びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 京急の高架下、黄金町駅からやや日ノ出町よりに「試聴室その2」という、ライヴハウスというか、なんとなくバーというか、アーティスティックなひとたちの集うアトリエの横に、店のような施設があります。そこで、頻繁にライヴをやっているわけですが、今晩は遠峰あこさんがバンド爛漫社中とともにやってきました。店内は、アトリエの奥というか間に、飲食物のカウンターと申し訳程度のステージ、それにテーブルと椅子が配されているというスペースで、音楽・映画関係のポスターが飾られ、物々交換コーナーなどという若干怪しげなものもあります。
 休憩挟んで2回のライヴ、時折聞こえてくる京急電車の通過音が、緊迫感あるステージを展開するタイプのミュウジシャンにはちょっときついかもしれませんが、今夜はむしろいいムードになります。で、コロナとかウォッカトニックとか飲み、3杯めのレモンサワーが半分ほどになったところでステージ終了、すると10名ほどいたお客さんは、余韻もなくばたばたと帰り始めます。しかたなく、残り半分をとっとと飲み切って店を出ました。
 黄金町駅前の太田橋を渡り、大岡川対岸の焼き鳥「鳥末」に入りました。表からみると風情のある旧態依然の焼き鳥屋で、いつも混雑している印象があったのですが、入ってみると内装かなり新調されていて気分がいい感じです。お通しは300円ですが、イワシが出てきました。生ビールと各種焼き鳥を頂きました。
 黄金町から今日は野毛に向けて移動、「ムービースター」に入ると、かなり遅めの時間ということもあり、お客さんたちでき上がっていていい感じです。生ビールがもうなくなったので、「れんと」をゆっくり飲み、並びの「トモ」にいた久々ハッスルK氏たちと合流、そのまま「tacobe」に雪崩れ込みました。当然盛り上がったので、閉店時間の24時ちょっと過ぎまで、そのまま生ビールを飲み続けてしまい、少しばかり申し訳ないことをしてしまったのです。
[PR]
by hoppys | 2009-11-28 23:59 | 黄金町でハッスル | Comments(0)

鶴見はホッピーだらけだ

 最近、鶴見に来ると同じ店ばかりなので今日は別の店に入ってみました。東口駅前通りの「かつもと」という店ですが、やっぱり立ち飲みです。一応椅子もありましたがおれはやっぱり立ち飲みです。打ちっぱなしの内装に木製の立ち飲み用テーブルが壁際にあります。ホッピー450円を注文、若めの女性ふたりがやっていました。ねぎまと手羽先それにハムカツを貰い、焼酎ナカ200円を追加しました。場所柄、常連のおじさんが多いようですが、つまみは、割と飲み屋っぽくないノーマルな料理になっていました。
 で、やっぱり2軒目は東口ロータリーの立ち飲み「大門」となります。またもホッピーを飲み、タンハツコブクロトリ皮キャベツと焼き鳥メニュウを次々に注文しました。焼酎ナカを頼むと、明らかに1杯めのセットより大量に入っていましたが、こんなふうにアバウトなところがこの店の良いところ、臭めのコブクロは濃いホッピーによく合います。かなり喰って、ホッピー&焼酎倍を2杯なんでそこそこ酔っ払いましたが、会計は2軒で2,500円程度なのでありました。
[PR]
by hoppys | 2009-11-26 22:26 | 鶴見でハッスル | Comments(0)
 今日は、1軒目めから「ホッピー仙人」であります。ホッピーというやつ、アルコール分は焼酎ですからある程度飲み込んでからイッテも旨いし、ビールテイストでもあるんで、こうやっていきなり飲んでもまた旨いわけです。白樽とか白樽&黒瓶のハーフ&ハーフなどを飲んでおりますと、黒瓶にジンをセレクトするお客さんがいました。そういえば、ホッピー飲み始めの頃はいろいろ変わり種の飲み方にもチャレンジしたものですが、最近はすっかり面倒になって、普通に焼酎で飲むばかりなのです。
 ホッピー3杯飲んだところで、美味いものでも喰おうということになりました。今日は珍しく4名様の団体行動だったので、「けんちゃん」に行くことになりました。いつも繁盛している店ですが、運よく1テーブルが空いたところでありまして、いつものスープ餃子やら馬刺しやらに加え、カキフライやジャンボなコロッケも頂きます。コロッケは4人で割っても十分な大きさであります。で、なに喰っても、酒は延々と麦焼酎の「中々」なのでした。
[PR]
by hoppys | 2009-11-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)

