びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

天気が一番の大道芸

a0038663_23373696.jpg

 さて、今日は野毛大道芸2日めであります。今回は2日間ともいい天気になってなによりでした。というわけで、とりあえず柳通りまでやってまいりました。毎度毎度、大道芸を放り出して酒ばかり飲んでいるわけですが、あまりこれを強調すると関係者の皆さんに申し訳ないので、フォロー致しますと、決して大道芸自体がつまらないというわけではなく、しっかり見える場所をとって、最初から最後まで見れば、どの芸も愉しめるはずです。おれ自身は、だんだんそういうのが面倒になってきて、つい酒を選択してしまうことになります。しかし、健全に大道芸を愉しんでいる家族連れと、昼から気持ちよくなっている酒飲みが、混然一体となって賑わっている風景は、実に野毛らしいではありませんか。
 というわけで、柳通りに出ている出店から、まず「村田家」でキリン生ビールを貰ってうろうろと各通りを周回、「ももちゃん」ではアサヒの生ビール、それにがんがん焼いている豚バラをいただくことにしました。豪快に盛ったやつ、ビールを合わせて550円、これを喰って飲んでしまうと、最後にもう1杯、「トモ」でアサヒ生ビールを貰うことにしました。いささか、泡が出過ぎているので半分飲んだら継ぎ足しますというマスター、相変わらず良心的であります。
[PR]
by hoppys | 2013-04-28 23:48 | 野毛でハッスル | Comments(0)

別れは再会のはじめなり

a0038663_23145897.jpg

 立ち飲み「ぴんぴん」にやってまいりましたが、ベイスターズ連夜のボロ負けに意気消沈であります。いつものように、キンミヤ焼酎多めのホッピーを飲み、焼きタケノコと新ワカメどちらも300円をつまんでいますと、やってきた馴染みのお客さんがジャイアンツファンだったりするから始末に困ります。もっとも、今夜はジャイアンツも負けておりました。ナカをもう1杯貰って、また明日からがんばる感じで終了します。
 続いて、「ムービースター」へ入店、おやどこかで聞き覚えのある声がと思いますと、しばらく大阪へ転勤になっていた飲み仲間のチバサイさんであります。聞けば、4月から浦和転勤とのことで、こりゃ野毛も近い、実にめでたいということで、再会を祝してよせばいいのにまたしても角を水割りで作り始めました。薄めにしたつもりがやっぱり濃厚、でこれを2杯飲み、土産のういろうなんかも頂いております。
[PR]
by hoppys | 2013-04-26 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

