びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:京浜急行 ( 28 ) タグの人気記事

「三河屋」で静かな時間

a0038663_215924100.jpg

 弘明寺の「三河屋」にやってきました。今夜は、カウンターにも3人ほどお客さんがいまして、間に入れてもらいます。寒いのでさっそく湯豆腐と芋焼酎のお湯割り、それからちょっと系統の違う気仙沼ホルモンなんていうやつを貰うことにしました。だんだん温まってきたところで、2杯目の焼酎は水割りにしました。「倉岳」という銘柄のようです。敢えて言いませんでしたが、水割り普通に濃い目です。しっかり焼酎の味がします。さすがです。酔っぱらいます。時折テーブル席のほうから声もしますが、静かな雰囲気の中で飲んでいると、カウンター内に、「ハンドルキーパー用」のタンブラーがあるのが見えました。これにはアルコールが入らないということなのでしょうか。酔っ払い運転はいけません。さらにキス天を貰うと、これが嬉しい3枚であります。3杯目4杯目は「高清水」、きゅうりをつまみながら飲み続けました。
 弘明寺商店街を歩きつつ、横丁で目に付いた看板の店に行ってみることにしました。それがバー「CAROU」、マスターは妙に体格がよく、ファッションもスポーティです。後で、元空手家のかただと判明しました。1杯目はギネス、2杯目はジントニックをいただきます。この店、季刊誌「横濱」の特集に載ったとのことで、それをきっかけに、気が付けば、常連らしい先客さんといろいろ話し込んおります。
 KQを黄金町で降りると、今度は大岡川沿いのバー「JOINT」に現れました。こちらでは、最近「白州」のソーダ割りばかり飲んでいます。まあ、この店でもいろいろあって盛り上がり、もう1杯いただいたところ、この寒空の下、危うくコートを忘れそうになる始末なのであります。
[PR]
by hoppys | 2016-02-04 23:59 | 弘明寺でハッスル | Comments(0)

無茶もやる金曜日

a0038663_022693.jpg

 金沢文庫「鳥千代」本店で飲み始めることになりました。今日もカウンターの隅でシャリキンホッピーであります。鳥ねぎ、皮、つくね、豚バラそれにシイタケなど串焼きをメインに、ネギトロ、おろし納豆なんかも貰いました。ジヤイアンツフアンのご主人が、無駄口を叩きつつ、丁寧に焼いてくれます。おろし納豆は失敗かも知れません。おろしと納豆が互いに良さを消しあっているようです。次からはマグロ納豆に戻しましょう。2杯目も当然シャリキンホッピーです。
 KQに乗って、日ノ出町駅から野毛へと進出します。まずは都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。要はまたホッピーなのです。まずは樽の黒、シャリキンで白2杯飲んだおれに、心憎い選択であります。しかしさすがに、キンミヤホッピー3杯となりましたから、次は三楽焼酎でいただくことにしました。どちらの焼酎も欠かせません。
 で、今夜も「ムービースター」に突入しました。いつものすだち酎まではよかったのですが、調子に乗って、かなり酔っぱらっているにも関わらず、カウンターにあった未開封の「フォアローゼス」を攻めたのが失敗でありました。なみなみと、まあダブルなら4杯分くらいのやつをぐうっと飲んじまいましたから後が大変です。
[PR]
by hoppys | 2015-10-09 23:59 | 金沢文庫でハッスル | Comments(2)

