びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

花見から宮川町へ

a0038663_2344363.jpg

 大岡川沿いの桜も満開になってきました。都橋から上流へ向かい、宮川橋から長者橋へと、花見散策を続けました。大変結構な塩梅でしたが、このあたりで早く飲みたいという意見もあり、宮川町の居酒屋「さざん」へ総勢7名で入店しました。二階の座席に案内されました。年度末らしく、すぐ隣では大宴会の準備がなされているようでした。サザン・オールスターズの曲が流れる店内で、まずは生ビールを2杯、甘い温州みかんサワーと飲み続けました。サザンオールスターズの曲タイトルをもじったあるいはそのままの名前のオリジナルカクテルなんかもメニュウにありましたが、いまひとつピンとくるものがなかったので、意外に充実している焼酎メニュウから米焼酎「鳥飼」の水割りを最後の1杯にしました。この間に、座敷は2、3組の宴会客で埋まっていきました。人が増えると、騒いでいなくても曲は聴こえなくなります。
 続いて2軒目は、やはり宮川町のバー「びじゃぽん」、国産さらに地元産のものを出してくれる店であります。前回も飲んだおれ好みの麦焼酎「釈云麦(じゃくうんばく)」を水少なめで2杯、さらに泉橋酒造「黒ラベル」を貰うことにしました。薄い繊細なグラスで焼酎や日本酒を飲みながら、かまぼこピザや横浜・小港の「美濃屋あられ」をつまんでいるわけです。
 最後にもう1軒、福富町のバー「クライスラー」でシメようということになりました。階段を上がって扉を開けると、週末でもないのに、いつになく混雑しています。年度末、大事な人や店との別れを惜しむ人も来ているのかも知れません。幸い奥のテーブルは空いていたので、ここでトムコリンズをゆっくり飲むことにしました。お客が多いと音楽が聴こえなくなるのは、ここのジュークボックスでも同じでした。
[PR]
by hoppys | 2014-03-31 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)

随分と飲む3月末

a0038663_21431364.jpg

 まずは、野毛小路の「紅とん」でいろいろ喰うことにしました。カウンターでまずホッピーを注文、続いて焼きとん焼鳥を発注しました。まとまって出てきた焼きものをどんどん喰っていきます。さらに、皮つきヤングコーンの炭火焼なる魅力的な特別メニュウがあったのでこれを貰いました。期待どおり美味かったのですが、皮を剥いていったらだいぶ小さくなってしまいました。ナカを貰って「紅とん」は終了になりました。
 都橋商店街に移動、まずは1階の立ち飲み「〇豊」にやってきました。今日は気まぐれでシークワーサーサワーにしてみました。シークワーサーなので当然ですが、酸っぱいです。かなり酸っぱいこれは2杯が限界、3杯め4杯めはレモンハイに切り替えて飲み続けました。だいぶいい気分ですが、「El Nubichinom」に移動してビールを飲むことにしました。メニュウを見ると、好物の横浜ビール・アルトがあったので早速これを貰います。2杯目は、ベアレンのライ麦ビールに致しました。酔っ払ってはいますが、壁際のカウンターの狭いスペースで、大事なビールをこぼさないよう、気を付けなければなりません。
 このあたりからスイッチが入ったらしく、階段を上がって、今日はたぶん行かないと思うと数分前に宣言していた「ホッピー仙人」にやっぱりやってきました。年度末のせいか、金曜日にしては心地の良い混み具合、おなじみのお客さんも多くて楽しい空間になっています。で、ホッピーのほうは仙人に任せて2杯ほど頂きました。
 で、5軒目は「野毛ハイボール」、金曜日ですが、幸いひとりだったので入ることができました。ハルさんの作った美味いハイボールを頂きつつ、今日もあの話やら、この話やら、話題は尽きることがありません。
[PR]
by hoppys | 2014-03-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

