びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:焼酎 ( 178 ) タグの人気記事

今宵も蕎麦はいただかず

a0038663_23162019.jpg

 吉田町の「角清 」、1,300円のセットでスタートになります。今日のつまみは、寒ブリ刺に、わかめ、きゅうりの酢の物、それに、すっかり冷え込んでいるので、蕎麦焼酎の蕎麦湯割りをもらいました。ブリはいいやつがきました。さらに温まるべく、追加で蕎麦湯割りをもう1杯といたします。
 続いて、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」であります。いつもオープンな店ですが、さすがに今日は扉が閉めてありまして、店内暖かくなっておりました。それをよいことに、麦焼酎の「兼八」贅沢な冷たい水割りでいただきました。スパゲティサラダなんかつまんで、お得な「兼八」をもう1杯いただいておきます。
 3軒目は野毛小路「tacobe」、今夜は、団体客がふた組入っていて、メインのカウンター席まで埋まっておりました。壁際のカウンター、通称アウェイ席で飲み始めることにいたしまして、それでも、角ハイボールを2杯いただいております。まあ、年末はこんなもんですから。

[PR]
by hoppys | 2017-12-14 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

上大岡飲み歩き

a0038663_23452763.jpg
 
 上大岡は、「いづ屋」にいそいそとやってまいりました。今日は金目鯛刺しがありましたので、生ビールとともにこれをいただきます。さらに串焼き各種、2杯目からは焼酎サワーセットとなります。この、焼酎180mlと1瓶200mlのワリモノの配分について、毎回悩んでおったところですが、どうやっても結局飲んじまう焼酎の量は同じという単純なことに気づきまして、思いのまま適当に作ることにしました。ワリモノの1本目はハイピッチの炭酸、2本目3本目はパレードの青リンゴ、適当に注いだほうが、意外にうまくできるようです。
 続いて、すぐ近くの立ち飲み「なか川」に登場しました。こちらではホッピー、アカサカもありますが、普通に白にしました。氷入りのホッピージョッキで出てきます。ナカは氷追加なしでもらいました。さらにバイスもいっておきます。
 3軒目は、駅の東側に回りまして、「cove」となります。先ほどの「なか川」にいたお客さんがこちらにも来ていました。今日の麦焼酎は「宝泉坊」でありまして、以前こちらでいただいたやつだったので、早速もらうことにします。酔っ払っていても、飲んだ酒は覚えているのが不思議ではありますが、ともかく、いつもの濃い目の水割りでこれを2杯、当然千鳥足での撤退となるのでした。


[PR]
by hoppys | 2017-11-28 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

温まる「○豊」

a0038663_23112191.jpg

 横浜も俄然、寒くなってきました。野毛小路ですが、今夜は迷っている場合ではありません。「紅とん」のカウンター席に空きがあるのを確認して、すぐ突入しました。店内は、厨房の熱気と、人間の体温とで暖まっていて助かります。おかげで冷たいホッピーを注文することができました。串焼きのほうは、豚ハラミ、豚バラ、ささみ梅、ささみわさび、シイタケそれにエリンギと、たいていはこんなラインナップとなっておりまして、さらにナカをもらって会計は1,530円であります。
 続いて、宮川町の「桐のや水産」にやってきました。いつも開け放しの、この立ち飲みもさすがに今日は一部を除いて閉め切っております。店内も暖房が効いていたのか暖かく、こちらでも麦焼酎「兼八」を水割りでいただくことができました。スパゲティサラダなんかもつまんでおります。
 3軒目は、都橋商店街「○豊」になります。ちょうどお客がいないタイミングで、運がいいんだか悪いんだかむつかしい局面でしたが、とにかく、焼酎のお湯割りに梅干しを投入してもらい、湯豆腐もいただくことになりました。冷え込む季節には、この店で暖まりつつ、家にいるようにTVを眺め、無駄話をして過ごすというのが、毎年の楽しみであります。ということで、焼酎もう1杯です。

