びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0038663_234453.jpg

 イセザキ裏の立ち飲み「みんなのいばしょ」にやってきました。カウンターの隅に収まり、まずはホッピーと煮込みを注文、キンミヤ焼酎のすっきり美味いホッピーと、くさみのない煮込みがよく合います。さらに、串揚げ各種、地元産の豚肉使用の串カツ、ウィンナーに、タケノコ、シイタケそれにジャガイモといったオーダーになりました。ナカを貰ってから酎ハイに致しました。小さな店ですが、なかなか落ち着いて快適に飲むことができます。
 長者町から野毛に入り、またも立ち飲み「〇豊」に収まります。ここでは、枝豆をつまみながら、レモンハイを飲み始めました。早くも、おなじみのお客さんたちが揃っていて、なかなか賑やかに飲むことができました。2杯目もレモンハイ、3杯目はトマトハイに切り替えました。
 で、3軒目は「ムービースター」、今日はこれでシメる感じになるので、カウンターに並んでいた麦焼酎を飲むことにしました。水割りで2杯貰って飲んでいますが、引き続き座っておりません。よく見ると、ほとんどのお客さんが、今日2回目の顔合わせとなります。先週末はちょっとアレでしたので、今夜のところは、これくらいにしておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-04-28 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

酒も密度の濃い週末

a0038663_22455991.jpg

 今日は、高島町の立ち飲み「こちら西区高島裏横浜炭焼所」にやってきました。なんとも面倒ないやユニークな名称でありますが、焼鳥焼とんその他、堅実なメニュウが比較的安価で楽しめる店です。前回訪れた頃に比べ、すっかり近隣のサラリィマンに認知されたようで、表のビールケーステーブルまで満席、席はありませんがとにかく大人気になっています。こういうときは、早めにどしどし注文しておくに限ります。ホッピーを貰うと、焼酎大量なのはもちろんですが、なかなかの不味さであります。いや、これは必ずしも悪口ではなく、ホッピーは不味いなら不味いなりに、焼鳥やホルモンにぴったりしてくるわけです。第2弾ではシロコロを注文、焦げ目がつくまでしっかり焼いてあるのに、なんとも臭みがあるのですが、これがこの不味いホッピーによく合いました。今日はナカを貰って仕舞いにしましょう。
 横浜駅から桜木町駅を経由して野毛に入ります。野毛小路も人通りが多くて賑わっています。しかし、都ばし商店街「ホッピー仙人」の扉を開けると、金曜日なのにいきなり座れました。ここでは当然、美味い樽のホッピーをいただきます。この店ではこうこなくっちゃあいけません。徐々にお客さんも増えていく中、もう1杯こんどは黒いのを貰いました。
 続いて、やはり都橋商店街「野毛ハイボール」にやってきました。この店も、意外にあっさり入れました。ここで、ハルさんからいただいた情報をこっそりお教えしましょう。25日というのは、個人店は割と空いているそうです。給料日というやつです。そういえば、「よりみち」でも給料日は商売にならないと嘆いていました。もっとも、飲み会が終わった後の時間はむしろ混雑するかも知れません。そんなことをいろいろ喋り、ハイボール2杯貰いました。
 ハルさんからもうひとつ、野毛にいい蕎麦屋ができたとの情報を貰ったので、さっそく行ってみることにします。野毛本通りから、「若竹弐」や「鳥しげ」のある狭い路地をぐんぐん進んだところにある「千花庵」という店がそれであります。しゃれたカウンターで、焼酎を飲んだり、シメに蕎麦をいただいたりできるわけです。今夜は、まさにその組み合わせに致しました。非常にいい感じの店だったので、またあらためてゆっくりさせてもらいたいものです。
 そんな状況で、最後に「ムービースター」にやってきましたが、おっと、ここでもママひとりしかいません。これはこれでいいので、いつものすだち酎を飲みながら無駄話与太話を繰り広げていると、だんだんお客さんも増えて、金曜日らしい賑やかな夜になってまいりました。
[PR]
by hoppys | 2014-04-25 23:59 | 高島町でハッスル | Comments(0)

