びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

明日は少し暖かい

 今夜は妙にとんかつが喰いたくなったので、野毛大通りの「かつ半」(登録商標)に登場、950円のひとくちカツ定食をいただくことにしました。まさに一口で喰しやすく美味いカツでありました。味噌汁がしじみというのも、酒飲みのみんなを考えた優しいラインナップであります。満足したところでいよいよ飲み始めとなりまして、都橋商店街の立ち飲み「〇豊」に入りました。ここまでの道は寒かったですが、カツでいささか温まっており、店内も快適だったので、この際冷たいビールを貰ってしまいます。切干大根なんかをつまみ、もう1杯ウーロンハイを飲み切りました。
 続いての登場は野毛小路の「tacobe」になりました。ここでも暖かいストーブにあたりつつ、カウンターで生ビールを2杯貰います。暖かい場所で冷たい飲みモノというのは、実に贅沢な気分になるのです。
[PR]
by hoppys | 2011-01-31 22:09 | 野毛でハッスル | Comments(0)

土曜日は角打ち日和

 土曜日の午後、「浅見本店」にやってまいりました。いつものシークワーサー割り、これは焼酎とシークワーサーの割合、すなわち1杯か半分かの組み合わせで4種類、1番から4番まであるわけですが、今日はどっちも1杯入るストロングな1番300円に致しました。このシークワーサー原液の酸っぱさたるや想像を絶するものがあるわけで、まあ健康にいいだろうと自分に言い聞かせる感じでなんとか飲んでるんですが、酸っぱさに耐えて飲み進むうち、なにげに大量に入っている焼酎のせいで、気づかぬうちに酔っ払っている仕組みになっております。これはなかなかよくできています。さて、今日もおぢさんたちで賑わう「浅見本店」、会話のキーワードはウマ、酒それに病院です。ウマはなかなか当たらないとは思いますが、くれぐれも健康には気をつけて末長く飲み続けてほしいものでございます。なんて思いながら飲んでいると、自転車の小学生たちが「あー、ここ知ってる。アド街ック天国に出てたー」とか言いながら通り過ぎて行きました。お前たちも、いつかおれたちのように昼から酒を飲める立派な大人になるんだぜ。そういえば、この店に来る前に、そばを喰ったよこはまばし商店街の「安楽」が妙に混みあっていたのですが、「安楽」もアド街に登場したようなんで、そのせいなんでしょうか。
 続いて、西久保町の「大和屋酒店」にやってきました。続いて、などと一言で済まされる距離ではありませんが、いろいろ散歩を楽しみつつ、ここに達したわけであります。瓶ビールをお願いすると、黙ってキリンラガー大瓶が出てくるあたりはさすがです。ゆっくりと飲み終えて、角瓶を買って帰ることにしましたが、店のおかあさんの話ですと、小売店でも角瓶が品薄とのことであります。ハイボール人気恐るべし、というか、地球人は単純ですなあ。
[PR]
by hoppys | 2011-01-29 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)

寒い冬にも冷たい酒を

a0038663_12533418.jpg

 今日は日ノ出町駅から野毛方面にやってきましたが、まずは空腹感を何とかする必要があり、長者橋際の洋食「ミツワグリル」に入りました。昔ながらのチキンライスをいただき、落ち着いたところで野毛入りしますが、とにかく寒い。立ち飲み「ぴんぴん」に入りましたが、開口一番「寒い」となりまして、コートを着たままホッピーを飲み、味噌豚かつを喰っております。そのうちお客さんが増えてきてようやく暖かくなり始めたところでナカを貰い、最後にマグロけんちん汁風を貰って身体を温めて、再び街に繰り出しました。
 寒いけどビールを飲もうと、都橋商店街にやってくると、なにやら撮影中であります。後で聞いたところ、TBSの一流ドラマとのことでしたが、惜しくも金曜日22時放映とのことで、我々のような酒好きにはなかなか試聴困難な時間帯なのです。撮影中とはいえ、通行人商店街の客を最優先にしてもらっているので、遠慮なく「El Nubichinom」に入店、今日は「イングリシュ・ペールエール」と「ヴィツェンボック」、個性の違うやつを頂いてゆったりしておりますが、未だ撮影は終わる様子を見せません。放映時にはたぶん一瞬で終わるシーンなのでしょう、いやあドラマ作るのも大変ですなあ。
 ご苦労な撮影隊を横目に、階段を上がって「ホッピー仙人」にやってきました。金曜日とあってあちこちからお客さんが来ているようです。いろいろ入れ替わりもある中、樽のホッピーを白黒白と頂いております。差し入れで飲みやすくて美味な秋田の酒も貰ったりしてさらに御機嫌です。ホッピーご意見番として「散歩の達人」に仙人が登場していますが、そこにやたら大雑把な店の案内地図があったので、無断で転載しておきます。これだけで来られたらかなり偉い。
[PR]
by hoppys | 2011-01-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

