びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

黄金町を卒業

a0038663_1957042.jpg

 この前から告知しておりますが、黄金町で営業していたたこ焼きとカレーのあるバー「tacobe」が、野毛小路に移転します。それに伴い、いよいよ黄金町の店は本日最終営業となりました。20時過ぎに登場すると、「今日は来てくれると思いました」と迎えてくれました。こういった日なので、近くのお店の人も含め、お客さんが次々にやってきて2階も埋まり、カウンターにはカレーやたこ焼きも賑やかに並びます。おれもそんな中で、ビールを飲んだり角を飲んだりまたまたビールにしたりと、いろいろやっておりましたが、そのうち、一人二人と帰っていき、気がつくとお客はおれひとりになりました。この場所での最後のお客となったわけで、これも何かのご縁でしょう。0時が近づき、おれが挨拶をして帰ると、店の看板が消灯しました。ちょっとだけ寂しい黄金町の夜なのでした。
[PR]
by hoppys | 2009-06-28 23:59 | 黄金町でハッスル | Comments(2)

暑い日こそ昼から飲む

 もう真夏という強烈な日差しになりましたが、こういうときにはあえてオープンで飲もうということで、関内の「かのや酒店」にやってまいりました。夕方になると、おぢさんたちで大賑わいのこの店も、太陽が真上にある時間ではまだお客もまばら、牧歌的な感じであります。店も、おばちゃんひとりがやっています。
 そんな店内でしたが、ここは表のテーブルで飲むことにしました。スーパードライの大瓶を貰い、イサキの刺身や煮込みなんかをつまみます。目の前の車道を通りかかった車がいったん止まり、家族連れがちょっと驚いたような顔をしてこちらを見たりします。羨ましいだろうが、飲酒運転は厳禁だぜ。
 ビールやつまみは、テーブルの影の部分に置いていましたが、時間の経過とともにだんだん影の部分が少なくなってまいります。ちょうど限界っつうところで、「かのや酒店」を出て、桜木町駅前ぴおしてぃ地下の「第三酒寮 キンパイ」に移動しました。あまり暑いんで、地下の涼しいところでひとやすみという腹であります。またも瓶ビール、黒ラベルをもらって、表のビールケースの上で飲むことになります。
 地上に上がって野毛小路に達しましたが、まだギンギンに明るい15時であります。「ff」に入って一杯やることにしました。ここまで3軒立ち飲みですが、あまり気にせず酎ハイを2杯それに玉子やシイタケを焼いてもらいます。
 だんだん混み合い始めた「ff」を出て、「がま親分」に到着しました。今日は一番乗りであります。カウンターで、ホッピーを飲み、個人用の七輪でもってタン、カルビ、センマイなんかを焼いて喰います。なんだかんだ言っても焼いて喰うのはうまくて幸せになるものです。
 だんだん酔っ払ってきたところで、開店直後の「ホッピー仙人」に乱入しました。が、早くも馴染みの連中で満席状態になっておりました。またも立ち飲みになりますが、泥酔セットのハードホッピーに取り組む面々を眺めつつ、まずは樽の黒、続いてその黒と瓶の白によるハーフ&ハーフを作ってもらうのでした。
[PR]
by hoppys | 2009-06-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 都橋商店街の「〇豊」で、生ビールを1杯飲み、早々に黄金町へとやってまいりました。夜も更け、黒ぐろとした大岡川の流れに、ここだけ明るいkoganecho-riversideであります。路で、若干大声を出しているおっさんもいたようですが、とりあえずそんな輩はおいといて、「JOINT」で生ビールを頂きます。週末らしく2階や表の川沿いで飲んでいるお客さんもいます。続いて、並びの「tacobe」に移動、今日も角を飲み始めることになりました。居心地よく、つい居ついていしまいますが、ここにきて2杯はいささか飲み過ぎやも知れません。そうそう、野毛小路の新店舗ですが、本日看板があがったそうです。おなじみ「よりみち」の左隣になります。開店は8月とのことであります。
[PR]
by hoppys | 2009-06-26 23:58 | 黄金町でハッスル | Comments(0)

ホッピーには早過ぎる

 昼に冷やし中華を喰ったのを忘れて、中国ラーメン「楊」に入ってしまいました。が、特に気にすることもなく肉野菜炒めの定食を注文、それにグラスビールも貰うことにしました。こういった定食とか喰いながらビールを飲むと、つい必要以上に膨満感となってしまうので、このくらいのビールがちょうどよいのです。肉野菜炒めもなかなか美味、十分喰らってから残りのビールをぐっとひっかけるのでした。
 にもかかわらず、続いて立ち寄った「〇豊」でも、生ビールを頂いてしまうのです。暑くて蒸し蒸しした初夏の夕方にはビールが向いています。
[PR]
by hoppys | 2009-06-24 21:26 | 野毛でハッスル | Comments(0)

