びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

野毛は新旧取り混ぜで

a0038663_23510801.jpg

 金曜日の1軒目は、都橋商店街の立ち飲み「○豊」になります。飲み始めっつうことで、こちらでは珍しく生ビールから始めました。茶豆をつまみながら、2杯目はジンジャーエール割といたしました。なじみの顔も店に揃いますが、まだまだこれからという感じが楽しい金曜日になります。
 続いて、最近野毛大通りにできた大衆酒場「蛙の介」に行ってみました。正式には、「酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店」というそうです。真新しい木製のテーブルが目立つチェーン店でありますが、手書きの張り紙や若いスタッフの張り切り振りなど、やることはやってますという感じがあって悪くはありません。酒は290円、フードは280円が基本となっておりますが、かなり例外もあって、無理しない感じは好感が持てます。こういう店ではとりあえずホッピーをもらっておきます。串焼きは、豚バラ巻きが基本で、シイタケ、ニンニクの芽なんかもそれで出てきました。税込627円の生マグロなんてやつは、骨付きのまま出てきて、二枚貝の貝殻で削って食すなどという盛り上げ要素付き、注文しませんでしたが、蛙にちなんでか、旅館の風呂場によくあるあのケロリンの桶が出てくる水割りセットみたいなのもあるようです。190円のナカに、そば茶割をもらって終了、スタッフも元気があるだけでなく、いい意味で無駄話などしてくれ、まあいい感じでした。野毛初心者の方は、このあたり行っておけば良いんじゃないかと思います。
 金曜の夜も更けてきたところで、野毛小路に転進すると、かなりの人どおりになってまいりました。「tacobe」に顔を出すと、かなり席も埋まってざわざわした感じになっております。ここでは角ハイボールを1杯いただきました。
 ラストは、宮川町に入って、「桐のや水産」になります。今に始まったことじゃありませんが、麦焼酎「兼八」を500円で出してるなんてのはなかなか大したものです。で、今日は思う存分3杯いただいておきました。他のお客さんたちともなんだか盛り上がって、やっぱり週末は賑やかにいきたいものであります。


[PR]
# by hoppys | 2017-09-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

杉田の格安地帯

a0038663_23150827.jpg

 今日は杉田で、ひさしぶりに「じぃえんとるまん」に入ってみることにしました。相変わらずの繁盛ぶりですが、幸い空いているカウンターがありました。ほかの「じいえんとるまん」の銘柄と違い、ここではスーパードライの大瓶が390円で飲めます。つまみは100円から400円くらいまでの安いものがほとんどです。肉もやし炒め、あじフライ、竹の子土佐煮といったあたりを注文しました。店内のTVで、雨中のベイスターズ戦を眺めているうち、ビールがなくなったので、次になにをいただくかメニュウを眺めていると、梅干しサワーと梅干しハイ、両方があります。我々を悩ませるサワーとハイボール問題ですが、訊いてみると、梅干しサワーは焼酎の炭酸割り梅干し入り、梅干しハイは焼酎の水割り梅干し入りとのことでした。ネーミングは微妙なところですが、値段は同じ300円なので、サワーのほうをもらうことにしました。梅干しが余るうち、酒がなくなったので、同じタンブラーでもう1杯いただきました。
 続いて、すぐそばの「愛知屋酒店」に移動、今夜は非常に経済的であります。ハイリキのロング缶に白菜漬けを持ってカウンターにおさまりました。こちらのTVはこの時間NHKをやっていますが、ちょうど健康問題について取り上げておりました。お客さん全員どこかに問題を抱える中高年ばかりとあって、なかなか現実的な内容だったのですが、どうも反省や注意をする人はいないようです。

[PR]
# by hoppys | 2017-09-06 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

