びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

宴会は「ごっつあん」で

a0038663_2205253.jpg

 今夜は、音楽通りの居酒屋「ごっつあん」で、軽く宴会であります。金曜日とあって、座敷は予約で満席、カウンターの一部に空席がある程度の盛況ぶりでした。まずは生ビール、次いで、芋焼酎「明るい農村」のお湯割りを黒ジョカで貰いました。居酒屋だけに、試してみたいメニュウも多いわけで、肉豆腐や焼鳥盛り合わせ、野菜のてんぷら、イカの一夜干し、さらに親子丼の上に乗ってるやつなんかも頂きました。さらにジンジャーハイボールを飲み、シメはサケ茶漬けになりました。最後に茶漬けなんてのも久しぶりであります。
 宴会はこれで終了、また来年になりまして、おれ自身はもう1軒、「ムービースター」にやってきました。相変わらず盛り上がっている金曜日、今日はいろいろ差し入れもあって助かります。カウンターに乗っていた「さつま美人」なる芋焼酎を飲むことにして、いつものように自ら作りながら水割りを飲み続けました。かなり懐かしめの人が登場したり、初めてやってきたお客さんが面白ネタをもたらしてくれたり、今夜もいろいろありまして、結局芋焼酎3杯までとなりました。
[PR]
by hoppys | 2014-02-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

子安は江戸前

a0038663_20292816.jpg

 今夜は新子安でハッスルすることに致します。まずは、ちょっと狭い道に入ったところの立ち飲み「鳥笹」であります。カウンターオンリーの立ち飲み屋でして、早くも混雑しているいぃ感じになった木製カウンターには、テープでひとりあたり占拠できるテーブル幅が示してありました。たいてい、40-50センチくらいでしょうか。で、おれ自身もホッピー350円と焼鳥、さらには江戸前アナゴなてんぷらもいただきました。ちょうど客が殺到する時間らしくカウンター内はばたばたしてますが、お客さんは慣れた感じの酔っ払いばかりですから、まるで文句も言わず、楽しそうに飲み続けています。このへん、キリンとマリノスの城下町、店の壁には、2011年に貰ったらしい栗原勇蔵、兵藤慎剛、飯倉大樹のサインなんかもありました。ホッピーも、いわゆる3冷+氷みたいな感じです。こうなったら、ナカ200円も貰いましたが、ずいぶん入っていまして、こりゃあすっかり酔っ払います。
 で、次は「諸星酒場」。木曜日、18時台から随分混み合っています。剣菱とめかぶとろろを注文して、長めのカウンターでゆっくり飲ませてもらいます。場違いな若い者もやってきて、ビールなんか飲んでますがもちろんキリンビールです。で、おれ自身はもう1杯剣菱を飲み、今夜の京浜工業地帯から撤収しときましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-02-27 20:43 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_230583.jpg

 今夜も一杯やろうということになり、野毛の「小半」にやってきました。いつも人気の店でありまして、まだ早い時間でしたが、2階の座敷へと案内されました。幸い、名物しこ刺しはまだ注文できました。他にイカの沖漬けや湯豆腐を注文、それに生ビールに致しました。座敷は、やや年配のお客さんが目立ちます。しこ刺し、小さなイワシで濃いめの味、すぐに平らげてしまいますが、仕込みはさぞかし大変でしょうなどと話しながら、生ビールをもう1杯に致しました。
 続いて、野毛小路の立ち飲み「よりみち」で、韓国海苔を齧りながらウメサワーを1杯、本当に寄り道な感じで先を目指します。都橋を渡って、福富町「クライスラー」へとやってきました。ホワイトレディを飲み始めつつも、店内のCDジュークボックスに夢中になっております。ここのジュークボックスは、ケース内のCDジャケットを、レバー操作でめくれるようになっていまして、CDの収録曲表示を見て聴きたい曲を選び、ボタン操作します。CDジャケットは、曲が判るよう裏面になっています。100円で2曲、200円で5曲なんで、かなり楽しめるわけです。カーペンターズや、ABBA、S&G、ポリスなんかをどんどん流しました。たまに、操作ミスで覚えのない曲がかかったりするのもまた楽しいものです。ではもう1杯、やはりジンでギムレットに致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-02-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22431631.jpg

