早い時間に到着したので、初めてオープン中のところを見ました。中に入ってみると、ふたりほど協会のスタッフさんがいて、野毛にまつわるチラシ類が置いてあります。もっとも、野毛山動物園とか、にぎわい座とか、どちらかといえば周辺施設のものが多いようで、肝心の野毛飲食街のものは「横浜すきずき」くらいしかありません。年配のスタッフさんも、街のガイドブックは、まだあまりないんだよねえと仰っていました。で、一応配っているのが、3月に横浜商科大学学生さんの協力で作った「野毛招福まっぷ」でした。まあなにもないよりは良いかな。
 そう言いつつ、京浜急行が作った小冊子「普通電車の旅 日の出町編」を貰い、「バジル」で眺めているうちに牛肉を喰いたくなり、関内の「鍋ぞう」に急行してしゃぶしゃぶ&すき焼きと相成りました。で、このへんと戦うときは、酒は入らないのです。
[PR]
by hoppys | 2008-05-18 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

神か悪魔かデンキブラン

a0038663_21513723.jpg

 浅草へ行ったので、当地からデンキブランを提げて野毛に帰ってまいりました。もちろん、現場でもビールやらホッピーやらデンキブランやらは頂いております。
 折から泡祭り中の「バジル」でありましたが、今回はシャンディガフの泡で済ませる感じになっております。サングリアなんかも飲み、かなりできあがりつつ「○豊」にやってきました。まあ軽く飲むつもりが諸事情あってここで4杯ほど喰らう羽目になり、もちろん全然悪い話ではありませんが、そのへんでようやく「ホッピー仙人」に移動しました。浅草帰りなのに、野毛では立ちっ放しとなっております。久々に正統的なホッピーを堪能しました。最後に「ムービースター」に登場、ここで件のデンキブランをご開帳と相成ります。ちなみに40度のオールドタイプであります。もっとも、昼間飲んでいるのでおれは生ビール、そのためやってきたお客やってきたお客に、半ば決定事項の如くデンキブランが振舞われることになります。既に飲んだおれを含め、デンキブランを吸収するたびに、みんながトリップしていくさまを見るのは、実に楽しいものです。
[PR]
by hoppys | 2008-05-17 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)