びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ライヴ ( 47 ) タグの人気記事

結局は酒が主役

a0038663_22161566.jpg

 今夜は、長者町のライヴハウス「セ・ラ・ヴィ」で、キクチタケシのステージとなっておりまして、開演までの若干の時間を余すところなく利用、野毛「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」で飲み始めました。ホッピーをもらい、焼鳥数種類、ナカさらに梅干しサワーと、早くもどしどし喰らっています。メニュウが変わって梅干し入りサワーの表記がようやく正しくなりました。
 「翠葉」本店3階の「セ・ラ・ヴィ」に到着、テーブルには餃子とキンミヤ焼酎ボトルが所狭しと並んでいて、これを2ステージのうちにぐんぐんといただかなくてはなりません。しかし、気が付くとすっかりなくなっていたから、酒飲みというのは恐ろしいものです。
 しかし、まだ飲み足りないということで、若葉町の立ち飲み「マンナ」にお邪魔することになりました。こちらでは当然マッコリとキムチ、しばしわいわいとやらせていただきまして、大変ありがとうございます。


[PR]
by hoppys | 2017-03-10 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_21494331.jpg

 今夜は、久しぶりにあのキクチタケシが、横浜でライヴをやるということで、我々も集合しました。会場は、長者町の「翠葉」本店3階にできたライヴハウス「C'est la vie.」となっています。
 しかし、我々はひとまず吉田町の「角清」にやってきました。少しでも時間があれば飲んじまうのはいつもの習性であります。ここはかなり飲み屋寄りの蕎麦屋でありまして、晩酌セット1,200円は、充実のつまみ2品と1杯がいただけます。気になったのは「冷たい蕎麦湯割り」というやつで、さっそく注文してみますと、まずグラスに丸氷と焼酎、そして別途温めの蕎麦湯がついてきます。グラスに蕎麦湯を入れると、徐々に氷が溶けて冷たく飲めるようになってきます。なかなか気の利いた一品なので、追加でもう1杯もらってしまいました。
 さて、肝心のライヴは19時30分スタート、「C'est la vie.」は、元々ライヴ会場として作られたので、ちょうどいい大きさで、レイアウトに無理がありません。キクチタケシは、大阪で知り合った鹿児島出身の松藤量平を伴って登場、彼もまた実力者でありまして、息の合ったプレイで、音楽性の高い大人の歌を次々に披露してくれました。じっくり聴かせます。まあそれはともかくとして、既にこちらはすっかり温まっているので、階下の「翠葉」の餃子やキンミヤボトルなんかをどしどしいただきました。ここは、見やすいうえに飲食充実のなかなかご機嫌な会場であります。
 ライヴ終了後は、みんなで下に降りて反省会と相成りました。この頃には完全に盛り上がっておりまして、引き続き中華料理とキンミヤハイボールで延々飲み続ける流れになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2016-10-21 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

「IBUKI」9th

a0038663_22401547.jpg

 都橋商店街2階の「IBUKI」が9周年を迎えました。それで今夜は一杯やるわけですが、その前に景気づけとばかり、「Suzumaru」に立ち寄っております。冷え込む今夜は、白州もお湯割りになりました。暫し、酔い温まってから満を持して「IBUKI」に繰り出しました。黒ラバルの缶を飲みながら、カウンター上の料理をいただきにかかります。今年も、各名店からの差し入れがメインなのも楽しいところです。そんなこんなで盛り上がりました。来年はついに10年になります。どれだけのスケールでの開催になるのか、恐ろしくて想像すらつきません。
 しかしながら、本日のメインは、野毛坂「ボーダライン」での、遠峰あこ勉強会になりました。えー、勉強会というのは、要するに次期ツアーのリハーサルであります。いや、さすがにそればっかりというわけじゃありませんが、演奏より客席を交えてのトークがまるっきり長いという、むしろ漫談会に近いわけですが、それでもおれ自身、寄席の経験で腕の上がったあこさんの漫談を謳歌しつつ、コロナ、ジェムソン、ジェムソンさらにジェムソンと飲み継いでいくわけです。
[PR]
by hoppys | 2016-01-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

関内にキクチタケシ登場

a0038663_22551752.jpg

 今夜は、関内の「スタージスカフェ」で、おなじみキクチタケシのライヴがあります。都橋商店街の「ホッピー仙人」でホッピーを1杯貰ってから乗り込むことになりました。こういう時に限って、週末にもかかわらず「ホッピー仙人」が空いているのですが、これはまあしかたないところです。
 会場の「スタージスカフェ」は、大通り公園と関内大通りの間、吉田中学の隣にあります。ライヴもできるカフェ、バーのようで、席はカウンターを含め20席強、ライヴ会場としては居心地の良い狭さと言えましょう。あまり馴染みがないけれど、こんな店があちこちで頑張っています。演奏の始まる前に酒とフードを注文、もっとも酒はジントニックをすぐに飲んでしまい、ウォッカトニック、ジンバックと演奏中もどしどし貰っていただいています。今日のキクチタケシのステージは本人弾き語りのキーボードとアコースティックギターの編成で、短い休憩を挟んだ二部構成、今後は現在活躍中の大阪のミュージシャンと、旧知の横浜のミュージシャンとのジョイントをプロデュースするなどと、楽しみなプランも発表されました。こういう場所で、優れたミュージシャンの生演奏を楽しんでいただきたいものです。
 ライヴ後は、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」で、暫し飲んでいくことにしました。まずはホッピー、そしてナカ、さらに酎ハイ、レモンハイ、店にやってきたお客さんと盛り上がったりしているうち、酒が止まらなくなってきたので、このへんで自ら強制終了することにします。
[PR]
by hoppys | 2015-03-13 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

