びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今年も角がやってくる

 小雨も降り、急に寒くなってきた横浜の夜ですが、若干の寂しさを感じながら野毛小路のスポーツバー「SHEVA」にやってまいりました。生ビールを飲み、ジャコチャーハンなどを喰っていると、なんと今秋もサントリー株式会社自らが野毛に「角祭」を提案してきているとのこと、確かに昨年みんなであれだけ飲んだのだから気を良くするのも当然と言えば当然でしょう。
 ちなみに前回は、ここ「SHEVA」をはじめとする野毛小路付近の5軒が参加し、ひと月の間に「サントリー角」をとにかく20杯飲めば、「角」グラスが貰えるというスタンプラリー的企画でした。調子に乗ってひとりで何個も貰うほど飲むやつ、わざわざミクシイでコミュニティを立ち上げてしまうやつ、期限が迫ってきているからと無謀にも1日で8杯飲んでしまうやつなど馬鹿が続出、そこまでしてもぎとったグラスは、結局、各々の行きつけの店に置いたままという馬鹿二乗の有様だったのですが、その地獄絵図がもしかすると再現されることになるわけですからこれは愉快とも豪快ともいいようがありません。
 まあ、そんな感じで2軒目は「バジル」、サングリアを飲み、差し入れの群馬産シイタケを頂きました。イタリアン風の味付けがまた旨い。というわけでサングリアを赤も白も飲んでしまいますが、この原料がなんの果物だったかいつも覚えていない。
 
[PR]
by hoppys | 2008-09-30 22:10 | 野毛でハッスル | Comments(0)

赤星はやっぱり瓶

a0038663_1762264.jpg

 先週からサンマーメンが喰いたい状況だったので、今日は以前からうわさには聞いていた吉野町の何種類ものサンマーメンがある店に行ってみることにしました。吉野町駅に近いということ以外全く調べもせず、まあなんとかなるだろうと探してみると、首尾よく発見、なにしろ吉野町交差点の1角にあったので見つからないほうが不思議というものです。
 「栄来軒」というその店、どんな雰囲気なのかと思ったら、最近のラーメン専門店風ではなく、よくある町の中華料理店でした。もちろん店頭にはサンマーメンの宣伝がありますが、サンマーメン専門というわけではなく、普通に中華メニューがあり、常連さんらしい近所のひとが飲み喰いしています。なぜかカウンターにはホッピーがありました。
 肝心のサンマーメンは10種類、そのうち5種類はネギやエビといったトッピング系、残りのうち2種類は四川風など辛めのものでした。そして、発祥当時を再現したもの、もやしと野菜入りのもの(もやしそば)、野菜がメインのもの(やさいそば)があります。他にはあまりない、発祥当時のものを注文しました。店の説明によれば、サンマーメンのサンは白菜、豚肉、椎茸を意味しているそうで、もやしそば・やさいそば系のものは戦後になってアレンジされたものだそうです。
 ほどなくしてサンマーメン登場、具は細切りにされて出てきました。こってりとしたあんかけに、椎茸の風味が強く出ます。次の機会には他の2種類も試してみたくなりました。
 すっかり満腹になったので、しばらく歩くことにしました。ちょうどいい塩梅になったところで野毛に到着、最近缶入りが限定発売されて話題のサッポロラガー赤星が飲みたくなり、立ち飲み「花火」に入りました。中瓶であります。すっきりしたコクのある味わい、これを家でも飲めるとは贅沢な話ですができれば瓶で飲みたいものです。
 そのうちホッピーが飲みたくなってきたので、「ホッピー仙人」に移動しました。ちょうど、横浜の情報が充実した地元密着誌「横浜ウォーカー」の取材が終わったところでした。秋に特集号が発売とのことですから楽しみです。久しぶりに一番奥でこつこつホッピーを飲んでいるうち、初めてお会いしたお客さんと意気投合、実は次の目的地も同じだったので、連れだって「はる美」にやってきました。爽やかな味わいのオリオンビールを飲み、新作ウルトラマン映画の素晴らしさを大いに語っているうちに、時刻はまたも0時に近づいてきました。
[PR]
by hoppys | 2008-09-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

イセザキで飲む幸せ

 伊勢佐木町を歩いていると、いけないいけないと思いつつ、まあ本当にいけないわけでは全然ありませんが、とにかく「和来」に入ってしまうから困りものであります。奥行きの長ーいカウンターの店ですが、入口のドアを開けて入店すると、店の人はともかく、お客さんが一斉にこっちをながめるのがちょっと面白い。今日もかなり大量に焼酎が入ったホッピーを喰らい、煮込みやおでんとかいただくわけですが、2杯目はスーパードライの中ジョッキにしておくあたり、節度が効いております。
 そうは言いつつも、ふらりふらりと野毛にやってまいりますからこれも困りものであります。「ホッピー仙人」で、先日の強化合宿映像をありがたく鑑賞しつつ、瓶の白ホッピーさらには樽の黒ホッピーを片付け、勢いを駆って「THANK YOU」にも登場します。そのへんの冷蔵庫から、黒ラベルを含めた世界各国のビールをセルフしつつ、いつの間にか酒がまわっておる次第です。誰のせいでもない。
[PR]
by hoppys | 2008-09-26 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