文庫発で杉田経由

a0038663_19554487.jpg

 今日は、金沢文庫駅近くの「maido」なる店で、一杯やることになりました。洒落た感じの洋風居酒屋といった雰囲気の店で、カウンターにホール、それに10人以上で使える個室もあったりします。メニュウは、ビールから焼酎、日本酒、それにウィスキーやワイン、カクテルと相当多彩であります。今回は、飲み放題ということで、かなり限定されますが、それでも生ビールはアサヒかキリンが選べ、ひととおりの種類は選択することができました。おれ自身は、生ビールをアサヒ1杯にキリン2杯、レモンサワー、芋焼酎「黒霧島」の水割りを2杯と勢いよく飲み続けました。料理のほうは、金額や中身の異なるコースが10種類ちかくあり、今回の「まいどコース」は、最初の小鉢の後は、ひたすら串ものが出てくるようになっていました。串ものはシンプルなやつでなく、基本肉巻きのような、大きめの複合したやつで、十分満足できる本数が出てきました。
 まあ、これで満足して帰ればよかったのですが、KQの普通列車に乗ってしまったため、つい杉田で降りてしまいました。これから杉田で延々飲むわけにもまいりませんので、バー「X-Ray」直行コースとなります。カウンターばかり混み合っておりましたが、うまく潜り込むことができました。1杯目はジャックダニエルの水割り、2杯目は確かテキーラサンライズとなりました。このあたりでいっぱいいっぱいであります。
[PR]
by hoppys | 2015-08-20 23:59 | 金沢文庫でハッスル | Comments(2)

昼からイケる上大岡

a0038663_091896.jpg

 まだ真昼間ですが、上大岡の立ち飲み「じぃえんとるまん」にやってきました。久しぶりの来店で、店内のレイアウトも若干変わっていたような気がします。マグロやもつ煮込みを貰い、まずは焼酎の男梅割から飲み始めました。もつ煮込みは強烈系だったのでホッピーが飲みたくなりましたが、まだ早いので、ここは生ビール、スーパードライにしておきました。はっきりとした注文カウンターがないので、最初はいささか戸惑いましたが、適当な隙間を見つけて、中の店員さんを捕まえて注文すればいいようです。それで、生ビールはもう1杯であります。
 今日はなぜ早くから飲んでいるかというと、上大岡京急百貨店で開催中の「京急鉄道フェア」に、おなじみ遠峰あこさんが登場して、鉄道マニヤを前に2ステージやってのけたからであります。いたいけな鉄道マニヤのおぢさんおにいさんたちを前に、日ノ出町や黄金町の充実ぶりを力説するあこさん、なかなか素敵でありました。
 で、2回目のステージ終了後は、焼鳥「一火」にやってきました。本店「鳥佳」は早くも断念しております。ここでは幸運にも空席があり、2時間制限ながら、ゆっくりと焼鳥を喰うことができます。 串ものは、鳥佳巻きやチーズ巻きあたりからどしどしと注文、酒の方は レモンサワーから始めて、佐藤麦の水割りを2杯、鶏スープでシメになります。
 3軒目は、立ち飲みの「cove」であります。かなり大勢のお客さんが入っていましたが、隙間を作ってもらいました。ここでは麦焼酎の適当なやつを貰って飲み始めます。年内の営業は本日までとのことで、その後も次々にお客さんが入ってきまして、カウンターはますます盛り上がってきました。で、今夜のシメは生ビールに致しました。
[PR]
by hoppys | 2014-12-27 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

「鳥佳」60分1本

a0038663_23374573.jpg

 上大岡の「鳥佳」にやってきました。早めの時間とはいえ、もう師走なので玉砕覚悟ではありましたが、予約前の18時半まではよいとのことであります。つまり、1時間弱になるわけでありますが、テンポよく飲み喰いすればむしろちょうどよい時間であります。と、いうことで、厨房裏の増築スペースのテーブルに案内され、すぐさま注文であります。ビールと言いたいところですが、かなり寒い中を歩いてきたので、焼酎の水割りにします。よく考えれば、冷たいのはこちらも同様、氷まで入っているわけですが、多少アルコールも効くのでヨシとしましょう。麦焼酎の「麦汁」、やや控えめながらちゃんと麦の風味がします。それからなんといっても美味い煮込み、焼鳥、串系は皮、ナンコツ、砂肝に、定番の鳥佳巻、チーズ巻、トマト巻さらに、漬けた豚バラ肉の串焼きトンヅケを加えました。こういう事情なので、店内混み合っているにもかかわらず、若い人たちがどしどし焼いて、次々に持ってきてくれます。酒の方も、いよいよ自家製ジンジャーのハイボールに突入、これをもう1杯、そして仕上げにシャンディガフを飲み、締め切り10分前には終了するという潔さであります。
 終盤、かなりのアップテンポになりましたので、いったん休憩を兼ねて上大岡を終了、KQで黄金町に移動します。駅のカンヅメはこの前行ったので、今日は初音町の「酒房ぴー」にやってきました。駅から大した距離ではありませんが、表は極寒なので、暖かい店内で生き返った思いです。カウンターで、贅沢にも冷えたビール、サッポロ赤星中瓶をいただいて飲み始めました。つまみにはポテトフライ、これがMDNDより美味くてしかもSサイズじゃないので、いつまでもつまめるから助かります。各党党首が登場するTVを眺めながらも、店主のひろぴーと、黄金町イセザキ野毛辺りの近況やらを話題にして過ごし、ビールをもう1本、さらに野菜代わりのトマトハイも飲んじまいましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-12-15 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

