びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

年度末の昭和的居酒屋

a0038663_23134915.jpg

 今夜は上大岡であります。年度末ということで、いつもの「いづ屋」も、こあがりでは宴会が準備されているようです。カウンターで、生ビールに、今日の刺身からブリ刺しをいただきました。ご主人自信の鮮度抜群のやつであります。串焼きは、牛ハラミ、豚つくねの他、ネギ巻き、トマト巻き、えのき巻きと、巻もの中心、さらにニンニクの芽あたりをいただきました。2杯目からはいつものとおり、宴会の注文で忙しくなる厨房の負担を減らすサワーセット680円といたします。これで、氷やハイピッチを操りつつ、180mlの焼酎をゆっくり飲んでいくわけです。今日もハイピッチの追加は2本、やや濃い目でやってしまったということになります。
 続いて、立ち飲み「じぃえんとるまん」へ移動します。同じさかえどおり、数十歩での到着となります。その先には「成田屋酒店」も控えるうえ、「じぃえんとるまん」の前には、横丁系の新店舗ができつつあります。上大岡はますます面白くなるねえ、という話はまたにして、こちらではプレミアムな赤ホッピーをもらいました。これは450円です。樽で出すところとは違いますが、同じ店で比べれば、白よりちょっと旨い気がします。さらにシメっぽいところで、ちゃんぽんをいただきます。店内、混雑していますが、注文に困るというほどのことはありません。それにひとり客、グループ客がちょうどいいバランスで混在していていい雰囲気を醸し出しております。というわけで、ナカはちょっと割増し180円のキンミヤ焼酎、ダブルなプレミアム感となります。

[PR]
by hoppys | 2017-03-29 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

二度越える大岡川

a0038663_22561911.jpg

 すっかり雨も止んだ吉田町、「おつまみセット1,300円」につられ、蕎麦の「角清」に入店であります。これは、つまみ2品にワンドリンクのお得なやつでありまして、平日23時まで注文することができます。つまみは日替わりの2つのカテゴリから1つずつ選択する仕組みになっております。今日は寒いので、とにかく蕎麦湯割り、それからつまみは、肉豆腐、わかめときゅうりの酢の物を選びました。なかなかしっかりした肉豆腐、それに酢の物は蕎麦湯割りにぴったりです。蕎麦湯割りは甲類焼酎系と本格焼酎系ありまして、セット外の2杯目は芋焼酎蕎麦湯割を注文しました。すると、焼酎も選べる仕組みとなっておりまして、今日はそれが3種類、その中からお馴染みの「黒霧島」にしてみました。
 続いて都橋商店街に移動、「○豊」で引き続き飲み続けることにしました。だいぶ温かくなったのでここは梅干しサワーになりました。2つほど梅干しが入っているやつで、飲み終わり次第、これに次々とサワーを投入してもらいます。ポテトサラダや大阪っぽいねぎ焼など喰っている間にお客さんがどんどん増えてきました。月曜は休みの店が多くこんな感じだそうです。結局サワー追加は3杯となりました。
 さらにイセザキに進撃、4丁目の「和来」にやってきました。いつも混雑しているカウンターも、遅めの時間では余裕があります。ここでは瓶ビール、スーパードライの中瓶になりました。若干酒の順番が尋常じゃないような気もしますが、別に気にするこたあありません。筑前煮とシメの焼きおにぎりを喰いましたが、まだ飲み足りずに中瓶もう1本追加となります。

[PR]
by hoppys | 2017-03-27 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

宮川町「遊」に初上陸

a0038663_22581906.jpg

 宮川町に、ホッピーの提灯が林立する店があって、気にはなっておったのですが、店頭のメニュウを見てみると豆腐が主力のヘルシー感ある店のようなので、勢いをつけて入ってみました。ここは「遊」という、気さくなマスターがやっているカウンター席がメインの店でした。酒のほうは、やっぱりホッピー、注目の豆腐メニュウからは、一番人気というおぼろ豆腐をもらうことにしました。これは岩塩を客自らがおろしていただくもので、残った岩塩は持ち帰ることができます。豆腐以外に串焼きなんかもありますから、これももらいました。いい酒、いいメニュウが揃ううえに、このマスターは、話好き、酒好き、野毛好き、ベイスターズ好きという、4拍子揃った好人物でありまして、多種多様な話題で盛り上がり、当然のことながら意気投合、こうなりゃナカ、バイスさらにガラナと飲み続けるのも当然といえましょう。
 だいぶ酔っ払いましたが、「遊」で話題にも上がった、いつものイセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」にも顔を出すことにしました。ここでもホッピーをいただくおれでしたが、ナカまでいっちまうと、これはなかなかの気持ちよさに達するのであります。

