びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

野毛優先生活6周年

 明るいうちから飲むのは実に御機嫌ではありますが、それでもあまり早過ぎると夜までもたなくなるので、微妙なところで16時くらいから飲み始めることになりました。そう言いつつも、1軒目は桜木町ぴおシティ地下の「第三酒寮 キンパイ」でありまして、せっかく太陽が出ているのに外は見えないわけです。相変わらず無計画な男といえましょう。昭和の香り漂うぴおシティの地下階には今日もおぢさんたちが集っています。瓶ビールはサッポロ黒ラベルの大瓶、ラガーじゃないのがいささか残念ですが、つまみには串カツとマグロ納豆を貰いました。なぜか、マグロ納豆は毎回スチロール製の食器で出てきます。
 17時近くになり、おぢさんたちが増えてきたところで、「キンパイ」を出て地上に上がりましたが、最近は陽も延びてまだ十分明るい感じです。先ほど店の前を通過した「バジル」にやってきました。陽気も暖かいので冷たいサングリア、今日はポンカンであります。チーズフォンデュとか喰って、もう1杯サングリアを飲んで移動になります
 3軒目は「tocobe」、ここでようやく座る感じになりまして、早くも角の水割りが入りました。チーズとか差し入れて貰ってもう1杯飲んじまいました。さらに、「ムービースター」に登場、どっかり座って生ビールを1杯2杯、さっき「バジル」で会ったお客さんがいたりして、ハシゴ酒と言いましょうか、サーキット感溢れる感じになってまいりました。
 今日は馬鹿に調子がいいようですが、おれが初めて本格的に野毛で飲んだのが、6年前の1月末、大々的に開催された第2回野毛飲兵衛ラリーだったのであります。これは、その年2004年1月31日を以って東急東横線桜木町駅が廃止になるのにひっかけて行われたものなのでした。
 と、言うわけで、「ホッピー仙人」も、その日に初めて訪れたのであります。こんなおれでも6年前はいささか緊張しつつも、気合いを入れてえいとばかりにこの扉を開けたのを覚えています。いや、そこまでは記憶がありませんが、たぶんそうだったに違いありません。6年目の今日は、時間が遅めだったせいか、土曜日なのにゆったり飲むことができました。機嫌良く喰らった2杯のホッピ-はおれの6周年をお祝いして仙人がごちそうしてくれたものです。
[PR]
by hoppys | 2010-01-30 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

タイミングは結構大事

 さて、今日はどこから始めようかと、ふらふら野毛小路に入ってまいりまして、やっぱり「ff」になりました。今日は割と暖かいので快適であります。串カツとたまごを揚げてもらい、酎ハイをくいっと頂きました。
 続いて、「狸狐亭」へとやってきます。生ビールを飲み、カウンター上にあった本日のお勧め、ぐっと柔らかくなるまで煮込んだ鳥肉を出してもらいました。美味いのでもう1杯生ビールを貰うことになります。いい調子で3軒目は「ホッピー仙人」に現れました。先ほどまで混雑していたとのことですが、ちょうどいいタイミングだったらしく、その後はゆったりと座って飲むことができました。樽の白、続いて瓶の白をいただきます。今日はまた神奈川新聞の取材が入っていましたが、どうもィヨコスカ版らしいとのことで、これだと目にする機会はないかもわかりません。
 最後に「THANK YOU」にふらりと立ち寄りますと、なにしろ本日誕生日のダメンズがいるとのことで、めでたくも運よくイチゴ別売りのショートケーキなど御相伴であります。ケーキに角ハイボールは、まあ全然だめでもないようです。
[PR]
by hoppys | 2010-01-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(2)
a0038663_2138755.jpg

 関内・桜通りの立ち飲み「コトブキヤ酒店」に向かったのですが、あまりに寒かったので、いきなり麦焼酎「泰明」のお湯割り400円を貰うことにしました。さらに熱いおでんと塩茹で落花生を注文しました。「泰明」独特の麦の香りを楽しんでいるうち、おでんが登場、いささかラインナップが異質だと思ったら、このおでんは鳥ガラスープ出汁だそうで、すっきりめの味なのでした。御覧のとおり、つくね、大根、ちくわであります。2杯目は違う銘柄の麦焼酎にしてみましたが、やっぱり「泰明」のほうがよかったようです。
 続いて、近くのたち呑み「立半」に移動しました。200円の瓶ホッピーを購入、自販機で100円の焼酎を入れて飲み始めることになります。いやあこのホッピーは豪快に不味い。しかし、1本のホッピーで2杯は飲めますから、合計500円で2杯喰らってかなり酔っ払うことができるのです。つまみにはまぐろぶつ350円に、キャベツ150円を注文、大量のキャベツには特にたれは付いておりませんが(辛味噌別売)、そのままで甘みを楽しみつつ、そのホッピーを飲み続けるのでした。
[PR]
by hoppys | 2010-01-26 21:47 | 関内でハッスル | Comments(0)