弘明寺でもホッピーを

a0038663_22454356.jpg

 弘明寺商店街の近く、大岡川沿いにある立ち飲み「どんどこ処」にやってきました。穏やかそうなご主人が迎えてくれました。早速ホッピーを貰い、壁沿いのカウンターで飲み始めることにします。ここは、おひとりでやっている立ち飲み店にしてはやや広めで、和風の内装が落ち着いた気分にさせてくれます。しかし、というべきかホッピーセット400円の焼酎はかなり大量であります。マドラーがないのも、潔くて結構です。つまみは200円以下、主力は150円とかなり安いので助かります。豚バラ大根、さつまあげ、イワシ丸干しそれに板わさと、大いに喰ってしまいましたが、それでも600円です。200円のナカを貰うと、1瓶でもう2回は楽に行ける量でしたが、ここは1瓶2焼酎にしておきました。
 続いてやってきたのは、鎌倉街道沿いの立ち飲み「ふがく(冨岳)」であります。ここも地元の常連さんで盛り上がっている風でした。ここでも濃いのを判っていてホッピーセットを注文、ほとんど「どんどこ処」と変わらぬ量の焼酎が入っています。先日来店した時には気づきませんでしたが、ここは韓国風の店でありまして、マッコルリが用意されているほか、つまみ類にも韓国料理があります。特に注意のないモツ煮込みもキムチ風味でして、これが酒によく合います。ナカも貰いましたが、当然大量になります。これを飲んで帰ろうとしますと、常連さんたちも、初めて見るはずのおれに挨拶をしてくれました。
 「ふがく」からちょっと歩くと、自然に地下鉄弘明寺駅です。そのまま、桜木町駅までやってきて野毛にふらりと立ち寄ることになります。行先は「ムービースター」になりまして、ここでようやく生ビール、これを2杯飲んだところでだいぶ気持ち良くなってまいりました。
[PR]
by hoppys | 2014-03-25 23:59 | 弘明寺でハッスル | Comments(0)

記憶に残す3月の野毛

a0038663_2244794.jpg

 3人で、「あさひや」に行ってみたところ、なんと入れました。カウンターのお客さんに快く詰め合わせてもらって感謝至極であります。梅割りはやめておいて、キリンラガーを飲むことにしました。おでんのほうは、ちくわぶ、こんぶ、たまご、しらたきあたりになります。ここは、軽く飲み喰いしたところで、早めに切り上げます。短い時間ではありますが、この店で飲める幸せをじっくり味わったところで、あとは次のお客さんに楽しんでもらいましょう。
 次は、野毛本通りを越えて「荒波」、ここは元「八百八」だったところです。年度末ということで、宴会の予約が入っているようで、カウンターに案内されました。料理は焼鳥各種、例によってささみはよく焼いてもらいます。焼酎ワインが充実しているので、まずは麦焼酎「佐藤」、続いて先日熊本で楽しんだ球磨焼酎「白岳しろ」、さらに米焼酎「鳥飼」と飲み続けました。久々に飲んだ「鳥飼」、甘くて美味でありました。
 野毛小路にスライドして「パパジョン」になります。ここも、いいタイミングで入れました。当然角ハイボールそしてつまみにレーズンバターであります。アナログレコードのサウンドに酔いしれつつ、もう1杯角ハイボール、いまさら言うまでもありませんが、毎回、この店では格別の味です。
 ひとり脱落しましたが、最後は同じく野毛小路の「ZOO」、1階のカウンターでモレッティSサイズを頂きました。Sっても、かなり満足の分量になってます。今夜も気持ち良く酔っ払いました。年度末、野毛とはしばらくお別れとなるみなさんもいらっしゃることでしょう。あと少し、楽しい時間をお過ごしください。
[PR]
by hoppys | 2014-03-24 22:58 | 野毛でハッスル | Comments(0)

つい立ち寄る野毛の店

a0038663_23111488.jpg

 今日は昼から飲んでおったのですが、もう少しばかり飲もうかと野毛にやってきました。時刻は17時前、開店している店とそうでない店がある時間で、店によって微妙に混雑していたりします。そんな中で、結局は立ち飲み「ぴんぴん」に来ることになりました、幸いまだ混んでいません。ホッピーを貰い、ニンニク風味の手羽先焼きを2本、焼きだこ、それに春キャベツの浅漬けを頂くことにしました。久しぶりに大相撲中継など眺めているうち、日が暮れるのと期を同じくして、混み合ってきました。立ち飲みなので、ある程度は詰めることができます。で、結局ナカを2杯貰うことになったのですが、これで会計は二千円いかないのだから、毎度助かります。
 次は、都橋商店街「〇豊」になりました。ここも盛況ながら、入れ替わりがあるので、だんだん奥のほうへと分け入っていく感じになります。酒はなぜかきまぐれで緑茶ハイに致しました。2杯目も緑茶ハイになります。じっくり飲んでいるうちに、焼きタラコに十分火を通してもらい、これを齧りました。
 で、最後に「ムービースター」にやってきました。ここはご存じのとおり立ち飲み店ではありませんが、結局ここでも座ることなく飲み続けております。すだち酎を水割りにして1杯2杯と飲んでいるわけです。今夜もいろいろなことを話しましたが、いつものとおり全く内容がありません。
[PR]
by hoppys | 2014-03-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