酒も美味くなるライヴを

a0038663_0451835.jpg

 今夜は、野毛の立ち飲み「ぴんぴん」の今年初飲みになりました。ここは古い建物で、入口やトイレなど、サッシじゃない引き戸が、懐かしい日本家屋にいる気分にさせてくれます。正月に飲むにはうってつけと言えましょう。飲むのはホッピーですが、焼酎ともども日本のものなんでヨシとしましょう。暖かい温奴を貰い、店内のTVで、ワタナベトオルの息子のつたない食レポを眺めつつ、ナカを2杯分喰らいました。
 続いて、都橋商店街「ホッピー仙人」に移動します。引き続きホッピーですが、その前に日本酒を貰いました。なかなか美味いと思ったら「獺祭」だそうでありまして、すぐに出来上がった白樽ホッピーと同時に飲むことになっちまいました。格好良くないんで、早めに飲んでしまいましょう。
 ホッピーを飲み終わった後は、石川町方面に移動となりました。堀川にかかる西の橋近くのダイニングバー「Earthly Paradise」で、20時からキクチタケシたちのライヴがあるのです。初めて訪れる店で、西の橋交差点の角、ビルの3階にありました。店内は、テーブルが2つほど、後は高い位置のカウンターで、詰めても20人くらい、ライヴをやるにはいい雰囲気でしょう。ドラムセットなどは入りそうにありません。窓からは高速道路の構造物と堀川が見え、非常にアーバンな雰囲気が漂います。パスタや食事メニュウも充実、酒もたいていは揃っているようです。2回ステージで終了は23時頃、その間おれ自身はジンバック、ジントニック、角ハイボールと飲み進めつつ、演奏を堪能しました。余談ですが、今夜共演の片山メグミさんというシンガーは、かつて伊勢佐木長者町駅付近に住んでいて、その頃よく野毛にも出没していたそうです。東京に引っ越して、野毛界隈では消息不明扱いになり、死亡説が流れたそうで、こりゃ他人事じゃありませんな。
[PR]
by hoppys | 2015-01-09 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_11173499.jpg

 関内の大通り公園で開催中のビアガーデンにやってきました。到着したときには雨がやんでいたのですが、直前までかなりの量が降っており、公園内に並べられたテーブルや椅子はびしょ濡れであります。構わずにテーブルだけ使用して立ち飲みを敢行しておりますと、スタッフのお兄さんが駆け付けて拭いてくれました。おかげで、ゆっくりビールを飲むことができます。
 ここのビアガーデンは、並んでいる屋台やケータリングカーから、各自ビールやフードを購入して飲み喰いするというシステムになっております。以前は横浜ビールも出ていましたが、今はキリンビールだけのようです。喰いものでは、韓国系の店とタイアップというか協力関係があるようで、焼肉の店が多く出ています。豚カルビやチヂミなんかを喰いながら、生ビールを3杯ほど飲んでいると、遠くのステージから「あずさ2号」が聴こえてきました。見るとひとりで唄っていて、なにやらカラオケ大会の様相を呈しています。なんて思っていたら、唄っていたのはあの狩人本人でした。もちろん、メインの弟のほうであります。これは大変失礼いたしました。
 ビールも飽きたので、4杯目は缶の酎ハイに致しました。それならその辺の店で買ってきた方が安いとの声もありますが、それを言っちゃあいけません。
 その缶酎ハイを飲みながら、大通り公園から寿町に移動し始めます。今日は夏祭りがありまして、トリを遠峰あこさんが務めることになっているのです。たいてい、こういうのは時間が押すものですが、到着すると、前のグループが余裕を持って時間通りに終了、おかげで、予定通りの進行になりました。
 ライヴでは寿町ながら夏フェスのように勝手に盛り上がりました。さすがは、飲まないと本領を発揮できない野毛の人であります。ここで、盛り上がりながらさらに缶ビールを2本ほど飲み終え、一気に野毛にやってきました。立ち飲み「○豊」で夏らしくラムネサワー、蕎麦の店「千花庵」で焼酎蕎麦湯割りを頂くも半分こぼしてしまったためもう1杯飲み、シメの蕎麦を喰い、さらに「ムービースター」で高温を克服しつつゆず酎を1杯と、最後の百円までつぎ込み、勢いよく野毛を駆け抜ける男の姿がそこにあるのでした。
[PR]
by hoppys | 2014-08-14 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

