びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

冬将軍を迎え撃つ

a0038663_23225044.jpg

 野毛本通りの「鳥どり」に久しぶりの来店であります。雨模様の寒い夜なのに、カウンターに収まると、何も考えずホッピーをコールしてしまいました。しかも見事にジョッキはカチカチとなっております。焼鳥数本にタン塩レモンを注文、焼きあがるまでにタン塩から喰うと、こっちは計算通りとなりました。注文が入るたび、厨房の中から威勢のよい返事が返ってきます。元気があるというのはよいことです。こちらも、肉巻きトマトや佐藤麦お湯割りを追加、佐藤麦はさらにもう1杯もらいました。
 続いて、都橋商店街「○豊」になります。移動中もさらに冷え込んだので、最初から焼酎お湯割り、梅干し入りでいただくことにしました。暖かい店内、居心地もよく、なかなか出づらいところですが、もう1杯いただいたところで、勢いをつけて移動することにします。
 3軒目は、イセザキの「みんなのいばしょ」、先日めでたく5周年を迎えました。ここではなぜかいきなり冷たいキンミヤソーダを飲み始めました。たくあんとか、5周年営業の残りの菓子とかつまみながら、さらにキンミヤソーダを2杯、いつの間にか寒さもわからない酔っ払いとなっております。

[PR]
by hoppys | 2017-12-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22281879.jpg

 新杉田の「よしべぇ」にやってきました。焼鳥メインの立ち飲み屋さんですが、訪れるたび、他のメニュウも増えてきました。会社帰りあるいは地元の常連さんを中心に、いつも賑わっています。早速の注文はホッピーと塩ダレキャベツ、それに焼鳥数本と致しました。おれは、断然ささみのよく焼き、壁際のカウンターが定位置です。焼酎多めのナカをもらってから、さらにそば茶割とキムチをもらいました。このキムチが思ったより辛くて、そば茶割が進みます。
 続いて、「愛知屋酒店」に登場であります。まずは入口付近の冷蔵庫から、スーパードライの中瓶を持参、豆もやしと6Pチーズ2Pをつまみに、これをいただきました。2杯目は、他店であまり見ない「湘南ゴールドサワー」、これも持参となります。アルコール5%なので安全なやつなのです。

[PR]
by hoppys | 2017-12-04 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

パワフルな関内の酒場

a0038663_23131207.jpg

 関内ベイスターズ通りの「福の軒」にやってまいりました。早くもかなりの混雑ですが、カウンター奥に空席がありました。スタッフのTシャツには「豚骨拉麺酒場」とあります。注文があちこちで入っているようなので、手っ取り早く、生ビールと焼鳥各種、それに赤カブ漬けをコールしておきました。焼鳥は税別90円と格安なのでどしどしもらいます。生ビールもう1杯に、麦焼酎の水割りと飲み続けるうち、カウンターは、既にお客が入れ替わっています。早い時間に来て、さっと飲んで帰る、あるいはラーメンを喰って帰るというお客さんが多いようです。活気ある厨房の湯気がこっちにも流れ込んできます。
 今日の関内、路面店を覗くとどこも混みあっているようです。桜通りの立飲み「ななや」も盛況ですが、なんとか入れました。いつものようにホッピーを注文しましたが、キンミヤ焼酎シャリキンがあるようなので、これで作ってもらいました。キンミヤタンブラーで出てきます。奥の壁に「おとおし4点盛380円」というのがあったので、これをいただくことにします。10点ほど用意されているメニュウから、コンニャク煮、小松菜おひたし、ミートコロッケ、スパサラダを選択しました。1点盛から3点盛もできるようです。同じものを2つでもよいらしく、それならおそらく5点盛り以上もできるのでしょう。2杯目は、ちょっと珍しいハイッピー400円をもらってみました。ハイサワーの博水社が作っているビアテイストの割もので、要はホッピーと同種のものということになります。しかし、シャリキンキンミヤ&ホッピーの組み合わせを前にしてはやっぱり分が悪い結果になりました。11月27日に、開店2周年を迎えるという「ななや」、黒霧島の前割りに挑戦するなど、いろいろやっている感が楽しい酒場であります。

[PR]
by hoppys | 2017-11-15 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_23482985.jpg
 
