びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

年末ホッピー飲み比べ

 いよいよ年末というところで、関内あたりの居酒屋は満席であります。幸い、立ち飲みはそうでもなく、セルテ裏の「焼鳥平助」に収まって1杯始めました。今夜もやっぱりホッピーであります。瓶に入れないよう、記載があったので、最初からマドラー要りませんと言って注文しました。どうせかきまぜるわけではないし。ここは、焼鳥やキャベツについてくる味噌が意外に美味くて、それだけでも十分飲めます。結局、ホッピー2瓶、焼酎4杯分を飲んで終了しました。
 連日飲んでいるせいで早くも酔っ払ってきたのですが、引き続きベテランふたりを連れて都橋商店街にやってきました。目指すは「ホッピー仙人」であります。都橋、ホッピーともに懐かしいという赴きなのですが、さすがにこっちのホッピーは断然美味くて、ベテラン勢も感心することしきりなのであります。
[PR]
by hoppys | 2009-12-28 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

長者町で遊ぼう

a0038663_22255818.jpg

 まあだいぶ2009年も押し詰まってまいりましたが、今日はとりあえず長者町に繰り出します。まだ15時過ぎっつうこともありまして、大衆酒場「ちどりあし」で一杯始めました。ここは、通り沿い、かに道楽にへばりついている感じの平屋建ての建物ですが、とにかくホッピーや焼鳥やらを飲み食いできるのでした。続いて、時間があったので「もつ肉店」にまで徒歩で移動しました。ここでも濃い目のホッピーを2杯飲んだりしまして、焼鳥系を喰うことにしました。確かに肉が厚くて濃い感じなのです。レバーも新鮮で弾力性がありまして、それだけのことはあります。
 満腹後、バスで長者町に舞い戻り、いよいよ「FRYDAY」で遠峰あこ&浪漫社中のライヴがスタートしました。本日あこさんは、ドラムスも入った完全バンド編成、民謡のベースラインもすっかりロックアレンジで大盛り上がりになります。さらに、もう1つの出演バンド「think」も、内外のヒットナンバーを続けざまに演奏、固定ファンのみならず、おれたちあこさん派のオーディエンスも相当量盛り上がりました。価格のこともあって、調子に乗って飲み続けるのもまずかろうと、コロナから角水割りに切り替えてペースは落とし気味の感じだったのですが、結局はかなり飲んでしまいます。しかし、当然25万円かかったりはしないのです。
[PR]
by hoppys | 2009-12-27 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

野毛でメリイクリスマス

 結局クリスマスいヴも飲み倒すばかりのおれだったわけですが、今晩も「〇豊」でずばずば飲み始めます。ちょうど交換したばかりの生ビールを3杯さらにウーロンハイを飲み続けました。この世知辛い世の中、お店の買い出し中のヨーコママが某商店街で買ったばかりの食材を置き引きされたそうです。くそうなんてことでしょう。まったく勘弁ならぬことで、一日も早く、犯人が検挙されることを望みます。
 で、次は「ホッピー仙人」、いよいよサーバーが出揃いまして、ひとりハーフ&ハーフシカモ樽を飲むことができました。いやあ、設備的になかなかこれを飲むことはできないでしょう。と、感心していましたが、そのうち樽がカラになり、続けられなくなりましたから、希少価値は持続いたしております。
 3軒目には「ムービースター」に登場、誕生日会に乱入したカタチになり、「れんと」をなぜかロックで飲みつつ、ケーキやトリ唐揚げを片づけていくわけですが、えー最終的なこの店の片づけ、俗に言う在庫一掃は31日だそうです。若干怖いぞ。
[PR]
by hoppys | 2009-12-25 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 明日は休日のせいか、野毛の街はサラリーマン諸氏で大いに賑わっております。そんな中「ホッピー仙人」に登場、樽がまだ冷えていなかったとのことで、まずは瓶で飲み、そのうち冷えてきたので樽と、普段と逆の順番で飲むことになりました。続いて、マンデースナック火曜日ver.に到着、暖かいウーロンハイからはじめ、2杯目からは冷たいのに切り替えてがんがん飲み始めました。なぜか、顔見知りの人がおれに気づかなかったり、あのトナカイとか呼ばれたりしますが、あまり気にせずさらに飲み続けました。
 お客さんが増えてきたところで撤収、野毛小路を歩いていくと、「ホッピー仙人」で一緒にいた連中が向こうからやってきたので、すぐそこの店すなわち「よりみち」にそのまま入ってしまいました。またもホッピーを飲んで、次に「バジル」に登場、しばらく飲んだのち、「THANK YOU」に向かったあたりから消息がよくわからないのであります。
[PR]
by hoppys | 2009-12-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

