びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

a0038663_183415.jpg

 久しぶりに鶴見にやってきました。東口駅前の再開発工事が進捗して、通っていた店も多少移動を余儀なくされております。そんな感じでうろうろしておりますと、以前ご紹介いただいた立ち飲み「とっちゃん」に自然に到着いたしました。東口ロータリーの焼きとんの店は「とんちゃん」で、こちらは「とっちゃん」であります。ややこしいなあ。
 店頭で、客引き持ち帰り兼用の焼き台があり、店内には「今日も一日ごくろうさまです、明日もがんばりましょう」と、いかにも労働者向けな暖かいお迎えの言葉が安全第一マークとともにあります。よく見ると、立ち飲み用のテーブルも現場っぽい組み方になっております。さて、メニュウですが395円で生ビール、ホッピーセットさらにフローズンホッピー、三冷ホッピーとなっていました。とりあえずはセットでホッピーを飲み始め、焼鳥やキャベツ、蕪の浅漬けなんぞを頂きましたが、ナカの焼酎を貰った後、三冷ホッピーを試してみました。すると、セット注文時にはビールジョッキだったのにしっかりホッピージョッキで出てきました。当然ながらちゃんと店員さんがつくって持ってきてくれるわけです。「高級ホッピー」あるいは「ホッピー松」とでも称すべき威厳溢れる登場となりまして、これはなかなか気分がよろしい。店内にはキンミヤのポスターがあちこちにあるので、焼酎はキンミヤでしょう。確かに実際美味ではありますが、焼鳥なんかには実はスカ仕様ホッピーのほうが似合ったりします。安いし。
 かなり満腹になってしまったので、京急にノッテ野毛に直行することにします。で、「ホッピー仙人」に来てまたホッピーを飲んでしまうから世話はありません。いうまでもなく、こちらではホッピーを飲むのに専念致します。樽の白と黒を一杯ずつ頂くことになりました。最後に、「THANK YOU」に久々に登場、野毛は意外と木曜日がすいています。ここでゆっくりライムサワーとかそんな感じのやつを2杯、店内の画面はスターウォーズからブルース・リーへ、音響はストーンズ&キースといういささか不思議な世界になっております。


[PR]
by hoppys | 2010-07-29 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(2)

鶴屋町で終わらない

a0038663_005925.jpg
 まずは、横浜駅きた西口を下り、鶴屋橋の向こう、立ち飲み「やきとり平助」にやってきました。関内の2号店とは基本同じメニュウですが、サービスセット的なものは価格的にいささか見劣りします。っつうか、こっちのほうが立地上やはり儲かっているということなのでしょうか。で、この店ではホッピーのセット&ナカを3クール喰らいました。
 もう少し飲みたいところで、野毛に登場、まずは野毛小路のスポーツバー「SHEVA」にやってきまして生ビールを1杯、続いて階段を昇って「ムービースター」でまたしても生ビールを1杯、そういうわけで、結局は飲み過ぎになるわけです。
[PR]
by hoppys | 2010-07-28 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)
a0038663_22285333.jpg

 いよいよ、今年も酔っ払い仲間のみなさんたちと、山下公園前スターホテル屋上のビヤガーデンにやってくることができました。スタートの16時はまだ日も高く、日向はいささか暑くはありましたが、心地よい強風も吹き、絶好のビヤガーデン日和となっております。
 やはりビヤガーデンでは「大ジョッキ」と注文するのが心地よいわけでありまして、多少無理しつつも大ジョッキで飲み続けました。目の前には銀色のマリンタワー、目を移せば横浜港、そして氷川丸の姿も見えます。少しずつ暗くなっていく海もまた絶景であります。
 そんな感じで大ジョッキをたぶん3杯前後飲み終わったところで終了となり、解散というか三々五々野毛に向かって移動することになりました。我々の班は4人で徒歩により野毛を目指しましたが、途中馬車道近くの「三人百姓」でいったん休憩、休憩っつっても立ち飲みだし、さらに2~3杯喰らってしまったんでむしろ余計足元はおぼつかなくなった感じありますが、とにかく野毛入りを果たしました。ちょっと「SHEVA」に立ち寄って生ビールを飲みながらマリノスの試合を眺めた後、階段を上って「ムービースター」に達しました。猛暑の中、よく飲んでよく歩いた一日でありました。
[PR]
by hoppys | 2010-07-24 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_21312615.jpg

