びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2014年はこれ迄

a0038663_2313825.jpg

 2014年も、さんざんあちらこちらで飲んでまいりましたが、出歩くのはたぶん今夜で仕舞いとなります。
 イセザキの「みんなのいばしょ」主催の忘年会があるのですが、まずはその立ち飲み屋に登場します。忘年会まであと30分ほどですが、まずはここで生ビールを1杯、その後ほかの皆さんとともに会場である吉田町の居酒屋「長八」に移動しました。二階の座敷貸切という、最近あまりないパターンの飲み会でありまして、湯豆腐鍋、白身魚やハムカツの揚げもの、それに刺身なんかが並んで、絵に描いたような昭和の宴会風景を楽しむことができました。酒はいろいろありましたが、ここはスーパードライの中瓶をひたすら飲み、最後は飲みつくしてしまったので、生を貰って飲んでいる始末であります。
 二次会を予約してあるというので、とりあえずついていきますと、都橋を渡り、野毛興産第二ビルの二階に案内されました。最近オープンしたという「今宵」という店が、その会場でした。カウンター主体の店で、若めのマスターがいろいろな酒を用意してくれています。貸切で、セルフの飲み放題状態でありまして、麦焼酎「二階堂」の水割りを作ってもらって飲み始めました。場所が場所なんで、1杯頂いたところで、ナカヌケして同じフロアの「ムービースター」に顔を出しました。二元中継状態であります。「ムービースター」では、米焼酎の「白水」を水割りでもらって飲み始めましたが、なじみの面々もいてついつい長くなりました。何気ない風で「今宵」にカムバックし、今度は自ら黒糖焼酎「れんと」の水割りを作って飲むことにしました。忘年会は、日付の変わる0時で終了。今年はこんなもんでしたが、来年も大いに飲みたいものであります。
[PR]
by hoppys | 2014-12-29 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

昼からイケる上大岡

a0038663_091896.jpg

 まだ真昼間ですが、上大岡の立ち飲み「じぃえんとるまん」にやってきました。久しぶりの来店で、店内のレイアウトも若干変わっていたような気がします。マグロやもつ煮込みを貰い、まずは焼酎の男梅割から飲み始めました。もつ煮込みは強烈系だったのでホッピーが飲みたくなりましたが、まだ早いので、ここは生ビール、スーパードライにしておきました。はっきりとした注文カウンターがないので、最初はいささか戸惑いましたが、適当な隙間を見つけて、中の店員さんを捕まえて注文すればいいようです。それで、生ビールはもう1杯であります。
 今日はなぜ早くから飲んでいるかというと、上大岡京急百貨店で開催中の「京急鉄道フェア」に、おなじみ遠峰あこさんが登場して、鉄道マニヤを前に2ステージやってのけたからであります。いたいけな鉄道マニヤのおぢさんおにいさんたちを前に、日ノ出町や黄金町の充実ぶりを力説するあこさん、なかなか素敵でありました。
 で、2回目のステージ終了後は、焼鳥「一火」にやってきました。本店「鳥佳」は早くも断念しております。ここでは幸運にも空席があり、2時間制限ながら、ゆっくりと焼鳥を喰うことができます。 串ものは、鳥佳巻きやチーズ巻きあたりからどしどしと注文、酒の方は レモンサワーから始めて、佐藤麦の水割りを2杯、鶏スープでシメになります。
 3軒目は、立ち飲みの「cove」であります。かなり大勢のお客さんが入っていましたが、隙間を作ってもらいました。ここでは麦焼酎の適当なやつを貰って飲み始めます。年内の営業は本日までとのことで、その後も次々にお客さんが入ってきまして、カウンターはますます盛り上がってきました。で、今夜のシメは生ビールに致しました。
[PR]
by hoppys | 2014-12-27 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