楽しく酔える市民酒場

a0038663_23323488.jpg

 新子安の市民酒場「諸星」にやってきました。長いカウンター的テーブルの奥の方に座り、1杯目はキンミヤハイボールに致しました。まだ比較的冷静な初杯にこれを飲むと、ほとんど焼酎の味しか感じません。なるほど、こんなシロモノばかり飲んでいたら、そりゃあ毎回上大岡まで行き過ぎてしまうのも道理です。つまみは、いつものとおりめかぶとろろ、冷奴、それにシウマイにしました。崎陽軒以外の焼売は、シュウマイと表記するのが一般的ですが、シウマイと書いてあるのだから仕方ありません。2杯目はハイ辛サワー、3杯目はバイスサワーと、どんどん勢いがついてきました。その2杯目3杯目も、大量のキンミヤ焼酎が入っていたことはほぼ確実であります。
 すっかり酔っ払いましたが、日本酒を控えていたせいか、KQ新子安から無事黄金町に辿り着きました。まだ、酒を残しつつ、初音町の「酒房ぴー」にやってきました。カウンターで、ベイスターズやハマスタの話などしつつつ、サッポロ赤星さらには麦焼酎「泰明」を1杯2杯、しらすおろしやよく焼いてもらったたらこなどつまみながら、これをゆっくりと飲んでいるうちに、むしろ強い酔いは覚めてくる始末です。今夜は市民酒場帰りってことで、「はま太郎」5号もここで買ってしまいましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-09-22 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_2121355.jpg

 早速、子安の「諸星酒場」であります。人生多少の迷いや悩みがあっても、ここ「諸星酒場」で一杯も二杯もやれば解消すると、おれは個人的に思っていますが、今夜はなんの迷いも悩みもなく登場しました。最初の一杯はキンミヤハイボール、つまみはアジ刺し、温豆腐、ごぼうビリ辛揚、それにめかぶとろろと、どしどし注文します。ゆっくり飲み喰いしながら、二杯目に剣菱、三杯目には高清水と加速しました。つまみはどれも美味くて酒が進みます。もっともこのうち、ごぼうは、ひとりで日本酒飲んでるといささか微妙でしたが、まあいいでしょう。昔ながらの店内で気持ちも落ち着いてきますが、焼酎もむやみに濃いうえ、日本酒ばかり飲んでいると、すぐさま酔っ払ってしまいます。
 19時前あたりで、早くも完全にできあがったおれは、ケイキューに乗って黄金町駅に登場、駅構内の「えき缶酒場」に立ち寄ることになりました。意外と甘くて酸っぱいレモンサワー、これに定番魚肉ソーセージを齧り、しばしくつろいだところで、本日は撤収致しましょう。 
[PR]
by hoppys | 2014-02-03 21:31 | 子安でハッスル | Comments(0)

