びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

しかたがない金曜日

a0038663_22173080.jpg

 まずは、立ち飲みの「ぴんぴん」に登場しました。店内のTVでは、本日開幕のプロ野球をやっていますが、肝心のベイスターズの試合は中継をやっていません。そんなわけで、東京ドームのナイターを眺めつつ、ホッピーを飲み始めました。焼きたこをつまみ、ナカを2杯貰っております。
 続いて、「ホッピー仙人」に移動、金曜日とあってかなりの混雑です。当たり前ですが、またもホッピーそしてキンミヤ焼酎を飲むことになるわけでした。こちらのホッピーは樽になります。にぎやかにやりつつ、白を2杯貰いました。引き続いて都橋商店街の2階、「野毛ハイボール」が3軒目になりました。多少落ち着いたところで、昭和男のマスター・ハルさんに美味いやつをお願いし、ここでも1杯には終わらずもう1杯貰いました。
 最後に「ムービースター」に突入、扉を開けてみますと、あまり広くもない店内一杯に展開した酔っ払いが、思い思いに飲んで騒いでおりまして、他ではあまり体験することのないカオス感であります。おれ自身も負けじと、爽やかなすだち酎を貰い、週末の騒ぎに参加することになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2013-03-29 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

花を見た後は

a0038663_2229408.jpg

 大岡川沿いの桜も咲き揃ったところで、今年も花を見に行くことにしました。できれば缶ビールを飲みながら、あるいは屋台で一杯やりながらというのがいいところですが、なにぶん肌寒かったため、都橋から黄金橋にかけて川沿いを散策、宮川町に戻って、割と早めに大衆酒場「はる」に入ってしまいました。
 テーブル席に案内されまして、早速キリン一番搾りの中瓶で飲み始めました。季節の和食メニュウがいろいろ充実しておりまして、ホタルイカやタケノコの煮物、さらに定番の焼鳥などを貰いました。内装は新しくて気持ちがよく、壁には大きな富士山の絵がありまして、これを楽しみながら飲むことができるわけです。
 続いて、野毛本通りから再び都橋を渡って吉田町に移動、幸い「Noble」のテーブル席が空いていたので入店しました。せっかくなので世界大会優勝の「グレートサンライズ」を貰うことにしました。国内では未入荷のウォッカをベースに、ピーチツリーやマンゴーネクターなどで作られているカクテルです。これはさすがの味わいでありました。もう1杯、スタンダードなやつでギムレットを貰いましたが、これも美味、あまりアルコールを感じさせないあたりにも感服であります。そう言いつつ、実はしっかり酔っ払っておりますので、「Noble」はここで終了、スタッフさんが、我々の姿が見えなくなるまで、入口のところで見送ってくれました。
 ついでにもう1軒、吉田町表通り沿いのバー「Towser」に立ち寄りました。もはや、花見後の一杯という風流っぽい域をとっくに超えておりますが、ここでは、ハーパー、フェイマスグラウスさらにフォアローゼスと飲み続け、ただし自重してすべて水割りにしておくのでした。
[PR]
by hoppys | 2013-03-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_21152115.jpg

 今日はまず、ベイスターズ通りの立ち飲み「No Chair」から始めました。ハッピーアワーをフル活用して生ビールを貰いました。つまみには、キャベツのナムル、塩昆布で味付けしてあって、ビールにぴったりであります。次があるので生ビールをもう1杯貰ったところで移動します。
 で、今日の本番は桜通り、ビルの地下1階にある「海風季(かぶき)」という店になります。地下に降りると、あちこちに通路が伸びて、座敷が広がっています。寿司、海鮮の店というわけで、かつて料亭があった関内らしく、普段おれ自身が回っている店よりは多少ランクアップであります。飲み放題コースでしたが、おれ自身はもっぱらキリン一番搾りの中瓶を飲み続けました。料理は蟹が集中的に出てまいりまして、なかなか素敵でありました。
 ここを2時間ほどで終了、シメに「セルテ」と国道16号線の間の裏通りにある「ROOSTER」というバーにやってまいりました。メニューはなく、置いてある酒と、ひととおりのカクテルはご用意できますという感じだそうです。まずはカウンターにあった「ジェムソン」、今スペシャルボトルらしくてかなり派手派手なやつを貰いました。もちろん中味は一緒です。店内にはジュークボックスがありました。昔ながらのシングルレコードをかける機械です。3曲100円で、誰もが知っている懐かしい洋楽の名曲が目白押しだったので、他にお客がいないせいもあり、どしどし入れてしまいました。お気に入りの曲が流れていると、スコッチやジャックダニエルスも普段以上に美味く感じるものです。
[PR]
by hoppys | 2013-03-25 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

