びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

info.

a0038663_23184301.jpg

このページは、野毛の絶好調男びゆうがプロデュースする
Yokohama びゅうリップSTATIONハイパーの別館です



この下は広告です。
[PR]
# by hoppys | 2018-12-31 00:00 | Comments(4)
a0038663_23055008.jpg

 2018年の野毛大道芸は、4月21日、22日に開催されました。たいてい、どちらかは悪天候となるのですが、幸い今年は両日とも天候に恵まれました。21日の土曜日は冷やかし程度に覘いただけだったので、22日の日曜日は、午後から繰り出しました。
 メインステージとなる本通りを中心に、多くの見物人でにぎわう中、まずは柳通りに向かいました。ここに構えている「トモ」の出店で、生ビールをもらいました。大道芸となると、毎回1杯目は「トモ」で買うことに決まっているのです。この生ビールを飲みつつ、頭のおかしくなる酒を飲ませる「SHEVA」の前を通らないよう、細心の注意をはらいながら、路地を徘徊しました。野毛に呼ばれた大道芸人は、本当にギャラはなくて、崎陽軒のシウマイ弁当しかもらえません。投げ銭だけが当日の収入になるのです。
 次の一杯はキリンがよいぞと思いつつ探すと、「桐のや水産」が、なぜかミラクル商会店の前で生ビールを出していたので、これ幸いといただきました。気持ちいい春の陽気なので、吉田街のほうも回ってみることにしましょう。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-22 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

東神奈川でタテ飲み

a0038663_22390831.jpg
 東神奈川の立ち飲み「じゆうな丘」にやってきました。入口の自動ドアの具合が今ひとつなので、手動でこじ開けて入ります。生ビールをもらい、すずき昆布〆め、たこ刺さらに豚肩ロース焼肉と、壁のメニュウから思うままに注文させてもらいます。平日に比べ、土曜日は大抵お客も少なく、まったりしていたのに、なぜか今夜は盛況となってまいりまして、マスターがひとりで大忙しであります。調子の悪いドアは、おれが中から開けることになります。生ビールはアサヒでしたが、中瓶でキリン「横浜づくり」があったので、2杯目はこれをいただきました。さらにフライドポテトをつまみながらバイスを2杯であります。
 さて、このあたりでもう少し飲みたいと、リーデンスフォートの1階に降りてみると、奥のほうに居酒屋「あづまや」を発見しました。カウンター主体で4人テーブルと2人テーブルがひとつずつ、マスター、ママさんのふたりでやっているようで、カラオケもあって、メニュウも含め、非常にアットホームな感じの店でありました。麦焼酎の水割りをいただくことにします。お通しは大き目の茄子漬、さらに、焼きそら豆とお新香をもらって麦焼酎2杯目、東神奈川の夜も更けてまいりました。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-21 23:58 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)

お楽しみは二度くる

a0038663_22282858.jpg

 井土ヶ谷の「太すけ」にやってきました。カウンターでいつものようにホッピーをもらいます。さらに、とりつくねやメンチカツももらって、とりあえず空腹を満たすことにしました。常連さんたちの話に、若干絡みつつ、ゆっくりとホッピーをいただきました。最初からそうでしたが、ナカをもらうと、安定してたっぷり焼酎が入っています。100円増しで「焼酎こいめ」もあるのに、通常でもう1杯ナカいける量です。3杯目はこれまた焼酎多めのバイス、キャベツ塩もみこんぶもういただきました。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へ登場です。またホッピーを飲み始めました。店内のTVでクイズ番組を眺め、一応考えたりしておるのですが、こういう番組見て、酒飲みの頭はよくなるのでしょうか。たぶんならないと思いますが、ナカ、さらにバイスと、今日はこのサイクルをふた回り致しました。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-20 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)
a0038663_10493507.jpg