弘明寺で忘年会

 今日は忘年会でもやろうということで、集合は弘明寺であります。元気な弘明寺商店街から少々横に入ったところ、まずは「越前屋田中酒店」で角打ちとなりました。年季の入った酒屋さんらしい堂々たるたたずまいの建築物ですが、角打ちは文字通り隅の小さい入口から入ります。年末の土曜日、なかなか盛況でいい感じのおぢさんたちが集っています。ウマで数万円儲けたという景気のいい先輩もいました。飲み始めだし、とりあえず暖まろうと、陶陶酒を量り売りしてもらいます。ご主人、なみなみと注いでくれるので、こちらから口をつけに行かないと、グラスを持ち上げることができません。
 さらに混み合ってきたので、早々に「カメヤマ」へと移動しました。ここは夜はかなりしっかりしたバー的営業になるようですが、昼間は角打ち的値段で飲むことができます。椅子もあります。デンキブランをやっぱり量り売りしてもらいましたが、ここもやっぱりなみなみなのでした。
 3軒目はなにやら新しい立ち飲み「庶民酒場麦ばたけ」に入りました。店員の中国人のお姉さんがサンタクロースの格好をして元気よく、接客してくれます。ここでようやくホッピーを貰いました。当然、焼酎を貰って2杯、2杯めの焼酎が若干多めになってうれしい感じです。
 このあたりで何か喰おうと、珍しく寿司屋に入りました。鎌倉街道沿いの「いなせ」という店であります。軽く日本酒を飲んで、にぎりなんか喰ったりします。
 だいぶ気分がよくなったところで、京急に乗り込み、日ノ出町駅から「ホッピー仙人」に向かい、そのまま開店となりました。引き続きホッピーをどしどし飲み始めるわけですが、しばらくすると樽がカラになり、さすがに土曜日、瓶も白黒すべてなくなるという売上げとなりました。
 最終的には、「THANK YOU」にやってきましたが、ここにはちょうどダメンズが勢ぞろい、やっぱり年末ですなあ。
[PR]
by hoppys | 2009-12-19 23:59 | 弘明寺でハッスル | Comments(0)
a0038663_120220.jpg

 関内の「焼鳥平助」にやってきました。忘年会シーズンの金曜日ですが、なかなか盛況であります。焼鳥やエイヒレを注文し、ホッピーを貰いました。ジョッキに半分ほどのホッピーを注ぎ、マドラーを瓶に突っ込むと、なにやら瓶に書いてあるのに気付きました。なるほど、マドラーを入れてはいけないのか、まあマドラー程度ならともかく、焼鳥の串とか入れられてはかないませんなあ。
 焼酎ナカを貰って飲んでから、野毛へと向かうことにしましたが、それにしても寒い、極寒であります。ようやく都橋商店街の「〇豊」に到着、暖かい店内で冷たいウーロンハイを飲み始めました。2杯ほど飲んでから「ホッピー仙人」に移動、一番奥の席でのんびり飲みつつ、先日はよく撮れなかった新装備を撮り直したりして、最終的には「はる美」にやってきました。久しぶりにラリーのお客さんもいたりして、ここでオリオンビールとか飲んでいると、時刻はいつのまにやら24時になろうとしているのでした。
[PR]
by hoppys | 2009-12-18 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_11574332.jpg