六角橋の夏おでん再び

a0038663_21404957.jpg

 夕刻から、六角橋商店街へやってきました。またもおでんの「かずさや」にお世話になります。生ビールにおでん盛り合わせ、ちくわぶのリクエストも前回同様になりました。ちくわぶ、玉子、大根とどれも味がよくしみています。もう1杯生ビールをもらってから、おでんの出汁割りをもらうことにしました。冷たいのもあるようですが、今日は涼しいので、温かいのにしました。飲み続けていると、地元の常連らしいお客さんが増えてきました。隣のラーメン屋から塩ラーメンを注文するお客さんもいて、まさにリアル横丁であります。出汁割りは想像通り旨かったのでもう1杯です。
 六角橋で寄ってみたかった店が今日は休業だったので、白楽駅から野毛へ向かうことにしました。「かずさや」のお客さんに、最近土曜日の野毛は大混雑で…などと言っていたのに、結局来てしまいました。やっぱり野毛小路は人で溢れておりまして、それでも運よく「tacobe」の正面カウンターにはまだ余裕がありました。団体客は、なるべくこのカウンターに座らせないようです。おかげで落ち着いて角ハイボールを2杯、さらにタコ焼きもいただいておきました。
 ベイスターズ戦の状況が気になるので、「SHEVA」へと移動しました。このあと、予約の団体さんがいるとのことでしたが、奥なら大丈夫だったと言われ、そこでナイター観戦しつつ、生ビールを飲み始めました。しかし、2杯飲んだところで残念な結果となりました。
 そのまま帰ればいいのに、つい宮川町「suzumaru」の階段を昇ってしまいました。あまりお客さんがいなかったので、いろいろ喋りつつ、「白州」をいただきました。どうやって飲んでいたか、おれが思い出す前にソーダ割が出てきました。当然、もう1杯となり、細心の注意を払って、急階段を降りていくことになります。

[PR]
# by hoppys | 2017-09-02 23:59 | 六角橋でハッスル | Comments(0)
a0038663_23262552.jpg

 先日、井土ヶ谷駅前にオープンした「和来」にやってきました。ここは、老舗書店の跡地で、井土ヶ谷駅の真横にあります。最高の立地といえましょう。間口が狭く、奥行きのある敷地で、1階はカウンターと数テーブル、さらに二階があります。店内は、中央立花グループ独特の手書き文字で彩られていて、若干ですがベイスターズグッズも飾られています。で、カウンターで生ビールをもらい、枝豆、冷奴に、蒸し鶏ピリ辛ソースがけなんてやつをもらいました。「和来」は、醤油の他にポン酢が用意されているので、これで冷奴を喰えるのが嬉しいところです。後背地は住宅街ということもあってか、「お子様連れ歓迎」などと貼り紙もありまして、実際そんなお客もちらほらですが、その場合は二階に案内されるようなので、一階では、ひとり客が落ち着いて飲み続けることができます。生ビールはアサヒでありまして、もう1杯いただきましょう。
 2軒目は、いつもの「太すけ」になりました。今夜も地元のお客さんたちで盛り上がっています。こちらではホッピーを注文、スパゲティサラダをいただきつつ、ナカをもらうと、これがかなり大量のやつでしたが、ここは2杯分で終了しました。帰ろうかなっつうタイミングでしたが、なぜかこれを逃して、もう1杯トマト割をいただくことになりました。悪くはありませんが。

[PR]
# by hoppys | 2017-08-30 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)
a0038663_22233471.jpg

 ここのところ、すっかりビアガーデンづいているおれは、今日は吉田町にやってきました。毎夏恒例の「吉田町まちじゅうビアガーデン」、今年2回目は、本来26日土曜日の開催日程だったところ、天気予報が悪かったので本日27日日曜日に延期されたのであります。実際、26日に天候が悪化することはなかったので、今日無事決行できて、いろいろなによりというところでありましょう。吉田町の表通りは全区間車両通行止めにして、路上ビアガーデン&ライヴ会場となっています。生ビール、レーベンブロイを1杯もらって、雰囲気を楽しみましょう。
 野毛に入って、「tacobe」にやってきました。カウンターにひと組のお客さんだけで、角ハイボールを飲みながらゆったりできます。たこ焼きももらって、もう1杯角ハイボール、さてそろそろとなったところで、ぞろぞろとお客が入ってきました。今夜も大変なことになりそうです。
 続いて「武田屋」であります。今日はどこでも「吉田町の帰りですか?」と、訊かれます。サッポロ赤星の大瓶をいただき、いつもの牛タン串焼き、コンビーフといったところをいただきました。赤星はもう1瓶となります。
 都橋あたりに出ると、吉田町のステージから、声を限りに絶叫しているのが聞こえてきます。ラストスパートというところでしょう。もう一度立ち寄ろうかとも思いましたが、結局都橋商店街の「El Nubichinom」でシメることにしました。今日のメニュウはあまり馴染みのないラインナップでわくわくでしたが、ズモナビールというやつをいただきました。今日は日曜日なので、21時の閉店となっております。