 
 関内ベイスターズ通りの「福の軒」にやってきました。店頭には、ベイスターズ戦試合終了まで放映との掲示がありました。さすがに最後まで見るわけにも参りませんが大いに結構です。もちろん今夜も放映中、しかもベイスターズ優位に試合が進んでいるのでご機嫌であります。画面の見やすい、カウンタ一番手前の席で飲み始めることにしましょう。まずは生ビールにねぎま、しいたけ串焼き、すぐ出てくる冷奴、そして、特に旬のものはない「春メニュー」から揚げ春巻きと豚バラ串といった感じになります。ベイスターズの痛快な試合ぶりを楽しみながら、生ビールをもう1杯、さらに赤カブ漬けを追加して麦焼酎の水割り、最後にとまとハイをいただきました。とまとハイにはレモンスライスが入っていて、なかなか合っています。
 「福の軒」から関内の街に出てきますと、ハマスタから大歓声が聞こえます。路面の居酒屋や焼鳥屋でも、野球中継をやっているようです。で、立ち飲み「ななや」に入りました。なるほど今夜はtvkが中継をやっているのですな。ベイスターズを応援する気持ちは負けずとも、まだCSが入らない店も多いので、地上波のtvkには、野球中継のさらなる大奮発をお願いしたいところであります。ホッピーに、「選べるお通し」から、ひじき、きのこおろし、キャベツのおひたしの3種類をいただきました。試合終盤になってもベイスターズ優位のまま、それどころか追加点まで入り、ナカからの韃靼そば茶ハイと美味い酒が続きます。そば茶ハイはキンミヤで作ってくれまして、勝利を祝してのもう1杯となりました。この後、スタジアムから大勢が繰り出してくるでしょうから、おれは彼らに場所を譲るべく、一足早く撤収となります。


[PR]
# by hoppys | 2018-04-19 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

はじまりは「諸星酒場」

a0038663_22561163.jpg

 新子安の「諸星酒場」にやってきました。今夜は気合いを入れて早めに到着しましたが、あまり混み合ってもおらず、カウンターの中ほど8番の位置で飲み始めることになります。ホッピーを飲むことにして、これに合うつまみということで、もつのにこみにあじのさしみをいただきました。今日はナカをもらうことなく、2杯目はハイ辛サワーに致しました。これは、ハイ辛にキンミヤ焼酎が入ったものですが、どうもほかの酒に比べて酔っ払うような気がします。そんなわけで、3杯目はバイスに切り替え、今夜は若干涼しいので、温めとうふをもらいました。
 さて、本日はいまだ気合いが入っておりまして、新子安からKQでなく京浜東北線に飛び乗り、桜木町駅へと向かいました。飛び乗ったというのは物のたとえで、実際は余裕をもって乗り込んでおるのですが、桜木町駅で降りつつ、ずんずん都橋商店街まで進撃、運よく1席空いていた「野毛ハイボール」に入店であります。店には、お世話になってる店のママさんがいたり、このあたりを研究しているという学生さんがいたりで、なんやかんやと盛り上がっているうち、ここの旨いハイボールを3杯喰らってしまいました。
 「野毛ハイボール」のハルさんに勧められるまま、残り時間僅かの「ホッピー仙人」へと移動しました。こんな夜に限って、こちらにもなじみの顔が揃い、短時間ながらホッピーをもらって愉快に盛り上がります。
 だいぶ遅い時間とはなってきましたが、古くからの飲み仲間とバー「アポロ」へ行くことになり、曙町へと直行しました。カウンター席で、マスターの作るハイボールをいただき、ジュークボックスで「時間よとまれ」をリクエストしました。ここへ来たときは毎回この曲、アナログの柔らかい音が、懐かしいハイボールとよく合います。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-16 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

みたび、潮田を目指して

a0038663_23100113.jpg

 鶴見・本町通商店街の角打ち「豊島屋酒店」にやってまいりました。キリンラガーの中瓶にソフトサラダせんべいをもらって飲み始めました。400円でした、常連のお客さんが繰り広げる、ゴルフやギャンブル、ご近所の話題に、なんとなく耳を傾けつつ飲んでいくのも、角打ちの醍醐味の一つであります。
 ビールを飲み終えて表に出ると、雨模様となってきました。本町通商店街はアーケードがあって快適に歩けますが、その先は小走りになります。潮田神社近くの「中村屋酒店」が2軒めとなりました。ここは、なんとなくですが、自分で酒を取りに行くほうがしっくりします。缶の角ハイボールに、韓国味付のり天で310円になりました。割と若いお客さんふたりが、先に飲んでいました。角打ちそれぞれの店で、客層ががらりと変わるのも、なかなか興味深いところであります。
 さらに角打ちの店を極めたいところでしたが、このあたりで空腹に襲われたので、やむなく、仲通商店街で見かけた中華料理店に立ち寄ることにしました。「福源」という店であります。店員さんもあちらのかたで、本格的な中華料理を出すようですが、ここは迷わず生ビールに醤油ラーメンを注文しました。すると、餃子付きのセットが得だと勧められるので、それにしてみました。これで1,080円、確かに得しました。
 再び角打ち行脚といきたいところでしたが、周囲は既に暗くなり、雨脚も強まってきました。そこで、鶴見小野駅近くの「伊勢屋酒店」を目指すことにしました。ここに行けば、鶴見線に乗ってとっとと帰ることができます。ホッピーに魚肉ソーセージをもらいました。この店は、工場地帯に近いせいか、勤務帰りのお客さんが多いようで、他の角打ちとは特に雰囲気が違います。店内掲示の鶴見小野駅時刻表のおかげで、時間通りに飲み終え、首尾よく鶴見線に乗車することができましたが、残念ながら、ここでの値段は覚えていません。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-14 23:15 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