文庫の立ち飲み

a0038663_22594310.jpg

 今夜は、金沢文庫・すずらん商店街に登場しました。メシも喰えれば酒も飲める、便利な「市場食堂」が1軒目になりました。酒1杯とつまみ2品のセットがあったので、早速これから始めました。酒はアサヒスーパードライの生ビールを注文、つまみは、マグロ、ホタテ、タコからなる刺身の盛り合わせ、それに温ナスが出てきました。どちらも素晴らしいものです。ランチタイムから混み合っている店だけのことはあります。で、2杯目は焼酎のだったん蕎麦茶割、それに追加でアナゴのてんぷらなんかを戴きました。
 続いて、京急の線路を越えて西口へ移動、立ち飲みの「とまり木」にやってきました。混み合っていますが、運よく入れました。市内106軒目の立ち飲みになります。10人くらいで一杯になるスペースの店で、路地の裏側にある酒屋さんの副業だそうであります。当然現金引き換えになりまして、スーパードライの中瓶、それにカウンター後方に並んでいる缶詰から、焼鳥塩味なんかを貰っております。つまようじ一本で喰うのはいささか困難ではありますが、そこは何とかしないといけません。技術の見せどころであります。金沢ローカルのかなり濃密な空気の中、もう1杯中瓶を貰いました。
 金沢文庫駅から京急に乗って黄金町に普通列車ながら急行、階下の「えき缶酒場」にやってきました。また缶詰かと思いきや、ここは酎ハイに、卵とじ的な適当なつまみを注文して一杯、今宵はこのくらいにしておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2013-07-26 23:11 | 金沢文庫でハッスル | Comments(0)

「愛知屋酒店」の夏飲み

a0038663_22162027.jpg

 今夜は杉田です。まずは、16号線沿いの「じぃえんとるまん」をのぞくことにしました。もっとも、表からは中の様子は見えないので、ここは扉を開けてみる必要があります。幸い、まだまだスペースがあったので入店、とりあえずホッピーを貰うことにしました。ここには、瓶のほかに樽もあって、中300円、大400円、ジャンボ500円となっています。あくまでおれの推測ですが、大よりジャンボのほうが量が多いものと思われます。で、今日は大を貰いました。例によって多種多様に揃っている安いつまみ群から、トンペイ焼き、ポテトサラダなんかを貰いました。大ホッピーは、飲み終えるに多少時間がかかりましたが、2杯目は芋焼酎「佐藤」の白麹を水割りであります。
 続いて、「愛知屋酒店」に移動しました。「散歩の達人・京急線特集」にも、杉田の立ち飲み代表として登場、おめでとうございます。冷蔵庫からキリンラガーの小瓶を持って、カウンターに陣取ります。枝豆をつまみにビールを飲み、さらに「酔鯨」320円を飲むことにしました。ぐっと冷えたやつをコップに注いでくれます。漬物と一緒に飲んでいると最高に美味いので、今夜はもう、ここで仕舞いにすることにしてもう1杯であります。
[PR]
by hoppys | 2013-07-08 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

中華から缶詰

a0038663_23365346.jpg

 日ノ出町駅直近の中華料理「酔心酒家」で、飲み放題メニュウがあるというので集合しました。
 温めてもらった紹興酒をメインに、生ビール、ハイボール、緑茶ハイなんかを飲み続けておりますが、飲み放題メニュウとも思えない濃厚ぶりでどんどん酔っ払ってまいります。中華のほうは、麻婆豆腐、青梗菜、多少フカヒレなスープ、焼きそば、追加の餃子といったあたりで、楽しい円卓となりました。
 2時間コースで終了が19時前となったので、昨日入れてもらえなかった黄金町「駅めんや」に突入することに致しました。この時間ならぐうの音も出まい。今日はあまりお客もおらず、あっさり入店しました。これで市内立ち飲み100軒目となりました。奥の方にカウンターがあって、酒はそこで注文、缶詰は自ら持っていくシステムです。缶詰は「キンコンカン」なんかと違って、調理することなく、そのまま出されます。で、今日はとりあえず1杯だけで終了しておきました。
[PR]
by hoppys | 2012-11-23 23:36 | 日の出町でハッスル | Comments(2)