たまに飲んでみる蕎麦屋

a0038663_024053.jpg

 磯子駅前にある蕎麦屋「辰味」で1杯やることにしました。中央の大きめのテーブルにひとりで座ると、珍しく酒飲みに見られなかったのか、定食・そばうどんメニュウしか来なかったので、一瞬周囲を見渡してしまいました。が、無事に飲み始めることができました。蕎麦屋といえば蕎麦湯、むかし杉田で蕎麦屋の親父に教えられて以来愛好している、芋焼酎の蕎麦湯割を飲み始めました。「薩摩」というアサヒビール系の芋焼酎であります。グラスには焼酎だけ入り、別に蕎麦湯をくれるというのも気が利いています。では、飲んじまったら、ナカを注文すればいいような気もしますが、ここには蕎麦湯はいくらでもあるわけで、改めて熱い蕎麦湯を出してくれます。
 シチュウが突き出しに出てきた後、なめこおろし、タタミイワシ、板わさ、タコわさといったあたりを、順次つまみにいただきました。板わさやタコわさは、大ぶりの皿に、優雅に盛ってあってちょっといい気分になります。ゆっくりと蕎麦湯割を飲んでおりましたが、気がつくと4杯に達しました。そのあたりで、閉店時間も考慮してざる蕎麦の注文、いかにもこれでシメという感じの、内外にわかりやすいエンディングになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2014-04-24 23:59 | 磯子でハッスル | Comments(0)

これが鶴見の定番コース

a0038663_22422198.jpg

 今日は鶴見であります。工場帰りの皆さんで賑わう東口ロータリーにある立ち飲み「とんちゃん」に入りました。早くもかなり混み合っていますが、カウンターの隅を案内されました。隣のお客さんに「すみません」とお詫びしつつ進入しましたが、そこはさすが常連さん、ひとり分以上の幅を全く占拠しておられません。気持よくホッピーを飲み始めました。そういえば、この店は「焼酎濃いめ」というコールが有効みたいなんですが、ノーコールでも必要以上に焼酎が入ってます。で、キャベツをむしゃむしゃ齧りながら焼鳥焼とんを注文、1串150円から180円くらいですが、若干大きめのようです。ナカを貰って、エリンギシイタケも追加しました。
 2軒目は鶴見中央のほうにある、やっぱり立ち飲み「とっちゃん」であります。こちらでも、なんとかカウンターに入り込めました。引き続きホッピーをもらいます。三冷ホッピー480円なんていうのもありますが、ここは普通の氷入りに致しました。焼酎はキンミヤなんで美味です。ホッピーの宣材その他が店内所狭しと掲示され、おかげで、カウンターのお客さんはみんなホッピーを飲んでいました。オリジナルの春雨キンピラをいただきつつ、やっぱりナカをもらいました。この店も、相変わらずの盛況でなによりであります。
 3軒目は、鶴見銀座の路地を入った「スランジ・バー」にやってきました。まずはバラライカ、続いてウォッカトニックをもらいました。落ち着いた照明のカウンターで、JAZZを聴きながら、しばし落ち着いた気分になりました。もうしばらく、ゆっくりしていたい気もあったのですが、根がせっかちな性分なので、このへんで終了と致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-04-23 22:52 | 鶴見でハッスル | Comments(0)
a0038663_23321960.jpg

 雨の降る中を、横浜駅相鉄口・五番街の「ひさご」にやってきました。最近、よくこの店に現れるのは、決して、来るたびにおでん1品のクーポン券をくれるからではありません。そのようなもので、行動を左右されるような男でないことは強調しておかなければならないでしょう。しかし、それはそれ、後ほどそれを含めておでんは改めて注文することにして、今日のほろ酔いセットは、ホッピーサワーにモツ煮込みと小鉢の組み合わせに致しました。久しぶりに、このくさみのある煮込みを喰ったような気がします。これはホッピーによく合うのです。で、2杯目は「黒霧島」の水割りにしたのですが、何も言わずとも濃いめのやつが出てきました。これが370円、「富乃宝山」でも480円というのだから助かります。おでんをつまみにこれを1杯やって終了です。
 次は、またしても鶴屋町二丁目交差点近くの立ち飲み「浜伝」になります。ここは瓶ビール赤星ですかと確認すると、えっとあれ赤星っていうのかい?と、奥に確認してもらってうえで、サッポロ赤星大瓶にありつきました。他にお客さんはいませんでしたが、中央の立ち飲みカウンターで飲み始めました。どうぞお座りになってくださいと勧めていただきましたが、こちらのほうが好きなのでと言って、敢然と立ち飲みを続けました。瓶ビールを飲み終わりそうになった頃、同じくカウンターを選択していたお客さんと盛り上がり始め、結局紫蘇サワーとウメサワーと飲んでしまいました。この店も常に焼酎が多めで、ナカを貰える状態になっています。割モノも、他であまり目にしない瓶で興味深々であります。
 そうは言いながら、酔っ払って地下から上がりまして、今度は鶴屋町の立ち飲み「横浜商店」になります。軽く1杯と思ったのですが、若くて元気のいいスタッフが気持よかったので生ビールを2杯、さらにササミを焼いてもらったりして、上機嫌のまま、鶴屋町を去っていくのでした。
[PR]
by hoppys | 2014-04-21 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