今日の夜は野毛

a0038663_2374913.jpg

 気がつくと雪がちらついた横浜ですが、今夜は都橋商店街「〇豊」からスタートになります。多少は健康にも気を遣っている風なトマトハイを飲み始めます。年末年始の「〇豊」は、定休日以外、営業時間を変更しつつも店を開けてくれるとのことで助かります。横須賀風温豆腐やコンビーフ入りのポテトサラダをつまみつつ、トマトハイ、さらにジンジャーエール割といただきました。
 続いて、野毛小路の「tacobe」にやってきました。この寒さのせいか、クリスマス当日のせいか、野毛小路にはあまり人が歩いていません。カウンターで生ビールを飲み始めるわけですが、一応、内装や音楽など店内クリスマスムードになっております。もっとも、お客の方はそうでもありませんで、みんないつものようにふらりとひとりで飲んでいる感じです。そんなのんびりした雰囲気で居心地がよく、生ビールをもう2杯飲んでしまいました。
 3軒目は「ムービースター」であります。カウンターに並んでいた薩摩の芋焼酎「黒りえもん」を水割りで飲むことにしました。今夜も、いつもの酔っ払いで騒がしいことは言うまでもありません。そんな中で、続けてもう1杯「黒りえもん」を飲んじまうわけです。
[PR]
by hoppys | 2014-12-25 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

繰り返すホッピー

a0038663_23133354.jpg

 横浜駅西口五番街の「とん太」にやってきました。カウンターで、いつものとおり何も考えずにホッピーを注文しましたが、そうだったそうだった。この店にはキンミヤの大麦があるのでした。ま、とにかくホッピーを飲んでしまうことにして、串焼きやキャベツを貰いました。それでもやっぱりナカはいただきまして、いよいよキンミヤ大麦焼酎、これは炭酸割りに致しました。ちゃんとキンミヤのタンブラーで出てまいりまして、麦の香りがして大変美味であります。次回は、もし覚えていたら、水割りやお湯割りにしようかと思いました。つまみは、辛い肉豆腐390円がなかなか酒に合います。
 他に界隈で行きたい店は、休みだったり混雑だったりしたので、この後は野毛に戻ってきました。野毛小路の立ち飲み「よりみち」からリスタートであります。1杯目は冷たいウメサワーにしましたが、これを飲んでいるうちい、暖かい酒メニュウにこぶ茶割があるのを発見、これは毎年飲んでいるやつなので、2杯目はこれにしました。じゃがバターなんかもつまむと温まっていい気分になります。
 続いて、野毛小路を直進して本通りを横断し、「桐のや水産」でまた立ち飲みであります。酒もホッピーに戻っております。小ぶりながら5種類くらい入っているおでんをつまみながら、ナカまでいただいています。
 本日ラストは野毛小路に戻り、「SHEVA」になりました。中途半端な時間だったのか、お客さんは2人だけで、落ち着いて飲む感じになります。ギネスをゆっくり飲みつつ、今夜はこれで終了と致しましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-12-22 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

新しい焼鳥店

a0038663_23425233.jpg

 野毛の「たべもの横丁」、柳通り側から進入します。すぐのところにある立ち飲みで飲み始めることにしました。普通にホッピーを貰い、さらに焼鳥各種を注文しました。ホッピーを飲み、焼きあがりを待っている時にようやく、以前の店と違っていることに気付きました。カウンターなど外見はほぼそのままですが、新しい店は「鳥むすめ」といいまして、その名の通り若い女性がせっせと焼鳥を扱っています。ホッピーの焼酎はキンミヤで、セット450円ナカ200円ソト300円と、ナカソト足してセットと違うのはちょっと珍しいかも知れません。キンミヤ焼酎は、ホッピーファンのために意識して入れたそうなんですが、スペースの関係で冷やしておけないのが残念とのことです。ペットボトルに小分けして冷やす方法を一応伝えておきました。丁寧に焼きあげて貰った串を平らげ、ナカを貰った後に、「梅サワー」を注文しました。が、出てきたのは、キンミヤ水割り梅干2個入りというシロモノ、いやいや願ってもないおれ好みのノミモノであります。梅干を酒内でこちこちと解体し、いい感じに仕上げつつ、いただきました。店が変わったので、市内立ち飲みは121軒目のカウントということになります。
 2軒目は、混雑覚悟で「ホッピー仙人」に突入しました。カウンターの座席は埋まっていますが、まだそれほど混み合ってはおりません。しかし、仙人お任せの樽白を貰って飲んでいるうちにどんどん客が増えてきました。冷え込む季節とあってぬくっピーの注文もあり、仙人も忙しくなってきたので、ここは1杯で終了しました。
 3軒目は立ち飲み「ぴんぴん」であります。酒はまたホッピー、焼タコなどむしゃむしゃ喰っております。ここでは、ベイスターズの話題が多いのですが、店内TVの番組の影響で、隣のお客さんと鉄道話で盛り上がったりします。ここでもナカは必要です。
 本日ラストは「ムービースター」であります。席は空いていましたが、立ったままですだち酎とか飲み始めました。今夜は全く座っていないわけです。こうなりゃ、そのまま、もう1杯といきましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-12-19 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

