びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏の暑さには「マンナ」

a0038663_14043648.jpg

 若葉町の韓国料理立ち飲み「マンナ」にやってきました。カウンターで生ビールを飲み始めました。モルツになります。いただくのは豚バラ、たっぷりな量のキムチもついていて美味いやつです。他に2グループいて、どしどし注文しているので、ここはカウンターの大皿料理をもらいましょう。なにか韓国風の名前があるのかと思って聞いてみると「とうふ」とのことでした。これにチヂミとかにかけるタレをかけると、実に酒に合うことになります。で、生ビールももう1杯、これで会計が1,300円というのだから助かります。
 続いて、イセザキ4丁目の「ばんぶー」に登場しました。前回持ち帰りになったホッピーセット980円をいただきます。キンミヤ300ml瓶とホッピー、それに氷がカウンター上に並ぶことになります。平日とあってか、カウンター席で、1人2人で飲んでいる常連っぽいお客さんが多いようです。串焼きにも人気があるようですが、枝豆とか冷奴とかつまみ、ホッピーを飲み続けました。2本目ソトは、まだ白が冷えていないとのことで黒に致しましたが、同時に白黒注文してハーフ&ハーフを作ることもできるわけです。そんな感じで、冷えた白まで飲んでいると、店内のTVがtvkのベイスターズ戦に切り替わりました。


[PR]
by hoppys | 2017-06-28 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

野毛小路をウォッチング

a0038663_23384134.jpg

 ここのところ、土曜日は、混雑する前の「tacobe」からスタートするパターンを多用しております。今日のところも、まだお客は2、3組といったところで、カウンターで生ビールを飲み始めました。ドアの向こう側に見える野毛小路は昼のように明るく、酔客もこれからといったところでしょう。たこやきと角ハイボールをもらってもう少しゆっくりさせていただきました。
 続いて、野毛小路を移動して「翠葉弐千」にやってきました。うまい餃子で人気の「翠葉」ですが、中華料理の店ということで、わざわざ飲みに来た客は避けるのかも知れません。おかげで1階の空席に落ち着くことができました。窓から野毛小路の往来が視界に入ります。瓶ビールサッポロ赤星に、餃子、豚バラサラダ、メンマと、たいてい同じラインナップですが、気に入っているものはしかたありません。これにキンミヤ焼酎のソーダ割が加わって完璧です。隣に新しく、居酒屋が何軒か入っているビルができましたが、ここのスタッフが張り切って、野毛小路でうろうろしているグループ客を次々獲得し、店に案内していました。なかなかいい仕事ぶり、大いに頑張ってほしいところです。
 そんな野毛小路の喧騒を抜け、宮川橋を渡って、「たなぼた」に入店です。ホッピーを飲み始めました。ジョッキがでかめで焼酎もたっぷりと入っています。土曜日は昼12時からの8時間営業ということで20時に閉店になります。時間を若干気にしつつ、6Pチーズを1P分齧り、ナカももらっておきましょう。
 

[PR]
by hoppys | 2017-06-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23480883.jpg

 上大岡の「じぃえんとるまん」にやってまいりました。立ち飲みであります。今日も混みあっておりますが、入口近くの柱に備え付けの狭いカウンターに収まりました。他の店ならただの装飾程度のスペースですが、とにかく飲み始めることにします。ホッピーとマグロブツに、カレー味のマカロニサラダ、以上で810円となります。このホッピー1杯をゆっくりやっている間にも、早々に引き揚げていくお客さん、新しくやってくるお客さんでごった返しています。この落ち着かない雰囲気がまた楽しいのですが、ここはあえて1杯で移動することにしました。
 KQに乗って、日ノ出町から都橋商店街商店街にやってきました。まずは「○豊」となります。1杯目は生ビールをもらいました。いよいよ夏ということで、トウモロコシなんかを齧ることにします。これにトマト割とくればさらに雰囲気も盛り上がってくるもんで、もう1杯いただきました。
 二階に上がって「ホッピー仙人」になります。ホッピーは仙人おまかせで、樽を白黒白と飲むことになります。今夜もいろいろ盛り上がりましたが、話の内容が、十数年前からあまり進歩していないような気がしないでもありません。まあよしとしましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-06-22 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)
a0038663_23315841.jpg