サントリーの思うツボ

a0038663_23555064.jpg

 夕方、ちょっと早めに開店した「tacobe」にやってきました。今日は、月曜日で祝日とあって、閉まっている店が多いようです。生ビールを飲み、肉やハムなんかのフライを喰していると、今年も角まつりをやっていると教えてもらいました。今回は、角ハイボール1杯ごとに1回スクラッチ的なくじに挑戦、見事当てるとタオルだかてぬぐいだかが貰えるというシステムであります。そうなりゃ、黙ってはおれず、早速角ハイボールを飲み始めます。が、当然そう簡単には当たりません。なんでも昨晩も大勢のお客さんがどしどし挑戦したものの、結局1回しか当たらなかったとのことであります。しかし、そういうことならば今夜は当たる確率が大きいというもの、そこでさらに挑戦を続けますが、一向に当たりません。後から来たお客さんふたりも、負けじと角に切り替えましたがなおも当たりません。まあ、そのてぬぐいだかタオルだかがそんなにほしいかというと、決してそんなことはありませんが、そこはそれ、意地です、やけくそです。そんなで、結局おれは5杯いや5敗、ほかのお客さんもトータルで4敗となりましたが、さすがにこのへんで終了にします。
 で、祝日なのにやっている有難い「ホッピー仙人」に移動します。早速ホッピーを飲み始めましたが、ちょっと角飲み過ぎで眠気に襲われたりするのですが、とにかく1杯いただいておくのでした。
[PR]
by hoppys | 2009-11-24 00:06 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 日の出町駅から「すずな」にやってまいりました。久しぶりに肉豆腐をいただくことにしました。今日は3人いたので増量してもらいましたが、ひとり鍋もやってもらえるわけです。卵とじが美味なのです。それに本当にぷりっっとしたエビ餃子、外側は焼きあがっていて中は半生の焼きたらこ、さつま揚げといった面々をいただきました。酒は生ビール、緑茶ハイさらには黒霧島をロックで貰います。
 続いて、野毛小路まで歩き、なにやらパーティ中の「キンピラキッチン」前を通過して「tacobe」に入りました。今晩は週末土曜日なのにママさんが都合によりお休みとのことで、マスターがひとりで奮闘しています。初めて座った奥のテーブル席で、ビーフージャーキーを貰いつつ、生ビールを2杯飲んでしまいます。
 で、またも宮川町方面に戻り、「THANK YOU」に移動しました。ここでまたも黒霧島を飲み、さらにオレンジ的な酒を喰らい、今晩も長時間居座るのでありました。
[PR]
by hoppys | 2009-11-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_231212.jpg

 最近、なぜか話題になっている「富士そば」ですが、イセザキモール入口にある店舗をよく利用します。そば屋なのになぜか、おれはラーメン400円を好んで食します。シンプルというかチープというか、まあそんな感じのすっきりしたちょっとカップ麺っぽくもある味わいのラーメンでありましてラーメン通のみなさんには決してオススメ致しかねる代物でございます。
 で、その「富士そば」を出て野毛に向かおうとした路地に立ち飲み「鞍馬」があるのに気付き、外階段を3階まで上がって「鞍馬」に入りました。温かい焼酎のお湯割り、それにタタミイワシをいただき、山荘風の店内で相撲やニュウスを見ながら温まります。
 そのまま吉田町の裏通りを通って都橋を渡り、都橋商店街の「〇豊」にやってきました。店内暖かかくて有難い限りです。で、贅沢に冷たいウーロンハイを飲み、白菜の浅漬けゆず風味をつまみ、さらに白菜とトリの鍋300円も貰いました。暖かい店内で、一人用とはいえ鍋をつつき、酒を飲み、TVを眺めていると、すっかり家の中でくつろいでいるような気分になってまいりました。もっとも、店サイドとしては「狙いどおり」とのことですが、まあこういうことなら喜んで術中にはまろうというものです。そんなこんなで、何杯ウーロンハイを飲んだかもはやカウントもできない感じで、確か21時過ぎにようやく店を出ました。
 さらに「THANK YOU]に登場すると、ここも妙な店で混雑しているときは大変賑わっている一方、誰も来ないときは本当に誰も来ないのです。おれ的には、繁盛しているなら大いに結構、すいていたらすいていたでゆっくりできるのでどちらでもいいわけです。ここでも焼酎のお湯割りから貰い、客が少ないのをいいことにここでもすっかり寛ぎ、BGMまでリクエストで選んでもらい、クラプトンからクイーン、ポリスも聴いたような気もしますが、飲み続けるうちにストーンズまで流してもらう感じになります。
[PR]
by hoppys | 2009-11-19 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ホッピーは冷たく飲もう