忘年会は必ず成功

a0038663_23113846.jpg

 年の瀬12月と言うことで、今夜は忘年会になります。参加してくれる面々には美味い物を喰って貰いたいので、今回は、日ノ出町、野毛大通り沿いの「まるう商店さん」で開催致しました。「豪快!三浦半島地魚大舟盛」と称するコースにしたのですが、もともとのラインナップにはなかった鍋料理が用意されていました。冷え込む夜なので、これは助かります。鍋には金目鯛が入っているし、豪快な大舟盛はもちろん登場、さらにてんぷらや三浦大根なども並べられました。どれも期待通りの美味なもので、こちらは面目を施しましたが、なにぶん量が多くて、平らげきれない料理があったのは惜しいところでした。飲み放題コースで、ピッチャーで出てきたサッポロ生ビールが非常に美味かったのもポイントが高く、結局生ビールばかり飲み続けることになりました。
 というわけで、忘年会は2時間できっちり終了、満腹のまま少人数で野毛に入り、バー「Brilliant」に立ち寄ることしました。コの字型カウンターの一番奥におさまります。1杯目をトムコリンズ、2杯目はジンのロングカクテルをお任せでお願いしました。シメにはバーボン、アーリータイムスのロックにちょっとだけ水を入れてもらいます。
[PR]
by hoppys | 2014-12-17 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)

「鳥佳」60分1本

a0038663_23374573.jpg

 上大岡の「鳥佳」にやってきました。早めの時間とはいえ、もう師走なので玉砕覚悟ではありましたが、予約前の18時半まではよいとのことであります。つまり、1時間弱になるわけでありますが、テンポよく飲み喰いすればむしろちょうどよい時間であります。と、いうことで、厨房裏の増築スペースのテーブルに案内され、すぐさま注文であります。ビールと言いたいところですが、かなり寒い中を歩いてきたので、焼酎の水割りにします。よく考えれば、冷たいのはこちらも同様、氷まで入っているわけですが、多少アルコールも効くのでヨシとしましょう。麦焼酎の「麦汁」、やや控えめながらちゃんと麦の風味がします。それからなんといっても美味い煮込み、焼鳥、串系は皮、ナンコツ、砂肝に、定番の鳥佳巻、チーズ巻、トマト巻さらに、漬けた豚バラ肉の串焼きトンヅケを加えました。こういう事情なので、店内混み合っているにもかかわらず、若い人たちがどしどし焼いて、次々に持ってきてくれます。酒の方も、いよいよ自家製ジンジャーのハイボールに突入、これをもう1杯、そして仕上げにシャンディガフを飲み、締め切り10分前には終了するという潔さであります。
 終盤、かなりのアップテンポになりましたので、いったん休憩を兼ねて上大岡を終了、KQで黄金町に移動します。駅のカンヅメはこの前行ったので、今日は初音町の「酒房ぴー」にやってきました。駅から大した距離ではありませんが、表は極寒なので、暖かい店内で生き返った思いです。カウンターで、贅沢にも冷えたビール、サッポロ赤星中瓶をいただいて飲み始めました。つまみにはポテトフライ、これがMDNDより美味くてしかもSサイズじゃないので、いつまでもつまめるから助かります。各党党首が登場するTVを眺めながらも、店主のひろぴーと、黄金町イセザキ野毛辺りの近況やらを話題にして過ごし、ビールをもう1本、さらに野菜代わりのトマトハイも飲んじまいましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-12-15 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