復活の「山荘」

a0038663_221545.jpg

 今夜の1軒目は、焼鳥居酒屋の「鳥しげ」であります。いつも人気の店ですが、幸い3人で入店することができました。メニューが豊富なので、好みの焼鳥のほか、めざし、キュウリミョウガナスの塩もみ、モツ煮込みなどいろいろ注文しました。どれも酒に合うものばかりです。酒は、ちょっと他で入れてきたので、すだち焼酎、焼酎蕎麦茶割りなどにしてみました。剣菱はやめておきます。
 続いて、柳小路に移転した「山荘」に向かうことにします。先日、旧店舗閉店の件が大きく報道された折、マスターが新しい場所を探しているとも伝えられていました。閉店後かなり早い時期に新しい「山荘」の看板が、柳小路のたべもの横丁入口の反対側あたりの二階に掲げられているのを確認していたのであります。と、いうわけで、急階段を上がっていきます。階段を上がって、あるいは下って店の入口ってのもいいもんです。新しい「山荘」は、以前よりかなり小さくなり、カウンターと奥にテーブルがあるくらいの規模になりました。むしろ、密度が上がっていい感じがしました。以前の店から持って来たものがいろいろあり、雰囲気を引き継いでいます。もちろん、マスターも健在です。まずはトム・コリンズを貰ってゆっくり飲み、懐かしいジュークボックスにコインを投入しました。続いてバラライカ、今夜は急階段をちゃんと降りられるくらいにしておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-03-18 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

イセザキで立ち飲み

a0038663_22392723.jpg

 伊勢佐木町の入口、すぐ右側に「じらいや」という焼鳥居酒屋がありますが、先日この一角に立ち飲みコーナーが特設されているのを発見、立ち寄ってみました。間口の左側に居酒屋の入口があり、右側が奥に続く厨房になっており、その厨房寄り、2メートル内外四方の一角が強引に立ち飲みスペースになっているのです。よくある焼鳥屋のお持ち帰り窓口を、多少店内に引き込んだ風であります。厨房越しに普通に飲んでいるお客さんも見え、ガラス扉の向こうはイセザキモールと、なかなか愉快な風景です。ホッピーもありましたが、今日は瓶ビール、中瓶キリンクラシックラガー400円、つまみはモツ煮込み200円に致しました。モツは200円なのにかなりたっぷりでお得であります。若いスタッフも気持ちよく、モールからの視線さえ気にしなければ、かなりいいところです。いや、むしろ、その視線は気分がいいかも知れません。
 本日のメインは、この後の野毛大通り「マミーズタミー」での宴会になります。飲み放題のコースで3,700円とかなり格安です。いささか料理が少なめですが、どうせ我々は飲んで盛り上がるのが楽しみなのでちょうどいい、良心的なコース構成でした。飲み放題なので種類は限定ながら、生ビール始め、ウィスキー、ワイン、地酒、焼酎など、十分満足のラインナップ、さすがは野毛、お勧めであります。
[PR]
by hoppys | 2014-03-17 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_2075065.jpg

 今夜の一杯目は、イセザキの立ち飲み「寺島商店」であります。寺島名物のシャーベットなホッピーを頂くことにしました。さらに豚バラ串焼きやカンパチ刺、納豆入り油揚げなんかを注文しました。打ちっぱなしというか、ほぼ内装がない状態の店内、壁際のカウンターで飲んでいると妙に落ち着きます。週末らしくお客さんもよく入っています。もう1杯、シャーベットなホッピーを飲んでおりますと、焼酎の量が意外に多いのか、だんだん回ってきました。
 酔い覚ましに、福富町を経由して宮川橋を渡り、都橋商店街までやってきました。一階の「〇豊」で、立ち飲みを続けます。一杯目は健康に気を遣ってトマトサワー、二杯目はレモンサワーになりました。でかい空豆を焼いてもらって喰っております。
 20時過ぎ、階段を上がって「ホッピー仙人」にやってきました。金曜のこの時間なので大変な混雑ですが、とにかく進入、そろそろ飲み終わるお客さんもいるので、少しずつ入れ替えとなり、一時余裕ができましたが、見る間にまた大混雑となりました。今日もおれが注文するのは、仙人の気まぐれホッピーでありまして、これはできあがるまで、瓶か樽か白か黒かはたまた白黒か、全く判らないというホッピーになります。これはおれしか頼めないというか、他に誰もそんなことするやつはいないのです。で、今夜もそんなのを3杯、おなじみのお客さんや、初めてやってきたというお客さんもいて、どこまでが同じグループなんだか、境目もよく判らない状況で、とにかく盛り上がっている場という感じになっています。
 週末のシメには、やっぱり「ムービースター」、今夜は「横浜ニューテアトル」で近日公開のダンミツ主演「地球防衛未亡人」の話題で盛り上がります。盛り上がったからには、観賞に行かなければならないでしょう。そんな感じで、ゆず酎を2杯ほど、ゆったり飲んで終了です。
[PR]
by hoppys | 2014-03-14 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