いざ「たべもの横丁」

a0038663_22564132.jpg

 今夜は、先週リニューアルオープンした、野毛「たべもの横丁」に突入することにしました。早くも、野毛小路には案内の女子が出ています。すっかり新しくなった「たべもの横丁」、リニューアルオープンというより、完全な全面改築でありまして、柳通りまでの通路の左右にオープンな形で店舗が並んでいます。かなりの盛況ですが、先週はもっと混雑していたようです。ここの通りというか一角は、野毛でもかなり昔の雰囲気を残していたのですが、ほとんど閉店していて残念だと思っていたところ、このような形で見事に復活を果たしたわけです。
 某毎日の新聞には、ざっくり「屋台村」と表現されていましたが、確かに屋内にあることと構造上の相違点に目をつぶれば、八戸の「みろく横丁」に似た雰囲気があります。現代風に言えばフードコートですが、ヤング向けのものとはまるで趣が違います。一応、全軒眺めてみて、居酒屋「あお」のカウンターを選択しました。すると、カウンター内にいるのは某店でおなじみの人でした。おかげで、リラックスして注文、ホッピーを飲むことにしましたが、サッポロ赤星もあり、焼酎類も充実しています。地鶏の唐揚げと漬物を貰いましたが、お通しに野菜スティック、さらに枝豆も出してくれました。向かいの寿司、さらに串揚げなんかも出前してくれるようで、このあたりは「ハマ横丁」と同じシステムです。もう1杯ナカを貰いました。
 1軒目を居酒屋にしてしまったので、横丁内で2軒目の店を選びづらかったのが今日の失敗でしたが、ここは野毛、横丁にはまたいつでも寄るとして、今日は外の店、立ち飲み「ぴんぴん」に移動しました。またしてもホッピーを注文、結局ナカを2杯追加してしまいました。つまみには、旬の新じゃが揚げと筍焼き、どちらも安くて美味いから助かります。
[PR]
by hoppys | 2013-04-22 23:11 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 ハマスタのナイターで、ブランコが豪快なサヨナラ3ランを放ち、上機嫌のおれは、その勢いを駆って関内のバー「Lobby」にやってきました。金曜日とあってなかなか盛況で、カウンターもほとんど埋まっていましたが、何とか滑り込み、クラプトンの映像なんか見ながら、ジントニックにジャックダニエルスの水割りを戴いて、だいぶいい気分になっております。
 さらに、野毛に移動、週末恒例「ムービースター」に到着しますと、今夜は比較的落ち着いておりました。しかし、昨日リニューアルの「たべもの横丁」をオールクリアしたツワモノが、早くも力尽きたりしており、本気の戦場感が漂っております。そうは言いつつ、おれ自身は、ハマスタで缶ビール5杯の影響もあり、ここではゆつくりとすだち酎を水割りで飲むことにしました。
[PR]
by hoppys | 2013-04-19 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

イセザキ立ち飲み焼肉

a0038663_22531439.jpg

 軽く一杯やろうと、イセザキ2丁目の「ちょいのみてい」にやってきました。すると、「焼肉できます」との看板があります。焼鳥はやっていましたが、焼肉も始めたのかなどと深く考えずに入店、すると店内焼肉の匂いが充満しております。トレイにかいわれを載せ、注文口でホッピーを貰い、そして見上げると焼肉メニュウが並んでいるので、カルビとシイタケを注文しました。本当に、テーブルに焼き台を置いて焼肉をやるわけです。これじゃ、ちょい飲みにならないじゃんと懸念しましたが、やっぱりそのとおりで、準備が終わって肉と焼き台を用意するまでにも時間がかかります。それに、当然焼くにも時間がかかるわけですが、この立ち飲みはセルフなんで、ひとり客は焼いている間は、下手に酒の追加注文もできません。そのへん、心得ている他のお客さんは焼肉以外のつまみで飲んでいるようでした。結局、ちょい飲みとはいかず、ナカと酎ハイも貰うことになりました。
 「ちょいのみてい」を出て、福富町を通過して野毛に進入しました。野毛小路の「tacobe」のカウンターで、生ビールを飲み始めました。18日木曜日にリニューアルする「たべもの横丁」の話題でしばし盛り上がりました。新聞などには、おおざっぱな感じで「屋台村」と表記してありましたが、西口のハマ横丁の感じに近いようです。覗いてみたところ、かなりオープンな空間なのですが、その中にスナックも1軒あるのが楽しみです。その後、ストーンズのライヴ映像なんかを見ているうち、生ビール3杯となりました。
 最後に「ムービースター」に到着、早くもこあがりでひと眠りしている人もいます。まだ水曜日なのにと、ママが忠告してくれるにもかかわらず、角の水割りを強行、いつものように濃いめに作ってしまいながら、これを2杯、2杯目あたりは、それほど混雑していないのに、もはや立ち飲みになっているのです。
[PR]
by hoppys | 2013-04-17 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_2355090.jpg

