びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

油断ならぬ大口

a0038663_22274263.jpg

 大口駅東口近くの「大口餃子房」にやってきました。餃子房なる店名から餃子専門店かと思いきや、本格的な中華料理店で、店内には中国映画が流れていたりします。生ビールはスーパードライとなっております。餃子は、いろいろ種類あるところから、「豚肉とニラのジャンボ焼餃子」をいただくことにしました。名称に偽りなく、ニラが大量です。17時回ってますが、日が長くて、窓際は眩しいくらいです。相性のいい餃子を迎えて、生ビールも2杯3杯と進んでいきます。
 続いて、駅前の立ち飲み、18時開店の「ホームラン」へ移動しました。この季節は、入口を開け放って、気持ちのよい外の空気を取り入れています。今日は風が強いのでかなり吹き付けられて、店内涼しく過ごすことができます。トマトハイを注文すると、焼酎と氷が入ったジョッキ、そして缶のトマトジュースがでてきました。トマトジュースは、リコピンたっぷりの「神戸居留地」で、注いでも半分残りました。当然、焼酎を追加してもう1杯いただくことになります。串焼きを焼いてもらうと、いい香りの煙が漂い、ひと串で二度楽しめることになりました。
 横浜線の踏切を渡り、大口通り商店街を通って、大口1番街「養老乃瀧」子安店へと向かいました。すでにかなりいい気分になっておりますが、「赤霧島」をもらって飲み始めました。お通しはキンピラごぼう、ほかにそら豆、めかぶをつまんで飲んでいると、不意に「はま太郎」の編集部一行が登場しました。近隣の取材の帰りに立ち寄ったとのことで、店の選択がさすがであります。で、赤霧島がさらに進んでいったことは言うまでもありません。

[PR]
by hoppys | 2018-06-30 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)