京急で動く酔っ払い

 今日は、追浜で「ホッピー戦士物語 横浜ホッピー仙人の巻」発刊記念パーティがあったので、引き続いて京急に乗って上大岡「cove」にやってきました。すでに星ふたつのホッピーを4杯ほど飲んでいるため、すっかりできあがっていますが、なおも生ビールを飲み始めました。キャベツとかつまみもいろいろと頂きまして、もう1杯飲んでしまいます。おかげでさらに酔っ払い、ドラゴンリングインごっこをしつつ、駅の反対側にある「じぃえんとるまん」に繰り出しました。またも立ち飲みであります。ここでまたホッピーになりましたが、さすがにだんだん飲むペースが落ちてまいりました。
 それでも野毛に行こうということになり、また京急に乗り込みました。このへんでとんずらしようかと思っていたわけですが、あっさり寝てしまい、日ノ出町で起こされる羽目になり、結局そのまま「tacobe」に連夜の登場となりました。今夜はおれが明らかに飲み過ぎのべろべろなのですが、それでも最後に1杯生ビールを喰らうことになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2010-01-23 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

「IBUKI」は3周年

 周年行事というのは、それがどこであれなんであれ、めでたいものですが、本日、都橋商店街2階「IBUKI」が3周年を迎えました。ということで、おれも早速、「バジル」で気合いを入れてから向かうことにしました。「バジル」ではミートフォンデュとか喰ってホットな赤サングリア、さらにホットなレモネードコアントローを飲み始めました。これがまた、いささか甘いとはいえ結局4杯喰らってしまい、図らずも上機嫌で「IBUKI」に突入することになったわけです。
 もともと「IBUKI」のせっちゃんは料理が巧いわけですが、それに加え、若干脅迫的なニュアンスも含めて周辺各店から調達してきた料理つまみがカウンター狭しと並び、さらに酒も飲み放題と来たわけで、おれもコロナや青リンゴサワーを大いに飲み尽くしました。で、飲み尽した後、「tacobe」でゆつくり飲んでいると、「バジル」や「IBUKI」でどしどし飲んでいたやつが担ぎ込まれたりしたのですが、これもまた野毛っぽくて仕方ないし、おれは嫌いではない。おれ自身、すでに10杯は飲んでいるし。
[PR]
by hoppys | 2010-01-22 23:37 | 野毛でハッスル | Comments(2)
 普段は大抵だらだら飲んでおりますけれども、あまり長居のできないときにはやっぱり立ち飲みであります。関内馬車道近くの「いっとん」に入りました。まあ1杯で切り上げようと、ナカをもう1杯イッテしまうホッピーではなく、生ビールにしました。キリンラガーですが、300円とはありがたい。つまみは生キャベツとアグー豚の焼いたやつ1串ですが、1杯飲み終わる間にキャベツを喰い終わることができず、結局もう1杯生ビールとなってしまいました。そういいつつ、もう1軒ふらふら立ち寄らんとしましたが、たまたま休みだったので、さすがに断念して本日は無事終了しました。むしろ幸運だったと言えなくもありません。
[PR]
by hoppys | 2010-01-20 21:55 | 関内でハッスル | Comments(0)
 今夜は「けんちゃん」でスタートになりました。土曜日ということで大いに繁盛していますが、運のいいことに、今回も入ることができました。生ビールを飲み、だいたい定番になりつつあるジャンボなコロッケやたこ焼き的趣のふわふわさつま揚げ、それにキャベツなんかをむしゃむしゃ頂きます。3杯目に「中々」お湯割りをぐいっと飲み、暖かい店内から表にまろび出ました。
 「ホッピー仙人」のドアを開けると、お客さんが溢れんばかりです。全く暖房の必要がありません。帰るひと来るひといましたが、最大21人くらいになったようです。冬場はみな厚着なので、余計に充満度が高く感じます。最初は樽の白、続いて瓶の白を貰い、ゆっくり飲んでいるといつの間にか閉店時間をだいぶ超過していました。
 最後に「THANK YOU」に到着、今日はゆったりしていますが、聞けば昨日は満席状態だったとのことで、商売というのはなかなか難しいものがありますなあ。そんなところで、オレンジサワーなどを飲んで終了いたしました。
[PR]
by hoppys | 2010-01-16 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

