びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨中の野毛ハロウィン

a0038663_2241057.jpg

 のげこうじの「まるき」にやってきました。焼きそばセンターと銘打っている店であります。店内はテーブル席のほかに、椅子のないカウンターがあります。ここで立ち飲みできるのかと思っていると、一応はテーブル席を優先使用、こちらがいっぱいの時に限って立ち飲みスペースにしている感じであります。まずは生ビール、すると美濃屋あられの柿ピーが出てきました。今日のは、「スモーク柿ピー」というやつらしく、本当に燻製の風味がします。フードはやはり焼きそばがメインで、いろいろトッピングができます。面倒なのでセット的なやつにしました。豚肉や目玉焼きが入っておりまして、注文の仕方にもよりましょうが、太麺で充実の分量であります。ほかには、クイックメニュウの奴や、「魚にわさ」、これは何かと思ったら「ぎょにわさ」、要は魚肉ソーセージにわさびがついているものでした。申し遅れましたが、今日は野毛大仮装2日目ということで、2杯め3杯めはジンジャーハイボールを特価でいただきました。
 ということで、今夜はスタンプラリーなどもあり、雨が降ったりやんだりする中、ルールに従い、野毛各エリアを自主的にパレードすることになります。「〇豊」、「バジル」、「桐のや水産」、「SHEVA」と回ったところで、抽選権を2回獲得しました。その結果、まさかの野毛バッグをゲットしたおれは、「tacobe」に凱旋したところで、本日のハロウィンをシメることになりました。
[PR]
by hoppys | 2016-10-29 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

まだまだ秋の味覚

a0038663_2136385.jpg

 野毛1軒めは「肴こばち」になりました。カウンターで、まずはサッポロラガー、赤星の中瓶を出してもらいました。今日のつまみは、紅ショウガが添えられたさんまの酢煮、紅しょうが ハスの金平、ピリ辛のたたききゅうりといった逸品群でありまして、2杯目はキンミヤソーダ割となりました。
 続いて、都橋商店街に移動、まずは1階の「○豊」であります。明日明後日のハロウィン恒例「野毛大仮装」を控えているためか、特に参加店界隈は妙に静かで、まさに嵐の前の静けさという感じがいたします。そんなことを話しつつ、ジンジャーエール割が1杯2杯と進んでおります。
 続いて、二階の「ホッピー仙人」にやってきました。こちらでは白ホッピー、こちらはいつものとおりですが、週末もあるし、適当なところでやめておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-10-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

子安で立ち飲みに終始

a0038663_1581727.jpg

 雨の夜、新子安にやってきました。「諸星酒場」が休業中なので、立ち飲み「鳥笹」にやってきました。カウンターの中央で、ホッピーを注文しました。写真入りのメニュウができてていました。その中から、肉豆腐や豆もやしなどをもらうことにしました。肉豆腐には、でかめの豚肉がたっぷり入っております。ホッピーもなんだか美味かったので、ナカ、セット、ナカと飲み続けることになりました。
 続いて、以前から気になっていた、京急の踏切横にある立ち飲み「じおう」に入ってみました。正面以外にも入口があり、奥のカウンターにはそちらから入ることになります。狭いながらも、なにやら楽しいレイアウトになっています。酒、つまみとも安価で、それらしい面々が揃っており、立ち飲みの王道を進んでいる店といってよいでしょう。こちらでも引き続きホッピーを飲むことにします。やげんなんこつをもらい、やっぱりナカを追加して、飲み終わったところで終了しました。表に出ると、雨は上がり、いつの間にか傘がなくなっております。
[PR]
by hoppys | 2016-10-25 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

流し芸からハロウィンへ

a0038663_23154638.jpg

 土曜日の野毛に登場すると、柳通りが賑わっていました。恒例の流し芸を開催中のようで、着物の女性たちが、三味線の演奏に合わせ、優雅に踊り進んでいました。これは「町流し」と称するそうであります。この流し芸のおかげで、柳通り、野毛小路はいつにも人通りが多くなっていました。そこで、喧噪からやや離れて「武田屋」にやってきました。幸い空席がありまして、今日も黒樽ホッピーをいただくことにしました。お通しは、ハロウィンにちなんでかカボチャ煮でした。いつもの自家製コンビーフに加え、前回気に入ったもやし炒め、キムチ入り肉豆腐なんかもいただきました。2杯めは男梅サワーにいたします。この店はハロウィンスタンプラリーに参加しているので、スタンプを押してもらいました。ですが、まだ2店目であります。
 相変わらず、酔客の多い野毛からイセザキに移動、立ち飲み「みんなのいばしょ」に現れました。こちらでもやっぱりホッピー、かっぱえびせんをつまみ、店内のTVで日本シリーズの裏番組のアドマチを眺めつつ、ナカもいただいておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-10-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_21494331.jpg

