びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
a0038663_1132499.jpg

 本日は、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」の忘年会であります。数人が立ち飲みすれば一杯になってしまう店ですが、参加者は30人近くに達するということで、会場は野毛の「一ノ蔵」の二階座敷をほぼ貸し切っております。久しぶりにやってきた「一ノ蔵」は、懐かしい雰囲気の王道的居酒屋でありまして、鍋、焼鳥、唐揚げ、刺身と、なんでも出てきます。鍋は、秋田のハタハタ鍋で、シメのうどんもよく出汁が出て美味しくいただきました。この間、キリンクラシックラガーを、中瓶でひたすら飲み続けております。
 二次会は、立ち飲みの店らしく、関内の「いっとん」であります。何人か減少しましたが、それでも20人を超える人数で関内へと繰り出しました。立ち飲みで予約ってのもあまり聞きませんが、とにかく奥のほうに押し込められました。狭いところで楽しく馬鹿話をするうちに、トマトハイが1杯2杯3杯と進んでいきました。
[PR]
by hoppys | 2015-12-29 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_21305248.jpg

 たぶん新しいチェーン店、「やきとり〇金」関内店へ、飲み仲間の精鋭たちと共にどやどやと押しかけました。ここ関内店のほかはすべて東京で、今のところ10店舗あるようです。
 この店には2つ大きな特徴があるのですが、ひとつめは焼鳥です。スタッフが着ているTシャツの背中に「日本中の焼鳥を小さくしたい」と大書きされているのに驚くと、メニュウにも同じことが書いてあります。焼きとん系で大ぶりな肉を出すところもあるので、その反対の意味かと思うとそうではなく、「串から外さず一口二口が一番うまい」とのことで、ひと串の身の数自体が少ないのです。その数2個ほどで、普通サイズの半分から3分の1くらいです。いくらなんでも少な過ぎで、ねぎまなんか、肉とねぎがひとつずつ、これじゃねぎまじゃありません。
 ま、串から外さずってのは確かにその通りで、宴会で盛り合わせとか注文すると、全部串から外しちまう女子とかよく見ます、本人、気を利かしたつもりなんでしょうが、粒になった肉を箸でつまんで喰うほど不味いものはありません。さっきのねぎまなんか、外しちまった途端、ただの鶏肉とねぎになっちまいます。もちろん、上品な女性が、あくまでご自分用に取った串から身を外して召し上がる行為には、まったく問題も文句もありません。
 また、「焼きたてをスピード提供」とうたっております。確かに、気の利いた焼鳥屋では、複数注文しても、1串ずついいペースで出してくれます、しかし、そんなことを言ってる割に、「おまかせ10本串」を推奨しています。これは当日一番状態のいい部位から順番に出してくるというのですが、客の人数にもよりますが、10本まとめて出てきたところで、もう焼きたてじゃ喰えません。各テーブルには、固形燃料で温める黒曜石みたいなのがあって、保温できるようになってはいるのですが、これを使わせること自体、コンセプトが崩れております。
 焼鳥は、1本60円から80円ですが、この小ささからすれば、決して安くはありません。もっとも、ものには適正価格というものがあります。無闇に安いものに美味いものなどないので、値段については妥当と言ってよいでしょう。味のほうは、決して悪くはありませんでしたが、少量過ぎてよく判らなかったというのが正直なところです。なお、焼鳥は、面倒だからか、味付けなしで出てきます。各テーブルにあるニンニク入りのタレにつけるか、塩をふりかけることになります。好みもありましょうが、このタレはちょっと癖が強いんじゃなかろうかと思います。本気で浸したら、たぶん焼鳥の味は消えることになりそうです。
 もうひとつの特徴は、30分299円の格安飲み放題であります。ドリンクバーがあって完全なセルフ、基本ジョッキはそのままで、何十円か払うと換えてもらえます。毎度毎度、席を立たねばならないので、落ち着きませんが、立ち飲み角打ちを日ごろ戦場としている我々にとっては、いつものことであります。生ビールや、出来上がっている超炭酸角ハイボールのほか、焼酎類は一升瓶が逆さに固定されていて、プッシュすると適量出てくるシステムになっています。嬉しいのはキンミヤ20度が用意されていることで、おれ自身は、キンミヤを2から3プッシュ、割り物には大したものがなかったので、氷なしでソーダ割りにして飲み始めました。自分で酒が作れること自体なかなか楽しいうえに、好みの濃度でキンミヤを飲めるのは高ポイントと言えましょう。ということで、値段も考えると、なかなか面白い店でありました。
[PR]
by hoppys | 2015-12-12 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_22194640.jpg