スタートは「じえもん」

a0038663_212383.jpg

 黄金町駅で降り、高架沿いの路地にある焼鳥「じえもん」にやってまいりました。8席程度のカウンターだけの店ですが、常連らしいお客さんがひとりで飲んでいました。入口近くの席に座り、スーパードライの生ビールを貰い、それに皮、ぼんじり、ねぎ肉、しいたけそれに豚バラあたりを焼いてもらいました。店内に流れるジャズ、ご主人と常連さんの会話に耳を傾けながら飲み喰いしております。TPPの話題になると、「うちは影響どうかな?」「関係ないよ、おたく全然儲かってないじゃん」「おっしゃるとおり」なんて流れるようなやりとりが繰り広げられ、笑うというより感心するまでの水準に達しています。で、おれ自身も静かに生ビールと麦焼酎「中々」を水割りで追加注文させてもらいました。
 続いて、初音町の「酒房ぴー」にやってきました。カウンターで早速麦焼酎「特蒸泰明」を水割りで飲み始めました。つまみは、シュウマイ3個に冷奴であります。散発的にベイスターズの話とかして、「泰明」をもう1杯貰ったところで今日は仕舞に致しました。
[PR]
by hoppys | 2013-03-21 21:33 | 黄金町でハッスル | Comments(0)

イタリアンの無駄遣い

 桜木町駅前「ぴおシティ」の地下2階飲食街にやってきました。「キンパイ」改め「はなみち」からは、お客が溢れていたので、もう1軒の立ち飲み「石松」で一杯やることにしました。「石松」は、もともとお客が溢れている感じではありますが、とりあえずスペースを確保して生ビールでスタートしました。脂の乗ったカンパチを喰い、もう1杯生ビールを注文、刺し身やらなにやら、日本酒や焼酎に合いそうな気の利いたメニュウを眺めていると、ずっとここで飲んでいたい気にもなるのですが、とりあえず2杯で終了しました。盛況の地下2階、「はなみち」も相変わらずですが、オール300円の「すずらん」からも客が溢れ始めていました。
 今日も例によって、この後飲み会がありまして、16号線紅葉坂交差点にあるイタリアンの「オレンジブランチ」がその会場になっているのであります。音楽通りの「オレンジコンセプト」の2号店とのことですが、紅葉橋の向こう側に飲食店があるとは驚きました。行ってみると、明らかに事務所向けの物件で、エレベータで2階にあがり、普通っぽいドアの向こう側にホールがありました。
 20人定員くらいの店に強引に30人超が収まったので、貸し切りにさせてもらったうえ、立食しかもほとんど身動きとれずという有様であります。幸い、カウンター近くに陣取ったので、どしどし注文ができました。一応飲み放題メニューなのですが、赤白のワイン以外にも焼酎やカクテルが飲めます。乾杯のスパークリングの後は、ジンパック、ジントニック、ウォッカトニックの3種から自由に注文、もはや杯数は判りませんが、なかなか美味かったので、たぶんどれも2杯は飲んでいるような気がします。しかし、そういった状況なので、肝心の料理のほうはあまりありつけずに終わりました。今度ゆっくり来てみたい店です。
 まあ、騒がしい飲み会を終えてこのまま仕舞いというのもつまらないので、野毛に戻って、「ムービースター」にやってきました。馴染みの店でゆっくり1杯やって1日を終えようという言訳なのですが、実際はすだち酎を煽りつつ、いつものメンバーと無駄話で盛り上がるばかりという、もっと騒がしい形のシメになってしまうのでした。
 

[PR]
by hoppys | 2013-03-15 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23431071.jpg

 今日は、いつもお世話になっている第二興産ビルの「ムービースター」が10周年とのことで、野毛にやってきました。一説には「かぞえで10年」と言われており、いささか複雑ではありますが、とにかくめでたいには変わりありません。
 だったらとっとと行けばいいものを、なぜか景気づけと称し、「よりみち」で一杯やっていくことになります。ホッピーを貰い、空腹だったので、とんかつ、韓国のり、板わさと喰っておりますと、可愛らしいここの二代目が登場、場がなごみます。
 いよいよ、「ムービースター」に進入するわけですが、今夜は会費制の飲み放題喰い放題になっています。本当は、イタリアンを中心に料理が上手いママなのですが、最近はあまり作らないので、久しぶりにママの作るものをいただくことになりました。もっとも、他に寿司やたこ焼きなんかもあったのですが、まあそれはそれとして、生ビールから始め、麦焼酎や芋焼酎などを適当に飲み続けました。せっかちな性分なので、出入り自由を利用してどっかでちょっとやって来ようかとも思っていたのですが、結局5時間くらい滞在しております。たぶんこの先10年もこんな感じなのでしょう。
[PR]
by hoppys | 2013-03-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

