びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ビールが似合う昭和酒場

a0038663_23290824.jpg

 まいど、上大岡の「いづ屋」にやってきますと、早い時間からずいぶんと混雑しております。いらっしゃあいと言ってもらったのでとりあえず奥に進むと、カウンターには多少空席がありました。注文も相次いで、厨房はばたばたしていたので、手早く生ビールとすぐ出る枝豆、串焼き数本を注文しました。ほぼ満席状態で、入れずに帰るお客さんも出る人気ぶりですが、ご店主がぼそっと、昨日は人っ子ひとり来なかったのに、とぼやきました。なかなかうまくいかないもんです。串焼きが焼きあがるころには多少落ち着いてはきましたが、2杯目以降は瓶ビールに切り替え、じっくりやることにしました。キリンラガーの大瓶であります。ブリ刺しなんかももらい、大瓶はもう1本となりました。現在店内のTVは地上波しか映りませんが、近いうち、お店の人も含むベイスターズファンのために、BSを入れるかも知れないとの吉報もございました。
 「いづ屋」を出まして、そのまま対岸の「じぃえんとるまん」に吸い込まれました。こちらでは、柱のところにある、ほぼ一人分のカウンターに陣取り、ドライブラックの中瓶をいただきましょう。

[PR]
# by hoppys | 2017-05-17 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

昭和な地下の酒場にて

a0038663_22593945.jpg

 ぴおシティ地下飲食街の「横浜ラーメン」跡地に、立飲みができているので行ってみました。「ふくふく」という店で、10人程度で一杯になるスペースに、今日は味のあるお客さんたちが詰めかけています。どんな店なのかと思ってメニュウを見てみると、酒はレモンサワー、つまみは玉子焼きにがこだわりのようで、色彩的に黄色つながりでしょうか。もっとも、おれ自身はいつもの通りホッピー、370円でかなり破壊力あるやつがきました。さらに充実の刺身からカンパチ、それに枝豆しょう油漬、ポテトサラダをいただきました。ナカは220円と、バランス的にはやや高めですが、そのくらい価値あるやつが来ます。
 続いて、同じフロアの「じぃえんとるまん」に移動しました。こちらでは、安値自慢のサッポロ赤星大瓶380円の一本勝負と致しました。これにお手頃な竹の子土佐煮を合わせてご機嫌であります。

[PR]
# by hoppys | 2017-05-15 23:09 | 野毛でハッスル | Comments(0)

杉田でブロロロロ

a0038663_22154114.jpg
 
 杉田にやってきたおれは、ホルモンを喰って飲むことにして、産業道路沿いの「ホルモン俱楽部」に入りました。早い時間ですが、なぜかかなり混みあっておりました。それでもカウンターの中ほどで早速スタンバイであります。ホッピーをもらいましたが、やっぱりかなりの焼酎でありまして、肉が焼ける前に早くも回ってきます。肉のほうは、まずは自由に選べる3点盛り680円で、豚ハラミ、豚トロ、白コロの3種にしました。同じジョッキでナカをもらいますと、これがさらに濃くなっておりまして、もう1杯ナカいける量なのですが、危ないのでやめておきます。合わせて、3点盛りのほうには入っていない豚ナンコツを単品で焼くことにしました。これがなかなか、顎も鍛えられる歯応えとなっております。
 2軒めは「愛知屋酒店」なのですが、表から見ても、明らかに大盛況となっておりました。店内あちこちに飲むスペースはあるし、何とか大丈夫だろうと思って突入、実際大丈夫だったのですが、試しに数えてみれば既に24人、いや自分を忘れていたので25人、最終的には29人まで増えました。賑やかな雰囲気の中で、今日もバイスを焼酎たっぷりでいただきます。さすがに、2杯目は冷蔵ケースから、なるべく穏やかそうなやつを選んで持ってきました。タカラのもも酎ハイってやつで、柄でもありませんなあ。

[PR]
# by hoppys | 2017-05-10 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

人気者だバイスサワー

a0038663_22541464.jpg
 
 井土ヶ谷の「太すけ」にやってきました。早い時間からやっているこの店、平日ですが、既に盛り上がっているお客さんたちがいます。下町っぽくていい感じであります。カウンターで早速ホッピー、今日は暑くなりましたが、それでも肉もやし炒め、アジフライ、コーンバター焼などいただき、飲んで喰っております。レギュラーで焼酎濃い目ですが、ナカももらいます。その後はバイスに切り替え、キャベツ塩もみこんぶなんかももらいました。マスターに「野毛行くの?」と言われつつ、この辺で終了しました。
 KQ井土ヶ谷駅に、急行が来たので、そのまま日ノ出町駅に到着、しかし野毛ではなくイセザキへ向かい、「みんなのいばしょ」へと辿り着きました。こちらではホッピーはやめておいて、最近入ったコアップガラナ割をもらいました。最近の立ち飲み屋情報などやりとりしながらこれを飲んでおります。よく考えたら、商売ガタキを紹介していることになるわけですが、そんなこたあまるで意に介していないところがこの店のいいところです。そんなわけで2杯目はピンクサワー、要はまたバイスということになります。3杯目は酎ハイと、微妙に味を変えて飲み続けることになるのでした。