 久しぶりに、関内桜通りの立ち飲み「コトブキヤ酒店」にやってきました。生ビールを飲み、つまみにはナムルを貰いました。よく考えたら、昼のランチで喰い放題になっているナムルと一緒でした。夜のつまみにも、昼の小鉢にもぴったりなわけです。
 雨模様の天候だったので、潔く関内駅から根岸線に乗って桜木町、野毛へと移動しました。まずは柳小路の「ももちゃん」に登場、いつものように焼鳥やきとり各種を貰い、ホッピーを飲んでおります。セットの焼酎はまあ許容内ですが、ナカを注文するとジョッキの8割が焼酎になっているのもいつものとおりであります。今日はいつもの元気な店員さんの姿が見えなかったので訊いてみると、なんと「さっき帰った」とのことで、いささかびっくりしました。金曜日なんですが。
 続いて、「tacobe」に移動しました。この店も、もうじき野毛移転3周年とのことで、おめでたいことであります。だんだんお客さんも増えているようです。で、今日はたこ焼きをつまみながら、角水割りを2杯貰いました。
 最後にやってきたのは、「山荘」であります。カウンターで、シンガポールスリングを1杯、ゆったり飲んでシメとなりました。
 
[PR]
by hoppys | 2012-07-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

忘年会後のシメ

 関内のパセラなどというところで、パーティ的な忘年会をやっておりました。フリードリングということで、シャンパンとビールの後は、角ハイボールをどしどし飲み始めました。当然、野毛で飲むやつと比べると清涼飲料水の如くでしたが、そうは言っても大量に飲めばやっぱり酔いが回ってきます。
 終了後は野毛に直行、「miyakobashi116」でビールを飲み、出して貰った下仁田ネギのマリネがウィスキーに合いそうなのでさらに飲み、十分に酔っ払ったのち、最終的には「ムービースター」に現れていつものようにすだち酎を飲むという、パセラ以外はやっぱりいつもの金曜らしい感じなのです。
[PR]
by hoppys | 2011-12-16 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

関内はばかにできない

a0038663_23572012.jpg

 今夜、ハマスタでどしどしビールを購入し、必要以上に盛り上がった後、こうなりゃ関内で1杯も2杯もやるかと立ち寄りますと、なんとそこはバー「Lobby」でありまして、おれ自身は本当にふらっと入った店なんで大いに驚き喜んだ次第であります。で、安価なつまみとともに、角ハイボール、ジャックダニエルス×2、キンミヤのシークワーサーなんかを貰って、そりゃあ酔っ払っています。しかしまあ、全然気がつかずこの店の前を何度も通過していたので、今後は大いに楽しみなんであります。


[PR]
by hoppys | 2011-05-26 23:58 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_22285333.jpg

 いよいよ、今年も酔っ払い仲間のみなさんたちと、山下公園前スターホテル屋上のビヤガーデンにやってくることができました。スタートの16時はまだ日も高く、日向はいささか暑くはありましたが、心地よい強風も吹き、絶好のビヤガーデン日和となっております。
 やはりビヤガーデンでは「大ジョッキ」と注文するのが心地よいわけでありまして、多少無理しつつも大ジョッキで飲み続けました。目の前には銀色のマリンタワー、目を移せば横浜港、そして氷川丸の姿も見えます。少しずつ暗くなっていく海もまた絶景であります。
 そんな感じで大ジョッキをたぶん3杯前後飲み終わったところで終了となり、解散というか三々五々野毛に向かって移動することになりました。我々の班は4人で徒歩により野毛を目指しましたが、途中馬車道近くの「三人百姓」でいったん休憩、休憩っつっても立ち飲みだし、さらに2~3杯喰らってしまったんでむしろ余計足元はおぼつかなくなった感じありますが、とにかく野毛入りを果たしました。ちょっと「SHEVA」に立ち寄って生ビールを飲みながらマリノスの試合を眺めた後、階段を上って「ムービースター」に達しました。猛暑の中、よく飲んでよく歩いた一日でありました。
[PR]
by hoppys | 2010-07-24 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_22431234.jpg

 ようし今日は野毛に直行するぞと決意したのもつかの間、関内の立ち飲み「いっとん」にあっさり入ってしまいました。今日も懐かしい百恵ちゃんや五郎、アンルイスにペドロ&カプリシャスなんかに耳を傾けながら、ホッピーとナカ、それになかなか美味なアグー豚串焼き、キャベツにハムカツを貰うことになります。
 その後、おもむろに野毛入り、「バジル」で苺の赤サングリア、バナナの白サングリアを飲み、新じゃがとタコにバジルで味付けしたやつを頂きますと、これが意外に美味い。で、最後は「ムービースター」、最後っつっても時間的にはまだかなり早いのですが、だいぶ盛り上がっておりまして、おれもその渦中で生ビールを2杯、今日はこのくらいにしておくのが無難でしょう。
[PR]
by hoppys | 2010-05-24 22:41 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_120220.jpg

