びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:長者町 ( 4 ) タグの人気記事

野毛大道芸のおたのしみ

a0038663_22455550.jpg
 
 16時頃には終演となる野毛大道芸に、15時過ぎに来ている時点で、既に飲む気ばかり満々なのであります。それでも、賑わいを見せる本通りの雰囲気を楽しみ、柳通りに出ている「トモ」の出店で生ビールをもらい、各通りをひととおり徘徊してみました。さらに吉田町にも足を伸ばしました。吉田町は、昼間の街角でもジャズが似合うという、不思議なストリートです。
 大道芸も終わり始める時間になりまして、いったん野毛を離れ、長者町の「翠葉」本店にやってきました。まだまだ存分に明るい街を眺め、サッポロ赤星中瓶に、餃子、豚バラサラダ、メンマなんかをいただきました。
 腹ごしらえも済んだところで、野毛に戻ってまいりまして、野毛小路の「tacobe」であります。普段の土日は15時から営業していますが、大道芸の日はもっぱら飲み客を相手にしたいということで、17時くらいから始めたそうであります。実際、生ビールを飲んでいるうちに、どんどんとお客が入ってきました。満席に近くなったところで、こちらも生ビールが3杯となりましたので、終了といたします。
 表に出るとすっかり暗くなっていて、人出も多くなってきました。そこで結局またも若葉町の「たちんぼ」まで到達することになりました。今日は、鶏ささみや冷奴をつまみながら、ホッピー、バイス、ガラナと飲み続けであります。

[PR]
by hoppys | 2017-04-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

結局は酒が主役

a0038663_22161566.jpg

 今夜は、長者町のライヴハウス「セ・ラ・ヴィ」で、キクチタケシのステージとなっておりまして、開演までの若干の時間を余すところなく利用、野毛「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」で飲み始めました。ホッピーをもらい、焼鳥数種類、ナカさらに梅干しサワーと、早くもどしどし喰らっています。メニュウが変わって梅干し入りサワーの表記がようやく正しくなりました。
 「翠葉」本店3階の「セ・ラ・ヴィ」に到着、テーブルには餃子とキンミヤ焼酎ボトルが所狭しと並んでいて、これを2ステージのうちにぐんぐんといただかなくてはなりません。しかし、気が付くとすっかりなくなっていたから、酒飲みというのは恐ろしいものです。
 しかし、まだ飲み足りないということで、若葉町の立ち飲み「マンナ」にお邪魔することになりました。こちらでは当然マッコリとキムチ、しばしわいわいとやらせていただきまして、大変ありがとうございます。


[PR]
by hoppys | 2017-03-10 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

早過ぎた花見

a0038663_22171130.jpg

 横浜でも早々に開花宣言が出たところで、とりあえず企画した花見的飲み会ですが、大岡川沿いはまだほとんど咲いておりません。とりあえず、「〇豊」で一杯やることにします。早くもトマト割り2杯を喰らいましたが、とにかく川沿いには行ってみないといけません。
 ごく一部の樹のごく一部の花がやや咲きかけているかいないかと言った程度で、発見に努力を要する水準の開花状況では、花見はまだ無理というものです。すっかり冷え込んできたこともあり、早々に長者橋上流の屋台に落ち着くことにしました。長者町「Boiler Maker」の屋台であります。おでんとウィンナー、それに生ビール、ウォッカトニックという布陣になりました。配線の関係か、照明が一瞬暗くなったりするのが、屋外で飲んでいるという雰囲気を盛り上げます。花が咲いたらさぞいいんでしょうが、もう少し待つ必要がありそうです。
 で、結局都橋商店街に戻り、「ホッピー仙人」で飲み始めました。この頃にはベイスターズの開幕戦勝利の報も入り、上機嫌であります。ホッピーを4杯飲んだところで、上機嫌ついでに、初めて来店した女性2人、みなとみらいからやってきた男性2名を引き連れ、福富町のバーは満員だったので、「桐のや水産」にやってきました。ここで、ホッピーを閉店までの飲み、彼らを帰した後、野毛小路「無頼船」に到着しました。ジロウさんがお休みなのは残念でしたが、手前のカウンター席で、スタッフと談笑しながらギネスを貰ってようやくシメとなります。
[PR]
by hoppys | 2016-03-25 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23252356.jpg

 今日は、関内・馬車道のイタリアン「piacere(ピアチューレ)」にやってきました。関内ホール近くの「ファミリーマート」横を入った路地にあります。「ピアチューレ」ってのは、はじめましてという意味だそうです。表にテラス席もありますが、さすがにそこは避けて店内に入りました。数席のカウンターに、あとはテーブル席になります。今日のおすすめから、「ハーブでマリネしたブリのかま焼き塩焼」、「ロメインレタスのシーザーサラダ、チーズはゴルゴンゾーラ」を貰いました。かなり手間がかかっている料理を、赤いサングリアやモレッティを飲みつつ頂きました。ブリのかま焼きは、巨大な塩の塊に覆われて登場するなど、ショウアップぶりも楽しませてくれます。さらに、すぐそこに見える窯で焼いた「4種のチーズピッツァ」、パスタはペペロンチーニといただきましたが、いずれも美味であります。酒も、ビーフィータージンの辛口ジンジャーエール割、スミノフのウォッカトニックとどんどん進んでいきました。関内なのに、価格も全体に高くありませんから、これは助かります。
 えらく寒いのですが、馬車道からイセザキ1丁目2丁目と通過して長者町にやってきました。目的地は、以前「miyakobashi116」で紹介してもらった、「BoilerMaker」というバーであります。イセザキ通りから信号を渡って右折、長者町7丁目交差点手前を左に入った、「イセブラ小路」なる、いささか暗めのL字型の路地の一角にあります。10席程度の落ち着けそうな店でした。期待どおりであります。カウンターで、目に入ったジェムソンを水割りで貰いました。カウンター内には、ママというには若い素敵な女性がいます。今日は着物姿でした。酒もなかなかいいやつが並んでいましたが、ここはもう1杯、ジェムソンにしておきましょう。
[PR]
by hoppys | 2014-01-16 23:54 | 関内でハッスル | Comments(0)