鶴見に「かっぱ」あり

a0038663_0181653.jpg

 今日は鶴見で飲むことになります。東口の川崎寄り、東海道線際にある「かっぱ」にやってきました。レトロ仕様の店内ですが、ここは本当に昔からやっていた店なので、仕掛け自体はギミックでもご主人、客層ともに本物であります。そんな店内はあまり広くありませんが、カウンター、6人くらいのテーブル席、ふたりがけ席、さらにちゃぶだい付きこあがりなんかあって好みで飲める感じの楽しい雰囲気です。ホッピー420円を注文すると、割り済みで出てきましたが、キンミヤのボトルキープもあったりします。自慢の焼鳥を喰い、なんとなく常連の先輩と無駄話を楽しみ、ホッピーの追加さらには梅サワーを2杯注文、それに45度ある泡盛もふるまって頂いていると、いつの間にか時間が過ぎ、気がつくと意味もなく日ノ出町で降りてしまったりするダメな酔っ払いが成立しております。


[PR]
by hoppys | 2011-01-27 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

週初めは飲み始め

 今日はいきなり、阪東橋の小さな居酒屋「花浜笑」にやってきました。月曜日のかなり早い時間ですが、既にふた組のお客さんがいました。まだ酒屋さんが到着しておらず生ビールがないとのことで、ス―パドライの中瓶をいただきました。前回ここに来た時はかなり満腹で喰えなかったので、焼鳥に鶏の香草焼きを貰うことにしました。隣のおぢさんたちは鍋なんか囲んでいますが、こればかりはひとり飲みの厳しいところであります。そのうちに、ご近所らしいグループやサラリーマンなどで席がどんどん埋まっていきます。もう1杯、ようやく到着した生ビールをもらい、それを飲み終わったところで店を出ました。
 続いて、伊勢佐木町6丁目の居酒屋「正家」にやってきました。まだまだこれからという時間ですが、カウンターにはかなりできあがっているお客さんもいたりして、さっきの店とはまるで雰囲気が違いますが、これがまたはしご酒の醍醐味なんであります。ここでは、黒板メニューのまぐろぶつを喰うことにして、合うのか合わないのか微妙ですが、380円で飲める角ハイボール、結局2杯頂いてしまいました。
[PR]
by hoppys | 2011-01-24 22:24 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
 今日は、都橋商店街2階の「IBUKI」、4周年記念となっております。しかしながら、いきなり登場する勇気と度胸にいささか欠けておりますゆえ、中央通りの「ら×旺(らおう)」にちょっと寄り、「中々」お湯割りとかひっかけての乱入となります。昨年の3周年も、かなり大変な騒ぎになったわけですが、今年も狭い店内大盛況となっております。近隣各店舗から強奪もとい差し入れの料理が並び、ワイン焼酎缶ビールその他飲み放題、最初のうちは缶ビール黒ラベルを飲んでおりましたが、そのうちテキーラを奨められ、これを黒ラベルをチェイサーにしてぐびぐび飲み続けてしまいました。
 22時を回ったところで、入れ替えも考慮して「IBUKI」を出まして、「ホッピー仙人」を覗くと、閉店時間過ぎているものの金曜でもあり1杯ならとのことで、酔い酔いながら黒ホッピーを貰い、そのまま「ムービースター」にやってきました。ここで生ビールをゆっくり1杯飲んでいると時刻は0時に近くなってきました。
[PR]
by hoppys | 2011-01-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「トモ」で生ウコン注入

 かなりの頻度でATMを利用していた、野毛大通り沿いのローソンが早くも閉店のようで、いささか残念な今週ではありますが、水曜日の1軒目は「トモ」に致しました。今年初めてというわけでいささかバツが悪い感じでしたが、後からやってきたお客さんたちも「今年もよろしく」とか言ってるので、まあそれほど不義理ではなかったようで安心しました。で、黒ラベル中瓶を飲み、豚肉を酢でアレしたやつ、それに焼ホッケを注文しますと、トモママが生ウコンを差し入れてくれました。これさえ喰っておけばいくらでも飲めるわけです。ホッケを皮だけ残して喰い散らかしてしまうと、いったん皮を回収して焼き直しくれまして、これがまたつまみになるというお得ぶり、有難くもう1瓶飲んでしまいます。
 続いて、都橋商店街の「〇豊」にやってまいりました。ウーロンハイあたりを飲もうかと思っていましたが、あまりの寒さに暖かいヒレ酒をいただくことにしました。つまみもコーンバターになります。しかし徐々に暖まってまいりまして、寛いで店内のTVを眺める感じになりまっています。立ち飲みなのに、すっかり家の居間にいる感じで、これはまあいつものことですが、気分よくウーロンハイを2杯飲み切ったあたりで今日は終了いたします。
[PR]
by hoppys | 2011-01-19 22:50 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_2344998.jpg