飲むのに便利な京浜急行

 今日は上大岡の「cove」にやってまいりました。麦焼酎「中々」から始めました。いつもながら、少し知っているお客さんあまり知らないお客さんと、酒や店の話、それに地元横浜南部の話で盛り上がります。これだから、立ち飲みなのになかなか帰れないっつーか帰らないわけですが、今日もチャーシューをつまみに「富乃宝山」をぐびぐびぐびと飲み、20時過ぎシャンディガフでようやくシメといたしました。
 するとまたも京浜急行に飛び乗ります。旧特急車2000系で優雅に日の出町駅まで移動、野毛小路「junk」の階段を駆け上がると、ちょうどライヴが始まろうとしているところでした。店内今日も盛況ですが、運良くカウンターの隅にかけることができました。清水方代さんの品のいいJAZZヴォーカルを楽しみつつ、ジンやらなにやら飲んでいるうち、気がつくとライヴもとっくに終わり、またも0時を回っているから困りものであります。
[PR]
by hoppys | 2008-09-24 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

休日の夕方は立ち飲み

 夕方、黄金町~日の出町間の京浜急行高架下あたりで開催中の「黄金町バザール」を軽く眺め歩きました。この企画、それほど大々的にやっているわけでもなく、あちらこちらでぽつん、ぽつんとアトリエ的なものがある感じなので、必要以上に気合いを入れていくこともなく、散歩気分で訪れるのがよろしいかと思います。そんな感じで、結局日の出町駅前の「にっぱちてい」に入りました。280円のホッピー1杯くらいにしておくつもりでしたが、コンビニよろしく店内に漂いまくるおでんのにおいに負け、3品280円のおでんを貰ってしまいました。今季初おでんであります。
 続いて「バジル」にやってきました。赤サングリアから始め泡まつり、レッドアイと飲み続けているうちに日が暮れてまいりました。
[PR]
by hoppys | 2008-09-23 22:11 | 日の出町でハッスル | Comments(0)

キンミヤあってのhoppy

 野毛大通りの「大来」で、サンマーメンと小ライス大盛り(←小ライスを注文してみよ)を喰らって大いに満腹になってから、「ホッピー仙人」に登場しました。この土日に、訪れるひとを必ず満足させる風光明媚で親切な西伊豆戸田の「ペンション樹庵」にて強行されたホッピー強化合宿の興奮冷めやらぬ感じの店内でありましたが、その中でどしどしホッピーを飲み続けます。そのうち、素晴らしい沼津の地ビール「ベアードビール」の関係者さん、さらにはホッピーに入れて上機嫌、甲類焼酎の雄キンミヤの関係者さんたちも登場しました。酒・流通業界の人が来たといっても、必ずしも有難いと限ったものではありませんむしろ不愉快なときもあるわけですが、今日に限ってはそんな心配はまったく無用、面白くてタメになる楽しい時間が過ぎていきます。
 そんなだったので、気がつくとキンミヤ入りの瓶ホッピーばかり飲んでいるうち、閉店の22時を大きく超過しておりました。久しぶりに撤収作業に参加したのち、「ムービースター」に移動しました。またも芋焼酎「鉄幹」を飲みつつ、ホッピー強化合宿の思い出話をつらつらやっていると時刻は翌日になったので、今回はこのへんでやめておくことにいたします。
[PR]
by hoppys | 2008-09-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

重点的に焼酎を飲む

 横浜駅近く鶴屋町の飲み屋で軽くやってから帰ろうとすると桜木町行の電車がやってきたので、やむなく野毛に降りてまいりました。都橋商店街の立ち飲み「〇豊」で、ビート君とみのさんの対決を楽しみながらウーロンハイを2杯やりました。この店、自宅でみんなでTV見てる感じであります。番組終わってからいつものように階段を上がり、「ホッピー仙人」に移動しました。飲兵衛ラリーの影響でしょうか、今日も初来店のお客さんがいてなかなかいい感じであります。いろいろな酔っ払いの先客がいて若干面倒くさい点もありましょうが、これに懲りることなく、今後もぜひ野毛の街でお楽しみいただきたいと思います。
 そんな雰囲気で最終的には「ムービースター」にやってきました。事故米騒動で苦戦中の薩摩芋焼酎「鉄幹」をかなり濃い目で1杯頂くことになります。確かに旨いですけれども、ぐんぐんと効いてくるわけです。
[PR]
by hoppys | 2008-09-18 23:49 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「ホッピー仙人」7周年