[PR]
# by hoppys | 2017-05-08 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)

鶴屋町で昼飲み

a0038663_12344088.jpg

 鶴屋町の立ち飲み「横浜商店」で早い時間から飲み始めることにしました。平日夜は連日満員の店ですが、幸いまだ余裕がありました。ハッピーアワーで、ホッピー、生ビール、一部サワー類が200円となっております。対象外の酒を注文すると注意されます。いや、ひとこと言ってくれるので助かります。明るいうちから飲むホッピーは実に気分がいいものであります。筍と空豆の炭火焼なる旬の最強メニュウや、挽肉入りのピリ辛もやし炒めなんかもイケます。立地がいいうえに格安で旨いものを楽しめるのですから、人気があるのも当然でといえましょう。さらに100円のナカ、生姜サワーとハッピーアワーを堪能しました。
 まだ明るいうちに野毛に移動、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターでハイボールを飲んでおりますが、今夜の野毛も人出が多そうです。
 「tacobe」で3杯ほどいただいたところで、都橋商店街の「○豊」に移動、再び立ち飲みとなります。ここではトマト割をいただくことにしまして、気が付けば4杯ほど喰らっていることになります。

[PR]
# by hoppys | 2017-05-03 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

楽しくやろうGW

a0038663_00043066.jpg

 今日5月2日は連休と言っていいのか、すっかり連休の人もいるのか、とにかく野毛小路の「紅とん」桜木町店に来ております。カウンターでホッピーをもらい、串焼きを思いつくまま注文することになります。焼き場の様子がよく見えるこの店、手慣れたスタッフが、焼き上がりのタイミングを合わせて串を扱っているさまがよくわかってなかなか愉快であります。例によって多めの焼酎ですが、ナカまでもらっています。
 続いて野毛小路を直進し、野毛本通りを越えて「桐のや水産」に達しました。最近ここでは、旨い麦焼酎の濃過ぎるやつをいただいて酔っ払っておりますので、今日はサワー的なもので誤魔化す感じになります。とはいえ、これを3杯くらいいってしまうと、やっぱり同じように酔っ払ってくるのは致し方ないところです。
 しかし、懲りることなくさらに「ホッピー仙人」であります。いつものとおりの賑わいではありますが、まだなんとか収納できる感じです。仙人おまかせの樽ホッピーをいただくのもこれまたいつものとおりであります。
 もはや完全に出来上がってはいますが、シメには宮川町の「THANK YOU」ということになります。こんな状況なのでジントニックをいただくことにしましょう。居心地のいいところで、しばらく連休気分を楽しむことができました。

[PR]
# by hoppys | 2017-05-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

藤棚で楽しい角打ち

a0038663_23565909.jpg

 しばらく前に藤棚商店街を散歩しているときに見つけた、角打ちの「福田屋本店」に行ってみました。一見普通の酒屋ですが、奥のレジ横に秘密の角打ちスペースがあります。嘘です。表に店内飲みスペースありますとしっかり表示されています。キリンラガー中瓶をもらっていよいよ飲み始めます。立ち飲みではなくて、テーブルと椅子があり、落ち着いて飲むことができるのでした。最近「週刊ポスト」に紹介されたとのことで、雑誌を見せてくれました。それによれば元倉庫を改装した店とのことで、確かにそんな内装です。それから、「浅見本店」と同じく大正2年の創業と教えてもらいました。駄菓子的なつまみや総菜、さらに今日は250円のおでんを強く推奨されたのでもらうことにしました。地元の味のあるベテランが、入れ替わり立ち替わり登場、初めての客を気さくに受け入れてくれました。椅子があるので、立ち飲みの角打ちより距離感が近いような気がします。居心地のいいところで、ラガーの瓶をもう1本もらいました。
 続いて、日ノ出町から宮川町「遊」にやってきました。ここもフレンドリーな雰囲気で迎えてくれる店です。ホッピーをもらいましたが、大量のキンミヤ焼酎が入っております。豆腐料理の店なので冷奴などいただき、さらにまた大量なことは承知の上でナカをもらいました。3杯めはキリンビール「横浜づくり」の中瓶、しかしこれもまたもう1本追加してしまいました。