運のいい野毛めぐり

a0038663_22513850.jpg

 野毛大通りの立ち飲み「栞」にやってきました。カウンターでホッピー、それに焼鳥各種、豚バラなんかを注文しました。で、早速ホッピーを飲み始めましたが、黒板を見ると、「兼八」が500円とあります。この麦焼酎がこの値段とはありがたい、そこで、瓶のホッピーをどんどんジョッキに注いでしまい、2杯目は「兼八」を水少なめの水割りにしてもらいました。これで「兼八」ちょうど終了となったようです。さすがに美味いこの焼酎を飲みながら、ささみをレアでなくじっくり焼いてもらいました。
 続いて都橋商店街へと向かいました。1階の「〇豊」で引き続き立ち飲みであります。ここでは、レモンハイを飲み始めます。メニュウに焼タケノコがあったので、これをもらうことにしました。旬の食べものというのは、実にいいものであります。ここでレモンハイをもう1杯となりました。
 2階の「ホッピー仙人」が3軒めになりました。お、意外にすいていて座ることができました。いつものように仙人お任せで樽の白、次に黒と美味いやつを飲ませてもらいます。
 最後に「ムービースター」にやってきますが、今日は酔いが進んでいるので、ここへきて生ビールを飲むことになります。適当に騒ぎ、放言して終了するのは、いつもどおりです。
[PR]
by hoppys | 2014-04-17 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22395715.jpg

 イセザキモールの入口にある「かもん」で飲むことにしました。横浜のチェーン居酒屋ですが、地産地消的なメニュウを揃えている店なので、その点は感心であります。安い飲み放題メニュウがあったのですが、なかなか種類が充実していたので、それにしてみました。生ビール、バイスサワーと飲んだところで、ホッピーがあるのを発見、ちゃんとソト、ナカも注文できるのが愉快です。で、セットナカセットナカと2クール飲み続けました。その間、刺身ややきとり、県内産の牛肉などをどんどん喰いまくりましたので、あまり酔っ払いませんでした。
 もうちょっと飲もうということで、立ち飲みの「寺島商店」に移動しました。立ち飲みでってのも変ですが、やっと落ち着いた感じで、まずは角ハイボール、もつ煮込みなどつまみながら、2杯目はウメサワー、シャーベット焼酎が選べるのもまた楽しいものです。
[PR]
by hoppys | 2014-04-14 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

標準的な金曜日

a0038663_23133347.jpg

 新年度4月最初の金曜日、関内や野毛界隈も、サラリィマンのグループが居酒屋を求めて、うろうろしている光景がよく目立ちます。
 こういうときには、グループ客の来ないような店を選ぶのが賢い方法になります。そこで、立ち飲み「ぴんぴん」スタートになりました。ホッピーを飲み、いつものタコに加え、タケノコ、ジャガイモ、空豆と美味そうなものからどんどん焼いてもらいました。そのうち、店内のTVでベイスターズ戦中継が始まりました。苦戦するベイスターズを応援しつつ、ナカ、さらにナカ、そしてキンミヤ炭酸割と飲み続けましたが、ベイスターズは結局挽回できないままとなりました。これだけ飲み喰いして二千円だから助かります。
 続いて、野毛本通りを渡って宮川町の立ち飲み「桐のや水産」にやってきました。気候がよくなってきたので、この店も完全にオープンになりました。いい気分ですが、早くも蚊が飛んでいるので注意しなくてはいけません。ここでは、麦焼酎「中々」の水割りにしました。つまみには、またまたのタケノコ、今度は土佐煮になりました。気分がいいので、「中々」をもう一杯、焼酎や日本酒に合うワカメ煮も貰いました。
 最後に「ムービースター」に登場、ここは立ち飲みではありませんが、カウンターの椅子は使用せず、一番奥で立ったまま、自分で生ビールを注いで飲み続けました。金曜とあって、いつもの連中がどんどん入ってくるので、いろいろ喋べくっているといつのまにか生ビール4杯に達しています。
[PR]
by hoppys | 2014-04-11 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