 日ノ出町の焼肉・ホルモン「がま親分」にやってきました。カウンターで生ビールを貰い、シロコロ、ハラミ、カルビと注文して早速焼き始めました。炭で肉が焼け、煙がもくもくと立ちのぼり、流れていきます。今日は右側でも左側でも盛大に焼いていたので、かなり燻されてきました。負けじとビールを飲み、焼けた肉からどしどしと喰っていきましたが、さすがに多少きつくなり、煙が出そうにないやつということでシイタケを追加しました。と、これがまた美味くて生ビールもう1杯です。
 しかしまあ、「がま親分」はこのくらいにしておいて、大通りを桜木町駅方面に進行し、「まるう商店さん」に入ってみることにしました。海鮮系の店と記憶していましたが、海鮮を中心にした、最近はやりの地産地消を標榜している店のようで、入ってみると、大きな生産者の写真が掲示されていました。もちろん、決して悪いことではありません。店内は明るくて2人または4人がけのテーブルが並んでおり、若干昔のチェーン店のフロア風で好印象でした。しかし、カウンターがないので、ひとりでは入りづらいかも知れません。ビールはサッポロ赤星がありました。天ぷらが充実していて、おれも金沢八景のアナゴ串を喰ってみました。盛り合わせ系はかなり重量級なので、気をつけないと持て余す感じです。酒も、県内の酒造メーカーのものを揃えていて好感度さらにアップですが、おれ自身飲むのは焼酎なので、メニュウの能書きから「胡坐」という福岡の麦焼酎を選びました。なかなか好みに合います。さらに自家製ジンジャーエールのハイボールをいただきました。で、一番気になる店名ですが、電話に出た店員が「はい、まるうしょうてんさんです」と答えていたので、好き嫌いはともかく、本当にこういう名前と思われます。話はそれますが、おれは、意味なく「。」を付けた名前が大嫌いです。「藤岡弘、」はよい。
 で、最後に野毛小路のスポーツバー「SHEVA」であります。入口近くのスペースに納まってギネスを注文しました。最近、ギネスビールは、立って男らしく堂々と飲むのがいいというのを聞きましたのでこれを実践、なかなか気分がいいのでもう1杯男らしく飲み切ったのであります。
[PR]
by hoppys | 2014-02-22 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)

美味いほうがいい焼鳥

a0038663_2172120.jpg

 野毛本通りの焼鳥「鳥どり」のカウンターで飲み始めました。焼きもの系は、ももやささみ、豚バラなど、たいてい似たようなものになりますが、今夜はまだ週末の宴会が始まる前だったからかも知れませんが、まとめて数本注文したにもかかわらず、丁寧に1本ずつ出してくれました。焼鳥は熱いうちに喰うのが美味いに決まっています。酒は、いつもの麦焼酎「特蒸泰明」を水割りで頂いています。ディフォルトで濃いめに仕上がっているのもいい感じです。さらにめかぶなどつまみながら、「特蒸泰明」はもう1杯になりました。
 続いて、立ち飲み「ぴんぴん」にやってきました。店内なかなかの盛況ですが、カウンターの隅に納まってホッピーを飲み始めました。カウンター奥の張り紙を見ると焼きたらこがあったので、これを十分焼いてくれるよう頼みました。じっくり焼いてもらっている間にホッピーを早くも飲み終わり、ナカを貰って飲んでいるうちに焼きたらこが出来上がるという塩梅になりました。
[PR]
by hoppys | 2014-02-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「浜とん」でモツ焼きに