[PR]
by hoppys | 2017-03-25 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_15425884.jpg

 のげこうじの「なおじ」にやってきました。再び250円で飲めるハッピーアワーを利用しようという腹であります。扉完全オープンで、かなり冷え込んでおりますが、ここはやっぱりホッピーになります。鉄板餃子に大山鶏をいただいて多少暖まったので、すかさずナカももらいました。
 続いて、都橋商店街「○豊」に移動しました。こちらは暖かい空間で、ジンジャーエール割をもらうことにします。枝豆ももらってこれをもう1杯、店内のTVをのんびり眺めつつ、さらにレモンサワーと飲み続け、すっかり寛がせていただきました。
 さらに若葉町通りへ移動、韓国料理の立ち飲み「マンナ」のカウンターへとやってきました。つい角ハイボールを注文してしまいましたが、ここのハイボールは強烈なシロモノであることを忘れておりました。シュワシュワ感がほとんどない、主成分ウィスキーであります。好物のナムル盛り合わせをもらってなんとかこれをやっつけたころにはほどんどべろべろとなっているのでした。

[PR]
by hoppys | 2017-03-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

深い感じの若葉町

a0038663_22241563.jpg

 伊勢佐木3丁目の裏当たり、若葉町の立ち飲み「マンナ」にやってきました。こちらは「ホルモン焼きバル」と称しておりますが、本格的な韓国料理が喰える立ち飲み屋であります。もちろん肉以外の韓国料理も充実しているので、チヂミ、キムチ、ナムル盛り合わせなど、自在にいただきました。その一方、酒はマッコルリなんかもありますが、ホッピーとかビールとか角ハイボールとか揃ってます。おれ自身も今夜はホッピーをもらいました。この店のホッピーの焼酎量が相当なのはあらかじめ判っておったのですが、やはりそのとおりでありまして、1瓶で焼酎4回いける感じですが、まだ19時前であんまり酔っ払ってもいけませんから、ここはホッピーを注ぎつつ、1瓶2杯で飲み終えることにしました。
 続いて、最近開店した末吉町の居酒屋「うたげ」であります。この場所は、割と短期間に店が入れ替わるのですが、すぐさま後継店舗が入るのが幸いです。店内は、リフォームされていますが、基本は以前と同じレイアウトで、カウンター席メイン、奥に座敷があります。店の規模の割に、酒もつまみもいろいろ揃っておりまして、酒のほうは、梅干し割を選びました。若干甘みのついているソーダでありまして、2杯めは焼酎とソーダだけ追加してもらいました。つまみは、ホッケ半身焼き、おひたしなどもらい、調子に乗った3杯目は麦焼酎「閻魔」の水割りであります。

[PR]
by hoppys | 2017-03-18 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

串焼き充実の上大岡

a0038663_21151990.jpg

 上大岡駅東側の「とんぺい」にやってきました。やきとんなどが中心の炭火焼の店でありまして、カウンター、テーブル席があり、奥に小上りが見えるという数十人程度の店です。なかなか元気のいいスタッフに迎えられ、早速ホッピーを注文しました。ホッピーは税抜き300円、ナカ150円で、プラス50円でキンミヤに変更できます。しかし、標準の焼酎で十分旨かったので、今夜はこれでナカもいただきました。炭火焼は、豚バラや鶏ささみのわさびと梅肉、シイタケ、エリンギ、トマトと、まあたいていどこへ行っても同じようなラインナップになります。トマトとありましたが、実際はトマト豚バラ巻でした。もう1杯、バイスサワーをもらって終了です。
 続いて、立ち飲み「cove」に立ち寄りました。ここでは生ビール、久しぶりの来店ですが、やっぱり上大岡を中心に地元話で盛り上がるのも楽しいものです。生ビールももう1杯いただきましょう。
 で、ラストのもう1杯は黄金町駅「えき缶酒場」となります。ここはドライブラック小瓶に決定であります。

[PR]
by hoppys | 2017-03-17 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

