びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:野毛 ( 229 ) タグの人気記事

a0038663_13462374.jpg


 横浜公園で、「ハマスタBAYビアガーデン」が開催されております。ベイスターズの試合を大型画面で観戦しつつ、ビールで一杯やろうということであります。元来、ビアガーデン好きとして自他共に認めるおれでありましたが、昨今のビアガーデンは、要予約、コース料理あるいはバイキングなど、ひと昔前のそれとは著しく様相を変えておりまして、このようなフリーなビアガーデンは希少な存在となってきた感があります。会場は、横浜スタジアム左翼スタンドの裏側で、椅子のあるテーブル席の他、立ち飲みができるテーブル、カウンターもあります。アサヒビールの他、限定もの含むベイスターズオリジナルのクラフトビールも人気です。フードは、キッチンカーで入手することができます。今夜は、スーパードライの大を一杯とまいりました。
 続いて、馬車道の「福の軒」に移動しました。店内のTVでベイスターズ戦を引き続き観戦しつつの1杯となります。隣にいるお客さんの豚骨ラーメンに心を惹かれつつも、生ビールに串焼き、ポテトサラダ、冷奴あたりを注文しました。今夜は飲んでいるお客さんのほうが多いようです。試合が佳境に達する中、さらに酎ハイを2杯、これで勘定は1,950円だから助かります。
 馬車道から野毛へと進み、スポーツバー「SHEVA」に到着となりました。試合はいよいよ終盤となっております。カウンターで生ビールを1杯やっていると、試合終了となったので、SHEVAオリジナルカクテルの「ヤスアキJUMP」をいただきました。ミントの爽やかなやつで乾杯といきましょう。
 最後にもう1杯乾杯というわけで、都橋商店街「ホッピー仙人」にやってきました。カウンター内に、助っ人の仙女がいました。それほど忙しそうでもなかったので、なんで?と訊いてみましたが、お連れのお客さんに理由は不明のようでした。そんなわけで、あまり気にすることなく、ホッピーをもらうことにしました。今日は樽がなくなったので、瓶ですが、これもまた美味いのです。

[PR]
by hoppys | 2017-08-17 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

耐久、夏の「がま親分」

a0038663_15420353.jpg

 ちょっとだけ涼しくなったのを機に、日ノ出町の「がま親分」に行ってみることにしました。入った瞬間、やっぱりやめておけばよかったかなと思いつつも、幸いエアコンの前のカウンターを案内されました。しかし、扉は開けっ放しであります。早速冷たいホッピーを飲んで涼み、注文は、ガーリック豚ハラミ、地鶏なんこつ、シイタケといった感じになります。暑いけれども、どんどん焼いて喰うばかりです。2杯目はレモンサワー、これはかなり酸っぱいやつになりました。でシメには一番辛くないカルビスープとライムサワーであります。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」に移動しました。今年もビアガーデン大会を開催するということで、店主も張り切っております。でこちらでは、ピンクサワーを2杯いただきました。念のため申し添えますが、バイスです。
 今度は野毛へとやってまいりまして、野毛小路の「tacobe」となりました。金曜ですが祝日とあって、この界隈土曜日的な騒ぎとなっております。壁際のカウンターで角ハイボールなど飲むうち、メインカウンターが空いたところで、すかさずこちらに移動しました。おかげで常連さんと東宝特撮映画の話などできて幸いでした。角ハイボールももう1杯いただくことができます。
 最後に都橋商店街「○豊」であります。折よくなじみのお客さんばかりで安心、楽しいひとときを過ごすことができます。夏っぽくラムネサワーをいただきました。勢いがあり過ぎてしゅっぱっとなりつつ、清涼感のある立ち飲みを楽しませてもらいました。

[PR]
by hoppys | 2017-08-11 23:59 | 日の出町でハッスル | Comments(0)

できれば中より大

a0038663_22344197.jpg

 鶴屋町の「やきとり平助」にやってきました。本来開放的な店ですが、この暑さではちゃんとガラス戸を閉めてくれているおかげで、快適に冷たいホッピーをいただくことができます。初めて知りましたが、この「平助」という店名、「平成の助っ人」という意味だそうです。枝豆やキュウリの他、串焼き各種をいただきました。ササミは基本でよく焼きになっております。串焼きも安定していて、ナカももらっておきました。
 桜木町から土曜日の野毛入り、夏休みのせいか若干ながら普段より観光客が少ないようにも見えました。それでも賑やかな野毛小路から左に入り、大岡川沿いの「はなたれ」に入りました。カウンターで酒を注文、バイスサワーを選択しました。もちろん大ジョッキでまいりましょう。ここのサワー類は大ジョッキが基本で、「中ジョッキにすると割引」という、酒飲みの自意識を快く刺激する編成になっているのです。大ジョッキは800mlくらい入るやつかと思われます。お通しは揚げ出し豆腐、後は新鮮な魚介類になります。カキやウニ、生シラスなんかを薦められましたが、ここはあえて釜揚げシラス、さらにだしスープでいただく「海おでん」と称する一群のメニュウから、玉子、あさり、わかめ、こんにゃくあたりをもらいました。2杯目のバイスも当然大ジョッキでやっつけます。