a0038663_22471062.jpg

 今夜は、福富町のもつ焼き「浜とん」に行ってみました。以前、通りがかりで意気投合したおじさんたちに勧められたことがあるのですが、そのときは惜しくも閉まっていました。それほど広くもない店内、数人が座れるカウンターと、テーブル席があります。カウンターに落ち着いて、まずはバイスのハイボール、肉は、1串100円、エリンギなどが150円です。串は、メモを見ながら焼いている感じなので、カウンターにある紙に記入するのがいいようです。キャベツを注文して、これを齧りながら焼けるのを待ちます。キャベツには、味噌と塩胡椒が添えられていて、これを舐めながら飲むのもいいかも知れません。焼きあがったモツは、ひとつひとつがでかくて5串も喰えばかなり満足します。さらにホッピー、ナカと飲み続けました。ナムルも貰いましたが、味がよく浸みていてつまみに最適でした。この店があれば、橋を渡る必要はないかも知れません。
 だんだんに席が埋まってきて、19時には予約のお客さんも入るということなので、ホッピーがなくなったところで終了、宮川町に入り、立ち飲み「桐のや水産」にやってきました。寒いんで、麦焼酎「中々」のお湯割りに致しました。モツ焼きでかなり喰ってしまったので、今日は申し訳ないですがつまみなしでもう1杯「中々」を貰いました。すっきり風味の「中々」ですが、お湯割りで飲むと、しっかり麦の風味がします。
 3軒目は「ホッピー仙人」であります。今日は、常時2~3人が立ち飲み、つまり空いてもいなくて混雑もしていないという、普通の入りようということになります。今日も樽のホッピー、適当に白っぽいのと黒っぽいのを混ぜて2杯頂きました。
 厳しい冷え込みにも負けず、最後には、「ムービースター」に顔を出します。すだち酎をゆったり飲みながら、今夜も無駄話ばかりしているのですが、これがなかなか飽きないものなのです。
[PR]
by hoppys | 2014-02-18 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22451724.jpg

 今日は、音楽通り入口の居酒屋「ごっつぁん」にやってきました。カウンターには、季節柄小さな雛飾りがありまして、これを眺めながら一杯やる感じになります。そういえば、去年もあったような気がします。1杯目は芋焼酎の水割り、店名にもなっている「明るい農村」であります。つまみにも、いろいろ美味そうなものが揃っているので、暖まりそうな肉豆腐と、今日のお勧めのアジ刺しを貰うことにしました。店内奥のこあがりでは、サラリィマンっぽい数人のグループがふた組、宴会を始めたところでして、久しぶりに見る光景でいささかほっと致しました。日本のサラリィマンはこうこなくっちゃあいけません。アジ刺しをつまんでいるうちに焼酎がなくなったのでもう1杯、肉豆腐で暖まった後、蕪の田楽と麦焼酎「博多の華」を貰いました。焼酎の水割りというやつ、ぐんぐん入る一方、すぐさま酔っ払ってくるものです。
 2軒目は、野毛小路の立ち飲み「よりみち」になります。ウメサワーと韓国海苔を貰って飲んでおりますと、カメラをかついだ撮影隊が何度も行き来します。なんでも、先日にタレントが撮影に参加していたようで、今日はタレントなしの編集用映像の撮影に来ているらしいとのことでした。全然関係ない「よりみち」的には、やや不機嫌のようですが、大のおとな数人が、野毛小路の路上で一生懸命一本の焼鳥を映像に収めているのを見ますと、これはこれで大変なもんだと感じました。いい番組ができるのを期待しています。そんなことで、おれもウメサワーをもう1杯貰いました。
[PR]
by hoppys | 2014-02-12 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

早めに酔っ払う杉田

a0038663_22371864.jpg

 そこかしこに残る雪を乗り越えて、杉田にやってきました。立ち飲み「よしべえ」からスタートであります。外は非常に寒いので、芋焼酎「さつま司」、今日はお湯割りに致しました。串は100円、これをやげん、なんこつ、皮、ねぎま、ささみ梅、ささみわさび、しいたけ、手羽、エリンギといった感じで注文しました。店内は明るくて気持ちよく、つまみも酒も安い店であります。酒がアサヒビール系なので、ホッピーがないのが惜しいところと思っていましたが、メニュウをじっくり見たらちゃんとありました。で、早速2杯目はホッピー、氷の量は調整してくれるようですが、適当に入れてもらい、ホッピーを注ぐとちょうど半分入りました。ナカを貰って残りを注ぐとぴったり入りまして、これも気分の良いものです。
 続いて、やっぱり「愛知屋酒店」になりました。店内は盛況で、若い女性の姿もあります。店内奥のほうのカウンターでゆっくりやることにします。まだ時間的には早いのですが、この店で終了しそうな気がしてきました。そこで、後悔のないよう躊躇なく「剣菱」、今まであまり注意していませんでしたが、1杯280円でした。気のきいたつまみを2品くらいいただいて、大事にこの1杯を飲み、そしてもう1杯注いで貰ってまたゆっくり飲むともうすっかり回ってきましたので、今日も杉田で座ることのないまま、予想どおりこの店で終了となりました。
[PR]
by hoppys | 2014-02-10 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