[PR]
by hoppys | 2017-11-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

パワフルな関内の酒場

a0038663_23131207.jpg

 関内ベイスターズ通りの「福の軒」にやってまいりました。早くもかなりの混雑ですが、カウンター奥に空席がありました。スタッフのTシャツには「豚骨拉麺酒場」とあります。注文があちこちで入っているようなので、手っ取り早く、生ビールと焼鳥各種、それに赤カブ漬けをコールしておきました。焼鳥は税別90円と格安なのでどしどしもらいます。生ビールもう1杯に、麦焼酎の水割りと飲み続けるうち、カウンターは、既にお客が入れ替わっています。早い時間に来て、さっと飲んで帰る、あるいはラーメンを喰って帰るというお客さんが多いようです。活気ある厨房の湯気がこっちにも流れ込んできます。
 今日の関内、路面店を覗くとどこも混みあっているようです。桜通りの立飲み「ななや」も盛況ですが、なんとか入れました。いつものようにホッピーを注文しましたが、キンミヤ焼酎シャリキンがあるようなので、これで作ってもらいました。キンミヤタンブラーで出てきます。奥の壁に「おとおし4点盛380円」というのがあったので、これをいただくことにします。10点ほど用意されているメニュウから、コンニャク煮、小松菜おひたし、ミートコロッケ、スパサラダを選択しました。1点盛から3点盛もできるようです。同じものを2つでもよいらしく、それならおそらく5点盛り以上もできるのでしょう。2杯目は、ちょっと珍しいハイッピー400円をもらってみました。ハイサワーの博水社が作っているビアテイストの割もので、要はホッピーと同種のものということになります。しかし、シャリキンキンミヤ&ホッピーの組み合わせを前にしてはやっぱり分が悪い結果になりました。11月27日に、開店2周年を迎えるという「ななや」、黒霧島の前割りに挑戦するなど、いろいろやっている感が楽しい酒場であります。

[PR]
by hoppys | 2017-11-15 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

杉田で健康的な飲食

a0038663_23193834.jpg

 杉田の「愛加魚多菜(あかさたな)」に、二度目の来店となりました。前回来た時は、確かプロ野球は交流戦をやっていました。ここは、豪華な突き出しが標準なので、刺身などのメニュウが書いてありますが、とりあえずは酒だけ注文します。生ビールを飲みながら待っていると、今回も充実の5品が登場しました。店内には、地元らしいお客さんが3人ほどいましたが、全員中高年の女性という、杉田の奥深さを感じさせる客層でした。賑やかな店内で、タイミングを見計らって、2杯目の酎ハイともずく酢を注文させてもらいます。もずく酢は優しい味でした。
 続いて、「愛知屋酒店」にやってきました。たぶん百歩くらいです。こちらも、店内狭しと酔客がいます。つい、また冷蔵ケースからバイスを取り出してしまいました。すると、陣取ったカウンターに、ご店主が氷と焼酎入りのジョッキを持ってきてくれるのですが、ほぼ半分入っています。今日も酔っ払うだろうと予言しつつ、バイスサワーを飲み切り、次は350ml缶を物色すると、「湘南ゴールドサワー」なんていうのがあります。神奈川限定とか書いてあって、販売は横浜の組合ですが、作っているのは神戸の会社のようです。それでも、湘南ゴールドの果汁が1%入っていて、アルコール4%なのに、意外と美味かったからヨシとしときましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-11-08 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

機嫌のいい上大岡の週末

a0038663_23421499.jpg

 週末の上大岡にやってきました。人通りも多いようですが、なんとか「いづ屋」のカウンターに空席がありました。今日の黒板メニュウはアジ刺しであります。キリン生ビールと合わせていただきます。さらに串焼きは、エノキ、トマト、ニンニクの芽など焼いてもらいました。ここは肉巻き系が充実していて美味であります。2杯目からは酎ハイ、サワーのセットに切り替えました。180mlの焼酎と割りものの黄金比率について計算しつつ作るのですが、毎回うまくいかないような気がします。今回も設計よりかなり濃い目なやつができあがり、タンサンと青リンゴ2本で飲み切りました。
 「いづ屋」を出るころには、付近の立ち飲み屋もかなり混雑してきました。東側の「cove」に行ってみると、なんとか空間があり、先客の皆さんに繰り合わせいただいて入ることができました。こちらでは麦焼酎をいただくことにしました。銘柄を訊くのを忘れましたが、たぶん覚えられなかったので同じことです。ちょうどいい濃い目なやつを3杯ほど、その間、久しぶりの来店にもかかわらず、盛り上がりの輪に自然に加えてもらっている、楽しい立ち飲み屋さんであります。

[PR]
by hoppys | 2017-10-27 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

「さかなかや」で発見

a0038663_22573246.jpg
 
 野毛大通り沿いの「さかなかや」で飲むことにしました。枝豆、骨せんべい、キスやあさりの串揚げなんかをもらって、生ビールを飲み始めました。カウンター席から、串に刺した魚を炭で焼いているのが見えます。後で聞いたのですが、これは太刀魚くるくる巻というやつだそうで、実に美味そうであります。瓶ビールがキリン秋味だったので、2杯目にはこれをもらいました。すると、最初に注文した珍味「塩かつお」なるものが登場しました。ご店主がこれは辛いですというとおり、口に含むとじわっと塩が効いてきます。これは、焼酎に行くしかないだろうということで、「わんこ」という麦焼酎に切り替えました。これを濃い目の水割りでやりつつ、塩かつおの身をじわじわ味わっておりますと、「わんこ」は4杯となりました。
 続いて、吉田町まで進撃、「WADACHI」に入店しました。時折訪れるこの店、外見は完全にバー、しかし、和の酒にこだわっていて、カクテルはありません。常連じゃないので、毎回マスターに確認されます。ここでいただくのは、麦焼酎「佐藤」となります。ちょい水でとお願いすると絶妙なやつが出てくるので、結局ここでも3杯となっております。

