びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

自在な予算で飲める街

 21時過ぎに野毛小路に入ってまいりますと、いつになく酔客が多く行き交っております。ちょうど宴会が終わったのか、若い男女が数人で千鳥足でさまよっていたりしています。なるほど、給料日後ということで、今日の野毛は盛り上がっているのでしょう。と、思って、中央通りに入りますと、全く人出がなく、静まり返っています。立ち飲み「ぴんぴん」も、店主しかいません。確かに、ここは、むしろ給料日前にこそ、ありがたみがわかる店には違いないのです。
 そんなわけで、今日もホッピーを飲み、シーズン終了間際のベイスターズを振り返ったりしつつ、ナカ、ヤキタコ、ニンニク醤油の手羽先なんかも貰いましたが、これで千円いかないんだから、やっぱりこの店は助かります。
 続いて、喧噪の野毛小路に戻り、第二興産ビルの階段を上がって「ムービースター」にやってきました。さしもの長く暑くそして苦しい夏も終わりを告げ、まだまだ暑いものの、この時間はぐっと気温が下がって、「21.6度」であります。ようやく、自然痛風もとい通風の「ムービースター」でも落ち着いて飲める季節となってきました。今日は、「舞ここち」なる佐賀県の麦焼酎が入っていたので、これを水割りで飲むことにしました。いささか手が滑って焼酎がどぼっと入ってしまいましたが、あっさりしていて飲みやすい焼酎なので、やっぱりあっさり飲んでしまい、2杯目にはさらに手が滑ってしまったのであります。
[PR]
by hoppys | 2013-09-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

飛ばされて「たぬき」

a0038663_2250733.jpg

 今日は、上大岡の焼鳥「Kanzo」にやってきました。一番乗りだったので、カウンターの一番奥に陣取ります。キリンの生ビールを飲み、かわ、ぼんじり、トマト巻、シイタケといったところから、はつもと、おび、ふりそで、レバーまで焼いてもらいました。なお、レバーはおれの発音が悪くて、手羽がレバになってしまったものです。まあ、ここみたいにいいところなら喰えることは喰えるのです。丁寧に焼いてくれる焼鳥を1本ずつ喰い、生ビールをもう1杯飲み終えたところで、麦焼酎「つくし黒」とエイヒレを貰うことにしました。麦焼酎は、普通に水割りと注文したのですが、ちょうどいいちょい水で出てくるから助かります。
 焼鳥ばかり喰っていましたが、意外に満腹になってしまい、腹ごなしにしばし風の強い上大岡を散策した後、立ち飲み「たぬき」に進入しました。落ち着いて静かな「Kanzo」から一変、ギンギンに明るい店内にはラジオのプロ野球中継が流れ、常連さんが賑やかに喋っています。しかし、疎外感を全く感じないのが不思議なところです。ホッピーを注文しますと、ホッピージョッキに氷と大量の焼酎が入ってきました。メニュウにはシングル・ダブルとあるのですが、これがどっちか全然わかりません。それに、他のお客さんのホッピーにはレモンスライスが入っているのですが、なぜおれのには入っていないのか全然わかりません。おれはレモン入りとか好まないのですが、それがなぜわかるのか全然わかりません。で、たっぷりの梅キュウをかじりながらこれを飲み進めていたところ、だんだんにきつくなってきたので、ホッピーを追加で注いでしまい、今夜はこれで仕舞に致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2013-09-26 22:48 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

なにかが起こる野毛小路

a0038663_23153236.jpg

 再び「琉球バジル」にやってきました。 相変わらず、沖縄そば目当てなんですが、いきなり注文するのも変なので、何品か喰ってつないでいきます。中身のトマト煮、かりかり焼きポークなんていうあたりを貰いました。中身ってのは、ホルモンであります。「バジル」では、なにを注文しても、喰えないほど大量に出てこないはずなので、ひとり客には安心感があるのです。酒は、シークワーサーサワー、これは泡盛で作っているそうですが、とにかく酸っぱくてそれだけで南洋感が溢れます。横浜橋のほうでも飲んでるじゃないかという声は気にしないことにします。2杯目は泡盛のジンジャーエール割、なかなか泡盛の風味が負けずに出ていました。ここで、沖縄そばをハーフで貰い、早くも満腹になりました。
 次は、野毛小路の立ち飲み「よりみち」であります。酸っぱいウメサワーを、韓国海苔をむしゃむしゃやりながらいただきます。野毛小路の雑踏を眺めながら飲むには、涼しくて気持ちのよい季節になりました。この1杯で「よりみち」を出ましたが、半オープンで飲むのがあまりにいい気分だったので、次の店も立ち飲み「桐のや水産」になりました。先日訪れた時はまだ暑かったのですが、今日はちょうどいい感じです。こちらではホッピー、ホッピージョッキがなくなったらしく、ビールジョッキで出てきました。もちろん、ナカも貰いましたが、これだと2杯分いくには若干調整が必要になります。
 すっかりいい気分で野毛小路に舞い戻り、スポーツバー「SHEVA」に入りました。カウンターでギネスを飲み、これまたご機嫌でしたが、またしてもベイスターズが不甲斐なく敗れてテンションは急降下、で、もう1杯ギネスを飲んで勢いを取り戻す必要が生じました。
 最後は、階段を上がって「ムービースター」になります。すだち酎の確かウォッカver.のほうを飲み、うだうだと無駄話をしておりますが、これがまたやめられない時間なのであります。
[PR]
by hoppys | 2013-09-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

