びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

タグ:韓国料理 ( 10 ) タグの人気記事

行列に関する考察

a0038663_23020832.jpg

 午前中から飲んでいるうえにハマスタ帰りというわけで、夕方の野毛小路にやってきたときには、すでに気分がよくなっております。今週末はイセザキやみなとみらいで大道芸が開催され、賑わっていたようですが、来週末は野毛大道芸ということになります。「tacobe」で生ビールを飲みながら、常連のお客さんと、なぜあの店には行列ができるのか、あまり本気でなく議論、検討し始めました。ふと気が付いた要因のひとつは、その手の店には、並ぶ習慣があるということです。他の人気店は、満員で入れなくても並んで待つということはありません。並んで待ってもいいというなんとなくのルールになっていて、次の客も並ぶということなのでしょう。行列のできる店は価値があるという信仰から、さらに並ぼうとする客が増えるのかも知れません。もう少しひらめきましたが、まあそれはどうでもいいや。そんなことをカウンターで喋っているうちに生ビールは3杯目となります。
 ここで空腹を覚えてきたので、野毛の喧騒を抜け、若葉町の「マンナ」にやってきました。こちらも混みあっておりますが、味のあるお客さんばかりで、雰囲気が違います。いろいろお気遣いもいただき、奥の壁際で立ち飲みとなりました。さらに酔いが深化しておりますので、パワフルなやつはやめておいて、引き続き生ビールと致しました。モルツであります。韓国料理から豚バラ肉、キムチ、チヂミといただきました。豚バラ肉にキムチを巻いて喰うと美味いだろうと思ったのですが、肉にはちゃんとキムチも付いてくるという嬉しさで、その代わり分量が多くなったキムチが辛かったせいもあり、生ビールはもう1杯です。

[PR]
by hoppys | 2017-04-15 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_15425884.jpg

 のげこうじの「なおじ」にやってきました。再び250円で飲めるハッピーアワーを利用しようという腹であります。扉完全オープンで、かなり冷え込んでおりますが、ここはやっぱりホッピーになります。鉄板餃子に大山鶏をいただいて多少暖まったので、すかさずナカももらいました。
 続いて、都橋商店街「○豊」に移動しました。こちらは暖かい空間で、ジンジャーエール割をもらうことにします。枝豆ももらってこれをもう1杯、店内のTVをのんびり眺めつつ、さらにレモンサワーと飲み続け、すっかり寛がせていただきました。
 さらに若葉町通りへ移動、韓国料理の立ち飲み「マンナ」のカウンターへとやってきました。つい角ハイボールを注文してしまいましたが、ここのハイボールは強烈なシロモノであることを忘れておりました。シュワシュワ感がほとんどない、主成分ウィスキーであります。好物のナムル盛り合わせをもらってなんとかこれをやっつけたころにはほどんどべろべろとなっているのでした。

[PR]
by hoppys | 2017-03-22 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

深い感じの若葉町

a0038663_22241563.jpg

 伊勢佐木3丁目の裏当たり、若葉町の立ち飲み「マンナ」にやってきました。こちらは「ホルモン焼きバル」と称しておりますが、本格的な韓国料理が喰える立ち飲み屋であります。もちろん肉以外の韓国料理も充実しているので、チヂミ、キムチ、ナムル盛り合わせなど、自在にいただきました。その一方、酒はマッコルリなんかもありますが、ホッピーとかビールとか角ハイボールとか揃ってます。おれ自身も今夜はホッピーをもらいました。この店のホッピーの焼酎量が相当なのはあらかじめ判っておったのですが、やはりそのとおりでありまして、1瓶で焼酎4回いける感じですが、まだ19時前であんまり酔っ払ってもいけませんから、ここはホッピーを注ぎつつ、1瓶2杯で飲み終えることにしました。
 続いて、最近開店した末吉町の居酒屋「うたげ」であります。この場所は、割と短期間に店が入れ替わるのですが、すぐさま後継店舗が入るのが幸いです。店内は、リフォームされていますが、基本は以前と同じレイアウトで、カウンター席メイン、奥に座敷があります。店の規模の割に、酒もつまみもいろいろ揃っておりまして、酒のほうは、梅干し割を選びました。若干甘みのついているソーダでありまして、2杯めは焼酎とソーダだけ追加してもらいました。つまみは、ホッケ半身焼き、おひたしなどもらい、調子に乗った3杯目は麦焼酎「閻魔」の水割りであります。

[PR]
by hoppys | 2017-03-18 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

