びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

強者の新子安

a0038663_22243252.jpg

 京急新子安駅近くの立ち飲み「鳥笹」にやってきました。カウンターに貼られたひとり分のラインをきちんと守って飲まなければなりません。あまり太ってしまうと、この店に来ることはできなくなります。税抜き350円のホッピー、この店のやきとりは豚のほうが多い感じですが、ささみのねぎまなど、鳥豚混合で数本注文しました。もやしキムチやシイタケなども追加、税抜き200円のナカも貰いました。言うまでもなく、相当な焼酎量であります。
 続いて、市民酒場「諸星」にやってきました。そこそこ混み合っていますが、長いカウンターにはまだ余裕がありました。日本酒に行きたいところをここは自粛し、バイスサワーから始めました。つまみには、いつものめかぶとろろに、葉しょうがなんか貰いました。これはなかなか辛くて効きます。さらに2杯目は、ハイ辛割という、トウガラシ風味の焼酎ハイボールを貰って、辛いながらもやや爽やかな風になりました。で、最後にトマト割を飲んですっきり致しましたが、すっきりしたのはあくまで気分だけで、酔いのほうは当然すっきり致しません。
[PR]
by hoppys | 2014-06-30 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

タンメン喰ってスタート

a0038663_2233630.jpg

 やや遅めの時間に野毛にやってくると、野毛小路を中心に、どの店もなかなかの盛況であります。考えてみれば、給料日直後の金曜日でありました。いささか空腹だったので、先に喰ってしまおうと、大通りの中国ラーメン「楊」に入りました。タンメンに、200円のグラスビールをいただきました。相変わらず手際よく、美味い料理を出してくれる店であります。
 続いて、宮川町に移動、立ち飲み「桐のや水産」にやってきました。こちらも盛況で騒がしくはありましたが、完全にオープンでやっているので、あまりうるさくはありません。壁に向かったカウンターで、ホッピーを注文、聞かれればそのとおり氷を入れてもらいます。焼酎はキンミヤですが、ホッピーを注ぐと中途半端に残るくらいの量です。そこで、ナカは頼まず、セットで2回貰うことになりました。枝豆を喰いながら2杯ゆっくり飲ませてもらいました。
 最後にやっぱり「ムービースター」に登場、入った途端、暑いっっと声が出ましたが、まだまだ大丈夫、すぐに慣れてきます。で、米焼酎「白岳しろ」を、今日も飲み始めます。氷と焼酎の量を慎重に見定めながらこれを2杯、まだまだ大丈夫なのです。
[PR]
by hoppys | 2014-06-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ホッピーの連鎖

a0038663_23273245.jpg

 荒れ模様の天気をかいくぐって野毛に到着することができました。1軒目は焼とんの店「紅とん」にしました。カウンターで、ホッピーを飲み、枝豆に焼き物各種を注文致しました。店内入って右手のカウンターからは、調理場の様子がよく見えます。今まさに焼き上がろうとしている串も眺めることができ、より美味く喰うことができるような気がします。ホッピーのナカを貰い、もう少し焼いてもらうことにしました。
 2軒目は、立ち飲み「ぴんぴん」にやってきました。こちらでも飲むのはホッピーになります。いつものように、好物の焼たこや季節のつまみを喰い、カウンターでゆっくりさせてもらいます。飲みやすいキンミヤのホッピーですが、今日もナカは大量なので、瓶のホッピーを継ぎ足し継ぎ足しで解決致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-06-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

「がま親分」で肉を投入

a0038663_23243046.jpg

 ここのところ、すっかり暑くなってきてバテ気味であります。こういうときには肉を喰うに限ります。ということで、日ノ出町の「がま親分」に向かうことにしました。まだ煙っていない店に入ると、金曜日で盛況が見込まれるのでしょうか、カウンターには、手回しよくすでに何台かの七輪が用意されていました。そこで、早速税抜き900円の牛タン、それにホッピーを注文しました。ホッピーは、キンキンに冷えたビールジョッキが氷なしで出てきます。焼酎の量はそれほど多くなく、ホッピーを注ぐと、少しだけ余る感じです。飲んでみるとこれが美味い。以前よりかなり美味くなっているような気がします。七輪の調子もよく、カルビ、ハラミ、シイタケ、豚トロとどんどん焼いて平らげていきます。ホッピーももう2杯、おかげで、5,000円に届こうかという、かなり思い切った勘定になりました。
 続いて、都橋商店街「ホッピー仙人」であります。開店30分くらいなのに、すでに蓋、いや扉が閉まりづらい詰め込み状態になっていました。ただ、原因のひとつは、すっかりできあがっている仙人がゆっくりホッピーを作っているからとの情報も入ってきます。幸い、仙人も徐々にペースを上げ、お客も回転し始めました。今日は、わざわざ北海道から野毛に飲みに来たというお客さんや、横浜で一番ギターがうまいお客さんも来店するなど、週末らしい盛り上がりで、おれ自身も樽のホッピーを3杯いってみました。
 最後は、「ムービースター」であります。ホッピー6杯が徐々に効いてくる感じですが、もうひと踏ん張り、コメ焼酎の「白岳しろ」を慎重に水割りでいただくことにしましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-06-20 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)
a0038663_2312224.jpg