 今夜は、久しぶりにあのキクチタケシが、横浜でライヴをやるということで、我々も集合しました。会場は、長者町の「翠葉」本店3階にできたライヴハウス「C'est la vie.」となっています。
 しかし、我々はひとまず吉田町の「角清」にやってきました。少しでも時間があれば飲んじまうのはいつもの習性であります。ここはかなり飲み屋寄りの蕎麦屋でありまして、晩酌セット1,200円は、充実のつまみ2品と1杯がいただけます。気になったのは「冷たい蕎麦湯割り」というやつで、さっそく注文してみますと、まずグラスに丸氷と焼酎、そして別途温めの蕎麦湯がついてきます。グラスに蕎麦湯を入れると、徐々に氷が溶けて冷たく飲めるようになってきます。なかなか気の利いた一品なので、追加でもう1杯もらってしまいました。
 さて、肝心のライヴは19時30分スタート、「C'est la vie.」は、元々ライヴ会場として作られたので、ちょうどいい大きさで、レイアウトに無理がありません。キクチタケシは、大阪で知り合った鹿児島出身の松藤量平を伴って登場、彼もまた実力者でありまして、息の合ったプレイで、音楽性の高い大人の歌を次々に披露してくれました。じっくり聴かせます。まあそれはともかくとして、既にこちらはすっかり温まっているので、階下の「翠葉」の餃子やキンミヤボトルなんかをどしどしいただきました。ここは、見やすいうえに飲食充実のなかなかご機嫌な会場であります。
 ライヴ終了後は、みんなで下に降りて反省会と相成りました。この頃には完全に盛り上がっておりまして、引き続き中華料理とキンミヤハイボールで延々飲み続ける流れになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2016-10-21 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

井土ヶ谷で一杯

a0038663_17493118.jpg

 井土ヶ谷に面白そうな店を見つけたので、行ってみることにしました。駅前のUR住宅の裏手の道沿いにある「太すけ」という店で、赤提灯が目立ちます。表には「そば、立ち飲み」とありますが、カウンター7席とテーブルには、ほぼもれなく椅子がありました。こあがりもありますが、頭だけの人を含め、初代ウルトラマン数人がここを占拠しています。カウンターに落ち着き、さっそくホッピーを注文、セットが420円、ナカが250円です。手頃なつまみがいろいろそろっておりまして、その中から、おでん3品、揚げ春巻き、塩昆布キャベツあたりをもらいました。ほかにも缶詰各種があるようです。頃合いを見てナカをもらうと、これがまたかなりのシロモノでありまして、1瓶でもう1回ナカがいける感じです。しかし、バイスがあったので、今日はホッピーで埋めて空けてしまいました。バイスは400円、これもナカが注文できるようになっていて、今度のナカはぴったりでした。初来店でしたが、店の人やお客さんも気さくなうえ、色褪せ気味の短冊が既視感で落ち着きます。さらに、古時計がぼーんぼーんと時報を打ちます。いいもんであります。シメにそばもありでしょう、これはせいろ、かけともに500円です。
 焼酎が濃かったので、かなりいい気分になりましたが、KQに乗って日ノ出町駅から都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。なじみの人、お初の人といましたが、今日はいつになく店内が盛り上がり、仙人のつくるまま、ホッピーの白いやつや黒いやつ、さらにまた白いやつなどと、ぐんぐん飲み続けることになりました。
[PR]
by hoppys | 2016-10-20 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)

2軒でキメる上大岡

a0038663_23461442.jpg

 上大岡ということで、やきとり「いづ屋」にやってきました。この店、早めの時間は混み合っていることが多く、今日もカウンターの隙間に入り込みましたが、第1陣らしいお客さんたちは、早くも次々引き揚げていきます。まずは生ビール、刺身はマゴチ刺し、さらに、舞茸チーズ、豚つくね他串焼き各種をカウンターにある味噌をつけていただく感じです。追加注文は、180mlの焼酎がメインの焼酎セットにしました。さすがに慣れてきたので、あまり焼酎を入れ過ぎることなく、いい塩梅の濃さでタンサンを注ぎ、どしどし追加注文していきます。一体いつから使われているんだろうかと考えざるを得ない、リサイクル感たっぷりのハイピッチの瓶に郷愁を感じつつ、飲み続けました。
 2軒めは、東口の立ち飲み「cove」になります。最近は混雑していることが多く、今日は運よく入れました。麦焼酎は「宝泉坊」、愛媛の美味いやつが入っておりまして、これを濃い目の水割りでいただきました。つまみのポテトサラダもまた美味、麦焼酎はもう1杯と幸せな気分であります。
[PR]
by hoppys | 2016-10-17 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