ここは韓国料理で

a0038663_2364011.jpg

 冬の短い日差しが、まだまだ残っている頃から飲み始めることになりました。このくらいからやっている店と言うことで、福富町にある韓国料理「赤いとんがらし」に突入しました。ランチタイムにはお客もいたんでしょうが、中途半端な時間だったので、他にお客の姿はなく、スタッフもまだ2人くらいしかいません。この屋台風の店は、わいわいと騒がしく、でかい声を出さないと聴こえないくらいが楽しいのですが、まあ気にすることなく、サムギョプサルを注文、早速焼いております。サンチェのほかに、チップ状のニンニクや青唐辛子も出てきます。もっとも、青唐辛子はやめておきました。
 ところで、いろいろ賑やかなこの店、天井から国籍不明季節不明のさまざまなものがぶら下がっております。プールで使うビニール製のイルカであったりフライパンであったり、一斗缶であったりするのですが、その中に「おでん」のバナーみたいのがあります。実はこれは本物でありまして、韓国風のおでんがあったのでした。練り物と卵、昆布なんかがつゆに入っています。具の種類は少ないですが、だしの効いたつゆはそのまま飲めます。そんなこんなやっているうちに、いつの間にか満席状態、そしてやかんから継いで貰う生マッコルリも6杯ほどに達していました。
 活気があるも騒がしい「赤いとんがらし」はこのくらいにして、吉田町通りに移動し、バー「HOLBORN」で落ち着くことにしました。ヒューガルデンとギネスをハーフパイントで貰いました。この店で、1杯500円で飲めるのは助かります。
[PR]
by hoppys | 2014-01-18 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

「どやじ」再び

a0038663_2373377.jpg

 今日は、またイセザキ裏通りの韓国居酒屋「どやじ」にやってまいりました。お察しのとおり、先日は下見、今日が本番というわけであります。料理は、自主的にコースを設定、キムチ、ナムル盛り合わせ、トッポギ、チヂミと注文していきます。酒のほうは、タイムサービスの生ビールをまず飲んだ後は、軽くシュワっとするソウルマッコリに変更、やかんでどしどし注いでいきます。まあ、このくらいにしておけばよかったのですが、中盤で韓国焼酎のきゅうり割を注文してしまいました。20度の焼酎が、1リットルくらいやかんに入っていて、その中にきゅうりが浮かんでいるのですが、焼酎のほかに入っているのはきゅうりだけなので、度数は20度、しかしきゅうりの作用でまったく酒っぽさが消えてどんどん飲めるという、非常に危ないシロモノです。おれは冷静に舐める程度にしておきましたが、調子に乗るとひどい目に遭いそうです。
 シメは、やっぱり鉄板でサムギョプサルそしてキムチチャーハン、なかなか満足で終了となりました。
 続いて、イセザキの表通りに移動、ダイニングバー「bond」にやってきました。すると屋上のビヤガーデンが入場可能とのことです。そこは、イセザキ通りから見える、ある種あこがれていた地でありまして、これは好都合と、急階段を3階まで登りました。3階で、イセザキの真ん中という立地上、壁で覆われていて、あまり見晴らしはよくありませんでしたが、それでも夜空が見える楽しい空間でありまして、ここでハートランドを2杯ほどいただきました。
 
[PR]
by hoppys | 2012-08-09 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

韓国料理から流れる

 今日は、イセザキ裏通りの韓国料理「どやじ」にやってきました。この裏通りは昔は「親不孝通り」だったのですが、最近では、「浜っ子通り」などと名乗っているようです。
 で、この「どやじ」は、韓国の屋台風ポップな居酒屋でありまして、肉は鍋蓋で焼いてくれます。定番のチジミやナムル、キムチなんかも喰い、酒は最初の割引生ビールの後は、やかんのマッコルリをどばどば飲む感じになります。
 吉田町を通過して野毛イン、早速都橋の「ホッピー仙人」に登場しました。今日は樽がフル装備だったので1杯目2杯目とも、樽で適当に操作したやつを飲ませてもらいました。つまり、適当な白黒混合であります。しかし、これが美味い。奇しくも本日お誕生日をお迎えのかたがいて、実にめでたい、ご相伴の我々も、多少めでたいやつのおすそわけを貰った感じであります。
 階段を下りて、立ち飲み「〇豊」に現れました。ちょうど開店6周年なんであります。今回は特に催しはありませんが、ご利用のお客様におかれては、ぜひお祝いがてらご訪問されますよう。おれ自身はトマト割とシークワーサー割を貰いました。
[PR]
by hoppys | 2012-08-06 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

今年の飲み納め

a0038663_0593765.jpg

 年末、いささかハイペースで飲み過ぎたので、今日で飲むのはやめておこうということに致しました。まずは、伊勢佐木6丁目の韓国料理店「とうがらし」で、腹ごしらえであります。そういいつつ、生ビールも2杯ほど飲んじまってますが、とにかくカルビクッパを喰って、野毛に向かいます。
 今日がラスト営業日となる「ホッピー仙人」に登場、つまり今日中に樽を空けてしまう必要があるわけです。1杯目は白、2杯目はちょっと黒をブレンド、これは白黒の樽がある仙人独特の1杯ですが、実に美味でなんであります。この実に美味な1杯が、今年最後のホッピーとなりました。
 続いて、「ムービースター」に移動、毎年恒例の在庫一掃、三千円飲み喰い放題の日なんでありますが、最近は大晦日も開店しているので、あまり意味はなく忘年会的な風となっております。で、水と氷を貰って角を飲み始め、目測を誤ってややこぼしてしまいましたが、とにかく2杯3杯、3杯目はロックで貰ってかなり酔いがまわりました。
 これで終了するつもりだったのですが、「THANK YOU」の灯りが点いていたので、つい入店してしまいました。今年最後1杯、じっくり考えましたが、結局いつも飲んでるジントニックで、いつもの夜のように終了することになりました。
[PR]
by hoppys | 2011-12-30 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

