びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ビール ( 133 ) タグの人気記事

大通り公園でビールを

a0038663_23505953.jpg

 本日は、毎年恒例、大通り公園で開催される「納涼ガーデンまつり・ヨコハマ・モシッソヨ!2017」に行ってまいりました。「モシッソヨ」というのは、韓国と友好的な意味を表すものだそうでありまして、会場内には韓国料理の屋台なんかも並んでおります。酒は、キリンの生ビールの他、缶のサワー類があるようです。そんなわけで、生ビールをいただきつつ、海鮮チヂミ、豚キムチ焼きそばといった韓国風のやつから、日本勢の枝豆、焼きトウモロコシなんかもいただきました。夏を満喫と言いたいところですが、不安定な天気で雨もぱらついております。それでもビールを2杯もらいました。このビアガーデン、明後日水曜日までの営業となっております。
 ということで、次はイセザキの「和来」のカウンターにやってきました。ホッピーをキンミヤでもらって、ネギトロ、奴といったメニュウとなりました。ナカもキンミヤでいただくと若干割高ではあるのですが、キンミヤソーダの価格を考えると、実はバランスが合ってるんじゃないかなどと考えているうち、結局もう1杯、梅干しサワーとまいりましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-08-15 00:04 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_23055460.jpg

 今夜は、新子安の「諸星酒場」であります。18時直後の入店で、なんとか空席ありの状況です。一番出入口寄りの席で飲み始めますと、ほどなくベイスターズ戦の中継が始まりました。毎回酔っ払っているのを反省し、今宵はキリンビールを飲むことにします。中生でありまして、小もありますが大はなくていきなりメガとなっています。価格は中の倍以上ですから相当の量が期待できますが、やめておきまして、結局中生は4杯ほどいただくことになりました。つまみのほうは、お通しのひじきから始まりまして、枝豆、冷奴、煮込み、京都の油揚げといったあたりになりました。ベイスターズの奮闘ぶりをTVで眺めつつ、ビールの後にはバイスサワーをもらうことになりました。
 試合の大勢が決したところで、ようやく撤収ということになりました。このまま、だらだらと飲み続けているのもいけません。京急新子安駅から、KQで一気に黄金町駅にやってくると、構内の「えき缶酒場」で一杯と相成ります。今日はスーパードライ大瓶にコーンバターをもらいます。ハーフとフルサイズありましたが、迷わずフルサイズ、ということで633mlのビールを飲む間、コーンバターを満喫するおれなのでした。


[PR]
by hoppys | 2017-07-26 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_23283758.jpg

 KQ井土ヶ谷駅前の書店だったところに、中央立花グループの「和来」がオープンしました。開店早々のお試し価格中だったと見え、おばちゃんたちが行列を作っています。おれ自身は、何事もなかったようにいつもの「太すけ」に来店するわけですが、こちらでも「和来」の話題でもちきりです。地元にいる皆さんの感想は、「井土ヶ谷にもあんなに大勢ひとがいたんだなあ」とのことであります。まあそれはそれとして早速飲み始めることにしましょう。ここでの1杯目はもはやホッピーと決めておりまして、なくなるとナカ、さらにバイス、ナカと進行していきます。今晩も濃い目ですが、しかたありません。つまみ類も、気の利いたやつが揃っておりますから、アジフライ(大)、奴、スパゲティサラダ、キャベツ塩もみこんぶと、続けざまに頂きました。というわけで、月曜日からアットホームな感じで4杯、かなりいい感じであります。
 KQに乗って、日ノ出町駅から都橋商店街、今夜は「El Nubichinom」でビールをいただくことにしました。立ち飲みですが、ゆったり落ち着きます。島根・ビアへるんのさわやかな「檸檬ヴァイツェン」のあとは、一転してローストな、北海道の「ノースアイランドスタウト」、これはなかなかいけます。

[PR]
by hoppys | 2017-07-10 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)

ビールの美味い街

a0038663_18073156.jpg

 新子安駅の東口ロータリー付近には、魅惑的な店が群雄割拠という状態でありまして、本日は「甘粕屋」にやってきました。生ビールをもらって、お通しは枝豆になります。いわし団子、焼きサバといった秀逸の居酒屋メニュウを楽しむことになりました。2杯目のビールからは、ご当地「横浜づくり」に切り替えました。なんでも他のメーカーからクレームがついて、「チョメチョメに乾杯」という名称に改めたそうですが、横浜はすぐそこに工場があるので、堂々「横浜づくり」と名乗ることができるわけです。アルコール度がちょっと濃い目の6度というのも嬉しいところで、さらにもう1瓶いただくことにいたしました。
 続いて隣接の「諸星酒場」に移動します。店内のTVでベイスターズ戦を中継してくれておりますが、今夜は苦戦中なので、飲むほうに専念することにしました。バイスサワーから始め、「剣菱」の常温、さらにレモンサワーと、結局何を飲んでも、ここではしこたま酔っ払うことに変わりないと、何となく気づき始めております。