 本当に暑い毎日ですが、こうなりゃ今日はいよいよビヤガーデンで飲もうじゃないかと上大岡にやってきました。しかし、上大岡にせっかく来たのですから「cove」に寄らない手はありません。見事一番乗りを果たし、生ビールを2杯、枝豆をつまみながらいただきました。
 さて、下ごしらえすんだところで、ビヤガーデンに移動します。上大岡京急百貨店の11階、まあここは屋上階なので、10階のレストラン街からエスカレーターで屋上へと向かうわけですが、ここは「GREEN BOWL」という店になります。人工芝の屋上、その一部がビヤガーデンとなっているわけです。あくまで一部、一角というのが正確なところで、あまり広くはありませんが、やはり繁華街にある百貨店上のビヤガーデンというのは非常に王道感が致します。今日は団体のお客さんも入っていて、スタッフが騒がしいかもしれませんがなどと恐縮しているのですが、ビヤガーデンたるもの、多少盛り上がりが過ぎるくらいでちょうどいいわけです。いつのまにか満席となり、風も強くて涼しくなって、ますます気分がいい、そんなところでキリンの生ビールをあっという間に3杯いただきます。今年も、楽しい夏、楽しいビヤガーデンになりそうです。
[PR]
by hoppys | 2010-07-23 21:39 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

美味い店にエアコン不要

 連日猛暑が続いておりますが、それでも今夜はオープンな「ff」スタートになりました。そうは言いつつ、ちょっとフライを食すのもためらわれ、酎ハイを飲み、イサキとかタコを刺身で貰うことにしました。しかし、相変わらずモノがいい。
 続いて、野毛小路向こう側の焼鳥「若竹」に入りました。実はなんだかんだ言ってこの老舗、初めて入ったわけです。メニュウ的なものがないんでいささか面喰いますが、これは開店以来数十年こうだというんでしかたがありません。それにお母さんたちが実に親切なんで安心します。で、オススメ的な感じで適当に焼いてもらい、キリンクラシックラガーとウーロンハイを飲みつつ、焼鳥やオマケの漬物を堪能させてもらいます。この店もオープンでエアコンなど作動しておりませんが、そんなことは全然おかまいありません。さて帰ろうとしたところで、最後にスープが登場しました。これがまたよろしくて、最後まで美味しくいただけるお店なのでした。
[PR]
by hoppys | 2010-07-22 23:14 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 今日は、この陽気の中、つい昼間から出歩いてしまったので、14時半頃「バジル」にたどり着いたときはすでにへろへろであります。もっとも、他のお客さんやスタッフのみなさんも状況は同じで、妙に言葉も少ないありさまです。こんな状況なんで珍しく生ビールを頂くことにしました。2杯飲んでようやく暑さも落ち着いたので店を出ました。といってもまだ15時過ぎでありますが、そんなわけで結局またしてもイセザキ2丁目に開店した「ちょいのみてい」にやってきてしまいました。飲むものもやっぱりホッピーなのです。ここのホッピーは、セットで300円、ナカの焼酎は200円つまり1クール飲んで500円、ホッピー自体は100円という有難さであります。ま、ホッピー100円では扱ってないでしょうが。それにもまして、普段は15時から日曜は12時からやっているというのが有難い。
[PR]
by hoppys | 2010-07-19 22:16 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 今日は、昼から飲むかと張り切ったところですが、さすがにこの暑さではひるむところがあって、結局15時前から出掛けることになりました。しかし、とりあえず進撃しているうちに、日ノ出町から伊勢佐木町二丁目に移転した「ちょいのみてい」に気づき、すっと入ってしまいました。伊勢佐木町もこのあたりは普通で健全な繁華街でありまして、明るいうちから楽しむにはいささか場違いな感もありますが、あまり気にすることなくホッピーを飲み続けました。
 セット2杯ナカ2杯貰ってからようやく野毛に移動、当然まだ太陽は真上に滞在していますが、そんな中「tacobe」に登場、カウンターで生ビールを2杯、それでもまだ太陽は健在なのですが、最終的に「ぴんぴん」にやってきました。最近入ったカンパチの刺身を貰い、またしてもホッピーを飲み始めましたが、立ち飲みなのにだんだん眠くなってまいりました。それでもナカを貰ってなんとか飲み切ってしまうから大したものであります。
[PR]
by hoppys | 2010-07-17 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_1235128.jpg