[PR]
# by hoppys | 2017-08-27 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

日本丸と生ビール

a0038663_23280504.jpg

 なんやかんやで、今夜もビアガーデンにやってくることができました。おなじみ、イセザキの立ち飲み「みんなのいいばしょ」主催のビアガーデン大会なのです。店には、数人しか立飲みできませんが、この会には20人以上集まって、盛大に繰り広げられました。会場は、日本丸メモリアルパークで、隣接した「AKITO」という店が、料理を出してくれます。この場所、来てしまえば、目の前に帆船日本丸、その背後にはランドマークタワーも臨める最高の立地なのですが、休日はともかく、平日夜には人通りがないという難点がありまして、店が何度も変わっております。今回の「AKITO」は、なかなか美味い料理を出してくれたので、ぜひ頑張ってほしいところです。話が逸れましたが、今夜は飲み放題となっておりまして、ビールとワインは自分で注ぎます。ビールは日高屋で見たような、ジョッキが傾いて適量注いでくれる機械を使います。ついジョッキと書いてしまいましたが、プラカップです。サワー類などは、店のカウンターで注文します。おれ自身は面倒なので、もっぱらビールとワインばかり飲み続け、トータル8杯ほどいただき、だいぶテンションもあがっていきました。

[PR]
# by hoppys | 2017-08-23 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_13462374.jpg


 横浜公園で、「ハマスタBAYビアガーデン」が開催されております。ベイスターズの試合を大型画面で観戦しつつ、ビールで一杯やろうということであります。元来、ビアガーデン好きとして自他共に認めるおれでありましたが、昨今のビアガーデンは、要予約、コース料理あるいはバイキングなど、ひと昔前のそれとは著しく様相を変えておりまして、このようなフリーなビアガーデンは希少な存在となってきた感があります。会場は、横浜スタジアム左翼スタンドの裏側で、椅子のあるテーブル席の他、立ち飲みができるテーブル、カウンターもあります。アサヒビールの他、限定もの含むベイスターズオリジナルのクラフトビールも人気です。フードは、キッチンカーで入手することができます。今夜は、スーパードライの大を一杯とまいりました。
 続いて、馬車道の「福の軒」に移動しました。店内のTVでベイスターズ戦を引き続き観戦しつつの1杯となります。隣にいるお客さんの豚骨ラーメンに心を惹かれつつも、生ビールに串焼き、ポテトサラダ、冷奴あたりを注文しました。今夜は飲んでいるお客さんのほうが多いようです。試合が佳境に達する中、さらに酎ハイを2杯、これで勘定は1,950円だから助かります。
 馬車道から野毛へと進み、スポーツバー「SHEVA」に到着となりました。試合はいよいよ終盤となっております。カウンターで生ビールを1杯やっていると、試合終了となったので、SHEVAオリジナルカクテルの「ヤスアキJUMP」をいただきました。ミントの爽やかなやつで乾杯といきましょう。
 最後にもう1杯乾杯というわけで、都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。カウンター内に、助っ人の仙女がいました。それほど忙しそうでもなかったので、なんで?と訊いてみましたが、お連れのお客さんに理由は不明のようでした。そんなわけで、あまり気にすることなく、ホッピーをもらうことにしました。今日は樽がなくなったので、瓶ですが、これもまた美味いのです。

[PR]
# by hoppys | 2017-08-17 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

大通り公園でビールを

a0038663_23505953.jpg

 本日は、毎年恒例、大通り公園で開催される「納涼ガーデンまつり・ヨコハマ・モシッソヨ!2017」に行ってまいりました。「モシッソヨ」というのは、韓国と友好的な意味を表すものだそうでありまして、会場内には韓国料理の屋台なんかも並んでおります。酒は、キリンの生ビールの他、缶のサワー類があるようです。そんなわけで、生ビールをいただきつつ、海鮮チヂミ、豚キムチ焼きそばといった韓国風のやつから、日本勢の枝豆、焼きトウモロコシなんかもいただきました。夏を満喫と言いたいところですが、不安定な天気で雨もぱらついております。それでもビールを2杯もらいました。このビアガーデン、明後日水曜日までの営業となっております。
 ということで、次はイセザキの「和来」のカウンターにやってきました。ホッピーをキンミヤでもらって、ネギトロ、奴といったメニュウとなりました。ナカもキンミヤでいただくと若干割高ではあるのですが、キンミヤソーダの価格を考えると、実はバランスが合ってるんじゃないかなどと考えているうち、結局もう1杯、梅干しサワーとまいりましょう。