たまには「武蔵屋」で

a0038663_055016.jpg

 今日は、満を持して「武蔵屋」にやってきました。もっとも、表の路上に人影はありませんでしたが、店内は大賑わい、しばらく待機する感じになりました。18時7分に無事入店、カウンターに案内していただきましたが、ここは初めてであります。店内、いささか騒がしくはありましたが、いいお客さんばかりで温かい雰囲気の中、めでたく3杯に、おから、タラ入り湯豆腐、納豆を貰い、さらにお待たせしてごめんなさい的に、おばちゃんからもう半杯頂きました。実に幸せな酒場であります。
 せっかくの「武蔵屋」だったので、次も歴史ある店、「叶家」に致しました。2階のテーブル席に案内されまして、角ハイボールを貰うと意外に濃い感じでこれを2杯貰いました。だし巻き卵やシラスおろしなど、適当につまみも頂いております。
 だいぶ機嫌よくなったところで、、3軒目は「tacobe」、奥のテーブル席に落ち着きました。ここはもちろん、新しい店なんですが、置いてあるウィスキーは、リザーヴ、オールド、角、ホワイトと昭和なラインナップでご機嫌であります。今日はみんなで角にしておいて、たこ焼きをつまみながら、これを2杯水割りで貰うことになります。3杯にしておけってのにかれこれ7杯め、今夜はあまり酔っ払ってしまってはいけませんなあ。
[PR]
by hoppys | 2013-03-06 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

杉田横断飲み

a0038663_23203889.jpg

 今日は、新杉田駅から杉田入りであります。そこで、1軒目は「じぃえんとるまん新杉田店」となりました。まだ時間が早いせいか、比較的すいています。樽のホッピー中を注文し、でかい黒板一杯に書かれたメニューからつまみを選びました。豚トロ塩胡椒焼、串カツ、タケノコ土佐煮、ハムカツを続けざまにいただきました。ひとつひとつのつまみが、少量で安いので、どしどし注文することができます。おかげで、厨房は大変そうです。当然、ホッピーはもう1杯となりました。
 続いて、路地を入った「愛知屋酒店」に移動しました。酒屋さんの店内一杯の大盛況ですが、ちょうどカウンターの中ほどがぽっかり空いていたのでそこに収まりました。さて、何を飲もうかと貼り紙を見ていると、ホッピーがあるのに気づいたので、これを貰いました。つまみには、隣のお客さんが喰っていた、おれの大好物の丸干しと蕪の漬物、丸干しは丁寧に炙ってくれました。3月と言うことで、送別会的な場の人たちもいるようでした。埋立地の工場に勤務されていた方などは、何年にもわたって、この店に一杯やりに来ていたのでしょう。素敵な話です。さらに、ホッピーのナカを貰い、さらに黒霧島を水割りで貰いました。
 杉田商店街をだらだら歩き、京急杉田駅の方に向かいました。商店街中ほどに「杉田屋酒店」がありますが、残念ながら角打ちの営業はやめたようです。京急杉田駅改札にも近い、「プララ」2階にある「はせ」、この店、以前は立ち飲みと称しつつ椅子があったようにも思えるのですが、今日覗いてみるとしっかり立ち飲みなので入りました。市内103軒目になります。で、麦焼酎「知心剣」を水割りで貰いました。
 せっかく駅まで来たのに、また1階に戻り、中原方面にやや行ったところにあるバー「X-ray」にやってきました。今日は店長さんがいませんでしたが、「カクテルアーティスト」のいる店ということで、テキーラサンライズを頂きました。このへんから記憶があやふやなのですが、カクテルの味だけは不思議に覚えているのです。
[PR]
by hoppys | 2013-03-04 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)
a0038663_23275681.jpg

 先日、柳通りの「ももちゃん」で、ひとり鍋を敢行しましたが、これがなかなかよかったので、今回は「ももちゃん鍋」と称する2人前のやつを試してみることにしました。ほどなくして、カウンターに出てきた「ももちゃん鍋」ですが、前回よりふた回りくらい大きめの金属製の鍋に、エビやつみれ、牡蠣、タラ、白菜なんかが溢れんばかりに盛られているというシロモノでした。これで2,000円以内とは助かります。ホッピー、ナカ、酎ハイなんかを飲みながら鍋を堪能、最後はしっかり雑炊でシメとなりまして、酎ハイはもう1杯となりました。あ、この「ももちゃん」来週1周年です。
 風の強い夜でしたが、ここへきて雨も降ってきました。しかし、あまり寒くないのはこれまた助かります。2軒目は野毛小路のイタリアン立ち飲み「la Botte」に入りました。カウンターで立ち飲みのお客さんが椅子を出してくれたり、焼きもの風のつまみをおすそ分けしてくれてたり、いろいろ親切にしてくれました。ここでは、イタリアンなのにワインも飲まず、ジントニック、ウォッカトニックさらにまたジントニックと飲み続けるのでありました。
 最後は、やはり野毛小路の「史」にやってきました。この店、本当にしばらくのご無沙汰なんですが、ご主人がちゃんと覚えていてくれたには感動致します。昔の記憶があまりないのですが、今はメニュウがなく、適当に頼むと用意してくれるとのことです。酒は麦焼酎の水割り、つまみはお通し的なサラダに、ピザを作ってもらいました。ピザならさっきの店で喰っておくべきでしたが、こちらのピザもなかなか美味くてまたまた助かるのでした。
[PR]
by hoppys | 2013-03-01 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)