 今日は上大岡であります。「camio」裏の通り沿いの立ち飲み「たぬき」にやってきました。カウンターにはお客さんがずらりと並んでいますが、まだ入口あたりにはスペースがありました。早速ホッピーを注文、ホッピージョッキに、氷と焼酎が大量に入っています。枝豆に、焼鳥各種を注文、焼酎濃いめのホッピーを飲み始めました。店内にはニッポン放送が流れていて、なんとも懐かしい感じがします。いつの間にか、隣のお客さんもホッピーを注文、焼酎量に驚いていました。そのホッピーにはレモンスライスが入っています。そういえば、今日もおれのホッピーには入っていません。すると、店のおばちゃんが、本当にホッピー好きな人はレモン入れないなんて話をしています。おれをホッピー好きと見込んで入れてないんでしょうか、謎は深まるばかりであります。で、そのホッピーに焼酎を足すのは極めて危険なので、これは1瓶で飲んでしまい、酎ハイを追加、マグロ山かけにたぬきやっこを喰いながら、これを飲んじまうのでした。
 2軒目は、京急のガードをくぐって立ち飲み「cove」になりました。カウンターで生ビールをもらいます。丁寧に骨を取ってくれたアジ刺しをつまみながら、前半は横浜駅のパン屋の話、後半は時節柄ワールドカップの話で盛り上がります。おれ自身、決してどこの店でも会話をするわけではないのですが、この店では、初めて会ったお客さんが相手でも、いつの間にか話が盛り上がっているから不思議であります。そんな感じで、生ビールはもう2杯、美味しくいただいております。
[PR]
by hoppys | 2014-06-16 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)
a0038663_22534994.jpg

 夕方に激しくひと雨ありますと、なかなか積極的には飲みに出たくなくなるのは、しかたのないことでありましょう。ということで、今日の野毛は明らかに人通りが多くありません。1軒めは野毛小路の「ホルモンセンター」にやってきました。美味いホルモンに加え、19時までの格安ハイボールで人気の店ですが、こういう日はさすがに空席が目立ちました。おかげで、こちらはあまり窮屈な思いもすることなく、ゆっくり肉を焼くことができます。1杯50円の標準サイズ角ハイボールを2杯、キャベツも2杯、そして肝心のホルモンは、いつもの辛味ニラで喰うペラペラ焼き、シロコロ、豚トロに加え、いささか贅沢に570円の牛ハラミであります。
 続いて、都橋商店街の「El Nubichinom」に向かうことにします。先ほど、野毛本通りで店主のカジさんに会ったので、今日は本人がいるだろうと見当を付けてのことであります。首尾よく、見当のとおりになりまして、毎年夏には必ず飲んでいる、宮崎ひでじビール「太陽のラガー」でスタートしました。大岡川の風景が自慢の店ですが、惜しくも最近の悪天候で水面はにごり、ごみが浮いています。しかし、ビールは美味いので続けて2杯目、箕面ビールの「W-IPA」、パワフルな9度のやつをぐっと、いやゆっくりといただきました。3杯目は趣を変えて、鹿児島・城山ブルワリーの「ベルギーホワイト」、爽やかなやつで終了となります。
 カジさんの店では、ラーメン店の話で盛り上がっていたので、このままラーメン屋に直行の可能性もあったのですが、やっぱり野毛小路に戻り、スポーツバー「SHEVA」のカウンターへと吸い込まれて行きました。今度はギネスを飲み始め、店内のTVでベイスターズを応援するも力及ばす、しかし、結局ギネスは3杯、野球場で飲むよりも、さらにペースが早くなっているのであります。
[PR]
by hoppys | 2014-06-11 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

串揚げにホッピー

a0038663_23145310.jpg

 イセザキの裏路地にある立ち飲み「みんなのいばしょ」にやってきました。カウンターの隅におさまり、ホッピーを飲み始めました。地元産ポークの串揚げや枝豆をむしゃむしゃと喰い、ナカ、さらに酎ハイを貰いました。ここの酎ハイは、キンミヤ焼酎でさっぱりしているうえ、若干の甘みがあって、美味であります。今日も、気のいいマスターから他の立ち飲み情報を貰うなど、楽しく飲んでおります。
 福富町から野毛に移動、都橋商店街の「ホッピー仙人」に到着しました。今夜は、飲むにはいい気候であります。開店早々なので、ゆったりしておりますが、仙人は早くもいい感じになっているようです。今日はこの後もあまり混み合うことなく、落ち着いて、飲み続けることができたので、樽で白と黒、さらに久々にハーフ&ハーフを飲むこともできました。
 ラストにやってきたのは「ムービースター」であります。今日は、すだち酎を飲んでおりますが、常連客であまり実現性に欠ける話を、しかしある程度真面目に延々と楽しく喋り続けました。まさに、THE無駄話と称してよいでしょう。
[PR]
by hoppys | 2014-06-09 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