[PR]
by hoppys | 2017-06-13 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

鶴見・潮田を行く

a0038663_23133332.jpg

 本日は、特に用事も行事もありませんが、鶴見に来ております。本町通り商店街は、鶴見駅から鶴見川の南側に位置します。こちらの「としまや」の立ち飲みコーナーからスタートしました。奥に向かってやや細くなる台形の角打ちスペースがありまして、奥の窓口から注文させていただく構造になっています。入口側の高い位置にTVがあります。「ビールください」「大瓶?」「はい」「キリン?」「はい」という流れで、キリンラガーの大瓶を飲み始めることになりました。鶴見なんでこれが正解となります。40円のサラダせんべいをかじりつつ、飲むビールは実にうまいもんであります。
 続いて、歩くこと10分程度「村田屋商店」に到着しました。このあたりは仲通商店街の一角になるようです。こちらは、構えの左側に立ち飲みカウンターがあります。続けて大瓶もいささかきついものがあるので、今度は350の缶ビールと注文、やっぱりキリンラガーになりました。魚肉ソーセージなどいただいて飲んでおるのですが、地元のお客さんたちは、普通にご店主から酒を購入し、そのまま店の前の歩道で1杯始められています。真面目にカウンターで飲んでいるのはおれひとりという状況なのでした。
 さらに進撃を続けると、今度は5分程度で次の店、「中村屋商店」があります。ここは堂々たる店構えですが、店内はとても新しい感じで、やっぱり左側に立ち飲みカウンターがありました。ここでは、1杯いいですかと声を掛け、自らビールを持ち込んで始めることになりました。もちろん、キリンラガーの大瓶であります。やっぱり表では、地元のお客さんがテーブルを持ち出して機嫌よくやっているところでした。
 やや陽も傾いてきたところで、鶴見川を渡り、鶴見駅東口あたりに繰り出してまいりました。いつもの立ち飲み屋は1軒満員、もう1軒臨時休業とのことで、「大鶴見食堂」に進入します。まだ早い時間からかなりの混雑で、グループ客は断られているくらいです。ここでようやくホッピー、ナカはシャリキン、タコとか喰ってようやくシメとなります。

[PR]
by hoppys | 2017-06-10 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)
a0038663_23250354.jpg

 金曜日の野毛、「武田屋」に入りました。たいてい、黒ホッピーを飲んでおりますが、「横浜づくり」があるとのことなので、これをもらいました。大瓶であります。先月、何種類かのづくりシリーズを飲む機会がありまして、やっぱり一番美味いのは横浜づくりだなと感慨にふけっていたのでありますが、よく見りゃ、単純にアルコール度数が一番高いというだけでした。まあ、それでも牛タン串焼きや自家製コンビーフなどいただきつつ、割とあっさり飲んでしまいました。さらに、宝焼酎のレモンサワー専用焼酎なるものを発見、レモンサワーをいただいてみました。このレモンサワー自体は、あまり酸っぱくない、おれ好みのやつでしたが、この味はレモンのほうから来てるわけで、実際焼酎がレモンサワー用として真価を発揮したのかどうか不明であります。
 続いて野毛小路のスポーツバー「SHEVA」に移動しました。こっちでは、カウンターで生ビールを飲みながら、ベイスターズを応援することになります。あまり早い時間から行くと何時間も飲み続けて応援することになりますが、今日はちょうどいい感じで生ビール2杯、さらに勝利を祝ってもう1杯となりました。
 3軒めは、都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。本日のラスト1杯、シメがホッピーということになります。

[PR]
by hoppys | 2017-05-26 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ビールが似合う昭和酒場

a0038663_23290824.jpg

 まいど、上大岡の「いづ屋」にやってきますと、早い時間からずいぶんと混雑しております。いらっしゃあいと言ってもらったのでとりあえず奥に進むと、カウンターには多少空席がありました。注文も相次いで、厨房はばたばたしていたので、手早く生ビールとすぐ出る枝豆、串焼き数本を注文しました。ほぼ満席状態で、入れずに帰るお客さんも出る人気ぶりですが、ご店主がぼそっと、昨日は人っ子ひとり来なかったのに、とぼやきました。なかなかうまくいかないもんです。串焼きが焼きあがるころには多少落ち着いてはきましたが、2杯目以降は瓶ビールに切り替え、じっくりやることにしました。キリンラガーの大瓶であります。ブリ刺しなんかももらい、大瓶はもう1本となりました。現在店内のTVは地上波しか映りませんが、近いうち、お店の人も含むベイスターズファンのために、BSを入れるかも知れないとの吉報もございました。
 「いづ屋」を出まして、そのまま対岸の「じぃえんとるまん」に吸い込まれました。こちらでは、柱のところにある、ほぼ一人分のカウンターに陣取り、ドライブラックの中瓶をいただきましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-05-17 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