 今晩の1軒目は、立ち飲み「ぴんぴん」になります。早速ホッピーを貰い、つまみはいつもながらの味噌豚かつ、さらに白菜漬けときました。さらにナカをもう1杯頂きます。ナカミはキンミヤですからすっきりして美味なことおびただしいわけで、さらにトマトハイを1杯、手羽先はにんにく風味ですが、まあ大丈夫だろうとまとめて2本で貰ってしまいます。
 続いて、野毛小路のやっぱり立ち飲み「よりみち」にやってきます。ちょうどお客のいない時間で、ゆったり注文できるのはよいのですが、人間がいないとこういった路面店は真冬の寒さに直面するわけで、こうなりゃどいつでもいいからお客の来店を祈るばかりです。そんな中、暖かいこぶ茶割を1杯2杯、まあこんなもので酔っ払う感じではありませんが、とにかく寒いのでしかたないでしょう。実際は酔っ払うわけなんで。
 最後に登場は都橋商店街2階、おなじみの「ホッピー仙人」であります。今晩は、なんとなく席が埋まるという、ちょうどいい混み具合になりまして、おれ自身のそんないい雰囲気の中で美味めなホッピーをいい気になって飲み続けました。気がつくと1杯2杯3杯、するとちょうど22時の閉店時間を迎えましたから、おれもさすがに今日は終了を宣言します。
[PR]
by hoppys | 2011-01-17 23:44 | 野毛でハッスル | Comments(0)

未だ正月気分

 マヌケにも、今さら伊勢山皇大神宮に去年の破魔矢を納めに行ったりしているわけですが、まあここまで来たら行くでしょうという感じで、「tacobe」に現れました。まだ昼ではありますが、既に夕闇が迫っている時刻でかなり冷え込んできたので、早速ホットワインをいただきました。さすがに店内はエアコンとストーブが効いて暖かいので、2杯め3杯目は冷えた生ビールにしました。アルコールも回って気分よくなってまいりましたが、店を出たらさらなる冷え込みが待っているわけです。昭和基地から南極に出る思いで表に出ますと、これが覚悟していた以上に寒い、冷たい。なんとか日ノ出町あたりまでたどり着きましたが、あまりに辛いので、駅前の「日高屋」でいったん暖まることにしました。ラーメンとチャーハンにハイボールという中途半端な注文、ハイボールは260円と安価で結構ですが、非常に薬剤的な風のあるウィスキーでできています。いつかどこかで飲んだような気もするのですが、今のところ思い出すことができません。
[PR]
by hoppys | 2011-01-16 23:29 | 野毛でハッスル | Comments(0)

焼鳥が似合う鶴見の街

a0038663_23543178.jpg

 勇躍、鶴見に登場したおれは、早速新装開店なった鶴見シークレイン内の焼きトン立ち呑み「とんちゃん」にやってきました。この店、要するに位置的にはやや後退して本格開店ということになります。カウンターとオリジナル製作みたいな立ち飲み用テーブルがずらりと並びますが、最奥には座って呑めるスペースもあります。ホッピーを注文し、シロやタン、ガツ、さらにトリモモとかも貰いました。ディフォルトなホッピーの焼酎は、まあアレな感じですが、キンミヤのキープができますから、そういった向きはキープキンミヤでホッピーを飲むのもよろしいのではないでしょうか。
 「とんちゃん」ではナカもう1杯で終了、続いて、隣のやっぱり立ち飲み「浜鶏(ハマケイ)」にやってきました。再開発前には見当たらなかった店ですが、開店何十周年とあるので聞いてみると、以前は東口駅ビル「カミン」の地下にあったとのことです。要は焼鳥屋だったようで、立ち飲みがむしろメインになっているものの、今尚お持ち帰りの客が目立ちます。手慣れた感じの「とんちゃん」に比べるといろいろ気づく点はあるものの、焼鳥自体は美味でありまして、緑茶ハイさらに麦焼酎「知心剣」をお湯割りで2杯ほど喰らってしまいました。
 だいぶ酔っ払っちまいましたが、まだ19時、そこでKQにノッテ日ノ出町から「ホッピー仙人」に突入します。今日はメンズばかりですが、それはそれで楽しいものです。今日はサーバーが多少不調とのことですがあまり気にすることはなく、仙人の奨めるままに2杯ほど飲み、喋りたいだけ喋った後、スポーツバー「SHEVA」にやってきました。お客さんが用意してくれた「少女時代」のライヴパフォーマンスとか見て、生ビールさらにウォッカトニックとか喰らって今日は酔っ払うことにします。
[PR]
by hoppys | 2011-01-15 00:12 | 鶴見でハッスル | Comments(0)