今日は野毛で残念会

a0038663_22521229.jpg

 今日は、終盤からですが、ベイスターズの試合を、野毛小路のスポーツバー「SHEVA」で観戦であります。生ビールを飲みつつ、みんなでベイスターズに声援を送りますが、残念な結果となってしまいました。しかし、よくやってくれました。最後まで美味いビールを飲むことができました。今日も「SHEVA」でビール3杯であります。
 そのまま野毛に繰り出すことと致しまして、都橋商店街の「〇豊」へとやってまいりました。さっぱりとジンジャーエール割をもらいました。カウンター上の大皿からベーコンとブロッコリーのサラダ、さらに東北・秋田の枝豆をいただいて、さらにジンジャーエール割が追加となりました。
 野毛小路に舞い戻り、今日も週末の「tacobe」にやってきました。いつもの愉しいお客さんがいて、カウンターで生ビールとたこやきになります。ハロウィンのスタンプカードも貰いました。何店回ればどうなるのか、酔っ払った頭ではよく理解できませんでしたが、なにか発生させるには、かなり長い道のりであることは間違いないようです。
 ラストは宮川町の「THANK YOU」となりました。ここでは角ハイボール、お通しはおでんでありまして、なるほどようやく秋になってきたわけですなあ。野球も終わり、これからは秋を楽しもうということで、もう1杯角ハイボールをいただきます。
[PR]
by hoppys | 2016-10-15 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

熱いぜ野毛の夜

a0038663_21371773.jpg

 ベイスターズが、クライマックスシリーズ初進出ということで、非常に盛り上がっております。というわけで、野毛小路は「無頼船」にやってきました。ベイスターズの勝利に、マスターのジロウさんとガッツポーズです。思い起こせば、奥のTVで苦戦するベイスターズの試合を眺めつつ、ジロウさんとふたり、頭を抱えていたことがよくありました。今日は、そのTVには永ちゃんの雄姿が流れています。カウンターでギネスをいただきました。充実のお通しはイワシの刺身であります。
 2軒目は「tacobe」になりました。今月末、28日と29日は恐怖の野毛ハロウィン、毎年恒例とはなりましたが、生ビールを飲みながら、当日の出し物について、あーだこーだと考えを巡らします。かなり差し迫っておりますが、今年はどうなるのでしょうか。
 ラストは都橋商店街「〇豊」にやってきました。今夜も非常に盛り上がっております。ジンジャーエール割をもらって飲んでおりますと、さらにお客が増えてまいります。さながら東京ドームの三塁側のようです。立ち飲みなので満席ならぬ満員、もはや入れなくなってまいりました。それでは、トマト割りをもらって今夜は終了にいたしましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-10-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ふらふら関内

a0038663_12135642.jpg

 今日は関内で飲むことに致しまして、まずは馬車道の「福の軒」にやってきました。ここは、カウンターのみ、そして昼はラーメン夜はやきとり居酒屋というなかなか興味深い店舗であります。もちろん、夜もラーメンを喰うことができるわけですが、今日はまだラーメンを喰っている人のほうが多い時間であります。しかしかまわず生ビールと煮込みをもらいました。串焼きは1本90円、ねぎま、豚バラ、シイタケを2本ずつ、カウンターには辛過ぎない味噌が置いてあって、なかなかいけます。店内にはベイスターズグッズがあふれ、そもそもスタッフが店名入りのユニフォームを着ています。もう1杯酎ハイをもらって会計は1,120円におさまりました。
 2軒めは、久しぶりにベイスターズ通り地下にある立ち飲み「和来あいあい」になります。久しぶりでも、やっぱり壁際のカウンターの隅、張ってある日本地図の前のポジションに落ち着きました。生ビールは十分な量の一番搾り、これに枝豆、さらに梅サワーともらいまして、ここは800円になります。
 さらに、立ち飲み「いっとん」のカウンターにやってきました。いつも懐かしい曲がかかっていますが、なんと今日は「ビューティサンシャイン」まで流れるというマニアックぶりであります。ここではいよいよホッピーをいただきました。ナカももらううち、春雨サラダ、さらに魚肉ソーセージを軽く揚げてもらって、会計は1,100円となりました。
 ここで野毛へと変針、野毛小路の「SHEVA」に現れました。店内では、先日の三浦大輔引退試合を放映しています。番長の雄姿に改めて感動しつつ、美味いギネスをゆっくりと2杯、これは1,400円となります。
 だんだん勢いがついてきたところで都橋商店街に登場、「ホッピー仙人」に立ち寄りました。ここでは樽のホッピーをいつものようにもらいまして、ここもすっきり500円の明朗会計と相成ります。
[PR]
by hoppys | 2016-10-07 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)