 それでも今日なんかはそれほど寒くはなかったので、野毛小路の「よりみち」へ立ち飲みにやってきたわけです。魚肉ソーセージの大きめのやつ100円をかじりつつ、冷たいちょっとフローズン気味のホッピーを飲み始めました。焼酎の量は、ちょうどホッピーひと瓶投入するとちょうどいい量になっておりました。400円ホッピーにしてはなかなかの美味さであります。
 続いて、「ホッピー仙人」に移動、当然ながらやっぱりホッピーを飲み始めました。樽の白であります。今日はちょっと懐かしい話でなかなか盛り上がりましたけれども、軽く早めに1杯で切り上げ、合計千円となりました。
[PR]
by hoppys | 2009-11-18 21:37 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 そうは言っても、すっかり陽の短くなってきたこの頃、もう西日になっているのですが、とにかくまだ明るいうちからイセザキ4丁目の「和来(わらい)」新店舗に突入しました。今日は暖かいので、表で飲んでるひとたちもいらします。
 新「和来」は、奥行きはほぼ以前どおり、幅がぐんと広がって「吉野家」みたいなコの字型カウンターと、1列の座敷スペースができています。日曜のこの時間でも、そこそこお客さんが入っていて、旧店舗ならほぼ満員といった風情になるようです。
 ホッピー(セット)を注文、氷のあるなしを問われるとつい「なし」と答えてしまいますが、それだと、ちょうどスーパードライの中ジョッキに焼酎が半分、氷入りで焼酎ナカをもう1杯貰って飲むにちょうどいい感じになるのですが、これはやっぱり仕方ない。
 で、結局おれはセット2杯飲んだのですが、後から来たお客さんが、ホッピー白黒と注文しました。あっっその手があったか。つまり、どうせ焼酎とホッピーを別々に頼むのだから、白黒いっておけばホッピーのハーフ&ハーフがひとりで楽しめるというわけです。もっとも、焼酎は4杯分イクことになります。
[PR]
by hoppys | 2009-11-15 17:22 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
 雨も降り、急に寒くなってきた横浜の夜でありますが、野毛小路の「トモ」に入ると、意外に暖かかったので普通に生ビールを飲み始めました。ごぼうスティックとかホウレンソウの和えものとか、妙に野菜っぽいものを頂いております。最近雑誌に掲載されたとのことで、、どんどん混み合ってまいりましたが、お店から頂いたわさび漬けでレモンサワーをもう2杯飲んで終了となりました。
 店を出るとやっぱり寒いわけで、次は「〇豊」になります。またも生ビールを飲むことにしましたが、さすがに今晩は暖かいつまみばかりが出ているとのことです。
 次は階上の「ホッピー仙人」に入りました。金曜日ですが、この雨と寒さで比較的すいています。しかしまあ、冬になって寒さに慣れてきたらこんな夜でもみんな飲みに来ることでしょう。樽の黒ホッピーを2杯飲んで、並びの「はる美」に登場しました。オリオンビールを飲んでしばしゆっくりした後、シメに「THANK YOU」に現われましたが、飲んだのはたぶん角のハイボールだったような気がします。
[PR]
by hoppys | 2009-11-13 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

関内の新すぃ立ち飲み

a0038663_2225299.jpg

 最近、関内周辺で立ち飲み屋さんが続々新規オープンしています。というわけで、今晩は気になる店を回ってみることにしました。まずは、関内駅前「セルテ」の裏手にある「焼鳥平助」にやってきました。店員さんに聞いてみると、先月末オープン、やっぱり鶴屋町にある同名店の2号店とのことであります。この店は焼鳥についてくる味噌が美味いので、塩で戴くことにします。早い時間だと安いビールを飲み、さらにホッピーを貰いました。ホッピーは、ナカを貰えば2杯程度飲める感じでしたが、次があるんで1杯にしておきました。
 続いて、今度は常盤町3丁目あたりにできた「立半(たてはん)」なる店にやってきました。こちらも立ち飲みです。ホッピー200円を注文、焼酎はどうするかというと、なんと自販機なのであります。1杯100円で、ホッピー用は50ml、他は30mlとのことですが、ホッピーはちょうど1本で2杯飲める量になっていました。なんでも、そもそもは沖縄の泡盛用試飲用に作ってみた機械で、全国で5台しかないとのことであります。脱サラした店長が経営する店なので、なるべく安くしてサラリィマンの人に愛用してもらいたいと、店員さんが言っていました。そのせいか、開店1か月たたずしてなかなかの繁盛ぶりです。
[PR]
by hoppys | 2009-11-11 22:38 | 関内でハッスル | Comments(0)