月より酒を

a0038663_2241082.jpg

 まずは、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」、ここでホッピーを貰いました。ちゃんとキンミヤ焼酎の量を測ってから入れてくれるので、氷入りながら、ナカと合わせてちょうどの量になります。扉は全面解放になっていて気分がいいのですが、今夜はいささか暑いのでした。アジ刺しをつまみながらナカを貰い、これで900円です。
 続いて、都橋商店街に向かい、「〇豊」、引き続き立ち飲みとなります。今日はレモンハイを貰いましたが、これが妙に美味い、いやいつも美味いのでしょうが、ホッピーとアジ刺しの後にぴったりだったのでしょうか、で、こればかり3杯飲み続けました。いつものお客さんたちも集い始め、やはり金曜の野毛は盛り上がりそうです。
 おれ自身も、さらに盛り上がるべく、階段を上がって「ホッピー仙人」にやってきました。樽で白黒適当なやつを貰いました。まだ空いていたのでカウンターに座り、いつもの無駄話を繰り広げ、もう1杯飲んでいると閉店時間が近づいてきました。で、後片付けを終えた仙人を含め、数名で伊勢佐木町の立ち飲み「寺島商店」へと繰り出しました。フローズン焼酎が得意な店ですが、梅サワーを貰うことにしました。気がつくと相当酔っ払っている感じです。
[PR]
by hoppys | 2013-09-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

お試しはホッピーで

a0038663_22252349.jpg

 今日は珍しく多摩川を越え、4軒ほど回ってしまいましたが、最終的には、鶴屋町にやってきました。鶴屋橋を渡り、右に曲がれば「ハマ横丁」というところに立ち飲み屋が出現していました。「横浜商店」という、すこぶるスケールの大きな名称の店であります。市内の立ち飲み屋108軒目ということになりまして、いよいよ煩悩化してしまいました。それはともかく、この店、1階は立ち飲みですが、2階は違うようです。初めて入った立ち飲み屋では、当然ホッピーを注文することになりまして、ビールのジョッキに氷入り、1瓶でナカが1回頼めるといった標準的な感じであります。調子のいい、いや失礼、愛想のいいスタッフさん、いや店長さんだったかと、いろいろ談笑しましたが、こういった経緯でやってきたので、あまり記憶に残っていないのが、いささか惜しまれるところです。
[PR]
by hoppys | 2013-09-15 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

野毛の酒は濃いぞ

a0038663_15305123.jpg

 今日の1軒目は、柳小路「ももちゃん」であります。カウンターでまずはホッピー、最初のセットから、氷入りとはいえジョッキに大量の焼酎が入っています。ホッピーを注いでみると、1瓶で4杯はいける勘定になります。しかし、それではいきなり飲み過ぎになるなので、ナカ1回になるよう調整していきました。枝豆のほか、豚バラ、トマト、鳥もも肉、シイタケあたりを焼いて貰いました。ナカを貰った後の第2弾は、ベーコン、それにニンニク焼を注文しました。ベーコンがたっぷり分厚いのは承知していましたが、150円のニンニクが丸ごとふたつとは恐れ入りました。これは、この後ちょっとやばい感じであります。
 と、言うわけで、次はオープンで風の抜けがいい、立ち飲み「ぴんぴん」にやってきました。ここでもやっぱりホッピー、またしてもたっぷり焼酎が入っています。さらにまたしてもニンニク風味のスタミナやっこをつまみ、ナカをもう1杯、これを開けてしまうと、まだ4杯めながら、かなり回ってきました。
 すでに、ニンニクのことはすっかり頭から抜け落ちており、混雑必至の「ホッピー仙人」に突入しました。意外にも、まだふたつほど空席があり、ゆっくり飲み始めました。「ホッピー仙人」ももう12周年なんであります。樽で、白、白黒混合と貰いました。焼酎も美味いのですが、ここで初めてちゃんとホッピーの味がしました。2杯じっくりと頂き、だんだん混み合ってきたところで撤収することにしました。
 シメはいつもの「ムービースター」になります。すだち酎を水割りで貰うことにしましたが、ムービーママの好みで作ると言われ、ほとんど酒になってしまいました。
[PR]
by hoppys | 2013-09-13 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