寒くても店内ではビール

 今日はまず「狸狐亭」にやってまいりました。本日のメニュウは自家製ベーコンとほうれんそうのあえもの、それにやっぱり自家製さつま揚げであります。酒飲みの好みにあう十分な味付けでありまして、店内のTVをだらだら楽しみつつ、結局生ビールを5杯程度、喰らうことになりました。
 さて、こんな感じで適度に酔っ払った後、表に出ていくとえらく寒いわけですが、覚悟を決めて、興産第一ビルを降り、野毛本通りを渡って、昨日「空から日本を見てみよう」でも取り上げられた都橋商店街に急行します。2階の「はる美」に登場、今夜は満席―(マイナス)1でありまして、おれが入ってぴったりの盛況となっています。ここまで来ると、寒さのために麦焼酎のお湯割りと致しましょう。いろいろ無駄話を繰り広げているうちに、もう1杯お湯割りを喰らい、金曜にしてはちょっと早めに終了となるわけなのでした。
[PR]
by hoppys | 2010-01-15 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ようし今日はホルモンだ

 伊勢佐木町7丁目のホルモン焼「八戒」にやってきました。西遊記からとったと思しき、秀逸なネーミングの店ですが、いつも大勢のお客と煙でもやっています。カウンターの一番奥に陣取り、生ビールと「ホルモン」を注文しました。最低600円と大衆店にしてはやや高めの値段設定ですが、なにしろ個人七輪でだしてくれるからたまりません。ホルモンは、たぶん豚小腸のようで、なかなか美味であります。さらにビールやモロキュウを喰っているうちにもどんどんお客さんが増えてきました。もうちょい焼きたくなって目に付いたのがウルメイワシ600円、注文すると大きめのが6尾出てきました。早速七輪で焼いてみると、実にいいにおいが致します。もちろん喰っても美味い。
 満足して店を出ましたが、酒飲んでるのに今日の寒さにはかないません。特に大岡川の風は冷たいものがあります。それでも、太田橋を渡って「JOINT」に突入しました。この店、旧ちょんの間用2階建ての一番隅にあって、冬は非常に冷えるとのことなのですが、表と比べれば天国であります。店の真ん中にあるストーブもいい感じです。暖かい店内で、贅沢にも冷たいビールを4杯、さらにお客さんのメキシコ土産のテキーラも頂いて、しかし、店を出るとやっぱり極寒の大岡川リヴァーサイドなのでした。
[PR]
by hoppys | 2010-01-13 23:00 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
 まあ今日は昼から一杯やってはいたのですが、夕方になって改めて飲みに繰り出しました。イセザキモールにも、成人式を終えた晴れ着の女性とか目立ったのですが、4丁目の「大衆酒場和来(わらい)」は、おぢさんたちばかりでまったくそういうの関係ありません。早速ホッピーを注文、氷あるなしを訊かれてなしと答えたのですが、氷なしにすると量のバランスが崩れることに気づいて氷ありに訂正する一幕もございました。
 祝日の夕方、この近くに同じような店がないせいか、ほとんどがおぢさんのひとり客になっています。なにより入りやすいのがよいのでしょう。なかなか繁盛しております。入口近くのTVで高校サッカーをやっていましたが、奥のメインTVはやっぱり大相撲初場所を放映しています。これは当然の処置になります。揚げ餃子とかまぐろぶつとかつくねとか喰って、焼酎ナカを貰って店を出ました。まだ18時前ですが、そのまま野毛まで移動、「〇豊」に到着しました。今日はさすがに野毛でもやっている店が少ないとのことで、みなここに集まっています。ウーロンハイを2杯貰い、つまみは揚げ餅納豆、粘り強さを取り戻したところで、今年初の「THANK YOU」に到着しました。やっぱり、ここにもいつものお客が集まっているわけですが、今日は軽めに終わろうということでジャックダニエルスとかバランタインとか飲み、早い時間帯ながら当然のように酒がまわっているわけです。
[PR]
by hoppys | 2010-01-11 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)