リバーサイドな夕方

a0038663_2339454.jpg

 じめじめとした雨がやみかけた日曜の夕方、大岡川沿いの「tacobe」へやってきました。まだ外は明るいので、扉もオープンにしてあります。コーヒーもあるんですが、ハイネケンやらバドワイザーを気分よくどしどし飲み始め、ちょっと空腹だったので名物のたこ焼きも頂きました。今回は店公認の画像となっております。結局ビールを3杯飲んでしまい、酔っぱらってきたところで18時、並びの「JOINT」に移動しました。ここもなんつーか、なんでもありっつーか、外も店内も一体、開放感いっぱいみたいなムードになっていて、半ばビヤガーデン感覚で生ビールを飲み始めるのでした。そうは言っても、客はまだおれひとりなのです。
[PR]
by hoppys | 2009-06-21 23:59 | 黄金町でハッスル | Comments(0)

入口は日ノ出町駅

大船で宴会的なやつを一本済ませたおれは機嫌のよいところで日ノ出町駅を降り、「THANK YOU」に入りました。かなり出来上がってはいましたが、構わずアーリータイムスやオレンジラムを飲み続けました。すると、いつの間にかレディースバーになっているから素敵です。たまにはこんなこともあるんですなあ。
 続いてもう一軒、「喫茶みなと」に立ち寄りました。魅力的なトリスのほうを見ないようにしていたら、ジェムソンが目に入ったのでこれを一杯いただくことにしました。そういえば、この酒を教えてくれたのもあいつだったなあ。
[PR]
by hoppys | 2009-06-19 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)

野毛はおれたちの味方

 まあ、たいていお客もいなくて静かな感じの「THANK YOU」ですが、そこがまた得難い気分のときもあるわけです。というわけで、今晩はゆっくりと落ち着いて角を3杯頂きました。本当に有り難い。続いて「〇豊」で生ビール、今日は、夏にちなんで一部ジョッキをフローズンしてみたとのことなのですが、これがまたキマった感じです。
[PR]
by hoppys | 2009-06-19 00:06 | 野毛でハッスル | Comments(0)

野毛に涙の雷雨

 野毛の飲食店で働いていた、おれの友人でもあるA君が急逝しました。
 彼を偲んで、縁のあった店に皆が集まりました。いつでも、誰にでも、人懐こい笑顔を向けてくれる男でした。おれもずいぶんよくしてもらいました。
 不本意ではありますが、彼の冥福を祈ります。ですが、いつも財布に入っていた、彼の店のスタンプカードは、どうしても抜き取ったり捨てたりする気になりません。
[PR]
by hoppys | 2009-06-16 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

黄金町の夜

 黄金町駅の近くにある「マイノリティコーヒー」が最近23時までの営業になりました。横浜ビールやハイネケンなんかもありますが、一応は豆売り挽き売りもやるコーヒー専門店です。隣の「JOINT」も24時超営業となり、深夜時間にシフト気味の黄金町界隈なのであります。
 というわけで、昼間は「マイノリティコーヒー」でゆっくりとコーヒータイムを過ごしたりしたものの、やはり夜になると「tacobe」にやってきて角を飲み始めました。「tacobe」、いよいよ野毛小路に移転が決まったとのことです。そんなわけで、今日はご夫妻とゆっくり、野毛の話や黄金町あたりの話を楽しみました。気がつくと時間も経過し、角も3杯になっています。「マイノリティコーヒー」や「JOINT」よりさらに狭い、元「ちょんの間」の雰囲気を味わえるのも今月いっぱいになります。金土日曜日のみの営業なのでご注意。
[PR]
by hoppys | 2009-06-14 23:59 | 黄金町でハッスル | Comments(2)

角瓶、野毛を席巻中

a0038663_14583995.jpg

 今日は、野毛小路の野毛本通り側の角にある「Kinpira Kitchen」に入りました。野毛小路側も本通り側も開放になっていて気分のいい感じであります。フードは、ちょっと凝ったものが多くて若干いい値段になりますが、ドリンクは普通の価格になっています。言うまでもありませんが、これは野毛標準の話ですから注意してください。
 そんなわけで、ガーリックトーストやシーザーサラダを貰い、生ビールを1杯頂きましたが、目の前に貼られた柳原良平画伯の描くハマ角のポスターを眺めるうちに、やっぱり角ハイボールを1杯いってしまいます。
 ところが、続いて入った「THANK YOU」においてもまたまた角ハイボールを飲み続けるから変な話になってまいります。土曜日なのに落ち着いた感じの店内でしたが、そのうちぞろぞろと7人ものお客が入ってきました。例の「野毛通手形ラリー」のお客さんでした。いろいろ回った最後のシメにここ「THANK YOU」にやってきたとのことで、今後もぜひ、野毛に足を運んでいただきたいところであります。ただ、次回はもう少し少人数でお回りくださいませ。
[PR]
by hoppys | 2009-06-13 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)