 多少空腹でもあったおれは、野毛小路の「トモ」にやってきたわけですが、暫し予想外に店番をすることになり、ちくわ揚げや宮崎のきなこ豚を喰い、サワー的なものをやっつけておりました。調子に乗って、トマトサワーも注文しました。こいつは、トマトを丸々ジューサーで粉砕してサワーに投入してくれているものであります。飲んでいると、トマトをつまみに焼酎を飲んでいる感じになってくるから楽しいものです。そんなうちに、ワカメ煎餅なる、いかにもトモ的なつまみも出てきたりします。
 そういった感じを持続したまま、「ホッピー仙人」にやってまいりました。いつの間にか、この「ホッピー仙人」も7年を迎えたというから大したものです。というわけで、おれも初心に戻り、瓶をやっつけたりしてるうち、時間が過ぎていきます。あんまり偉そうなことは言いたくありませんが、昔は今みたいに混んでいなくて、仙人と2、3時間サシなんてこともありました。まあそういうわけで、とりとめもないうち、最後には「THANK YOU」に登場、軽くビールなんか飲んで、今日はおしまいにしときます。
[PR]
by hoppys | 2008-09-17 23:43 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22374817.jpg

 開幕した横浜トリエンナーレ2008 "TIME CLEVASSE" にさっそく行ってまいりました。メイン会場は、新港埠頭地区突端の「新港ピア」、赤レンガ倉庫1号館それに日本郵船海岸通倉庫の3か所になります。
 まずは新港ピア会場、ワールドポータースの先サークル状になった歩道橋の向こう側になります。ちょうど「飛鳥Ⅱ」の巨大な船体が大桟橋に停泊していて、このあたり、一種異様な雰囲気になっています。かなり大きな特設会場内に入ると、えーいきなりなんだか判りません、というかやっているのかやっていないのかすら判りません。解釈に時間がかかる映像作品が比較的多いのと、前回のような見るからにエキセントリックなものや、スケールの大きいもの、とにかく見た目楽しめる風の作品がほとんどないので、今回はかなり手強い感じであります。パフォーマンス系が多いとも聞いているので、それをやっていないときはなおさらかも知れません。ひと通り見たところで、おれの頭の中がクレヴァスになってまいりました。
 こうなれば、こっちもトリップしてやろうと、突き当ったところにある特設カフェでビールを1杯やってから再び巡りました。この程度ではまあ相変わらずであります。続いて赤レンガ会場に向かいました。おりしもブラジル絡みのイヴェントも開催されていて大盛況であります。ただ、ここも映像系が多かったので早めに通過し、最後に日本郵船海岸倉庫会場に向かいました。個人的には、この会場の作品群にインパクトを感じました。少しずつ自らの衣装をカットされるというオノ・ヨーコ氏の作品もここにあります。ちょっとブラッド系グロの作品もあって、入口に注意書きがあります。表現の自由はあるけど、おれはこーゆー類は遠慮です。
[PR]
by hoppys | 2008-09-15 22:50 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

横浜松坂屋を惜しむ

a0038663_21363380.jpg

 惜しくも10月に閉店する野沢屋-横浜松坂屋ですが、今日はいつもの飲み仲間が最上階のお好み食堂に集結しました。夕方から一杯やりましょうという感じであります。
 クラシカルな時計型表示板が楽しいエレベーターに乗り、久々に訪れた7階屋上の食堂は、リニューアルされていて、昔よりぐっと明るく高級な感じになっておりました。本来一杯やるところではないので、あまりつまみ的なものはありませんでしたが、大ジョッキやら清酒やらと枝豆や定食なんぞ注文し、しばし飲み喰い致しました。隣接の屋上ではFMヨコハマ主催による路上系ミュージシャンのライヴも行われていました。新施設も、彼らのようなミュージシャンが活躍できるような場所であってほしいものです。
 続いて、近くの立ち飲み「鞍馬」にやってきました。1か月前から入ったというホッピーに気をひかれましたが、先が長そうなので早くもウコン割りにしておきました。野毛に移動して、立ち飲み「〇豊」で、飲兵衛ラリーのパスポートを見せてもらいました。続いて「ホッピー仙人」では、どうやらラリーの参加者らしいひとたちが次々に現れます。すぐさま満員になっているので、今日は新規のお客さんが多く入れるよう1杯で引き揚げ、なぜか日の出町駅裏あたりにある「屯(たむろ)茶屋」なるしゃれた感じの店にやってきました。いわゆる隠れ家風の店で、若い人が多く、ロフト風2階もあったりします。
 ここで麦焼酎とか飲んでからいったん日の出町の「かめや」に移動、ホッピーを1杯飲んでから諸事情あって「屯茶屋」に舞い戻ります。またもウコン割をどんどん注文して数人で適当に分け飲み、ついでにもう1軒行って終了でございます。
[PR]
by hoppys | 2008-09-13 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)