 土曜日の野毛の夕方、あちらこちらにできている行列を横目に、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターで、まずは生ビール、たこやきをもらって、2杯目は早くも角ハイボールをいただきます。この店にはいろいろ懐かしいウィスキーが揃っているので、しっかり角と言わないと、トリスやホワイトが出てくる恐れもあります。まあそれはそれで楽しいのですが、ある程度の悪酔いを覚悟しなければなりません。
 そろそろ野毛が混みあってくる時間なので、2軒目は宮川町の「遊」までやってきました。ホッピーをもらって、冷奴にキムチをもらい、併せていただきます。毎回いろいろ楽しいぶっちゃけ話をしてくれるマスター、ベイスターズも好調で大いに盛り上がりました。ナカさらにバイスをもらってこっちの調子もよくなってきました。
 続いては、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へとやってきました。この前も同じパターンだったような気もするがまあいいでしょう。こちらではピンクサワー、つまりバイスを飲み続けることになりました。ツイッターなどでは、いろいろ新メニュウにチャレンジしていることを伺わせますが、実際に来店すると、特になにかしら勧められることはありません。というわけで、今夜はバイスだけ飲んで、終了となりました。

[PR]
by hoppys | 2017-06-17 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ビールの美味い街

a0038663_18073156.jpg

 新子安駅の東口ロータリー付近には、魅惑的な店が群雄割拠という状態でありまして、本日は「甘粕屋」にやってきました。生ビールをもらって、お通しは枝豆になります。いわし団子、焼きサバといった秀逸の居酒屋メニュウを楽しむことになりました。2杯目のビールからは、ご当地「横浜づくり」に切り替えました。なんでも他のメーカーからクレームがついて、「チョメチョメに乾杯」という名称に改めたそうですが、横浜はすぐそこに工場があるので、堂々「横浜づくり」と名乗ることができるわけです。アルコール度がちょっと濃い目の6度というのも嬉しいところで、さらにもう1瓶いただくことにいたしました。
 続いて隣接の「諸星酒場」に移動します。店内のTVでベイスターズ戦を中継してくれておりますが、今夜は苦戦中なので、飲むほうに専念することにしました。バイスサワーから始め、「剣菱」の常温、さらにレモンサワーと、結局何を飲んでも、ここではしこたま酔っ払うことに変わりないと、何となく気づき始めております。

[PR]
by hoppys | 2017-06-13 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

鶴見・潮田を行く

a0038663_23133332.jpg

 本日は、特に用事も行事もありませんが、鶴見に来ております。本町通り商店街は、鶴見駅から鶴見川の南側に位置します。こちらの「としまや」の立ち飲みコーナーからスタートしました。奥に向かってやや細くなる台形の角打ちスペースがありまして、奥の窓口から注文させていただく構造になっています。入口側の高い位置にTVがあります。「ビールください」「大瓶?」「はい」「キリン?」「はい」という流れで、キリンラガーの大瓶を飲み始めることになりました。鶴見なんでこれが正解となります。40円のサラダせんべいをかじりつつ、飲むビールは実にうまいもんであります。
 続いて、歩くこと10分程度「村田屋商店」に到着しました。このあたりは仲通商店街の一角になるようです。こちらは、構えの左側に立ち飲みカウンターがあります。続けて大瓶もいささかきついものがあるので、今度は350の缶ビールと注文、やっぱりキリンラガーになりました。魚肉ソーセージなどいただいて飲んでおるのですが、地元のお客さんたちは、普通にご店主から酒を購入し、そのまま店の前の歩道で1杯始められています。真面目にカウンターで飲んでいるのはおれひとりという状況なのでした。
 さらに進撃を続けると、今度は5分程度で次の店、「中村屋商店」があります。ここは堂々たる店構えですが、店内はとても新しい感じで、やっぱり左側に立ち飲みカウンターがありました。ここでは、1杯いいですかと声を掛け、自らビールを持ち込んで始めることになりました。もちろん、キリンラガーの大瓶であります。やっぱり表では、地元のお客さんがテーブルを持ち出して機嫌よくやっているところでした。
 やや陽も傾いてきたところで、鶴見川を渡り、鶴見駅東口あたりに繰り出してまいりました。いつもの立ち飲み屋は1軒満員、もう1軒臨時休業とのことで、「大鶴見食堂」に進入します。まだ早い時間からかなりの混雑で、グループ客は断られているくらいです。ここでようやくホッピー、ナカはシャリキン、タコとか喰ってようやくシメとなります。

[PR]
by hoppys | 2017-06-10 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

蕎麦屋のメニュウ

a0038663_22572799.jpg

 吉田町の「角清」に登場しました。蕎麦の店ですが、平日のおつまみセット1,300円をいただこうという算段になります。生ビールに、日替わりになっているメニュウから、まずシュウマイ、それに辛み大根とナントカをもらうことにしました。ナントカっつうのはホワイトボードに書かれた文字が薄くなって消えてしまっているからです。たぶんお客が指で示すからでしょう。まあなんにしても辛み大根が入ってるやつに外れはありません。ナントカの正体は油揚げ、やっぱり美味いやつでした。向こう側の大テーブルでは、年配のかたが宴会をやっておりまして、こちらのテーブルは、常連さんらしいお客さんと相席となっております。蕎麦屋なので、2杯目は蕎麦湯割りの冷たいやつをもらいました。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」にやってきました。こちらではホッピーを飲むことにします。角打ちっぽい菓子メニュウからいつものポップコーンをもらいますが、ここはカールを入れておけと、とりあえず無理な注文をしておきます。ナカをもらってから、キンミヤ焼酎のコアップガラナ割で多少コンディションを整える感じになりました。
 最後、「たちんぼ」に立ち寄って、バイスを飲んでいくことにしました。現在キャンペーン実施中とのことで、何百円かかかったはずの椅子を利用することができるとのことでした。普段だと椅子が使えても立ち飲みを続行するおれですが、今だけ無料ですと言われると、ここは遠慮なく使用してしまうのであります。