立ち飲みを選択

a0038663_2228654.jpg

 横浜駅相鉄口、五番街の「ひさご」にやってきました。18時までのワンコイン500円のセットは「ほろ酔いセット」と称するそうで、今日もホッピーサワーとお任せ盛りのおでんに致しました。今日のおでんは、こんにゃく、がんも玉子の3種でありました。いくらせっかちなおれとしても、これだけでは少しばかり寂しいので、焼鳥焼とん、酎ハイを追加注文しました。380円の酎ハイがなかなか効きまして、すっかりほろ酔いを通り越したところで「ひさご」を出ました。
 続いて、先日「みんなのいばしょ」のご店主に教えていただいた立ち飲み「浜伝」を目指します。地下街・ザダイヤモンドをどんどんと進み、キャメロットホテルの横から地上に出て、橋を渡ってすぐ右手のアカデミービルの地下飲食街にあります。「地下飲食街」ってのが、昭和っぽくて期待が高まります。店は、中央のテーブルが立ち飲み専用、あとは椅子席となっていました。専用の注文カウンターがあり、ここで現金引き換えになります。ホッピーは、キンミヤだと400円、ほかの焼酎だと350円でした。もちろんキンミヤで注文、つまみは、冷やっこと竹輪にしました。ナカも当然キンミヤです。店内のポスターから、瓶ビールは赤星のようですが、気がつくのがちょっと遅れました。今日はこれまでに致しましょう。
 とはいえ、結局は、黄金町駅から、初音町の「酒房ぴー」に立ち寄ることになりました。カウンターで、「特蒸泰明2014」を飲み始めます。一応水割りなんですが、ほとんど焼酎です。もう1杯飲んだらなくなってきたので、「泰明」を貰いました。この2種、同時に飲み比べると、決して上下関係ではなく、全然別の味がすることに気づきました。いずれにしても、これもほとんど焼酎なんで、気分よく酔っ払っていきました。もっとも、この店に来るといつもこうなります。


[PR]
by hoppys | 2014-04-09 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

こんなときにはホルモン

a0038663_22493349.jpg

 今日は、野毛小路の「野毛ホルモンセンター」にやってきました。19時までの、角ハイボール50円、角メガハイボールが90円が大人気ですが、多少落ち着いてきたようで、無事カウンターにおさまることができました。50円ハイボールの注文は、焼きもの2品以上、ジョッキは同じものを使用という条件が付いたようです。どちらも全然問題ないでしょう。まずは、ハイボールを飲みキャベツを喰って、肉が来るのを待ちます。名物ペラペラ焼き、シロコロ、牛ハラミ、それに炎上注意のトントロといったラインナップであります。だんだん、おれ自身の好み具合にあわせて焼けるようになってくるあたり、人間と言うのは進歩するものだと実感しました。ハイボールはもう2杯、ぬるくなるメガサイズは避け、あくまで通常サイズで勝負することに致します。
 肉とキャベツばかり喰って、「野毛ホルモンセンター」は終了、都橋商店街に移動して、「〇豊」にやってきました。窓からは、大岡川越しに桜が見えます。緑の葉も増えてきましたが、夜の闇で花しか見えず、まだまだ楽しむことができるようです。屋形船も行き来しています。今日の「〇豊」では、レモンハイを楽しく3杯、それになめろう、でかい空豆を頂きました。
 続いて、同じく都橋商店街1階の「El Nubichinom」で、花を見ながらビールを飲むことにしました。大岡川を眺めながら1杯やっていると、ハッピータイム終了のコールがかかりました。1時間早くなったのですが、それでも20時、やっぱりみんなハッピーになるわけです。
 階段を上がって「ホッピー仙人」へやってくると、ちょうど開店時からいたという集団が退出するところで、運よく一番奥のカウンターに納まることができました。入れ替わりの時間で、知った顔ばかりというちょっと嬉しくも珍しいハッピータイムとなりました。ちょっとゆっくり落ち着いて樽の白を貰いました。
 再び混み始める前に店を出て、「ムービースター」に繰り出しました。いつものとおりすだち酎を飲みつつ、またしても落ち着きはなくなって、ひと騒ぎして終了となります。
[PR]
by hoppys | 2014-04-07 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)