週末は二桁安打で

a0038663_22255354.jpg

 イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」から飲み始めます。1杯めはやっぱりホッピー、ネギトロに続いて、フィレ肉やら串カツやら貰うのですが、ウィンナーが特に美味でした。どうも昔のウィンナーのイメージが強く、躊躇していたのですが、こんなに美味いならもっと早く注文するべきだったと、若干地団駄であります。もちろんナカを貰い、さらに生ビールを貰います。このキリンビールが非常に美味かったのでもう1杯飲んでしまいましょう。
 福富町から宮川橋を渡り、都橋商店街1階の「El Nubichinom」に達しました。店主のカジさんとは惜しくもすれ違いとのことでしたが、まずはベアレンの「冬のヴァイツェン」、なんでもベアレンさんは、夏冬のヴァイツェンの内容を変えているとのことであります。与太話をしつつ、2杯目は箕面の「モルト・アップルサイダー」、サイダーといってもアルコール飲料ですが、さわやかなこれを飲める店はあまりありません。
 さらに「○豊」にやってきました。だいぶ酒が経過しているので、トマトハイで落ち着くことにしましょう。まあ、週末この店にやってきますと、おなじみのお客さんばかりで気分良く飲み続けることになるわけです。で、トマトハイも2杯目、3杯目とゆっくり確実に経過していきます。
 ラストは、野毛小路「ムービースター」になるわけです。まだそれほど遅い時刻ではありませんが、すっかりできあがっているので、ある意味もはや秒読み段階になっています。そうはいいつつ、白岳しろを水割りで飲み始めます。残量の関係で大目に飲んじまったりしつつ、もう1杯、なんだかんだで、今晩も酒が進むばかりです。
[PR]
by hoppys | 2014-12-12 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

「三河屋」に落ち着く夜

a0038663_22521176.jpg

 弘明寺に登場であります。鎌倉街道からちょっと入ったところの「三河屋」にやってきました。カウンターの隅におさまることができました。キリンラガーの中瓶を貰い、貼り紙のメニュウを眺め、やまかけと揚げだし豆腐をいただくことにしました。いい感じに年季の入った木製カウンターが落ち着きます。ゆっくりビールを飲み、揚げだし豆腐で温まりました。2杯目はレモン酎ハイ、それに刺身を貰いました。年末らしく、おばちゃんが電話で忘年会の打ち合わせらしいことをやっています。また、今夜も小宴会があるようで、一部のテーブルには鍋の用意が始まっていました。おれ自身は、店内静かなうちに終了いたします。お代を払うと、弘明寺商店街の福引補助券をくれました。すでに1回は福引ができるのですが、惜しくも17時までなのでした。
 商店街に入り、大岡川沿いの立ち飲み「どんどこ処」に入りました。ここではホッピー、例によって濃い目のやつです。これに、厚揚げ、ふき煮を合わせます。厨房側のカウンターには地元の常連らしいおじさんたちが、いろいろ世間話をしながら一杯やっています。おれのほうは、壁沿いのカウンターでゆっくりホッピーを飲み、ナカを貰い、さらにもう1杯、レモンサワーと続いています。
[PR]
by hoppys | 2014-12-11 23:59 | 弘明寺でハッスル | Comments(0)

冬っぽい飲みかた

a0038663_2247377.jpg

 一杯やろうと、野毛に繰り出してまいりました。冬らしく「お田幸」のおでんで温まることにしました。カウンターにお客さんがひとり、こちらはテーブル席におさまりました。酒のメニュウは、ビール、日本酒、芋焼酎、そば焼酎など非常にシンプルであります。おでんを考慮して、芋焼酎を水割りでいただくことにしました。おでんは、わざわざ見に行くのもナニなので、おまかせで盛ってもらうことにします。静かな居酒屋で、ゆっくりおでんをつまみながら一杯やるのは、全く冬の極楽、ぜいたくであります。おでんを平らげてしまうと、さらに厚焼き卵やシメサバ、さらにエイヒレを注文、酒は、そば焼酎の水割りを頂きました。
 訳あって、早くも2軒目でバー「R」であります。2か所に入口の扉がある店ですが、たいていは北側から入ります。まだ時間が早いので、あまり酔わないよう、まずはトムコリンズ、2杯目はシンガポールスリング、これらをカウンターでゆっくり飲んでおります。
 これで野毛を終了、日の出町から黄金町にKQで移動すると、駅構内の「えき缶酒場」に立ち寄ることになりました。そば焼酎「玄庵」がそば湯割りで飲めるので、まずこれを貰い、ゆず風味の焼き鳥など、いよいよ缶詰を貰ってまいりました。無料で温めてもらえるので助かります。ラストは生ビール、スーパードライですっきりしました。
[PR]
by hoppys | 2014-12-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)