[PR]
by hoppys | 2017-06-09 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)
a0038663_22374705.jpg
 杉田は、商店橋交差点近くの居酒屋「愛加魚多菜」にやってきました。「あかさたな」と読み、その名のとおり魚料理中心の店になります。カウンター席にテーブル席が2、3あります。生ビールをいただくと、ママさんがこれから突き出しを作りますと言って、充実の一皿を用意してくれました。さらに、あら汁もついて、ほとんどセット状態です。あまり長居しないのなら、これだけでも十分かも知れません。他にも500円の刺身各種、一品料理があります。生ビールをもう1杯もらい、3杯目は焼酎を飲むことにしました。芋焼酎とキンミヤがあるとのことで、キンミヤソーダ割をいただき、揚げ出し豆腐ももらいました。こちらも、しめじがたっぷり入った手の込んだ一品でした。
 続いて、いつもの「愛知屋酒店」に移動、カウンターの隙間に入れてもらいました。こちらではバイスサワー、焼酎はジョッキに250mlほど注がれております。6Pチーズや酢だこなどつまみつつ、氷結グループフルーツ、さらに神戸居留地レモン酎ハイと飲み続けました。これは例によって醸造用アルコール7度となっております。

[PR]
by hoppys | 2017-06-07 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

ホッピーの底力発揮

a0038663_23422851.jpg

 今夜は、金沢文庫の居酒屋「鳥千代本店」で飲んでいます。カウンターの一番出入口寄りで、焼き台のマスターとぶつぶつ喋りながらの一杯となりました。まずはシャリキンホッピー、それに、とりねぎ、つくね、鳥なんこつ、シイタケといった串焼きがよく合います。さらに、壁面一杯に貼られた豊富なメニュウの中から、丸干、ネギトロなんていう、いかにも居酒屋っぽい連中ももらいました。年季の入りかけた内装、カウンター上の冷蔵ケース、店内に流れる懐メロ、店員さんはそろいのはっぴ、ホール一杯に昭和の酒場臭が漂っていまが、微妙に新しい要素もあり、月曜からお客さんでにぎわってなかなか元気な店です。真新しい貼り紙にあった梅しそサワーも注文、確認しそこないましたが、間違いなくコダマのバイスサワーでした。これにはカイワレ大根を合わせました。マスターがジャイアンツファンというのも、ちょっと古い感じで、こういう店には悪くありません。最後に1杯、酎ハイをもらって、今しばらくマスターと話をすることにしましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-06-05 23:59 | 金沢文庫でハッスル | Comments(0)

開港のまち野毛

a0038663_22514995.jpg
 
 土曜日の夕方、野毛小路の「tacobe」で飲み始めます。今日はハマスタのベイスターズ戦や開港祭の花火も控えていますが、この時間は、嵐の前の静けさというか、まだそれほど混みあっていないので、生ビールをゆっくり飲み始めました。マスターママと無駄話をしている間にビールは3杯、ここでいったん引き揚げることにしました。
 で、ぴおシティ地下の「横浜飯店」にやってきました。ここでラーメンでも喰おうという算段であります。昔ながらの中華料理店なので、ラーメンはシンプルな志那そば的醤油ラーメンになります。もちろん、生ビール小ジョッキもいただいております。
 ここで、「tacobe」に舞い戻りますと、さすがにお客が増えておりました。しかし、幸い行儀の悪い客はいなかったので、空いているカウンター席で、今度は角ハイボールを飲み始めました。花火の音が響き始めた店内で、たこ焼きをいただきつつ、ハイボールはもう1杯になりました。
 伊勢佐木町に移動し、4丁目に割と最近開店した居酒屋「ばんぶー」に立ち寄りました。カウンタ―席の奥にあるテーブル席に案内されました。何も考えずホッピーセットを注文しましたが980円もします。どんな上等なやつが出てくるかと思っていると、300mlのキンミヤが瓶ごと出てきました。これは逆にホッピー外を追加すればだいぶ飲めるという新企画なのでした。しかし、残念ながら今夜はだいぶ出来上がっていますから、2杯分くらいとなります。妙に美味い枝豆やシイタケ焼きをいただきました。また来てみましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-06-03 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)