[PR]
by hoppys | 2017-08-05 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

開港のまち野毛

a0038663_22514995.jpg
 
 土曜日の夕方、野毛小路の「tacobe」で飲み始めます。今日はハマスタのベイスターズ戦や開港祭の花火も控えていますが、この時間は、嵐の前の静けさというか、まだそれほど混みあっていないので、生ビールをゆっくり飲み始めました。マスターママと無駄話をしている間にビールは3杯、ここでいったん引き揚げることにしました。
 で、ぴおシティ地下の「横浜飯店」にやってきました。ここでラーメンでも喰おうという算段であります。昔ながらの中華料理店なので、ラーメンはシンプルな志那そば的醤油ラーメンになります。もちろん、生ビール小ジョッキもいただいております。
 ここで、「tacobe」に舞い戻りますと、さすがにお客が増えておりました。しかし、幸い行儀の悪い客はいなかったので、空いているカウンター席で、今度は角ハイボールを飲み始めました。花火の音が響き始めた店内で、たこ焼きをいただきつつ、ハイボールはもう1杯になりました。
 伊勢佐木町に移動し、4丁目に割と最近開店した居酒屋「ばんぶー」に立ち寄りました。カウンタ―席の奥にあるテーブル席に案内されました。何も考えずホッピーセットを注文しましたが980円もします。どんな上等なやつが出てくるかと思っていると、300mlのキンミヤが瓶ごと出てきました。これは逆にホッピー外を追加すればだいぶ飲めるという新企画なのでした。しかし、残念ながら今夜はだいぶ出来上がっていますから、2杯分くらいとなります。妙に美味い枝豆やシイタケ焼きをいただきました。また来てみましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-06-03 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

鶴屋町で昼飲み

a0038663_12344088.jpg

 鶴屋町の立ち飲み「横浜商店」で早い時間から飲み始めることにしました。平日夜は連日満員の店ですが、幸いまだ余裕がありました。ハッピーアワーで、ホッピー、生ビール、一部サワー類が200円となっております。対象外の酒を注文すると注意されます。いや、ひとこと言ってくれるので助かります。明るいうちから飲むホッピーは実に気分がいいものであります。筍と空豆の炭火焼なる旬の最強メニュウや、挽肉入りのピリ辛もやし炒めなんかもイケます。立地がいいうえに格安で旨いものを楽しめるのですから、人気があるのも当然でといえましょう。さらに100円のナカ、生姜サワーとハッピーアワーを堪能しました。
 まだ明るいうちに野毛に移動、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターでハイボールを飲んでおりますが、今夜の野毛も人出が多そうです。
 「tacobe」で3杯ほどいただいたところで、都橋商店街の「○豊」に移動、再び立ち飲みとなります。ここではトマト割をいただくことにしまして、気が付けば4杯ほど喰らっていることになります。

[PR]
by hoppys | 2017-05-03 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

大岡川で花見を強行

a0038663_16332887.jpg

 なかなか満開といかない今年の桜ですが、もう待ちきれんということで、多少暖かくなったのを機に、大岡川沿いへと繰り出しました。長者橋際に「BoilerMaker」の屋台があったのでここで1杯やることにします。完全に路上です。ママさんが店と同じように着物姿で迎えてくれました。花の下で、不断に増して風情があります。生ビールとおでん、どちらも500円です。
 川沿いの桜を楽しみつつ、野毛へ移動、「武田屋」にやってきました。キンキンに冷えたシャリキン樽黒ホッピーに自家製コンビーフ、牛タン串焼き、続いてアミノ酸割りで元気をつけたあと、再び大岡川沿いに戻ることにしました。屋台とぼんぼりは9日までとなっております。急げ。

[PR]
by hoppys | 2017-04-05 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