[PR]
# by hoppys | 2017-04-29 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

旨さ倍増の市民酒場

a0038663_23394205.jpg

 新子安「諸星酒場」に突入であります。運よく18時前に到着することができたのですが、かなり混みあっていました。たまたま今日だけなのかも知れませんが、年配の方が多く、早くから始めていたようです。スタートはバイスサワー、さらにもつ煮込み、アジ刺し、チーズフライ、混雑しているときには、手早く注文しておくに限ります。と、思っていましたが、どれもすぐに出てきました。18時になりますと、店内のTVでベイスターズ戦の中継が始まりました。しかも、ベイスターズの投手は当地所縁といってもいい神奈川大学出身の濱口君であります。ハイ辛サワーに切り替えて観戦しつつの一杯となりました。ハイ辛サワーをもう1杯いただいてから、いよいよ「剣菱」常温に移行、梅水晶もセットでいただきす。これをゆっくり飲むとたいていシメということになるのですが、TVではベイスターズの試合がいよいよ佳境に入っております。そこでさらにサッポロ赤星中瓶を追加しました。関西のほうへ行きますと、赤星大瓶を飲むことで、元阪神の赤星氏が主宰する基金に寄付ができるらしいのですが、横浜では残念ながら寄付できません。しかもこれは中瓶です。そんなことを考えるうちにも勝負は続き、ベイスターズ投手がピンチを切り抜けるたび、店内各所で歓声が上がるようになってきました。赤星もう1本いったところでベイスターズはついに勝利、ただでさえ旨い酒がさらに旨くなるのでした。

[PR]
# by hoppys | 2017-04-25 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

野毛大道芸のおたのしみ

a0038663_22455550.jpg
 
 16時頃には終演となる野毛大道芸に、15時過ぎに来ている時点で、既に飲む気ばかり満々なのであります。それでも、賑わいを見せる本通りの雰囲気を楽しみ、柳通りに出ている「トモ」の出店で生ビールをもらい、各通りをひととおり徘徊してみました。さらに吉田町にも足を伸ばしました。吉田町は、昼間の街角でもジャズが似合うという、不思議なストリートです。
 大道芸も終わり始める時間になりまして、いったん野毛を離れ、長者町の「翠葉」本店にやってきました。まだまだ存分に明るい街を眺め、サッポロ赤星中瓶に、餃子、豚バラサラダ、メンマなんかをいただきました。
 腹ごしらえも済んだところで、野毛に戻ってまいりまして、野毛小路の「tacobe」であります。普段の土日は15時から営業していますが、大道芸の日はもっぱら飲み客を相手にしたいということで、17時くらいから始めたそうであります。実際、生ビールを飲んでいるうちに、どんどんとお客が入ってきました。満席に近くなったところで、こちらも生ビールが3杯となりましたので、終了といたします。
 表に出るとすっかり暗くなっていて、人出も多くなってきました。そこで結局またも若葉町の「たちんぼ」まで到達することになりました。今日は、鶏ささみや冷奴をつまみながら、ホッピー、バイス、ガラナと飲み続けであります。

[PR]
# by hoppys | 2017-04-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

鶏喰って立ち飲みへ

a0038663_00261466.jpg

 宮川町の「なおじ」が1軒目であります。若いお客さんにも人気の新しい店ですが、お得なハッピーアワーと鶏料理がお気に入りとなっております。今日はホッピーでなく念願の生ビールを注文、これに大山鶏のおろしポン酢と餃子をいただきました。カウンター席が埋まっていて2人テーブルでゆっくりさせてもらいます。スタッフの対応もよく、居心地のいいところで、生ビールをもう1杯もらいました。
 続いて、すぐ目の前の立ち飲み「桐のや水産」に移動しました。2軒目ということで、麦焼酎にいたしましょう。「兼八」が500円で飲めるところなどそうはありません。しかも水割りで注文すると、しっかり濃いやつで登場しまして申し分ありません。というわけで、タケノコ土佐煮などをつまみながらこれを2杯いただきました。
 続いて、都橋商店街「○豊」にやってきます。こちらではトマト割であります。で、焼き竹の子があったのでまたしてもこれをいただくこととなります。やっぱり旬のものを喰っておくのがいいでしょう。当然トマト割はもう1杯です。
 このまま帰ればいいところ、つい若葉町の立ち飲み「たちんぼ」に寄ってしまいます。いろいろ身体によさそうなガラナ割を飲むことにします。しかし、焼酎が多いのでナカまでもらってしまっては、もはやガラナ効果もあまり期待できないのです。

[PR]
# by hoppys | 2017-04-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)