やろうぜ月曜から

a0038663_2214028.jpg

 3月になっても冷え込む夜が続いております。今日も寒い寒いと言いながら、立ち飲み「ぴんぴん」の暖簾をくぐりました。冷たいホッピーを飲みながら、他のお客さんが来て暖かくなるのを待ちます。店内のTVには、話題の低価格立ち飲みフレンチが登場していますが、牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニなんていうやつよりも目の前の焼きタコとごましおマグロ、洒落たワインよりも目の前のホッピーが美味そうに見えるのでした。で、ナカを2杯都合3杯ホッピーを飲んでおります。
 続いて、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」にやってきました。寒さはむしろ増してきたので、ここでは麦焼酎「中々」のお湯割りに致しました。つまみはモツ煮込みとホウレンソウ、さっきとは違う番組を見ながらぶつぶつ言っているうちに、周囲のお客さんとも仲良くなってまいりました。気分のいいところで「中々」をもう2杯、魚を分けてもらったりもして楽しい時間を過ごします。
 で、最後に野毛小路「ムービースター」の扉を開けますと、月曜日から大勢のお客で賑わい、カオスな状況となっております。芋焼酎の「三岳」を水割りで飲むことにして、おれ自身もその渦の中に突入致しました。なんだかんだと騒いでいるうち、焼酎はもう1杯、そしてシメは生ビールになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2014-03-10 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

おれもホルモン家族入り

a0038663_21181421.jpg

 最近、宮川町にできた「ホルモン家族けん」に行ってみました。「大夢」のすぐ横にありまして、並んだ両店でもくもくと香ばしい煙を出しているわけです。店内は、L字カウンターとテーブルが並んでいます。ホッピーを注文、セットでは約3杯分と説明されました。瓶と氷入りの角瓶用ジョッキ、別に焼酎が出てきます。確かに、2杯強いけますが、ちょっと濃すぎる薄過ぎるという場合は、ソトもナカも注文できるようです。氷も別についてきたので、これはよろしいと思って3杯目の時にジョッキに投入したのですが、しばらくして、豚ハラミが七輪で炎上した時に気がつきました。これは消火用だったのです。その後、消火用氷の追加に加え、ホッピー用の氷も頂いてしまいました。そんな感じで、他にナムルとか味噌ホルモンとか貰いました。ひと皿9切れくらいなので、ひとりでも大丈夫なホルモン店でした。
 雨が激しくなる中、野毛本通りを渡って、立ち飲み「よりみち」にやってきました。爽やかなすっきりウメサワーに韓国海苔は最近の定番です。野毛小路に降りしきる雨を眺めながらもう1杯やっています。
 少しずつ雨が弱まる中、都橋商店街へ向かいました。まずは1階の「El Nubichinom」に登場します。メニュウを見ると、大磯こたつみかんエールなる愉快なやつがあったのでこれを1杯目にいただきました。あの熊澤酒造の作品で、みかん風味がいい気分です。2杯目は、好物の横浜ビールのヴァイツェンを貰っています。
 階段を上がって、「野毛ハイボール」にやってきました。この頃には雨はやんでいましたが、そのせいか、まだ他にお客さんはおらず、マスターのハルさんと先日逝去されたビル・ロビンソン氏を偲び、プロレス入場テーマ曲集をBGMに、昭和のプロレス談議に花を咲かせました。気がつくと美味いハイボールを2杯頂いておりました。で、最後は、閉店まで多少時間のある「ホッピー仙人」を素通りすることに失敗しました。かなり酔っ払っていますが、とにかくホッピーを飲み、なにか約束だかお誘いだかを受けたような気がしますが、記憶が判然としていないんであります。
[PR]
by hoppys | 2014-03-06 21:30 | 野毛でハッスル | Comments(0)