 「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」に登場であります。混雑していることが多い店ですが、今日はまだ早いせいか、メインのカウンターが空いていました。いつもの元気のいい声で迎えてもらい、早速ホッピー、さらに焼鳥各種、今日はししゃももあったので、これももらうことにしました。ナカさらには酎ハイ梅干し入り、梅干しなしでもう1杯と、気分よく飲み続けました。
 続いて宮川町の立ち飲み「桐のや水産」へやってきました。折しも店内のTVで日本シリーズ中継をやっていたので、生ビールを飲みつつこれを見ることにしました。嘘です。知ってて来ました。試合が佳境に入るところで生ビールもう1杯、ちょっと古い友人に一杯いただいたりしていると、ベイスターズが逆転に成功しました。にわかに盛り上がってきたタイミングで、元気のいいスタッフもひとり加わって、店内はさらにテンションが上が ってきました。そしてついにベイスターズ勝利、おれ自身も、気がつけばさらにレモンサワーを2杯となりました。強いベイスターズは、横浜の夜を元気にするのです。

[PR]
by hoppys | 2017-11-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_16114283.jpg

 馬車道からベイスターズ通りに移転した「福の軒」に行ってみました。以前の店よりだいぶ大きくなり、カウンター8席の他テーブル席が増えています。以前はラーメン屋色が強めでしたが、今はラーメンもある居酒屋という感じになっています。メニュウも、従来の焼鳥に加え、フライ揚げ物が加わり、一品ものも充実しました。1杯めは生ビール370円、焼酎、サワー類も290円または390円と相変わらずの格安ぶりで、増えたテーブル席もたちまち満席となっていたようです。スタジアムにさらに近づいたところで、引き続きCS放送でベイスターズ戦を中継しています。に焼鳥の他に、赤カブ漬け、冷奴などもらい、ビールは結局3杯、さらに麦焼酎の水割りを3杯となりました。
 ベイスターズ勝利を確信したところで野毛に移動、いつものスポーツバー「SHEVA」で観戦しているであろう仲間たちと勝利を祝い合おうという寸法であります。「SHEVA」のカウンター席で生ビールを飲む間に見事ベイスターズ勝利、2杯目の生ビールは、めでたく祝杯となるのでした。



[PR]
by hoppys | 2017-10-19 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_22521859.jpg

 杉田の立ち飲み「よしべぇ」にやってきました。今日も若い労働者からご隠居気味のかたまで、さまざまなお客さんで盛況となっております。ただし、全員男性、見るからに全員酒飲みであります。ホッピーと焼鳥各種、ささみの梅とわさびはいつものとおりよく焼きでお願いしております。落ち着いてホッピーの瓶を眺めてみれば、確かに形が変わっています。どこかで見たようなスタイルなのですが、ナカをもらって飲み終わるまで、結局思い出すことはできませんでした。今も思い出せません。
 続いて、「愛知屋酒店」に移動します。大量の焼酎を飲むことになるのはわかっていながら、やっぱりバイスの瓶をカウンターに持ち込んでしまいます。こちらも酔っ払いのおじさんたちで一杯ですが、店内のTVを眺めつつ、労働委員長が繰り出す暴挙に全員険しい表情となります。おれたちが旨い酒を飲むのを邪魔してもらっては困りますなあ。さて2杯目、冷蔵ケースを探すと、さわやかな色合いのグレープフルーツ酎ハイを発見しました。これを、さっきまでバイスサワーが入っていたジョッキに無造作に注いで飲み始めました。あまり見慣れない缶なので、よく見てみれば「神戸居留地」とあります。これは、彼の地のイメージとは真逆の格安コーヒー飲料にあるブランドではありませんか。酒の正体はなにかと、表記を見てみれば「醸造用アルコール」だそうで、これまたC級感が漂います。

[PR]
by hoppys | 2017-04-17 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

気分の良過ぎる杉田

a0038663_00153624.jpg

 12月も下旬に入りまして、今夜は今年最後の杉田になるかも知れません。1軒目は、立ち飲み「よしべぇ」であります。忘年会シーズンというのに、いつものように賑わっておりました。壁際のカウンターで飲み始めました。ホッピーにマグロぶつ、焼鳥はやげんとねぎまを2本ずつ、もちろん串のままでいただきます。店内に2台あるTVは、それぞれ別の番組をやっていて、お客さんがそれぞれ自分の見たいほうのTVを向いているのが面白い光景でした。ナカをいただいて仕舞となります。
 続いて、いつものように「愛知屋酒店」にやってきます。ここのところ、焼酎をコダマサワーで割って飲んで酔っ払っているので、今日は「氷結」のシチリアレモン500㎜缶にいたしました。ウォッカが5%入っているようです。すぐさま缶のままで飲み始めましたが、ご店主が氷入りのジョッキを持ってきてくれました。イワシの丸干しは温めてくれるので、店内にいい匂いが充満します。さらに浅漬け、マカロニサラダなどもつまみながら飲み続けましたが、この500㎜缶がなかなかなくならないので若干苦労しました。ようやく飲み終わったところで、「剣菱」を飲むことにしました。これも毎回酔っ払うので、イチかバチかといったところであります。


[PR]
by hoppys | 2016-12-22 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