 かねてから聞いてはおりましたが、〇〇万円を投入した「ホッピー仙人」の大改修工事が完了したとのことで、いよいよ繰り出すことにしました。それならすぐに行けばいいのに、まずは関内大通り近くの立ち飲み「いっとん」に登場しました。最終的にホッピーを飲むんだからほかの酒にすればいいのに、やっぱりホッピーを飲み始めました。すぐ横の壁には、ホッピービバレッジが作ったホッピーシールが貼ってありまして、「氷はイレナイデ」というのですが、思い切り氷が入っています。まあいいだろう。
 よく見るとこの店は若干沖縄臭がありまして、幻のアグー豚なんかを喰ったりします。幻の生き物だったら普通は尊重してもらえるところ、あっさり喰われてしまうあたりが豚の悲しさでございます。オリオンビールも置いてあるようですが、普通のビールはキリンだったりします。
 焼酎ナカをもう1杯もらって喰らったところで、すぐに野毛に行けばいいのに、なぜか引き続き立ち飲みの「立半」にやってきました。おでんとかメニュウも増えており、セルフなところとそうでないところの境界が若干複雑になってきた感じありますが、どうせみんな酔っ払いなんでまあよいでしょう。またもホッピーを頂きます。ここは自動販売機で焼酎を購入するシステムでありまして(100円)、やっぱり1瓶で2杯飲める分入るわけですが、さっきの店に比べて美味い感じします。で、カウンターにキンミヤのボトルが置いてありまして、これは自販機とは別に60cc200円で飲めるそうです。
 当然のように「立半」でももう1杯焼酎ナカを貰い、ようやく野毛の「ホッピー仙人」に向かいました。カウンターからサーバー直結のホッピー蛇口が2本延びております。ちょっとしたおしゃれなバー的雰囲気になっています。ついでに、ぼろぼろに朽ち始めていた椅子も新装されていますからぜひ注目されたい。そんなところで、今日は黒を2杯貰いまして、ホッピーづくめのまま本日は終了となりました。
[PR]
by hoppys | 2009-12-15 23:40 | 野毛でハッスル | Comments(0)

師走はひとりでも忘年会

 せっかくの金曜というのに雨降りとなりましたが、それでも飲みに繰り出しました。野毛小路の「よりみち」でホッピーを飲むことにしました。以前は、ジョッキに適当な感じで焼酎が入ってましたが、気がつくとしっかりホッピージョッキの星ひとつのところに収まっています。焼酎量が減ったというより、美味く飲めるようになったと言うべきところでしょう。つまみはニンニク味噌で喰うキャベツ100円であります。
 続いて、奥の「tacobe」に移動しました。雨も強くなってきたんで、瞬間移動になるわけです。生ビールをトクトクと飲み続け、「最近銀座の高級バーも不景気の影響で高いボトルが入らなくなり一番安い『山崎』ばかり出ているらしい」という話になりました。しかし、その「山崎」、かつて憧れたサントリーローヤルの倍以上の値段と聞き、こうなりゃ割り勘の忘年会ではぜひ「山崎」を飲んじまえと決意するに至りました。そんなことを言っているのに、続いてやっぱり角を飲み始めることになるのでした。
 若干雨が弱まったのか、酔っ払って判らなくなったのか、とにかくあまり苦労もない感じで「THANK YOU」に移動、引き続き角を飲むことにしました。だいぶ夜も更けてまいりましたが、金曜らしくお客さんが増えてきて、楽しくなるとなかんか帰れないものであります。
[PR]
by hoppys | 2009-12-11 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「すずな」早くも一周年

 野毛っつうか、かなり日ノ出町寄りの「すずな」が、めでたく一周年を迎えました。今晩は、カウンター大皿バイキング的喰べ放題になっております。美味なおでん、ハムカツ、トリ、お新香、切干大根さらにカニタマなんぞを喰いまくったうえ、アサシの生ビールや芋焼酎「さつま司」をばしばし飲みまくりました。今日はいろいろなひとが来てくれたと、おばちゃんは喜んでくれましたが、こちらサイドとしてもちょっとだけあったことのあるお客さんや初めて会ったお客さんとも楽しく大暴れすることができ、結局5時間の長滞在となったわけなんであります。
 美味しく飲める「すずな」の末長い繁盛を期待するばかりです。
[PR]
by hoppys | 2009-12-10 23:47 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 今夜も寒いんで「バジル」から始めました。目当てはホットサングリアであります。今日のはイチゴだったのですが、暖かくて助かります。さらにトマト的パスタを頼みますと、野菜と子羊肉が入ったトマトソースパスタを出してくれました。もうクリスマスだなあとか、そんな気分もしねえなとか、ツリーをセッティングしている傍らで適当に喋り、まあそんな感じで、結局サングリアをさらに2杯ほど喰らわせていただきました。
 続いて現れたのは「〇豊」でございます。ヒレ酒から始めました。さらに、タラのホイル焼きを1シーズン振りに頂きます。そのうち、すっかり盛り上がり始め、ウーロンハイを飲み、ちょっとこれはやばいぞとウコンハイに切り替えましたが、結局これを3杯くらい喰らってはしかたありません。店内は、キソニクマソケツゴムの話から発展し、各世代の酔っ払いどもによるウルトラマソや反面ライダーさらにガソダムといった男の子トークが炸裂し続けました。こりゃあ話が判ってもあまり判らなくてもどしどし飲むしかないでしょう。
[PR]
by hoppys | 2009-12-09 23:08 | 野毛でハッスル | Comments(0)