これが新子安の標準

a0038663_23461260.jpg

 新子安の「諸星酒場」に突入となりました。空いている時は、やや奥のカウンター席、「4番」が定席となっております。特に体調に問題はありませんが、クエン酸サワーから始めました。あじのさしみ、もつのにこみ、温め豆腐さらにめざしといったあたりをいただきながら、次は何を飲もうかと思案いたします。なんとなく飲んでしまうのですが、ここではたいてい酔っ払っているわけで、2杯目3杯目の梅干し入りキンミヤソーダ割も実はかなりのツワモノと判断して間違いないようです。それなら一緒だろうと思って、4杯目は「剣菱」を喰らっております。
 まだまだ時間は早いので、奥の立ち飲み「鳥笹」にも立ち寄りました。ここではホッピーを注文、ここの焼酎量もかなりのものですが、ホッピージョッキなので、かなりホッピーが入ります。無理することなく、ホッピーを継ぎ足しつつ、ゆっくり飲み続けましたが、確実に酔っ払ってまいりました。

[PR]
by hoppys | 2017-03-15 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

つないでいく酒

a0038663_23203686.jpg

 いよいよハマスタでオープン戦が始まったので、観戦にやってまいりました。13時開始のデイゲームは、暖かい日差しに恵まれ、まさにビール日和となりました。1杯700円の生ビールを、崎陽軒のシウマイをつまみに飲み続け、早くも5杯に達しております。
 4時間を超える試合の末、ベイスターズは負けてしまいましたが、まあここはオープン戦、気を取り直して横浜駅西口五番街へと繰り出しました。「ひさご」では、18時までのほろ酔いセットを展開中、土曜日でも有効なのが嬉しいところであります。もっとも、おれ自身はもはやほろ酔いじゃありませんが、とにかくまずは500円のワンコインで、レモンサワーにおでん盛り合わせを獲得しました。今日は3月11日、東北に思いを馳せる日でありますから、続いては「浦霞」を冷でもらうことになります。さらに同じ一ノ蔵の「ひめぜん」、これは8度のライトなやつで、甘くまるで白ワインのような味わい、女子に人気があるようですが、かまわずいただきます。
 だいぶ気分良くなってきたところですが、帰り道ということで、野毛小路「tacobe」にも立ち寄ります。土曜日ということでいつもの騒ぎですが、気にすることなく、カウンターで生ビールを飲み始めました。しかし、本日二桁安打に達しましたので、2杯目で終了と致しましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-03-11 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

結局は酒が主役

a0038663_22161566.jpg

 今夜は、長者町のライヴハウス「セ・ラ・ヴィ」で、キクチタケシのステージとなっておりまして、開演までの若干の時間を余すところなく利用、野毛「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」で飲み始めました。ホッピーをもらい、焼鳥数種類、ナカさらに梅干しサワーと、早くもどしどし喰らっています。メニュウが変わって梅干し入りサワーの表記がようやく正しくなりました。
 「翠葉」本店3階の「セ・ラ・ヴィ」に到着、テーブルには餃子とキンミヤ焼酎ボトルが所狭しと並んでいて、これを2ステージのうちにぐんぐんといただかなくてはなりません。しかし、気が付くとすっかりなくなっていたから、酒飲みというのは恐ろしいものです。
 しかし、まだ飲み足りないということで、若葉町の立ち飲み「マンナ」にお邪魔することになりました。こちらでは当然マッコリとキムチ、しばしわいわいとやらせていただきまして、大変ありがとうございます。


[PR]
by hoppys | 2017-03-10 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

上大岡に蕎麦バル

a0038663_23270410.jpg
 
 上大岡の「いづ屋」にやってきました。最近、この店のホームページを発見しました。昭和感あふれる店の雰囲気とはひと味違う、クールなサイトとなっておりまして、「女子会にも」などと言い切っているあたりが愉快です。しかし、今夜も、店内には昭和のおじさんが集っているのでご安心ください。キリンの生ビールに、メゴチ刺し、さらに串焼きといったラインナップですが、牛ハラミ串200円なんていうやつがありまして、思い切ってこれもいただくことにしました。メゴチのほうも相変わらずの美味さであります。酒のほうは、焼酎の炭酸割セット、これにハイピッチの追加が2本となりました。焼酎180mlにハイピッチ600mlということで、いささか濃い目のような気も致します。
 続いて、鎌倉街道を南下、「庵蔵」という立ち飲み屋さんであります。「立ち喰い蕎麦バル」なんて表記がありまして、10人弱詰められる風のカウンターだけの店でした。椅子もありますが、飲み専門のお客さんは使っていないようです。蕎麦や串焼き、おでんなどメニュウは多彩、さらに釜利谷シイタケや美濃屋あられ、出川さんところのやつなど、地産地消感もあります。寒い中を歩いてきたので、芋焼酎の「白霧島」をお湯割りで、さらに永島農園のおひさまシイタケの天麩羅をもらいました。スタッフの雰囲気もいいので、お湯割りをもう1杯、さらに水割りに切り替えて、もう1杯もらっておきましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-03-09 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)