藤棚で楽しい角打ち

a0038663_23565909.jpg

 しばらく前に藤棚商店街を散歩しているときに見つけた、角打ちの「福田屋本店」に行ってみました。一見普通の酒屋ですが、奥のレジ横に秘密の角打ちスペースがあります。嘘です。表に店内飲みスペースありますとしっかり表示されています。キリンラガー中瓶をもらっていよいよ飲み始めます。立ち飲みではなくて、テーブルと椅子があり、落ち着いて飲むことができるのでした。最近「週刊ポスト」に紹介されたとのことで、雑誌を見せてくれました。それによれば元倉庫を改装した店とのことで、確かにそんな内装です。それから、「浅見本店」と同じく大正2年の創業と教えてもらいました。駄菓子的なつまみや総菜、さらに今日は250円のおでんを強く推奨されたのでもらうことにしました。地元の味のあるベテランが、入れ替わり立ち替わり登場、初めての客を気さくに受け入れてくれました。椅子があるので、立ち飲みの角打ちより距離感が近いような気がします。居心地のいいところで、ラガーの瓶をもう1本もらいました。
 続いて、日ノ出町から宮川町「遊」にやってきました。ここもフレンドリーな雰囲気で迎えてくれる店です。ホッピーをもらいましたが、大量のキンミヤ焼酎が入っております。豆腐料理の店なので冷奴などいただき、さらにまた大量なことは承知の上でナカをもらいました。3杯めはキリンビール「横浜づくり」の中瓶、しかしこれもまたもう1本追加してしまいました。

[PR]
by hoppys | 2017-04-29 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

旨さ倍増の市民酒場

a0038663_23394205.jpg

 新子安「諸星酒場」に突入であります。運よく18時前に到着することができたのですが、かなり混みあっていました。たまたま今日だけなのかも知れませんが、年配の方が多く、早くから始めていたようです。スタートはバイスサワー、さらにもつ煮込み、アジ刺し、チーズフライ、混雑しているときには、手早く注文しておくに限ります。と、思っていましたが、どれもすぐに出てきました。18時になりますと、店内のTVでベイスターズ戦の中継が始まりました。しかも、ベイスターズの投手は当地所縁といってもいい神奈川大学出身の濱口君であります。ハイ辛サワーに切り替えて観戦しつつの一杯となりました。ハイ辛サワーをもう1杯いただいてから、いよいよ「剣菱」常温に移行、梅水晶もセットでいただきす。これをゆっくり飲むとたいていシメということになるのですが、TVではベイスターズの試合がいよいよ佳境に入っております。そこでさらにサッポロ赤星中瓶を追加しました。関西のほうへ行きますと、赤星大瓶を飲むことで、元阪神の赤星氏が主宰する基金に寄付ができるらしいのですが、横浜では残念ながら寄付できません。しかもこれは中瓶です。そんなことを考えるうちにも勝負は続き、ベイスターズ投手がピンチを切り抜けるたび、店内各所で歓声が上がるようになってきました。赤星もう1本いったところでベイスターズはついに勝利、ただでさえ旨い酒がさらに旨くなるのでした。

[PR]
by hoppys | 2017-04-25 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

牛からはじめる月曜日


a0038663_23054549.jpg

 野毛・柳通りの「濱牛」が運よく空いていたので入店しました。店名のとおり、牛のホルモンが比較的安く喰える店であります。ホッピーを注文した後、本日のメニュウから、やげんなんこつと、肉じゃありませんがシイタケバター焼、それに定番のシロコロをもらうことにしました。シイタケはずいぶんでかいやつが来まして、バターの塩梅がちょうどいい、肉が美味いのはいつものことであります。ひと皿あたりの分量が控えめなのも、いろいろと喰いたいひとり客には逆に好都合です。一方、ホッピーの焼酎は多めで、ナカを2回、ホルモンのほうも、頬肉のツラミを追加しました。
 続いて、都橋商店街に移動しまして、地ビールの「El Nubichinom」であります。今日は燻し祭りということで、メニュウにはラオホ系がずらりと並んでいます。さっそくあぐらの「いぶりエール」というやつからいきます。秋田のいぶりがっこのビール版と言ったところ、まあそれは言い過ぎですがまあそんな感じです。発想が素晴らしいと感心しました。続いては箕面のラオホヴァイツェン、これはヴァイツェンなのにしっかり燻った風味がするという秀逸なシロモノ、さらには呉のラオホと畳み掛け、大岡川越しの夜桜を眺めつつ、スモーキーな時間を堪能しました。
 ラストは2階の「ホッピー仙人」でありまして、今日は割とゆったりしていたので、久しぶりに一番奥の席に座ったりしています。仙人気まぐれあるいは特製の白黒混合樽をいただきまして、1杯やったところで、席は譲ることにいたしましょう。
 

[PR]
by hoppys | 2017-04-10 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)