[PR]
# by hoppys | 2017-08-15 00:04 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_23305496.jpg

 東横線白楽駅からほど近くの六角橋商店街、昭和の面影を色濃く残すアーケード街、仲見世にある「かずさや」にやってきました。まだ陽の高い16時であります。仲見世の狭い通路に面してカウンターがあり、椅子が並んでいます。入りやすそうでもあり、見えない敷居が高そうな感もありだったのですが、既に始めていたお客さんと年輩のマスターが、にこやかに迎えてくれました。おでんで飲める店でありまして、酒類は一部を除いてたいてい300円、生ビール、サワー類、焼酎、日本酒など飲むことができます。酒類1杯とおでん盛り合わせ5種にすると650円、多少の好みは聞き入れてくれるので、ちくわぶを入れてもらいました。しかし、盛り合わせなので、好みの申し出はほどほどにしておくのが粋というものです。様々な小物が雑然と並んで楽しいテーブル、商店街を通行するみなさんに様子を窺われながらの酒が格別であります。商店街のお得情報なども伺いながら飲み続けることができます。2杯目、おでんに合う酒を熟考し、結論は芋焼酎になりました。水割りですが、意外に充実の濃度となっております。おでん以外にもメニュウがありまして、今日は、もやしキムチと野沢菜をいただきました。どちらもちょうどいい小鉢で300円以下の格安振り、それではもう1杯芋焼酎とまいりましょう。
 楽しい気分で「かずさや」を出まして、続いては大通りの「世界長」、ここは4年ぶりになりました。しっかりした構えの居酒屋ですが、旬のものが並んでいて、大衆価格で酒に合う美味いものをいただけます。カウンター席に落ち着き、まずは梅サワー、そして枝豆、丸干し、おすすめメニュウから新鮮なイワシ刺しをもらいました。居心地のいい居酒屋でありまして、芋焼酎「明るい農村」を1杯2杯と進めつつ、なぜかカニサラダ800円なども平らげてしまいましょう。


[PR]
# by hoppys | 2017-08-12 23:59 | 六角橋でハッスル | Comments(0)

耐久、夏の「がま親分」

a0038663_15420353.jpg

 ちょっとだけ涼しくなったのを機に、日ノ出町の「がま親分」に行ってみることにしました。入った瞬間、やっぱりやめておけばよかったかなと思いつつも、幸いエアコンの前のカウンターを案内されました。しかし、扉は開けっ放しであります。早速冷たいホッピーを飲んで涼み、注文は、ガーリック豚ハラミ、地鶏なんこつ、シイタケといった感じになります。暑いけれども、どんどん焼いて喰うばかりです。2杯目はレモンサワー、これはかなり酸っぱいやつになりました。でシメには一番辛くないカルビスープとライムサワーであります。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」に移動しました。今年もビアガーデン大会を開催するということで、店主も張り切っております。でこちらでは、ピンクサワーを2杯いただきました。念のため申し添えますが、バイスです。
 今度は野毛へとやってまいりまして、野毛小路の「tacobe」となりました。金曜ですが祝日とあって、この界隈土曜日的な騒ぎとなっております。壁際のカウンターで角ハイボールなど飲むうち、メインカウンターが空いたところで、すかさずこちらに移動しました。おかげで常連さんと東宝特撮映画の話などできて幸いでした。角ハイボールももう1杯いただくことができます。
 最後に都橋商店街「○豊」であります。折よくなじみのお客さんばかりで安心、楽しいひとときを過ごすことができます。夏っぽくラムネサワーをいただきました。勢いがあり過ぎてしゅっぱっとなりつつ、清涼感のある立ち飲みを楽しませてもらいました。

[PR]
# by hoppys | 2017-08-11 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)