師走のキムチ

a0038663_21193614.jpg

 福富町の「赤いとんがらし」にやってきました。忘年会シーズンということで、フロアの何か所かに団体のお客さんがいて、大いに賑わっています。近年にない騒がしさで、これがまあ屋台風というのかも知れません。店の外の巨大サンタクロースはともかく、中にはクリスマス的アイテムのみならず、ハロウィン系のやつや鯉のぼりまでぶら下がっていたりして、なんでもあり的センスが横溢しております。
 密閉されているとはいえ、半ばテントのフロア内、少しは冷えるかと思いましたが、暖房と人間の熱気それに各テーブルの鍋のせいで全然寒くありません。梅サワーを飲み、ナムルにキムチチゲ、ニラチヂミなんかを注文しました。熱い真っ赤なキムチチゲには、最初からライスがついていて、辛さ的にはちょうどよくなります。で、これに合うマッコリを貰うことにしました。普通のと生とがあるので訊いてみると、生は炭酸成分があるとのことでした。よくわかりませんでしたが、形的には、やかんで出てくるのが生マッコリです。結局2杯お替りになりました。
 続いて、野毛小路に登場し、スポーツバー「SHEVA」に入りました。こちらは忘年会シーズンの余波で逆に全くお客がいません。カウンターで、野毛日ノ出町の写真集を見せてもらいました。夜の野毛の名場面を切り取った素晴らしい写真集でした。それを楽しみながらギネスを2杯、写真集に登場していたジロゥさんの顔が見たくなって、最後に「無頼船」に登場、相変わらず変に落ち着くカウンターで、ジロゥさんにギネスを貰って今夜のシメとなりました。
[PR]
by hoppys | 2011-12-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

いよいよ鍋の季節

 今晩は、「地酒と鮮魚」とアピールして以前から気になっていた、吉田町入口付近にある居酒屋「さん太」に入ってみることにしました。テーブルが4卓くらい、手頃な広さの店内にカウンターもあります。日本酒が充実している店はたいてい焼酎もあるわけで、麦の「泰明」を水割りで、「兼八」をお湯割りで貰いました。相変わらずいい味であります。で、新鮮なアジ刺しに、トマトと生ハムンサラダ、そして今季初の湯豆腐鍋をいただきました。鍋は、鳥鍋もありますが、一人前からいただけます。つまり、カウンターでひとり鍋ができるのです。
 続いて、先日ボトルが入っている福富町の「ぎんなん」にやってきました。いろいろメニュウが書いてありますが、惜しくも日本語に誤りが目立ちます。そこで、校正をしてあげることにしました。感謝されつつ、ジンロで2杯ほど飲み、適当に出てくる韓国料理のつまみを楽しんで今日は終了となりました。
[PR]
by hoppys | 2011-10-20 23:39 | 吉田町でハッスル | Comments(0)
a0038663_1492016.jpg

 真夏の暑い土曜日でしたが、大桟橋、日本丸メモリアルパークほかで開催中の「Yokohama HAWAI'I FESTIVAL」に行ってまいりました。音楽やフラなどハワイ的なアーティストが登場し、ハワイ的な物産飲食その他のブース、それに便乗的なイヴェントもあったりして、まあとにかく楽しくやりましょうみたいな催しであります。15時半からは、大桟橋ホールの出口あたり、コロシアム場のようになっているところで、ウクレレスター・ブルースシマブクロさん教授による「千人ウクレレ」が開催されました。千人はちょっと多めでしたが、それでも百人は優に超えると思われるハマのウクレレ馬鹿が続々自慢の楽器を持って集結、全員でブルースさんの指導指揮により「スキヤキソング」を演奏するという楽しいひとときでありました。
 そんなアロハ気分でなぜか野毛に移動、18時からオープンと発表された「THANK YOU」に17時半過ぎに到着、早く開けろといって、エアコンの効いた涼しい店内でウクレレはいじるわビールは飲むわ映画は見るわと、3時間ほど勝手放題の後、空腹になったと宮川橋を渡って大岡川を越え、福富町の「赤いとんがらし」にやってきました。
 テントながら涼しい店内で、ユッケジャンやらカクテキやらプルコギやら辛いやつそうでもないやつ取り交ぜて夏バテ解消を図るのであります。やはり、我々アジア人の夏にこのあたりは欠かすことができません。それだから23時近くなっても混んでいるわけです。
[PR]
by hoppys | 2008-07-26 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)