 今晩は、3人で野毛入りしました。おれ個人的に焼鳥を喰いたくなり、他のふたりにも異存はないとのことだったので、比較的大きめの店を選択し、本通り沿いの「鳥どり」に入りました。テーブル席で、早速好みの焼鳥や枝豆なんかを注文、酒はまず生ビール、次いでホッピーであります。氷入れますかと聞かれたので、いつものやりかたでやってくれと答えると、たっぷり氷が入ってきました。これでよいのです。いつも、焼鳥ばかり喰っていて気が付きませんでしたが、メニュウには、めかぶ、もずく酢、じゃこおろしなど、日本酒あるいは焼酎に合うつまみが揃っていて、しかも安価少量、ひとり飲みに適応しています。それは次回として、今日はナカを貰って終了になりました。
 続いて、大通りを渡り、動物園通り入口の缶詰バー「キンコンカン」にやってきました。奥のテーブルだけ立ち飲みスペースなのですが、これを利用して飲み始めます。いつも、サッポロ赤星ばかり飲んでいて気が付きませんでしたが、焼酎メニュウがかなり充実しておりまして、以前関内の某立ち飲み店でよく飲んでいた麦焼酎「旭万年」に、久しぶりの再会、これを1杯目に致しました。つまみの缶詰にはコンビーフその他、安いやつばかりを貰っています。麦焼酎2杯目は「青鹿毛」であります。
 シメに、仲通りのバー「konishi」にやってきました。ジェムソンをロックで頼んだら、すぐに飲み終えてしまったので、2杯目にギムレットを貰うことにしました。つまみにレーズンバターを注文しましたが、ここのレーズンバターは、冷水に浸かっておらず、クラッカーの上に乗っているという、ちょっとドライなやつでした。
[PR]
by hoppys | 2013-04-15 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

酒は楽しく飲むべし

a0038663_054473.jpg

 「日本橋紅とん」、よく野毛の店に行っているのですが、今日は関内店に入りました。蓬莱町1丁目、新横浜大通りから一本入った通りにあります。カウンターの隅に収まり、まずはホッピーを注文、メニュウなどは基本的に野毛と共通のようで、豚トロ、ハラミ、タン、鶏ササミ梅とワサビ、シイタケ、エリンギなどを焼いてもらいました。ホッピーのナカも、同じように直接注いでくれます。こちらは、ひとりで来るお客さんが多いようで、カウンターが徐々に埋まってきました。男性陣が黙々と飲み喰いしている姿を眺めていると、なぜか嬉しくなってまいります。
 結局は野毛に移動、都橋商店街の立ち飲み「〇豊」にやってきました。木曜日はいろいろ大変だったようですが、今夜も元気に営業、まずは生ビール、続いてしょうが酎のジンジャーエール割を2杯貰いました。こうやっていろいろなお客さんと飲んでいると、たまに品行の良くない客の話も耳に入ります。当然ですが、夜の町ではみな酒が入っており、普段よりはいささかコントロールが効かなくなっておるわけです。おれ自身も、そのように言われてしまうことのないよう、できれば他者から酔っ払いの模範とされるよう、十分に気を払い、精進しなければなりません。
 多少自分を顧みたところで、階段をあがって「ホッピー仙人」に突入します。金曜とあって当然大混雑なのですが、もちろん確信犯でその人ごみの中に突入するわけです。で、入口近くで立ち飲み、樽の白っぽいホッピーが1杯め、黒っぽいホッピーが2杯目でした。今日は国際色豊かな感じでしたが、普通に日本語のやりとりになっています。
 最後に登場するのはやっぱり「ムービースター」であります。こちらも混み合っておりますが、今日も敢然と角を飲むことに致しましょう。土産のシュウマイなんかもいただいてご機嫌、金曜日というのはこうやってシメるのが良いと思います。
[PR]
by hoppys | 2013-04-12 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_2241381.jpg