 関内のベイスターズ通りを港方向へと歩いておりますと、「美幌食堂」なる店が目に入りました。以前はイタリアン的な店でパーティなどやっていた記憶がありますが、そのままのいでたちで北海道物産を出す店に替わったようです。何気に通り過ぎようとするところでしたが、サッポロ赤星の文字が目に入り、ついUターンして入ってしまいました。折からのハッピータイムで生ビールだと安くなるのですが、ここは瓶のサッポロラガーを注文、中瓶2本1リットル飲ませてもらいました。メニュウには焼くもの海のものなどかなり本格的な北海道モノもあったのですが、今回はコーンバタ、じゃがバタそれになぜか今日に限って開きでなく切り身で出てくるホッケなどを軽くいただいておきます。
[PR]
by hoppys | 2010-07-16 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
 「ぴんぴん」で、いきなりホッピーを飲み始めました。ここはキンミヤながら大量に焼酎が入っているタイプですが、これがまたなかなかイケます。つまみは定番の味噌豚カツですが、丸々の冷奴も200円で頂けるから感涙であります。開け放し状態で自然風の涼しさで飲むうち、ナカホッピーナカと順次飲み続けてしまいました。
 続いて、「ホッピー仙人」に登場しました。言うまでもありませんが、引き続きホッピーになります。ビールは美味い反面いろいろ身体に悪さをしますが、ホッピーは飲めば飲むほどプリン体は減るわ髪は黒くなるわ、実にありがたい飲みモノですからどしどし頂くのがいいでしょう。というわけで、ここでも白白と飲み、ちょっと飽きたころに黒をイってリフレッシュする感じで、今夜も楽しい夜になりました。みなさんのおかげです。
[PR]
by hoppys | 2010-07-14 23:08 | 野毛でハッスル | Comments(2)

ドバドバ飲む焼酎

a0038663_2323263.jpg

 本日1軒目は、関内ベイスターズ通り、椅子のない「ノーチェア」であります。早入り限定の晩酌タイムで1杯420円の生ビールを290円で頂き、さらにハモとかも喰ってなかなかなんであります。
 続いて、先日飲んでいるときに話を聞いた立ち飲み「三人百姓」にやってきました。馬車道駅近く博物館の裏、弁天町6丁目あたりになります。レトロ風の居酒屋が恥ずかしくなるほど、本当に昔の民家の内装そのままの店で、3年前から改装して立ち飲みになったそうです。「黒五代」という芋焼酎をちょい水でいただくことにしました。2杯目からは、ロックで作ってチェイサーを用意しますと言われたのでそのとおりにすると、ぶっといグラス一杯に酒が入っています。こりゃあ一体どうなってるんでしょうか―。つまみはエイヒレ500円を頂きましたが、個人用七輪も用意されて、最後ちょっと自分であぶって喰うという、なんとも贅沢な振る舞いであります。結局この調子で3杯飲んでしまいました。
 で、最後には野毛小路「ムービースター」にやってまいりました。生ビール1杯をどっかりと寛いでいただけるのも、ここならではのお楽しみであります。
 
[PR]
by hoppys | 2010-07-12 23:15 | 関内でハッスル | Comments(0)