杉田の店は個性派ぞろい

a0038663_23171415.jpg

 杉田の「じぃえんとるまん」にやってきました。ホッピーの大、これは瓶でなく樽のやつになります。旬のタケノコ土佐煮、それにとんぺい焼きをもらいました。今日の「じぃえんとるまん」では、宴会が入っていて、大忙しのようです。この立ち飲みで宴会を開催するとは杉田らしい、なかなかのツワモノ達であります。
 次は、商店街にある「和来」になります。こちらでは瓶の白ホッピー、さらに「すき焼き風」なる肉豆腐をもらうことにしました。いわゆる肉と豆腐の他に、玉ねぎ、キノコも入り、取り皿も付く本格的なやつが出てきます。これをじっくりいただきつつ、ナカももらっておきました。
 ここまで来たからには、もちろん「愛知屋酒店」に寄らないわけには参りません。今夜は、珍しくあまりお客さんがいなくて、よりゆっくりできます。しかし、ホッピーはちと危ないのでやめておき、6Pチーズに、アルコール5パーセントの氷結グレープフルーツロング缶をもらうことにしました。鶴瓶師匠がうろうろするNHKの番組を眺め、ご店主たちやお客さんと談笑しつつ、いただいております。しかし、このロング缶というやつ、なかなか減らないものです。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-09 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

大口でまったりな土曜日

a0038663_23353458.jpg

 大口あけぼの通り商店街の中華料理店「寺尾屋」からスタートになります。6個150円の餃子と100円のメンマをいただいて、生ビールを飲み始めました。今日は空腹だったので、生ビールをもう1杯に、揚げやきそばもいただいてみました。このやきそば、たっぷりと具が乗っていて、つまみにもぴったりであります。3種類あるラーメンやサンマーメンも安くて美味そうなのですが、まだ終了というわけにいかないので、今回は残念ながら見送りとなりました。
 大口1番街に移動して、「養老乃瀧」子安店にお世話になります。今日はカウンター席を選択、芋焼酎「茜霧島」を水割りで飲み始めました。お通しは、歯ごたえのある珍味でしたが、正体がわからず、訊いてみるとイカとのことであります。脂がのったかんぱちの刺身やアジタタキなどいただいていると、ご主人からシイタケ天麩羅の差し入れがありました。週末、ここでは楽しく飲めるあまり、前回は途中で記憶があやふやとなったので、今回はいちいち自問自答しつつ、しっかり飲み進めることにしました。というわけで、最終的に水割りを4杯くらい飲んだことになります。たぶん。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-07 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)

4月もホッピーから

a0038663_23264569.jpg

 たべもの横丁の立ち飲みやきとり「鳥むすめ」にやってきました。まずはホッピーですが、今日は諸事情あって黒になりました。キンミヤ焼酎が、かなり盛大に入っております。ホッピーを飲み、わさび枝豆をやりつつ、串焼きを待つわけですが、ここは割と行き届いていて、焼き上がりを丁寧に一品ずつ出してくれます。ラインナップは、ささみ、しいたけ醤油、トマト巻き、しそ巻き、やげんなんこつといったあたりになります。ナカは2回もらっております。
 続いて、都橋商店街「○豊」に乗り込みました。ここではトマト割に致しました。この季節、大岡川沿い「○豊」では、宣伝を兼ねて、花見の屋形船に手を振るという恒例の務めがあるのですか、残念ながら今日は潮が高くて欠航とのことであります。トマト割はもう1杯です。
 3軒目は、階上の「ホッピー仙人」となりました。意外にすいていて驚きましたが、今日は年度初めでした。いきなり着席してホッピーをいただくことができました。樽の白、黒といただきます。今夜、酒は甲類焼酎しか飲んでいないということになります。

[PR]
# by hoppys | 2018-04-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)