 今日は珍しく予約をとって、6人で柳通りの「村田屋」にやってきました。奥の座敷に案内していただきます。まずは、一番搾りの大瓶、料理は旬のものもあるだろうと、ほとんどお任せで、刺身盛り合わせ、イワシの柳川鍋、野菜のてんぷら、たたみいわしなんかを貰いました。他の座敷を見ると、いまだ鍋をやっているようで、それなら鍋でもいい感じに思いましたが、さすがにちょっと季節じゃないかも知れません。ビールを飲んでしまうと、芋焼酎「一刻者」をボトルで注文、濃いめの水割りを自ら作ってどんどん飲み、美味い料理と相まって、ボトルはもう1本追加、2本目のボトルも順調に消化していきました。
 すっかり酔っ払ってきましたが、2軒目は雰囲気を変えて、大通りの「マミーズ・タミー」にやってきました。2階に案内されました。通りに面したテラス席なんかもあってなかなか洒落ています。1杯目は「チャイナ・ブルー」とか飲んでましたが、意外にも好物の麦焼酎「特蒸泰明」があるのを発見、これまた濃いめの水割りで作ってもらい、ますます酔っ払って1階への階段を下りる作業が、なかなか大変なことになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2013-04-10 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_2315618.jpg

 今日は、都橋を渡って宮川町の立ち飲み「桐のや水産」にやってきました。横浜市内104軒目の立ち飲みになります。ホッピーを貰ってすぐにナカも追加です。つまみには、アジのたたき、ヒラメのフライを貰いました。つまみ類は300円、酒類もビールとホッピー以外は300円、ホッピーもセット400円ナカ200円ですから、1クールいけば300円ということになります。追加で、「中々」「黒霧島」と注文、どちらも300円とは泣けてきます。さすがにこういう店ですから、おれ自身顔なじみの通なお客さんがきているようです。
 続いて、野毛の「山荘」へやってきました。まさに昭和の薫りを醸し出す店なんですが、懐かしいつまみに属するレーズンバターを貰い、カクテルは、ホワイトレディ、テキーラサンライズなんかを飲みつつ、ジュークボックスに手を出しております。2曲100円のアナログなジュークボックスで、S&G、シカゴ、カーペンターズさらには永ちゃん、エディ藩なんかをどしどし入れて楽しませてもらいました。
 最後に登場は、音楽通りの「Orange concept」であります。1階のL字型カウンターに収まり、ジャックダニエルスやウォッカなんかを飲んで、イベリコブタのサラミや、キノコ入りカルボナーラなパスタとかをつまみました。洒落た感じの店なんですが、美味なドリンク&フードに十分満足という感じです。
[PR]
by hoppys | 2013-04-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

強引に楽しむ桜まつり

a0038663_22284118.jpg

 大岡川の桜まつりと言えば、黄金町、日ノ出町界隈では毎年楽しみにしている催しなんでありますが、なにしろ、今年は早々に花が咲き、まつりの時期にはすっかり葉桜になったうえに、天候も大荒れという、踏んだり蹴ったり状態になってしまいました。
 土曜日の雨に続き、日曜日も強風が吹き荒れ、桜まつり中止との掲示も目にしましたが、各所で天候に負けじと店や人が出ているようです。まずは、初音町の横浜ハム本社工場に行ってみました。ここでは、桜まつりと同時開催の「初音町春まつり」というのが企画されておりまして、これは倉庫内ということもあり無事開催中でした。横浜ビールが出ているので、樽のアルトビール500円を貰いまして、これを戴きながら、川沿いを散策することに致しました。
 とりあえず、長者橋まで歩きましたが、屋台は出ているものの、普段のように昼から飲んでいる人の姿は少ないようです。あまり面白くもないので、長者橋9丁目交差点のところにある「日の出酒場」に入りました。ここは「和来」や「港や」なんかと同じグループ店ですが、他の店よりいい意味で古くなっているように見えます。カウンターで、レモンサワーを注文、目に付いたメニュウからタコのカルパッチョを貰いましたが、これがつまみとしては意外にイケる感じでした。場所柄、ウマのお客さんが多く、カウンター内のママさんは競馬情報の仲介もやっています。
 まだ明るいので、再び川沿いを歩いて黄金町にやってきました。ここでも、やけくそ気味にライヴとかやっていたので、「outsiders」で1カップ300円の生ビールを貰い、葉桜を楽しんでいるうちにビールがなくなったのでもう1杯であります。
[PR]
by hoppys | 2013-04-07 22:45 | 黄金町でハッスル | Comments(0)