野毛で本領発揮

a0038663_22254474.jpg

 今日は、横浜出身のシンガーソングライター・キクチタケシが、赤レンガ倉庫「モーションブルー」で唄うというので駆けつけました。彼は、馬車道のライヴハウス「パラダイスカフェ」の出身で、野毛あたりにもいろいろ縁があります。いささか上品な「モーションブルー」で、赤ワインのボトル、それにジェムソンをロックでちびりちびりやって、2ステージを楽しみました。
 ステージ終了後、タクシーに分乗して野毛に帰ってまいります。経費的な話で控え目だったところ、ここでようやく本領発揮といった感じになりまして、「ホッピー仙人」で、ホッピーをぐいぐいと2杯空け、空腹だったので「THANK YOU」に向かいました。実は今年初訪問だったりしますが、そんなわけで珍しくピザを喰い、生ビールを1杯、それでも空腹だったので、マスターの提案通り、大通り沿いの坦々麺専門店にちょっと向かってみましたが、いくらなんでもこの時間に刺激物は辞めたほうがいいだろうと判断し、結局「ムービースター」を目指すことになりました。
 「ムービースター」で、うまか棒とかタラ成分が入った駄菓子とかを貰ってむしゃむしゃ喰い、「〇豊」でも飲んでいる生姜酎を貰うことにしました。向こうではジンジャーエールで割っていますが、これだけ飲んでもかなり生姜の風味がします。これで温まるべく、2杯喰らってしまうのです。
[PR]
by hoppys | 2012-01-21 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

夜を楽しむ「JUNK」

a0038663_0105327.jpg

 今日の1軒目は、なぜか「Hanako」にも載った缶詰バー「キンコンカン」になりました。生ビールを2杯ほど飲み、スパム缶とコンビーフ缶で作ってもらう感じになりました。1月の水曜日ながら、なかなかお客さんが入って盛況です。
 続いて、一昨日以来の「JUNK」にやってきました。今夜は深沢晴奈カルテットのライヴ、JAZZにはちょっと珍しいフルートがメインの編成になります。ということで、生ハムとアンチョビのピザや、レーズンバター、ビーフジャーキーなどをつまみ、ウォッカトニックを飲み、さらにウィスキーー、バーボン系に切り替えることにしました。ここは800円前後といささか高価ですが、その分1杯がかなりの量になっておるわけです。しかし、ひるむことなく、ジェムソン、アーリータイムス、フォアローゼス、IWハーパーといった連中を順不同で飲み続け、3ステージを楽しませてもらいました。主観的には、酒に合う音楽は、演歌を別格にしてやっぱりJAZZだと思うわけです。
[PR]
by hoppys | 2012-01-18 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_1165974.jpg
 
 横浜では、夕方から激しい雨が降り始めまして、金曜日ながら野毛の人通りも少なくなっております。そんな中、まずは「El Nubichinom」に入りました。窓から、大岡川の水面を雨が打ちつけるさまが見えます。今日は、ビール感はあまりない爽やかな「グレートブルー」続いて、対照的にモルツ然としたベアレンクラシックと2杯頂きました。
 続いて、立ち飲み「ぴんぴん」にやってきました。エイヒレをつまみながらホッピーを飲んでいると、19時半から遠峰あこさんが「すきずき」で唄うから、その辺にいる連中はすぐ来るようのとのことで、ナカを貰って飲み終わったところで急行しました。この雨の中でも人気の「すきずき」でしたが、あこさんの応援グループの卓に潜り込ませてもらい、演奏を楽しみながらレモンサワーやライムサワーさらに麦焼酎も貰って飲み続けました。で、気がつくと22時半を回っていたので、ここで引き揚げ、最後は「ムービースター」に突入、馴染みの面々とまたしても意味のない無駄話を繰り広げていると、すだち酎を飲み終わったので、いよいよ終了となります。
[PR]
by hoppys | 2011-08-26 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

ハマ横丁で本格流し

a0038663_125443.jpg

 今日は、横浜駅西口から鶴屋橋を渡って、神奈川区鶴屋町にやってきました。地元の食材を多めに使っていることを示す緑提灯の居酒屋「くらち」で、地産の野菜料理や久しぶりに再会した横浜キムチをつまみに、生ビールや焼酎を飲んだ後、「ハマ横丁」に登場しました。1階の海鮮BBQ「浜印水産」で、ホッピーを飲み、貝やイカを網で焼いてなめろうを喰っていると、奥のほうで遠峰あこさんが唄いはじめました。
 いささかわざとらしい展開ですが、そのあとこっちに来てもらって2、3曲やってもらいます。「浜印水産」では結局ホッピー1瓶で3杯飲み、2階の洋食「うえちゃん」に旨そうなパスタ的な料理があるので向かってみると、ちょうどあこさんが唄っているところでした。そこでジントニックかなんか飲んで、また1階に降り、今度は正直にあこさんが唄っている「勢(SEI)」に急行しました。まあこのあたりまで来るとかなり酒も回ってきましたが、同じくあこさんを聴きにやってきたみなさんとも合流、トリスハイボールとか飲み続けているうちに、1階閉店の24時が近づいてまいりました。
[PR]
by hoppys | 2011-03-31 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)