 関内の「焼鳥平助」にやってきました。忘年会シーズンの金曜日ですが、なかなか盛況であります。焼鳥やエイヒレを注文し、ホッピーを貰いました。ジョッキに半分ほどのホッピーを注ぎ、マドラーを瓶に突っ込むと、なにやら瓶に書いてあるのに気付きました。なるほど、マドラーを入れてはいけないのか、まあマドラー程度ならともかく、焼鳥の串とか入れられてはかないませんなあ。
 焼酎ナカを貰って飲んでから、野毛へと向かうことにしましたが、それにしても寒い、極寒であります。ようやく都橋商店街の「〇豊」に到着、暖かい店内で冷たいウーロンハイを飲み始めました。2杯ほど飲んでから「ホッピー仙人」に移動、一番奥の席でのんびり飲みつつ、先日はよく撮れなかった新装備を撮り直したりして、最終的には「はる美」にやってきました。久しぶりにラリーのお客さんもいたりして、ここでオリオンビールとか飲んでいると、時刻はいつのまにやら24時になろうとしているのでした。
[PR]
by hoppys | 2009-12-18 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_11574332.jpg

 かねてから聞いてはおりましたが、〇〇万円を投入した「ホッピー仙人」の大改修工事が完了したとのことで、いよいよ繰り出すことにしました。それならすぐに行けばいいのに、まずは関内大通り近くの立ち飲み「いっとん」に登場しました。最終的にホッピーを飲むんだからほかの酒にすればいいのに、やっぱりホッピーを飲み始めました。すぐ横の壁には、ホッピービバレッジが作ったホッピーシールが貼ってありまして、「氷はイレナイデ」というのですが、思い切り氷が入っています。まあいいだろう。
 よく見るとこの店は若干沖縄臭がありまして、幻のアグー豚なんかを喰ったりします。幻の生き物だったら普通は尊重してもらえるところ、あっさり喰われてしまうあたりが豚の悲しさでございます。オリオンビールも置いてあるようですが、普通のビールはキリンだったりします。
 焼酎ナカをもう1杯もらって喰らったところで、すぐに野毛に行けばいいのに、なぜか引き続き立ち飲みの「立半」にやってきました。おでんとかメニュウも増えており、セルフなところとそうでないところの境界が若干複雑になってきた感じありますが、どうせみんな酔っ払いなんでまあよいでしょう。またもホッピーを頂きます。ここは自動販売機で焼酎を購入するシステムでありまして(100円)、やっぱり1瓶で2杯飲める分入るわけですが、さっきの店に比べて美味い感じします。で、カウンターにキンミヤのボトルが置いてありまして、これは自販機とは別に60cc200円で飲めるそうです。
 当然のように「立半」でももう1杯焼酎ナカを貰い、ようやく野毛の「ホッピー仙人」に向かいました。カウンターからサーバー直結のホッピー蛇口が2本延びております。ちょっとしたおしゃれなバー的雰囲気になっています。ついでに、ぼろぼろに朽ち始めていた椅子も新装されていますからぜひ注目されたい。そんなところで、今日は黒を2杯貰いまして、ホッピーづくめのまま本日は終了となりました。
[PR]
by hoppys | 2009-12-15 23:40 | 野毛でハッスル | Comments(0)
 午後から関内で予定のあったおれは、昼食に「パンアメリカンホットドックコーナー」の焼肉定食を頂いてやる気満々、夜を待ってベイスターズ通りの立ち飲み「和来あいあい」に突入しました。いつも早くから混んでいるこの店ですが、昨晩常連の先輩方が遅くまで痛飲したらしく、今日は遅れ気味、非常にゆったりしております。その間に、おれは生ビール2杯、シウマイとアラビキウィンナー喰って千円。
 吉田町入口にできた讃岐うどんの店「丸亀製麺」でキス天ちくわ天入りのぶっかけうどんを喰ってから「○豊」に移動してレモンサワーを2杯いただきました。ぐんぐん混雑してくる「○豊」から「ホッピー仙人」へ移動し、本日セットの樽ホッピーを2杯喰らってから、「THANK YOU」に登場しました。だいぶ酔っ払ってきたので、グレープフルーツ割的な感じで今日は終了となります。そういうタイミングで根岸線は止まっていました。怒ることはない。
[PR]
by hoppys | 2008-11-05 23:37 | 野毛でハッスル | Comments(0)