決めておこうホッピー

a0038663_12215965.jpg

 火曜日の野毛、焼鳥でも喰うかと、本通りの居酒屋「鳥どり」に入ってみました。グループ客でテーブル席はかなり埋まっていましたが、カウンターには余裕があったので、真ん中あたりに落ち着くことができました。この店は焼酎の品揃えがなかなかよいのですが、そんなことはすっかり忘れてホッピーを注文してしまいました。しかしまあ気にすることもなく、枝豆をつまみ、焼鳥焼きとん各種を焼いてもらいました。ナカを解決した後、麦焼酎に切り替えることにしました。「特蒸泰明」が切れていたので「兼八」、水割りで貰いましたが、期待通り、相当濃いやつが到着しました。
 2軒目はどこにするかと思ったのですが、今夜は休業日の店も多く、こういうときは立ち飲み「桐のや水産」であります。いつものようにホッピー、またホッピーですが特に差支えはありません。やっぱりナカを貰い、今日は焼酎しか飲んでねえなと思いつつ、ほどほど酔っぱらってきたところで引き揚げることにしましょう。
[PR]
by hoppys | 2016-08-09 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

焼鳥には麦焼酎

a0038663_23413733.jpg

 地下鉄弘明寺駅の北側、鎌倉街道沿いにある炭火焼鳥の店「とりこ」にやってきました。なかなかいい店名ですが、どうやら焼酎の銘柄から来ているのかも知れません。落ち着きと趣きのある店内、奥にテーブル席もあるようですが、L字型のカウンターがメインとなっています。いい地酒のある店はいい焼酎も揃っておりまして、1杯目の生ビールは小ジョッキにしておきました。焼鳥はぼんじり、ねぎ肉、手ごねつくねあたりからいただくことにしました。串焼きは1本ずつ丁寧に出てきます。2杯目からは焼酎に切り替えまして、麦焼酎「特蒸泰明」を水少なめで注文、トマト巻き、もちチーズ巻きさらにしいたけ焼きなどをいただきながら、焼酎は同じものをもう1杯としました。
 弘明寺商店街を抜け、坂を上って京急弘明寺駅近くに新しくできた立ち飲み「がぶ」に入りました。この一角、ここのところ妙に立ち飲みが増えてきました。8人ほど入ればいっぱいになる、カウンターのみのこじんまりした店です。酒はひととおり揃っていて、つまみもいろいろあります。先ほど焼酎をだいぶ飲んじまったので、こちらではサワーを飲むことにしまして、まずはレモンサワーにしました。併せてポテトサラダも貰いますと、チャーシュウなんかも入っていてお得な一品でした。入口上のTVではベイスターズ戦の中継をやっていて、これを眺めながらウーロンハイを1杯2杯と飲み続けております。だんだんウーロンハイが苦くなってきましたが、これは店のせいではありません。
[PR]
by hoppys | 2016-06-08 23:59 | 弘明寺でハッスル | Comments(0)

継承と革新の鶴屋町

a0038663_2218508.jpg

 横浜駅のきた西口から鶴屋橋を渡った一角には、かつて「安兵衛」、「やきとり平助」、「田舎茶屋 大蔵」の3軒が並び、昼から飲めるおぢさんの牙城として踏ん張っていたのですが、老朽化には勝てず、3軒まとめて建て替えとなり、最近エフテムビルとして生まれ変わりました。新しいビルなので、若者が好みそうな洒落た店が中心のようで、やはり「安兵衛」は消えてしまったようです。辛うじて、1階には「やきとり平助」が、立ち飲み焼鳥のスタイルを守って開店していました。400円のホッピーに、豚バラやねぎまなど串ものをいただくことにしました。ささみはかなり大ぶりなやつがでてきます。ビルの中に入った形になっているので、かなり明るい雰囲気にはなりましたが、おぢさんたちの姿は相変わらず、おれ自身もナカを貰いましょう。
 2階に、「大蔵」が健在なので行ってみることにしました。いきなり、居酒屋らしい笑い声が聞こえてきました。この店はこれでよいのです。メインの客席はテーブルですが、数席分のカウンターがあり、目の前にはホシザキの冷蔵ケースがあって魚が入っており、カウンター内には、白い衣服の料理人たちが並んでいるという、正統的な居酒屋スタイルが嬉しくなります。早速その刺身の盛り合わせを注文、カンパチ入れてほしいと言ったらちゃんと聞いてくれるのは助かります。ここでも酒はホッピー、セットが400円、ナカが300円、ちょっとナカの値が高いので、嫌な予感がありましたが、幸い適量の焼酎が出てきました。都合3杯目にウメサワーを注文すると、出てきたのは、焼酎ソーダ割り梅干し入り、ますますおれ好みであります。
[PR]
by hoppys | 2016-05-23 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)