人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ホッピーの似合う西口五番街

a0038663_14112999.jpg

 昭和の香りを色濃く残す横浜駅相鉄口の五番街「とん太」にやってきました。店内でも、今どき珍しいAMのニッポン放送が流れています。カウンターの隅で飲み始めることにします。ホッピーに豚串焼き、さらに全品300円の黒板メニュウから、おつまみメンチカツをセレクトしました。ホッピーには、追加用の氷が付いてきます。飲み終えそうなタイミングになると、巡回中の店員さんが声を掛けてくれ、すかさずキンミヤ焼酎が追加されます。最低2プッシュ、ちょい足りないとみるともう少し入れてくれることもあります。黒板からメンチ感たっぷりなれんこんのはさみ揚げを追加し、さらにホッピーセット、ナカと飲み続けました。キンミヤ焼酎は合計8プッシュという計算になります。
 同じ通りにあった立ち飲み「ごち」が閉店したのは知っていましたが、そのあとはどうなったのかと思って見てみると、ほぼ同じ外観で「横濱ハイボール酒場」なる店になっていたので、ご祝儀代わりに入ってみました。内装もほぼ一緒でしたが、メニュウは一新され、税込324円統一、店名どおり各種ハイボールが用意されていました。しかし、注目はホッピーセットも324円ということで、かつて鶴屋町で300円でホッピーを出していた、かの「安兵衛」を彷彿させます。このホッピーに、エイヒレをもらうことにしました。エイヒレ324円ってのもかなり格安であります。なお「安兵衛」では、300円均一にこだわるあまり、ナカも同一価格300円にしてしまい、我々を絶句せしめる量の焼酎を出していましたが、こちらは、税込み162円と辻褄の合う価格となっていたので、安心して注文しました。ホッピーを飲みながら店内を見渡せば、厨房にかかっている暖簾など、「ごち」のままであります。



by hoppys | 2018-02-08 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)