[PR]
by hoppys | 2017-09-21 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_12234670.jpg

 新子安「諸星酒場」にやってまいりました。こちらでは、酔っ払い過ぎるのでホッピーを飲むのはやめておったんですが、今日は特に理由も言い訳もなく、自然にホッピーを飲み始めました。ホッピージョッキに、キンミヤ焼酎がどばどばと入っております。お通しは美味いこんにゃく、もつ煮込みや冷奴、枝豆をもらいました。今日はベイスターズの試合はありませんが、3位争い中のジヤイアンツの試合が店内のTVで流されています。わざわざCS放送です。そんな感じで、やっぱりナカをもらい、3杯め4杯めはバイスサワーとなりました。かなり、キンミヤ焼酎を喰らったことになります。
 気分よく酔っ払ったまではいいのですが、京急新子安駅のホームにやってくると、ひどく狭いホームに、容赦ない高速度で優等列車が通過し、酔いが醒めてまいります。なんとか、黄金町駅までやってくると、構内の「えき缶酒場」の暖簾をくぐることになりました。先日からメニュウに加わった晩酌セットを発注してみようという算段でありまして、おでんのセット600円を選択しました。酒は生ビール、またしても変な順番となっております。

[PR]
by hoppys | 2017-09-19 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

バランスのいい居酒屋

a0038663_22550265.jpg
 
 上大岡「いづ屋」に登場しました。お、今日は空いているなと思い、カウンターで生ビールを飲み始めたのも束の間、続々お客さんが来店して、カウンターは満席になりました。おれがえらいと言っているわけではありません。ちょうどそういう時間帯だったようです。で、今日の刺身はキンメダイであります。ご店主が、豪快にさばいて出してくれました。当然、ほとんどのお客さんが注文していました。串焼きは、今日はメモ用紙に記入して注文です。まあたいていいつも同様のラインナップなので、あらかじめコピーしておけば良いかも知れんなどと思ったりもしました。2杯目以降は、焼酎セットとなりまして、まずはタンサンでいただきます。ハイピッチです。隣のお客さんに、180mlの焼酎を上手く配分するコツなどを偉そうに解説し、次はパレードの青リンゴです。これが甘過ぎずに美味いんですと、また偉そうに解説していると、普段は割り物を3本のところ、間違えて2本で片づけてしまいました。おかげで、最後の1杯はかなり濃い目になりましたが、それでもしっかり青リンゴ味なところも、さすがであります。
 で、2軒目は並びの「成田屋酒店」になります。高年齢の男性たちが、押し黙ってカウンターで1杯やっている姿は非常に絵になりますので、おれも加えさせていただきましょう。ここの焼酎は、先ほどの青リンゴの比でないので、瓶ビールにしました。キリンラガーの中瓶です。併せていただくのは、6Pチーズを1Pと塩豆、全くSNS映えは致しませんが、特に問題はありません。

[PR]
by hoppys | 2017-09-12 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

杉田の格安地帯

a0038663_23150827.jpg

 今日は杉田で、ひさしぶりに「じぃえんとるまん」に入ってみることにしました。相変わらずの繁盛ぶりですが、幸い空いているカウンターがありました。ほかの「じいえんとるまん」の銘柄と違い、ここではスーパードライの大瓶が390円で飲めます。つまみは100円から400円くらいまでの安いものがほとんどです。肉もやし炒め、あじフライ、竹の子土佐煮といったあたりを注文しました。店内のTVで、雨中のベイスターズ戦を眺めているうち、ビールがなくなったので、次になにをいただくかメニュウを眺めていると、梅干しサワーと梅干しハイ、両方があります。我々を悩ませるサワーとハイボール問題ですが、訊いてみると、梅干しサワーは焼酎の炭酸割り梅干し入り、梅干しハイは焼酎の水割り梅干し入りとのことでした。ネーミングは微妙なところですが、値段は同じ300円なので、サワーのほうをもらうことにしました。梅干しが余るうち、酒がなくなったので、同じタンブラーでもう1杯いただきました。
 続いて、すぐそばの「愛知屋酒店」に移動、今夜は非常に経済的であります。ハイリキのロング缶に白菜漬けを持ってカウンターにおさまりました。こちらのTVはこの時間NHKをやっていますが、ちょうど健康問題について取り上げておりました。お客さん全員どこかに問題を抱える中高年ばかりとあって、なかなか現実的な内容だったのですが、どうも反省や注意をする人はいないようです。

[PR]
by hoppys | 2017-09-06 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)