梅雨に負けないはしご酒

a0038663_0153768.jpg

 横浜も梅雨入りし、雨の金曜日となりました。今夜は、横浜駅相鉄口の「ひさご」にやってきました。カウンターの空席に収まりまることができました。ほろ酔いセットで、おでん3品とホッピーサワーを選択しました。それに、スタンプカード的なものが一杯になったので、小鉢を付けていただきました。これで帰るってわけにも参りませんので、追加注文は、ラムネサワー、それに豚バラわさびとトマト巻きを焼いてもらいました。
 雨はだいぶ激しくなってきましたが、「ひさご」を出て、「スタンディングバー溜(りゅう)」に向かいました。「浜ボールイアス」の手前の路地を入ったすぐ右手にある、しゃれた感じの立ち飲み店であります。しかし、入店すると、過半のテーブルには椅子がありました。落ち着いた照明のモダンな古民家といった内装で、日本酒、焼酎のほか、泡盛、ウィスキー、カクテルのメニュウが充実しています。あまりお客さんもいなかったので、ここは椅子を利用することにしました。ビールまたはウィスキーとつまみ1品で1,000円の「晩酌セット」があったので、これでハートランドビールと野菜チップスをいただくことにしました。2杯目は「千が飛ぶ」という鹿児島の麦焼酎であります。
 横浜駅から、KQに乗って黄金町駅に到着、初音町の「酒房ぴー」にやってきました。いつもの麦焼酎「特蒸泰明」を貰い、カウンターで飲み始めます。今夜のお客さんは、みんな男性のひとり客でした。焼タラコや野沢菜をつまみつつ、2杯3杯とだんだんに調子が上がっていきます。
[PR]
by hoppys | 2014-06-06 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

密度が濃い生麦

a0038663_21405290.jpg

 今晩は、生麦の立ち飲み「大番」であります。特に意味はありませんが、右側の扉から入りました。勘が当たり、入ってすぐのカウンターにわずかな隙間があり、そこに収まることができました。もっとも、左右のお客さんが少しずつ詰めてくれたからで、お互い様とはいえ、ありがたいことであります。早い時間、この店では、注文も多くてカウンター内は大忙しなので、特に1杯目は、躊躇することなく素早く注文しなければなりません。というわけで、生ビールと張り紙が目に入ったアジ刺しに致しました。もっとも、刺身はどれもいいものが出てきますから心配ありません。今日は、さらにゲソ焼と茎ワカメを貰い、もう1杯生ビールを飲むことにしました。店内混雑して、注文はひっきりなしの緊迫した感じをおれは楽しんでいるのですが、店員さんは落ち着いて丁寧に対応してくれるので、実は心配することはないのです。
 続いて、「大番」前の路地を、やや第一京浜側に行ったところにある串焼き「大将」に入ってみました。なんでも、オーデコロンや香水、整髪料の匂いがきついやつは出入り禁止とのことであります。幸い、柳屋製ポマードのおれは無事通過することができました。意外に奥行きもある、全席がL字カウンターの店で、ここではホッピー、つまみに冷奴、さらにぼんじり、皮、つくねを焼いてもらうことにしました。ご主人が炭火で丁寧に焼いてくれるのを眺めながらホッピーを飲み、ナカも貰いました。つくねは、よく見るとピリ辛つくねでありまして、これがかなり効いて、さらにホッピーが美味く飲めるのでした。
[PR]
by hoppys | 2014-06-04 23:59 | 生麦でハッスル | Comments(0)
a0038663_22121292.jpg

 いやあ今日も暑かったなあと思いつつ、立ち飲み「ぴんぴん」にふらりと立ち寄りました。この店は、扉を開けさらしておりまして、自然風で冷やしております。入店早々はいささか暑うございましたが、冷たいホッピーを飲んでいるうちに、だんだん調子良くなってまいりました。空豆や焼ダコを喰らい、キンミヤ焼酎のナカを2回貰いました。
 続いて、今度はタコ焼きが名物の野毛小路「tacobe」に移動しました。もっとも、今日はタコ焼きは貰わずに、カウンターでひたすら飲んでおります。生ビールを飲みながら、マスターと無駄話をやっていると、どーんと花火の音が聴こえてきました。あとからやってきたお客さんの話だと、この界隈からでもよく見えたとのことで、これは失敗であります。もう手遅れなんで、さらにギネスを1杯2杯といただきました。花火帰りのお客がやって来ないかと期待するところですが、残念ながらそれはちょっと難しいかということで、店内意見が一致しました。
 最後に「ムービースター」に到着しました。エアコンなしの夏場が、早くも3シーズンめとなります。しかし、夜はまだ辛うじて涼しく飲むことができます。お客さんの鹿児島土産の黒糖的なものをいただきながら、熊本産の米焼酎「白岳しろ」を、例によって濃いめのセルフ水割りで飲むことにしました。先日訪れた、熊本とくまもんに思いを馳せつつ、もう1杯、この米焼酎を濃いめで飲んじまいます。
[PR]
by hoppys | 2014-06-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)