結局は酒が主役

a0038663_22161566.jpg

 今夜は、長者町のライヴハウス「セ・ラ・ヴィ」で、キクチタケシのステージとなっておりまして、開演までの若干の時間を余すところなく利用、野毛「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」で飲み始めました。ホッピーをもらい、焼鳥数種類、ナカさらに梅干しサワーと、早くもどしどし喰らっています。メニュウが変わって梅干し入りサワーの表記がようやく正しくなりました。
 「翠葉」本店3階の「セ・ラ・ヴィ」に到着、テーブルには餃子とキンミヤ焼酎ボトルが所狭しと並んでいて、これを2ステージのうちにぐんぐんといただかなくてはなりません。しかし、気が付くとすっかりなくなっていたから、酒飲みというのは恐ろしいものです。
 しかし、まだ飲み足りないということで、若葉町の立ち飲み「マンナ」にお邪魔することになりました。こちらでは当然マッコリとキムチ、しばしわいわいとやらせていただきまして、大変ありがとうございます。


[PR]
by hoppys | 2017-03-10 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

歯止めの緩い週末

a0038663_22450433.jpg

 今日はひなまつりではありますが、週末ということで井土ヶ谷の「太すけ」にやってきました。カウンターの隅でホッピーをもらいます。気の利いたメニュウが微妙に変わるのですが、今夜は定番の肉もやし炒め、キャベツ塩もみこんぶに加え、牛すじ大根なんかもいただきます。ナカをもらい、さらにバイスへ切り替えました。いつの間にか、日本代表の野球を店内のTVで眺めながら、ほかのお客さんとなんやかんやと喋っておりました。そんな状況なので、さらにナカ、バイス、ナカと結局6杯飲み続けることになりました。店主も認める焼酎量なので、これはかなり効いてまいります。
 すっかり酔いが回ってはおりますが、意外に時間が早いので、KQに乗って、日ノ出町から野毛小路「tacobe」へと繰り出しました。早くも、ママに今日は飲んでるでしょうと言われてしまう状態ながら、カウンターで角ハイボール、これを2杯もらって、週末満喫とまいりましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-03-03 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)

今年も「諸星酒場」で

a0038663_23311457.jpg

 年末から大混雑の「諸星酒場」へ、今日は若干非常手段を導入しつつ、開店直後に現れて進入に成功しました。飲んでるのは、バイス、ハイ辛サワー2、剣菱といった連中、これに合わせるのは、お通しのピリ辛レンコンを筆頭に、温め豆腐、アジ刺し、煮込みといったやつらであります。おれが飲んでいるうちにも、どんどんとお客がやってきて、見る見る席が埋まっていきました。いやいや、これは大変だ。いろいろ話題になっているらしい市民酒場ですが、実際にやってくるのは見事におぢさんばかりというのが嬉しいところです。しかし、あまり混み過ぎると不自由ではあります。
 久しぶりの諸星を満喫しましたが、時間はまだ18時台ということで、京浜東北線に乗って野毛に直行しました。かなりいい気持ちなんで、「tacobe」へとやってきました。カウンターでゆったりしつつ、生ビールから角ハイボールへと移行、これが2杯となりましたが、こういうのもいい感じであります。

[PR]
by hoppys | 2017-01-26 23:40 | 子安でハッスル | Comments(0)

週末はにぎやかに

a0038663_23064081.jpg
 
 横浜駅西口、五番街の「ひさご」にやってきました。土曜日のため、17時前には入店することができたのですが、テーブル席を中心に、既に混み合っておりました。時間限定のほろ飲みセットを注文しました。これは、サワー類1杯ともつ煮込みまたはおでん3品で500円というお得なやつで、今日は酎ハイとおでんにしました。おでんはお任せになります。酎ハイはかなり濃い目のやつで、これ1杯飲んじまうと、なかなかほろ酔いでは済みますまい。さらに串焼き各種と緑茶割りを追加しました。スタッフはこの時間ふたりしかおらず、ひっきりなしの注文を、一生懸命さばいていました。そんな感心な若いスタッフを激励しつつ、「ひさご」終了であります。
 野毛に移動し、都橋商店街「○豊」となります。店内のTVで、ここに来ないとまず見ることのないミュウジックフェアを割と熱心に眺めつつ、またも緑茶割り、さらにもう1杯、ジンジャー割り、酎ハイと飲み続け、アットホーム感を満喫しました。
 続いて、野毛小路の「SHEVA」に、遅まきながら新年の挨拶であります。カウンターで、まずは生ビール、さらに諸事情で名称が変わった焼酎のレモンティ割り「ナオキオレ」さらに新メニュウ角のミルクティ割り「ラモンディアス」と続けました。
 だいぶ酔っ払いましたが、ここでようやく都橋商店街の「IBUKI」に向かうことにします。10周年を迎えたのことでありまして、黒ラベルの缶かなんか飲みつつ、「王将」の餃子をつまんだりして、ひと騒ぎして帰ることにします。

[PR]
by hoppys | 2017-01-21 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)