おしゃれな穴場だ上大岡

a0038663_23395515.jpg
 
 今日は上大岡であります。今週末の「アドマチ」では上大岡特集が放映ということで、一部では盛り上がっているようです。早速大岡川を渡り、焼鳥「鳥佳」にやってきました。幸い、まだ原店舗部分のカウンターに空席がありまして、吉田類さんが座った奥の席に納まることができました。チューハイを貰い、本日のお薦めアジ刺、たん、ナンコツ、手羽先、トマト巻、鳥佳巻、シイタケといった精鋭陣を注文しました。そういえば、今日は大将がお休みの日でありましたが、その分、若いアルバイト男女がカウンター内外で奮闘しています。若者が頑張っているのを目の当たりにしますと、おれ自身も頑張って飲み喰いしようという気になってきます。
 で、さらにわさびで喰うと美味いチーズ巻や、重量感あるつくねを喰い、芋焼酎「不二才」、「佐藤黒」なんかを貰って、楽しく過ごします。
 気分良く「鳥佳」を終了すると、立ち飲み「cove」にやってきました。久しぶりなんですが、店主のcoveちゃんはもちろん、カウンターのお客さんたちも暖かく楽しく迎えてくれるので、いつ来てもホームの気分にさせてくれる店です。まずは生ビールを1杯2杯飲み、それから焼酎を注文すると登場したのが、八丈島の麦焼酎「情け嶋」。これは、なかなかいい麦焼酎ですから、さすがは「cove」、これをロックで頂いて、まだ早い時間ながらいい気持ちなんであります。
[PR]
by hoppys | 2013-09-12 23:38 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

辛いぜ福富町

a0038663_2353220.jpg
 今日明日、山下公園あたりでは、「横浜スパークリングトワイライト」と銘打ち、夜の花火をメインにいろいろ盛り上がっているわけです。で、「シーサイドレストラン&バー」なる屋台が出るとのことで、ここでひとつ飲み喰いしてやろうと、15時くらいに到着しました。まずは、ホテルのバーテンさんが作っているという、カクテルコーナーで、「ヨコハマ」を1杯、さらに韓国料理のチヂミとマッコルリを購入して、公園内で頂きました。
 だんだん花火目当ての人も増えてきたので、このへんで終了しましたが、もうちょっと韓国料理が喰いたくなり、結局福富町の「赤いとんがらし」に立ち寄ることになりました。幸い、まだ時間が早いのでそれほど混雑していません。生ビールを飲み、わかめサラダ、またしてもチヂミ、そして思い切って焼ニンニクまで喰ってしまいました。生ビールはもう2杯、シメにカルビスープをいただくことにしましたが、ライスにカクテキも付いてきました。だいぶ満腹に近くなってきたので、ちょっと参りましたが、本当に参ったのはカルビスープの辛さでありまして、むしろライスがなければ辛くて平らげることができないという代物でありました。もちろん美味いことは美味いのです。苦闘致しましたが、BGVのKARAに励まされつつ、何とか完食に成功しました。おかげで、夏バテはすっかり吹っ飛んだことでしょう。ま、しかし今日は、ニンニク大量摂取の心配もあり、これでお開きと致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2013-09-07 22:57 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

「ホッピー仙人」で飲む

a0038663_22405420.jpg

 とりあえず「たべもの横丁」に入りました。で、鉄板焼の「hijitetsu」のカウンターで一杯やることにしました。ここは、横丁がよく見渡せて、落ち着かないところが逆に落ち着くのです。今日は、黒板的なものがなく、いささかメニュウが少なめでしたが、それでもチーズ焼、トンペイ焼からスタート、酒はホッピーにしました。ホッピージョッキに氷入り、キンミヤがグラスで別に出てくるシステムです。氷こみで星二つよりやや上、ホッピーはちょうど半分入ります。つまり、1回の注文で2杯飲めるわけです。横丁内を行きかう客やスタッフを眺めながら飲むのも面白いもので、ハイボールを追加、さらにゲソ焼なんかも貰っています。
 続いて、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターで生ビールを飲み始めます。今日はマスターひとりなんで、たこ焼きの注文が入るといったん奥に引っ込むことになります。そういう日に限って注文が多いのも面白いところなのですが、それでも近況など報告し、もう1杯生ビールであります。
 次は「ホッピー仙人」であります。すでに立ち組のお客もいましたが、1杯めのテキトウ樽を飲んでいるうちに座る感じになりました。多少なりとも落ち着いた感じで、しばらく飲んでおりましたが、そのうちに立ち客も増え、賑やかになってきました。2杯目もテキトウでしたが、黒でジンだったような気がします。3杯目は仙人特製の樽ホッピー&青リンゴサワーの「ホリコシさん」であります。このとおり、上層が青リンゴ、仮装いや下層がホッピーになっておりまして、あまりきれいなのでかき混ぜることなく飲んでおりますと、1回の注文で2度美味いのであります。ま、そんなこんなやっているうちに、「ホッピー仙人」終了を告げるジングルが店内に響き渡りましたので、名残惜しくはありますが本日終演と相成ります。
[PR]
by hoppys | 2013-09-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)