「大番」でキリンビール

a0038663_2334579.jpg

 今日は生麦にやってきました。立ち飲みの「大番」に突入すると、幸いコの字型カウンターの3分の1はまだ空いている状態でした。生麦なんで当然ビール、キリン一番搾り、キリンラガー、キリンクラシックラガーと3種あるとのことなんで、クラシッククラガーの大瓶に致しました。それにカンパチの刺身を貰います。厚く切ってあって脂も全体の量もたっぷりであります。ひとりあるいはニ、三人連れで、お客がどんどん増えていきますが、空いている隙間をどんどん詰めて、客を収容していきました。だんだん使うカウンターがコンパクトになってまいります。当然、注文もどしどし入るので、決して殺気立っているようなことはいませんが、飲む方も飲ませる方もある種のいい緊張感があります。大瓶をいきなり飲むといささかきつくなってきましたので、二杯目は酎ハイ、それに湯豆腐を貰いました。このあたりになってくると、注文もひと段落、帰るお客もいて、多少落ち着いてきました。
 もう1軒くらい生麦で飲みたい気もありましたが、またビールというのもきついので、これで引き揚げます。生麦駅からKQに乗って日ノ出町に到着、都橋の立ち飲み「〇豊」に向かいました。この前、水のトラブルがあったようですが、大したことなく無事に営業となりました。ここではすっきりレモンサワーを貰い、きんぴらとかつまみつつ、居心地の良いところで、レモンサワーをもう2杯頂きました。
 階段を上がって「ホッピー仙人」にやってきます。金曜日にしてはゆったりした雰囲気になっています。明日の大雪予報が影響してるのかどうかは判りませんが、一時は全員着席できる状況になりました。樽の黒っぽいのと白っぽいのを1杯ずつ貰って終了しました。
 最後は「ムービースター」で、すだち酎を飲むのが、週末の恒例であります。今夜はお客が溢れており、みなが好き勝手にしゃべるのでてんやわんや感が横溢しています。これがいいわけですが、おかげで、もう1杯すだち酎となりました。
[PR]
by hoppys | 2014-02-07 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)
a0038663_22352294.jpg

 今晩は「武蔵屋」を目指します。17時45分頃店に到着したところ、当然満員のため、店外で待つことに致します。4人で月を眺めたりして過ごすこと約30分、ようやく暖かい店内に入ることができました。最初はカウンターに4人並びましたが、テーブル席が空いたので1杯めの後半で移動しました。場所が変わったので、2回来店したかのような、得した気分を味わうことができました。いまさら、店内の情景を説明する必要はありません。以前は飲めませんでしたが、今日は日本酒をしっかり3杯、それに、お待たせしたお詫びとおばちゃんからオマケの軽い1杯を頂き、心身共に温まって店を出ました。
 続いてやってきたのは、「お田幸」であります。カウンターとテーブルそれに奥はこあがりになっています。奥を案内されましたが、先にいたお客さんが、こっちは2人だからと言ってより広いほうを譲って移動してくれました。ありがたいことであります。芋焼酎の水割りに、お目当てのおでんを注文することにしました。メニュウには、ざっくり「おでん各種150円」とあるので、お任せで盛り合わせて貰いました。見てみると、カウンターにおでん鍋があってここでぐつぐつとやっています。たっぷりの盛り合わせをいただきながら、2杯目は芋焼酎水割りに致しました。
 そろそろシメの1軒ってことで、バー「R」にやってきました。4人なのでテーブル席になりました。1杯目はギムレット、2杯目はホワイトレディと、最後はジン2杯になります。
 「武蔵屋」で日本酒、「お田幸」でおでん、そして「R」でカクテルという、完璧なプランでありましたが、桜木町駅に向かう途中、ついひとりで離脱「ぴんぴん」に立ち寄ってしまいました。で、いつものようにホッピーとナカを飲んで酔っ払い、浅漬けをつまみつつ、今日もおばちゃんの好意に応えることができない、駄目な大人振りを反省することしきりなのでした。
 
[PR]
by hoppys | 2014-02-05 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)